箇条書きについてどうしても解決できない問題があり、困っています。
(OSはWindows2000、Word98を使用しています。)

Normal.dot以外のユーザーテンプレートを作成し、
すでに組み込まれている「箇条書き」や「箇条書き 2」などのスタイルを
変更して(1)(2)...という段落番号をつけました。

そして、「標準」などのスタイルのついた、以下のような文字列を入力し、

あ(改行)
い(改行)
(改行)
う(改行)
え(改行)

書式→スタイルで、先程作成した(1)の連番が振られるスタイルを
まず、「あ」と「い」の段落に設定します。

(1) あ(改行)
(2) い(改行)
(改行)
う(改行)
え(改行)

その後、「う」と「え」の段落を選択し、同様にスタイルを付けると。。。

(1) あ(改行)
(2) い(改行)
(改行)
(3) う(改行)
(4) え(改行)

となってしまいます。
本当は、このやり方で、

(1) あ(改行)
(2) い(改行)
(改行)
(1) う(改行)
(2) え(改行)

と、自動的になって欲しいのです。
(手で直すにはあまりにも該当個所が多く。。。)

Word自体の機能として、段落番号のついた箇条書きの間に
他のスタイルの段落がはさまれていても、
その上下の箇条書きは連番になってしまうものなのでしょうか?

それとも、スタイルの設定の部分で、設定できるものなのでしょうか?

ちなみにWord2002でやっても同様の症状です。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。

私も同様なわずらわしさを感じて、何とか手はないものかと日々模索している者です。

スタイルをお使いだということは、字下げやフォントは一定しているという事ですよね?
それでしたら、マクロを作ってみてはどうでしょう。
すでに箇条書きが設定された段落を選択した状態でマクロの記録を開始し、「箇条書きと段落番号」→「番号を振り直す」、という動作を記録すればよいと思います。
ツールバーやショートカットキーに割り当てれば、あとは番号を振り直したい段落を選択してマクロを実行するだけなので、とても簡単ですよ。
(問題は、どの程度要らない書式がくっついてきてしまうか、なんですけどね... 私の場合はインデントの位置が変わってしまうので、ちょっと使えないのです。)
    • good
    • 0

>(3) う(改行)



にカーソルを合わせ、「書式」-「箇条書きと段落番号」
「段落番号」タグの下の方に、

「番号を振りなおす」という項目があると思います。
それをチェックすれば、OKです。

不明点あったら、補足ください。
でわ

この回答への補足

さっそくお返事ありがとうございます。

そうなんです。
それでなおるのですが、
あまりにもたくさんの場所を手で直さないといけないので、
できれば「連番を振りなおす」を
スタイルの設定に入れたいのです。

「書式」「スタイル」→「変更」→「箇条書きと段落番号」
の「段落番号」タブには、「番号を振りなおす」という
チェックボックスがないんですっ!

ということは、この設定は不可能ということですか?
それとも何か他の手があるのでしょうか?。。。

補足日時:2001/10/12 11:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q箇条書きとは、行頭文字が中点のもの?それとも番号のもの?

Microsoft社のWordなどのワープロソフトでは、箇条書きというと
・項目
・項目
というように、行頭文字として中点などのマーカーを付けたリスト表示を意味し、一方、行頭に1,2,...という数字を付ける場合のものは「段落」に「段落番号」を付けるという言い方をします。

 しかし、箇条とは、そもそもいくつかの規則をひとまとまりにして言うときの「何何の何ヶ条」の「ヶ条」の意味でしょうから、
そうすると、日本語では、番号付きのものが本来の「箇条書き」ではないかと思うのです。つまり、Wordの用語の使い方は逆だと思うのですが、皆さんどう考えますか。Wordは米国で作られたソフトなので、この考え方が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

No.3で,日本の法令はほとんどが番号なし,とありますが,「1・2・3・・・となっているのは、聖徳太子が定めた十七条の憲法、大日本帝国憲法、日本国憲法ぐらいで、」というくくりかたは誤解を招くと思います。
少なくとも,明治時代に入って,法律・政令・省令といった近代的な法令が作られるようになる前と後とは区別すべきでしょう。
いうまでもなく,明治以降の法令は,圧倒的多数が,通し番号をふっています。
それでも戦前は,軍人勅諭など「一つ,○○べし。一つ,○○べし」のスタイルのものもありましたが,通常の法令は基本的に「第1条」「第2条」のスタイルでしたし,戦後は通し番号スタイルのみです。
(戦後にできた法令で「一、~」「一、~ 」のスタイルのものがあれば,教えてください。)

