ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

最近、病院へ行くとドクターの態度など嫌な思いをすることが多いのですが、病院で嫌な経験をされた方、その内容を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

注射 眼球」に関するQ&A: 目頭切開の麻酔注射って、眼球に打つんですか? 麻酔って、痛みとかありますよね? 目頭切開したいんです

A 回答 (44件中1~10件)

またまた41です。


本当にこれで最後ですので書かせてください!
粘着気質なもので、すみませんねぇ。

(7) 夜九時頃 急な腹痛に襲われた時のこと。
救急車を呼ぶほどではなかったし、たまたま兄がいたので車で総合病院に連れていってもらいました。保険証を持ってお腹を抱えて九の字になりながらも、救急受付に行くと、明らかに迷惑そうな顔をした看護士が出てきたので 事情を説明すると
 「生理痛じゃあないんですかっ?女性は多いんですよね~」

生理の痛みかどうかくらい自分が一番よく分かるわい!と思いながらも堪えて
 「違います…」
痛みのために強くは言い返せないのが悔しかったです。しかし看護士の次の言葉には驚きました。

 「向こうで受付済ませてからまた来てください。」

指差された先にいたのは警備員のおじさん…。あれ?あれが受付?なんで?ていうかここに『救急受付』って出てるじゃないの!

痛みで真っ直ぐにできない体で言われたとおり、数十メートル先の警備員のおじさんのところに行き、震える手で保険証を出すと
 「あ、それ要りません。これに住所と氏名、連絡先書いてね。」
追い討ちをかけられました。息も絶え絶えに記入し終えると、笑みを浮かべたおじさんが一言。
 「大変そうだねぇ~。」

大変だから病院に来とるんじゃあ!

幸い?原因不明のただの腹痛で、痛みは徐々に治まってはきましたが、本当に大変ならば歩いてこられない、と先方は判断したのでしょう。しかしこんな対応ってアリ??(2)の眼科医がいた病院です。。。
なにがあっても二度と行きません。

以上です。長きにわたり溜め込んだストレス発散の場を設けていただき、ありがとうございました。最近私はすっかり病院不信で、ちょっとしたことなら自分の経験と勘から判断し、市販の薬で治しています。いいのかな…。
    • good
    • 0

No.41です。


思い出したので追加させて下さい。

(4) 以前にも副鼻腔炎になったことがあり、その時の症状と似ていたので市内の耳鼻科に行きました。(以前は会社の近くの耳鼻科で遠かったので)

問診票に「今までかかったことのある病気」という欄があったので「ぜんそく」と書きました。小児喘息はひどかったのですが、最近は風邪を引いた時に少し喘息気味になるくらいでしたが、医師はぜんそくにやたらこだわり
 「慢性の副鼻腔炎だけど、喘息があると治療が難しいんだよね。何がきっかけで喘息の発作が出るか分からないし、あなた一人で家にいるときに発作が起きたらもうどうしようもないよ?」
 と言われました。
 「私はそこまで重症の喘息じゃないんですが」 と答えたのですが、とにかく投薬治療はできない!の一点張り。
 「できないなら仕方ないからじゃあ治療はしなくていいです。」と、診察室を後にしましたが、たったこれだけの会話を交わしただけで二千円ちかくとられました。
しかもそこは看護婦の態度も非常に悪く、
 「こんにちは」とか「よろしくお願いします」 と言っても無視!
治療を終えて去っていく人々が
 「お世話様でした」とか「ありがとうございました」と言っても無視!

とても小さな個人病院だったのですが、受付に5人も看護婦?がいて診察の手伝いをしている看護婦は一人。その5人が5人ともそんな態度で、とても気分の悪い病院でした。

その後、隣町の耳鼻科に行ったところ、「急性副鼻腔炎」と診断され、二週間の投薬で治りました。二千円返せ!と言いたいです。

(5) 玄関のドアに頭をぶつけて気持ち悪くなったため脳神経外科へ。評判のいい病院だったのですが、診察室に入り、状況を説明すると鼻で笑われました。
 「今平気なら大丈夫だと思いますけど?」と言うのですが、私は本当によく色んなところへ頭をぶつけるので、異常がないか診てほしい、と伝えると
 「よく って…。じゃあなんですか?アナタ毎日どこかへ頭ぶつけてるワケですか?」
 と、すごく馬鹿にされました。心配になって病院に来ている患者に対してあの態度はないと思いました。

