植物中に含まれているフラボノールであるケンフェロールは、生体内で何らかの生理活性を持つのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え願えませんでしょうか?

A 回答 (1件)

ケンフェロールは血管を強くする作用があります。


また、よどんだ血流を改善してくれます。
最近ではphtoestorogenにも分類されています。
いわゆる環境ホルモンです。しかし植物性なので
問題ないとお達しが出ています。
これが入っているもので最近のものは銀杏エキス
ですね。 規格の中に総フラボン配糖体とありますが、
その中にも入っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問をしたことをすっかり忘れており、お礼が遅くなり誠に申し訳ございません。
phtoestorogenとはどのようなものでしょうか?他にも何かあるのでしょうか?
お礼が遅くなったことを重ねておわびいたします。

お礼日時:2002/02/20 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q植物生体電位は学校の教科書に載っていますか?

少し前アート展で蘭の花に電極のようなものが取り付けられ、生体電位を発するとモニターに表れる作品を見ました。周りには私しかいなかったのですが、私が動くとモニターが動き、止まると一瞬のズレもなくピタリと止まるのを見ました。面白くて30分くらいずっとやってました。植物は完全に人間の動きを把握してるんですね。シイタケも同じでした。びっくりしました。

この事は小・中学校の教科書に取り上げられていますか?

Aベストアンサー

 小・中学校の教科書には取り上げられていないでしょう。
 というよりも、取り上げるべきことではないでしょう。
 それはアート展での作品とのことですから、
こりゃ面白いと眺めていればいいだけのものじゃないですか?

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Qよく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すこと

よく植物は動物から身を守るために毒を持っていると言いますが、植物に意思は無いのになぜ毒を作り出すことができたのですか?
自然選択によって毒を持つ個体が生き残ってきた事は知っていますが、1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのかを教えて欲しいです。

Aベストアンサー

>1番最初になぜ毒を持つ個体が存在したのか
共進化の一例ですが、初めの個体は非常に弱い毒しか持たなかった、それも他の機能の副作用として偶然現れた。いかに弱い毒でも生存競争の中で他の個体より有利な群れが出来た、群れが出来ると交配でかなり取食者が嫌う毒の遺伝子を複数持った個体が出来る、理由は染色体の交差による。ここまででやっと一段昇った、次の変異が起きるまで待たねばならない、それは木村資生先生の中立説が主張するところで、様々な弱毒植物ができるがほとんどが脱落する。だから猛毒に至るまでにはとてつもない時間がかかった筈だ。

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q活性と比活性

レーニンジャー新生化学の本に、「国際協定によって、酵素活性の1.0ユニットは、至適測定条件下25℃で1分間当たり1.0μモルの基質の変換を引き起こす酵素量として定義される。活性と言う用語は溶液中の酵素の総ユニットのことをいう。比活性は、総たんぱく質1mgあたりの酵素のユニット数である。」とありますが、ユニットとは何ですか?よく分からないので教えてください。

Aベストアンサー

ユニットの定義は質問のとおりですが、

簡単に考えると、酵素の活性と考えればいいですね。
100ユニットと200ユニットなら、倍の酵素の能力があるということで。

比活性は酵素の濃度等考えれば大まかに理解できるのではないでしょうか。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q生体内のリン酸化の機構について

以前にも質問したのですが、いまいち理解できていないので再度質問させていただきます。

生体内でのリン酸化の機構について調べているのですが、なにぶん知識が少ないものですから理解できていません。

自身が知りうる生体内の機構では…
(1)平滑筋、骨格筋などにおけるリン酸化による筋収縮など
(2)細胞内ATP産生のための機構(基質レベルでのリン酸化、酸化的リン酸化など)
(3)細胞膜表面での脂質二十層での反応に対する関与など
以上の3つしかわかっていないのですが、ほかにもありましたら教えてくださるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず思いついたのがシグナル伝達です。

レセプターにメディエータが結合する事でシグナルが伝えられる時、その多くはリン酸化によるカスケード反応を介してシグナルが伝わります。

お手持ちの分子生物学や細胞生物学、生化学関連のちょっと分厚い専門書がございましたらきっと載っていますよ。
ネットでも簡単に調べられると思います。

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q植物の種に含まれる秘密、に付いて。

なぜ杉の種はあんな大きな大木に育つのでしょう。
なぜスミレはあんな可憐な身を持って、可憐な花を咲かせるのでしょう。
植物の種の成分は蛋白質だというのに。

今はDNAとかで明らかに成って?いるのかもしれませんが、明治の時代にはまだその成分は蛋白質で出来ている、ぐらいにしか分かっていなかったようで・・・・・

ウィキで調べても何が何だか???