さて,「箇条」ですが,手元の辞書(漢字源)によると,
箇=固形のものを数えるときの言葉。個に同じ
条=えだ。すじ。細長いすじやひも。また,ひとすじずつ書いたもの。
箇条=多くの項目の中の一つ一つ。
とあります(一部要約しました)。
つまり,伝えるべき内容がたくさんある時,それをだらだらと文章で書くのではなく,ちょうど木の枝が細かく分かれてそれぞれの先に花が咲くように,細かい項目に分けてそれぞれの内容を記す。
そういう書き方が「箇条書き」であって,数字があってもなくても,それはどちらでも構わないと私は思います。

番号をふるのが一般的になったのは,そのほうが便利と考えられるようになってきたからだと思います。
昔に比べ,法体系が複雑になり,個別の法令の中の,さらに特定の条文だけをさして議論することが多くなると,番号がないと何かと不便です。
(たとえば,「憲法第9条」と一言言えばすむところを,毎回「憲法の戦争放棄の規定」と言っていてはわずらわしい。戦争放棄ならまだいいですが,もっと長くなってしまうものはたくさんあります。)
また,法律の文章自体の中でも,他の法律の中の特定の箇所を引用することがよくあります。
その他,番号をつけておくことで,「この法律の中のこの文」ということを,間違いなく示すことができるようになるわけですね。
江戸時代までは,あまりそういう必要性を感じなかったのではないかと思います。

したがって,
>「何何の何ヶ条」の「ヶ条」の意味でしょうから、
については,私はちょっと意見を異にします。
もちろん「五箇条の御誓文」のように,数字を伴って使う場合も多々ありますが,箇条書きの本来の意味は(数字があろうとなかろうと)「個別に分けて示す」ということであって,たまたまその条文の数が分かっていたり,通し番号が振られていたりすると,「○箇条」という言い方になるだけのことだと思うのです。

Wordの「箇条書き」および「段落番号」に相当するものとして,HTML言語では<ul>および<ol>というものがあります。
それぞれ,unordered list, ordered listのことで,手元のHTML4.0リファレンスでは「番号なしリスト」「番号つきリスト」と訳していますが,説明文中では「箇条書き」「番号つき箇条書き」とも書いています。つまり,どちらも箇条書きには違いない,ということです。私も同感です。
また,LaTeXでは,「箇条書き」「段落番号」に対応するものは,それぞれitemize, enumerateです。直訳すれば「項目化する」「数え上げる」です。
英語版Wordではそれぞれ何といっているのでしょうね。

なお,Wordの用語はこのソフト独特のものがありますので,私はあまり細かく詮索してもしかたがないような気がします。
(例えば「単なる改行(↓印)」と「段落」の違いなど。改行は書式情報を持たないが,段落は持つ)

あまりうまくまとまりませんが,このへんで。

No.3で,日本の法令はほとんどが番号なし,とありますが,「1・2・3・・・となっているのは、聖徳太子が定めた十七条の憲法、大日本帝国憲法、日本国憲法ぐらいで、」というくくりかたは誤解を招くと思います。
少なくとも,明治時代に入って,法律・政令・省令といった近代的な法令が作られるようになる前と後とは区別すべきでしょう。
いうまでもなく,明治以降の法令は,圧倒的多数が,通し番号をふっています。
それでも戦前は,軍人勅諭など「一つ,○○べし。一つ,○○べし」のスタイルのものもありまし...続きを読む

Qスタイル 箇条書きと段落番号

お世話になっております。
Word2003です。
スタイルを設定する項目のところに
箇条書きと段落番号 というダイヤログがありますが、その中のアウトラインというタブ。
この中に8つほど選択肢がありますが、この意味がまったくわかりません。
たとえば、今私が見えている選択肢のひとつに

 (1)
  ア
というふうにならんでいますが、
私の勝手なイメージだとそれぞれ上からレベル1、レベル2、レベル3と設定するとそのスタイルの数字番号が設定されるのかと思ってしまいましたが、うまくいかず、どんな機能なのかまったくわかっていません。私のような初心者にもこの機能を詳しく説明できる方、お待ちしております。ペコリ(o_ _)o))

Aベストアンサー

設定できれば、どちらから行ってもいいですよ。

作業ウィンドウから行うときは、一つ一つのスタイルに対して変更する事が簡単に出来ます。
「箇条書きと段落番号」のアウトラインからは「変更」ボタンを使用するので少しわかりにくいでしょうか?