(6) これで最後です(^^;
 まだ学生の頃。
 私の前歯は一本の前歯の3分の1くらいにもう一本の前歯が重なっていて(宇多田ヒカルのような感じで) その重なった部分が虫歯になってしまい、治療をしなければならなくなったのですが、治療が終わったら矯正して、歯並びを整えたい と歯医者に伝えると
 「そのくらいの歯ならかぶせちゃったほうが簡単ですよ」
 と言われました。かぶせるって言葉使ってますが、要は差し歯のことです。しかし その頃の私は全然知識がなく、インターネットなども普及しておらず、情報も少なかったため、その歯医者の言うことを鵜呑みにしてしまいました。今になってよく考えると「そのくらいの歯」ってどういうこと!?と思います。かみ合わせとかも良くない気がします。所詮は作り物ですから。私の前歯返せ!と言いたいです。

以上 長々と失礼いたしました。
    • good
    • 0

(1) まだ学生の頃、単球ナントカという(だいぶ昔のことなので詳しくは忘れましたが)肝臓にウィルスが入ってしまう病気で診察を受けていたときのこと。

いつもとは違う担当の先生に「この病気はね、キッシングディジーズっていうんだよ。どういう意味か分かる?キスでうつるってこと!」と言われました。当時私は男性経験もなくキスなんて犬としかしたことなかったので「犬からうつることはありますか?」と冷静に聞き返したら「まったくあり得ません!キスとかそういう行為でしかうつりません!」と念を押されました。30代くらいの若い先生だったのでセクハラまがいの診療に驚いたのをよく覚えています。もっとも、当時はセクハラなんて言葉聞きませんでしたが…。

(2) 高校生の頃、眼科に行ったときのこと。その病院は、まず看護婦にどういう症状があるのか全部説明した後診察室で更に同じ事を先生にも聞かれる というシステム?でした。看護婦には「目やにが出て充血してて…」とか説明したと思います。(なにぶんこちらはもっと昔のことなので…)診察室に入りいつものように説明したら医師に「かゆみはありませんか?」と聞かれたので「そういえばかゆいような気もします」と答えたとたん態度が豹変し、カルテを机にバンッと叩きつけ「そんなこと看護婦にも誰にも一言も言ってないじゃないかっ!」と怒鳴られました。言われた言葉は一字一句このままです。それはよ~く覚えています。そこは総合病院だったのですが、そいつ最近独立して家の近所に開業しやがりました。腹立つぅ…

(3) つい最近のこと。奥歯がしみるので友人が通っていたという歯医者に行ってみました。奥歯をチラッと見るなり金属の(名前わかりませんが)棒をガランッと無造作に置いて「あーこれもうダメだね。治らないよ。自分でダメにしちゃったんだよ。」と強い口調で言われました。その他に、銀歯がかぶさっている歯がぐらぐらしていたのですが、そこは「骨が壊れているかもしれない」と脅されました。とりあえずレントゲンを撮り一週間後また来るように言われましたが、なんかあまりに態度が?だったので、昔通っていた歯医者でもみてもらったところ、奥歯は知覚過敏で感覚を鈍くする薬を塗ってくれて治まり、銀歯は接着剤がとれただけで またはめ直して終わり でした。「別の歯医者でこんなこと言われました」と言ったら「治らないよって言ったって治すのが仕事じゃないの。困っちゃうね~」とあきれていました。

全部実名公表したい!こらえるけど…。
やい医者!医者だからって偉ぶるんじゃねえよ!いばりくさってばっかみたい!ま、こういう医者ばかりじゃないとは思いますが、ね。
ちょっとすっきりした。質問者さんありがとう。
    • good
    • 1

 もう何十年も前の話ですが、動悸と息切れで苦しくなるような事が続き、地元でも大きな総合病院に検査に行きました。


 その際、心電図の検査で「子どもの頃には誰でもあるが、大人になると消えてしまう心音の波」があると言われました。
 当時私は20歳でしたので、珍しい例だったようで、検査室で上半身裸で横になっている私のまわりに、あっという間に「医学生」か「インターン」らしき若い男女が10人あまり呼ばれてきました!
 これは若いムスメにとっては非常に恥ずかしかったですよ。(相手が同年代というのが特に!)せめて検査機器に影響のない範囲で、体に布でもかけていただければよかったのですが、終始裸のままでした。
 検査結果は、精神的なものが原因で、大事には至らなかったのですが、今でも思い出すとムチャクチャ理不尽な思いにかられます。
    • good
    • 5

以前に回答した者です。


 #38さんの回答を見て思い出したので、もうひとつ

 歯医者の話なんですが・・・
 
 長いこと、虫歯の痛みをこらえておりました。
 病院にも行けず、薬でちらして抑える日々
 いつまでも、己を誤魔化しおおせるものではありません
 薬は効かなくなり
 痛みは極限に達していました。

 歯医者が怖くて、行かなかったのではありません。
 医者はタダでは見てくれませんから。
 けど、耐え切れず(神経まで侵された痛みを、お分かりですか?)
 携帯のサイトで病院探して駆け込みました