疑問に直接する回答が得られなかったので、植物科学に詳しい皆さんに教えを乞うのが一番いいかなと思いました。

植物の種に含まれる“何か”はどこまで解明されているのでしょうか。
知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植物はとても不思議な生き物です。人間はもとより、全ての動物は植物の恩恵なしに1日たりとも生きていくことはできません。

実はその植物についてはまだまだ科学の力でもわかっていないことがとても多いのです。例えば植物の光合成というのはよく知られていますが、知られていても現代の科学では人間がそれを再現することができないのです。

もちろん成分や構造の判別などはわかっているのですが、その目的や、成分の組み合わせによって起こる不思議な現象など、解明されていない植物の謎はたくさんあります。

それを推理小説のように紐解いていくととても面白いのです。

たとえば、アメリカのイエローストーン国立公園にはロッジポール松という不思議な松の木があります。これは公園の8割を占めるほどの大量種なのですが、この木にはある不思議な性質があります。「絶対に芽の出ないまつぼっくり」を作るのです。

この何個かに1個作られるまつぼっくりは硬い硬い松ヤニで包まれていて、決して芽をだすことができません。それでもロッジポール松は何個かに1個はこの不思議な松ぼっくりを作ります。

さて、イエローストーンといえばその地形から60年に一度くらいの周期である災害が起こることで有名です。それは「山火事」です。イエローストーンの山火事は日本でもニュースになるくらい大規模で、燃えたところには草一本残ることはありません。ところが、その焼け跡からしばらくすると緑の芽が出てくるのです。それがロッジポール松です。高熱の山火事のなかで松ヤニが溶け出したあの不思議な松ぼっくりが初めて芽を出すのです。やがて長い時間をかけて山は再び緑に戻っていきます。

植物はとても不思議で、そしてとても頭が良いのです。ほとんどの植物は「フィボナッチ係数」という高等数学を利用して葉っぱや枝の位置を計算して生やします。なぜそうするのかと言いますと、たとえば葉っぱ同士が重なって生えると、下の葉っぱには日光が当たらなくなります。より多くの日光を得るために、なるべく重なりを少なくするために、この数学式を利用して計算された位置に葉っぱや枝を伸ばします。


植物はとても不思議で、そして立派なのです。かれらは自分一人でその身をまもらなければなりません。だれも助けてくれません。温度や紫外線、乾燥や天気、細菌やウイルス、虫や動物から身を守らなくてはなりません。ですから植物は自らを守る鎧を身につけました。ポリフェノールとアルカロイドです。何千何万という種類のこれらの成分は彼らが身を守るために自ら作り出すのですが、実はこれらが、人間のサプリメントや薬として何千年も昔から利用されてきました。


植物はとても不思議で、人の目には映らない世界を持っています。植物の花がなぜ昆虫を寄せ付けるのかという謎の一つにに人間の持たない光線の世界があります。昆虫や動物のみが見ることのできる光を反射し、彼らに花のありかを教えて受粉させるのです。他にも死んだ動物の匂いを出させて受粉させるもの、昆虫のメスの形を擬態して受粉させるもの、生物の持たない酵素利用して食中毒を起こさせて、その嘔吐物によって種を遠くへ運ぶものなど様々な不思議な知恵を垣間見ることができます。

なぜ小さな種が大きな杉の木になるのか、なぜスミレは可憐な花を咲かせるのか、そこには科学では解き明かせない素敵な理由が存在しているのです。それを想像して推理していくと、自分の周りにある全ての植物が素晴らしい存在に思えてくるようになりますよ。

植物はとても不思議な生き物です。人間はもとより、全ての動物は植物の恩恵なしに1日たりとも生きていくことはできません。

実はその植物についてはまだまだ科学の力でもわかっていないことがとても多いのです。例えば植物の光合成というのはよく知られていますが、知られていても現代の科学では人間がそれを再現することができないのです。

もちろん成分や構造の判別などはわかっているのですが、その目的や、成分の組み合わせによって起こる不思議な現象など、解明されていない植物の謎はたくさんあります。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報