2000までは、作業ウィンドウはありませんでしたからすべて「書式」→「箇条書きと段落番号」から行っていました。

2002から作業ウィンドウができスタイルの設定などがそちらからも出来るようになりました。

Q箇条書きがずれて表示されてしまいます。

箇条書きで表される点がずれる(liタグ)
質問者:shige077 HTMLで箇条書きタグ
<ul>
<li>箇条書き一列目</li>
<li>箇条書き二列目</li>
 ・・・
<li>箇条書き二十二列目</li>
</ul>

のタグをブラウザで見てみると

 ・箇条書き一列目
 ・箇条書き二列目
 ---(省略)---
 ・箇条書き二十一列目
・箇条書き二十二列目

と、いうように一番下の列がずれて表示されてしまっています。ずれないようにするにはどうしたらいいでしょうか。
タグのバグなのか、CSSの定義などの問題なのか、ちょっとわからなくて困っています。
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

例えば、li要素がul要素の外に出てしまっていたり、HTMLに何らかの記述ミスがある可能性が高いと思います。
もう一度ソースを確かめてみてください。

CSSのfloatプロパティの指定された要素によって、ul要素が回り込んでいると(厳密には回り込みではないが)、そのような現象が発生するかもしれません。

QWord(2007)の段落番号

私は現在共同作業で問題集のようなものを作成しているのですが、人によって書式が違わないようにひな形を作りたいと思っています。
そこで質問なのですが、ひな形の中に複数の種類の段落番号がある場合、それをコピペしたときにペーストされたものの段落番号を自動的に最初から振り直すという設定はできないのでしょうか。
現在は以下のようにペーストされたものは同じ種類の段落番号の続き番号になってしまいます。

【コピー元】  【ペーストされたもの】  【やらせたいこと】  
 あああ  →   あああ          あああ
  1.   →    3.           1. 
  2.   →    4.           2. 
 いいい  →   いいい          いいい
  (1)   →    (3)            (1) 
  (2)   →    (4)            (2) 

セクションを区切ればうまくいくかと思ったのですが、ダメでした。

ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いいたします。

私は現在共同作業で問題集のようなものを作成しているのですが、人によって書式が違わないようにひな形を作りたいと思っています。
そこで質問なのですが、ひな形の中に複数の種類の段落番号がある場合、それをコピペしたときにペーストされたものの段落番号を自動的に最初から振り直すという設定はできないのでしょうか。
現在は以下のようにペーストされたものは同じ種類の段落番号の続き番号になってしまいます。

【コピー元】  【ペーストされたもの】  【やらせたいこと】  
 あああ  →   ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.2です。
補足内容を検討して、私なりに作業効率が上がる方法を考えてみました。
補足例を元に説明しますね。
(Word2007で検証していませんが、たぶん同じことができると思う)

用例 (←ココは見出し1などのスタイルをコピー前に指定しておく)
 1)私は学生です。 (←ココは箇条書きになっているだけですね)
   Watashi wa gakusei desu. (←ココとその下は本文とします)
    I am a student.      
 2)日本語 
   ローマ字 (←本文)
   英語  
解説 (←見出し1)
  (1)日本語で説明 (←ココも箇条書き)
    ローマ字 (←本文)
    英語で説明 

コピーしたい文書側の文章で、最低でもこの程度のスタイルを適用して
おきます。
[見出し1]とか[本文]などのスタイルにしてあるのは、[標準]スタイル
ままだと以下の設定ができないために、最低限として見出し部分だけで
もスタイルを適用しておいてください。

貼り付け先である編集用文書でアウトラインの設定をしておきます。
見出し1は 箇条書きのないスタイルに、
見出し2は 1)の形式に、
見出し3は (1) の形式に、
本文は、左インデントで数文字分下がった形式にします。
設定方法は、リボンから[ホーム]タブ→[段落]→[アウトライン]ボタン
→[リストライブラリ]から「見出し」が付いたリストを選択しておいて
[新しいアウトラインの定義]で各レベルごとの指定をします。
http://office.microsoft.com/training/Training.aspx?AssetID=RP102161821041&CTT=6&Origin=RC102161651041
レベル指定についてはバージョンが違いますがこちら↓を参考に。
http://www.sharp-pcstudio.com/disp.asp?cno=5&tbno=0&dno=128
これだけでは理解しにくいかと思いますが、理解しやすい図解付き説明
のものが見つからないので、どこかで探してみてください。
アウトラインの設定ができたら次に進みます。