 さて、医院のドアをくぐり、受付のインターフォンを鳴らします。
 ここでまずひとつめの衝撃
 先生(男性)と助手らしき人がアタフタとでてくるのですが・・・
 なんと服がみだれておりました。
 おまけに助手さん(女性)忌々しそうに睨みつけてくるではないですか
 先生はメチャクチャあせっていて・・・

 不安を感じつも、わたしは診察台に横たわり、麻酔を待ちました
  
 イタイッッッッ!!!!!!!
 目玉の飛び出るような痛さです。
 麻酔の注射で、こんなにも痛い思いをしたのは初めてでした
 それもそのはず、医者落ち着かず、全身がかすかに震えていたのですから。
 
 わたしが叫んだことで・・・
 (わたしはかつて、歯医者で治療由の痛みをうったえたことはありません。)
 医者を動揺させてしまったようです。
 続けざまに2本目、3本目の麻酔を打たれました。
 あきらかにパニックっているのが伺えました。
 そして神経を除いて、治療終了


////////////////////////////////////

 さて、ここからがまた長い、その後のお話

 歯医者の治療で腫れたことなどないのに
 ものの見事に晴れ上がっております。いい天気です。
 お布団干したくなりました

 そう。お布団をベランダに持って行こうと・・・
 瞬間
 激しい痛みが襲ってきました。
 鏡には、左顎が薄緑に変色した、自身の顔
 そう、治療を受けた辺りが痣になってしまったのです。

 今までの経験上
 神経にまで達した痛みは
 その神経を除けば取り敢えずは痛みが治まるのですが・・・
 虫歯による痛みが和らいだだけで、痛みはちっとも減りません
 それまで痛まなかった箇所が痛み出したからです

 それはもう、耐えがたい痛みでした。
 いつか読んだ小説に、こんな節があります。
 「痛みは恐怖を与え、恐怖は憎しみを誘う。狂気となる」
 まさに狂気そのものでありました。
 (冗談や、表現の上ではなく、事実です)

 しかも、このときのわたしには
 痛み止めでちらすという道すら絶たれていたのです
 生活に余裕のないわたしは、給料日までの約20日間を
 食費や雑費合わせて2千500円でまかなわなくてはならなかったのです。
 (医者代に出て行ってしまいましたから)

 数日は、そうしてキチガイのようになりながらも耐えておりましたが
 (気を紛らわすため、物を投げつけたり、叩きつけたりしながら)
 とうとう、別の歯科医に飛び込んでしまいました。
 払う当てもないのに、です

 「ありえんな」
 驚きに顔をしかめて言いました
 「どんな治療したんだ?」と。自分(医者自身)に聞かせるように
 そしてこの歯科医院で治療を受け、わたしの痛みは治まりました。
 治療費も、給料でてからでいいから・・・と待ってくださることになりました

 事件から10ヶ月ほどたった今なお
 わたしの顔には当時の傷後が残っています。
 だいぶ薄くなったとはいえ、なお
 緑色に変色しているのがわかるのです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上、長文失礼いたしました。

 
  

 


 
 
  
 

   
    • good
    • 0

歯が痛い(たぶん虫歯)ので歯科へ行った時の話です。


今まで行っていた歯科が無くなっていたので、交通の便も良く見た目の雰囲気が良い歯科へ、夕方の会社帰り行きました。
歯が痛いので痛いところを治してくれるかと思いきや、歯並びが悪いと言われ矯正を勧められ約65万かかると見積もりされてその日の診察は終わりました。治療は一切ありません。診察料をとられました。
どうしても痛いのでその足で他の歯科に行きました。

後日、ぼったくり歯科から「歯の経過と矯正をどうするかの返事」を電話でもいいからお返事下さいという電話が、私が留守の日中に何度かかかってきました。

これは??今でも頭にきます。
    • good
    • 1

5748さん、はじめまして。


過去に、医療に携わる仕事をしていただけに、
心苦しいです。
私の体験を書かせていただきますと、まず、微熱と
寒気が現れたので、市販のかぜ薬を飲みましたが、
一向に良くならず、次第にはげしい眩暈と耳鳴りに
悩まされるようになりました。
布団から起き上がれないほどひどくなってきたので、
病院へ行きました。
今、思うと素人判断で風邪を疑い内科を受診したのが
失敗でした。
担当の内科医は、私の話を聞き、ロクに検査もせず
「かぜでしょう。感冒薬を処方しますから」と言い、
私を追い出そうとしました。
納得がいかなかったので、『かぜで眩暈や耳鳴りも
するものでしょうか?』と聞いてみたら、横にいた看護師さんが
「それでしたら、耳鼻科へ行かれてはいかがですか?」と
言ってくれたので、そのままカルテを耳鼻科に
まわしてもらうことになったのですが・・・
当の内科医は白衣を脱ぎ捨て、診察室を出て行ってしまったのです。悔しかった・・・
    • good
    • 1