コピーをしたい文書からワンセットとして範囲をコピーし、編集用文書
へそのまま貼り付けします。形式はバラバラですが気にせずに貼り付け
を続けます。

用例
 1)私は学生です。
   Watashi wa gakusei desu.
    I am a student.
 2)日本語
   ローマ字
   英語  
解説
  (1)日本語で説明
    ローマ字
    英語で説明  
となっているとして、それぞれのスタイルを検索して基本的なスタイル
へと変更します。
[箇条書き]となっているスタイルを例として説明しますが、それ以外も
設定方法は同じです。

「1)」の形式になっている箇条書きの部分にカーソルを置きます。
リボンにある[スタイル]に、貼り付けたスタイル名が表示されていると
思います。
(表示されていないなら[スタイル]の横のボタンから作業ウィンドウを
表示します)
スタイル名がアクティブになっていると思いますので、右クリックして
[同じ書式を選択: 2か所(S)]のようなものをクリックすると、同じ書式
になっている段落がすべて選択されます。
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word2007/word2007-style.html
この状態で見出し2のスタイルを[スタイル]から適用すれば、貼り付け
したときのスタイルは消えて既定のスタイルに変更されます。
これを同じ書式ごとに選択(検索)して既定のスタイルへと設定すれば、
統一したスタイルにすることができます。
統一しておけば、あとは別のスタイルに変更するときにも簡単ですので
作業効率が上がります。

私なりに持っていないWord2007のことを調べて、何とかなりそうな内容
にはしましたが、私の環境では上記の内容を検証できませんので、これ
以上のアドバイスはできませんから、補足されたとしても追加の回答は
たぶんしないと思います。

ANo.2です。
補足内容を検討して、私なりに作業効率が上がる方法を考えてみました。
補足例を元に説明しますね。
(Word2007で検証していませんが、たぶん同じことができると思う)

用例 (←ココは見出し1などのスタイルをコピー前に指定しておく)
 1)私は学生です。 (←ココは箇条書きになっているだけですね)
   Watashi wa gakusei desu. (←ココとその下は本文とします)
    I am a student.      
 2)日本語 
   ローマ字 (←本文)
   英語  
解説 (←見出し1)...続きを読む

Q箇条書きで表される点がずれる(liタグ)

HTMLで箇条書きタグ
<ul>
 <li>箇条書き一列目</li>
<li>箇条書き二列目</li>
<li>箇条書き三列目</li>
</ul>

のタグをブラウザで見てみると

 ・箇条書き一列目
 ・箇条書き二列目
・箇条書き三列目

と、いうように三列目がずれてしまっています。三列目がずれないようにしたいと思っています。
タグのバグなのか、CSSの定義などの問題なのか、ちょっとわからなくて困っています。
どなたか教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

提示いただいたソースでも、ずれなかったです。
考えられるのは、やっぱりfloatだと思うんですけど、
ページ全体のレイアウト等でのfloatは使っていませんか?
*html*
<div style="float:left;">

*css*
{float: left}

【例】
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title></title>
<style type="text/css">
<!--
html,body{height: 100%;}

#zentai {height: 100%;}

#b {
width:30%;
background-color: silver;
float: left;
}

#c {
margin-left: 30%;
background-color: #e8e8e8;
}

dl.aaa {
margin: 0em 0em 3em 1em;
}
dl.aaa dt{
background: #aaa url(../common_images/b.gif) no-repeat left center;
padding: 0px 0px 0px 10px;
margin: 0.5em 0em 0em 0em;
}
dl.aaa dd{
border-bottom: 1px dashed #808080;
padding: 0em 0em 0.5em 0em;
}
dl.aaa dd ul{
padding: 0px 0px 0px 30px;
list-style-type: disc;
color: #0000ff;
}
dl.aaa a{
color: #808080;
}
-->
</style>
</head>
<body>
<div id="zentai">
<div id="b">
<p>えへへ</p><p>えへへ</p>
</div>
<div id="c">
<dl class="aaa">
<dd>
<ul>
<li><a href="quality.html#qi1">箇条書き一行目</a></li>
<li><a href="quality.html#qi2">箇条書き2行目</a></li>
<li><a href="quality.html#qi3">箇条書き3行目</a></li>
<li><a href="quality.html#qi4">箇条書き4行目</a></li>
<li><a href="quality.html#qi5">箇条書き5行目</a></li>
<li><a href="quality.html#qi5">箇条書き6行目</a></li>
</ul>
</dd>
</dl>
</div>
</div>
</body>
</html>
この場合、箇条書き5行目からずれていると思います。

#b {
width:30%;
background-color: silver;
float: left;
}
これにheight: 100%;を足すとずれが無くなります。
一度ご確認ください。

提示いただいたソースでも、ずれなかったです。
考えられるのは、やっぱりfloatだと思うんですけど、
ページ全体のレイアウト等でのfloatは使っていませんか?
*html*
<div style="float:left;">

*css*
{float: left}

【例】
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<title></title>
<style type="t...続きを読む

QWordの段落(行間)設定がおかしくなった!!

word2010を使っていますが
いつものように文章の段落設定で行間を変更しているのですが
何故か?行間がバラバラになる現象が出てきました。
いつも特定の行をドラッグしてそれに対して「行間」を固定値にして
「間隔」のピッチを調整してました。

しかし最近同じようにしても、行間が詰まっている所と
広くなっている所が出来てしまいます。
おかしな事に文章を入力中に今まで「改行」操作をしても行間の幅が変わらなかったのに
今では改行操作をするとその行間だけが不自然に広くなったりもします。
因みにスペースキーで文章が改行するまで押し続けると不自然に広く改行される事はありません。

どこかの設定が不意に変わってしまったような気がするのですが…
いかがでしょうか??
どなたかご教授頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

段落の行間隔で、段落前と段落後を0行にしてみて下さい。

Qword2002 箇条書き 10回に2回、箇条書きをしたくないのに‥

wordで、
1行目に
★ああ★ と入力し、Enterキーを押すと、自動的に箇条書きされ
★→ああ★
★→   と入力されます。(→は、箇条書きのマークです)。
箇条書きがいらない場合、まず2行目の★→を削除し、1行目の★→を消し、新たに★を入力しています。凄~く面倒です。
なので、あらかじめ箇条書きしないようにしようかと思ったのですが、10回中8回は箇条書きが欲しく、あとの2回だけいらないので、箇条書きしないよう設定するわけにはいきません。

このときだけは箇条書きしたくない‥という場合、何かいい方法はありますでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

2行目で箇条書きの記号★が付いたらBackSpaceキーで
記号を消します。
これで以降は箇条書きが設定されません。

再度箇条書きの星が必要になったら、[書式設定]ツールバー
の[箇条書き]ボタンを押せば設定されます。
(アトから段落を選択してからでも設定できます)

QWordの自動箇条書きor段落番号設定の解除法

Wordで、箇条書きや段落番号を入力し、文章を打ち込み、Enterキーを押すと、自動で次の行も箇条書きマークや段落番号が付いてしまうのですが、この 自動でついてしまう設定を解除したいです。
メニューバーのツールの中のオプションで設定を解除できるのかあ と思ったのですが、うまく解除できません。
どうしたら解除できるのでしょうか?
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

下記URLのページをご参照ください。

「Wordのお節介をなくす10の方法」
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0704/19/news051.html

QWORDのオートコレクト(箇条書き)について

よくある質問ですみませんがどうもうまくいかないんで・・・。
wordの箇条書きが自動に設定されるので、ツール→オートコレクト→入力オートフォーマットタブ:箇条書き(番号も記号も)チェックを外しました。
ついでに解からなかったので一括オートフォーマットの箇条書きのところもチェック外しました。
これでOKと思いきや箇条書きを設定した行をenterすると「●」とか付いちゃいます。なんで?オートコレクトで箇条書きをOFFにしておくと箇条書きが設定されている行をenterしても「●」とか付かないと思っていたんですが・・。どうしたらENTERしても箇条書きが出てこなくできるのでしょうか?私のやり方が間違っているのかもしれません・・・。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

オートコレクトの機能は自動的にWordが判断して処理をさせるためのものであり、書式設定は一旦設定された書式については解除するまで有効になっているものであるのでご質問のような動きとなります。
箇条書き書式を設定した行の次に別な書式で入力したいときは、改行後の行の書式を変更してから入力しないと箇条書きが続いてしまいますね。
(オートコレクトで設定を解除したのは、「●」などを行頭に入力したとき、その行を箇条書きと判断しないといった機能になっています。)

Q改行と同時に段落番号がつかないようにしたい

行頭に数字を入れると、自動的に段落番号がつきますよね。
時には便利なのですが、修正するときに面倒です。消す時は、「書式」「箇条書きと段落番号」「なし」で、を使ってますが、行がずれたりして、帰って面倒になる時があります。
最初から、番号が自動的には入らないようにすることができると思うのですが、どこを操作すればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

入力オートフォーマットです。
ツールメニューから、オートコレクト。
入力オートフォーマットのタブを開いて、「箇条書き(段落番号)」のチェックをはずして下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報