お礼の有無で差別されました。



家族は病気に無縁のため、こういった事を知りませんでした。
私も勉強不足だったのでしょうか、
主治医でありながら他の医師にカルテをまわされます。
知人を通してこの事実を知り、とてもショックでした。

はじめはそれでもその医師(主治医なので)に診てもらいたいと
思っていましたが、受診する度に嫌な思いをするので
思い切って病院をかえました。
病気を治すために行っているのに、
ちがう心配までして病院に行きたくないと思ったんです。
手術が成功したことには大変感謝しています。
でも、その技術以上に先生の態度や言葉は私に響きました。

技術的なことや、考え方の違いは医師に限らず誰しもあると思います。
それによって治療方針も変わるので。
もちろん名医にみてもらいたいと思うのは当然ですが。

今では医師に愛想を求めるのはあきらめました。
あくまで、私の体を診てもらう事だけに専念してもらおうと考えるようになり
少し楽にありました。
    • good
    • 1

以前から鼻水、くしゃみが止まらないので、近所の耳鼻咽喉科に行きました。


いきなりレントゲンを撮られて「見てご覧!!!!」
確かに本来は黒く出る部分も真っ白!
「ガンだね、これは。ガン。副鼻腔のガンだ」
…ええええ??? レントゲン「だけ」でガンって診断しちゃうの!?
「とりあえず、違う病院紹介するから! 明日にでも行きなさいよ!」
っと、凄く哀れんだ目で言われ、ひどいショックを受けました。
医者の言うことだし、私はガンなんだ…助かるのかな? ダイジョウブなのかなっと、
その日は一睡もできず…

翌日、紹介された病院に行き、詳しく検査したところ、
「うん、副鼻腔炎(蓄膿症)だね。手術すればダイジョブ」
「ええ? ガンって言われましたけど…」
「はぁ? ああ、あのセンセイ、そうやって驚かすのが好きだから~」
って、ざけんじゃねーーーーーー!!!
簡単に重大な病名を言って、喜んでいるなんてサイテー!
結局、即日入院、翌日手術。部分麻酔で顔の真ん中を手術しました。
その後、毎日病室から耳鼻咽喉科の診察室まで行き、外来の方に混じって診察するのですが、
コッチは顔半分、尋常じゃないくらいに腫れて、恥ずかしいのに、
なぜかそこの診察室は、他の患者さんから丸見えのところで治療をするんです。
只でさえ、鼻の中をごにょごにょされるのは恥ずかしいのに、
手術の際に副鼻腔に入れた綿(?)のようなものを、ずるずるずる~っと、
鼻から出す処置を…。もちろん綿は血と膿でとんでもない状態。
診察待っている他の患者さんが、ワタシを見て口を押さえて出て行きました…。
気持ち悪いのは分かっているけど、口を押さえて出て行く気分も分かるけど、
コレは若かった私にはとっても恥ずかしい体験でした…。
っつーか、他の患者さんから見えないところで、処置をしてーーー!

最初に行った病院が紹介してくれた病院。
似たり寄ったりでした…。
    • good
    • 4

私の祖母は半身不随で寝たきりで、施設に入っています。

あるとき、微熱が出たので家族に連絡が来て、病院に連れて行くことになりました。その前にも何回か同じような状態になって、同じ病院の同じ先生に診ていただきました。寝たきりになってだいぶたちますので、正直先生も困惑したのかも知れません。「前も来ましたよね、あの時治ったでしょ」みたいなことを言っていました。でもまた熱が出たから来たのに。まあ仕方がないことも世の中にはあるしな、と思って診察室の外に出たら、偶然通りかかった女性医師が、「あら?またこの人来たんですか、あのねえ、
もうこの人は、治らないんですよ!」
といいました。
寝たきりが治らないのは知ってます。でも熱が出たら心配になりますよね。ちなみにそこは、沢山患者さんがいる待合室でした。祖母はほとんどしゃべれません。
医師だってストレスがたまることもあるだろうけど、反論できなさそうな人に矛先をむけないでよ。
あの時はあっけにとられて何も言えなかった。
蹴り倒してやればよかった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も医者から面と向かってあんたの脳血栓は治らないと言われました。

お礼日時:2005/07/10 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者や看護婦の暴言、許せない一言

今までに経験したなかで最もひどい、医者や看護婦の暴言や、許せない一言、許せない行為などを教えて下さい。
 

Aベストアンサー

1)二十歳の時、大阪のS済会で腰椎麻酔が効きすぎて呼吸困難になり薄れていく意識の中で腸に残っていた便をもらしてしまた時にドクターが「ピチピチギャルのええところが見れた」にへらへら笑う看護師
2)深夜に産気づき、かかりつけのN川産婦人科に行った時、今やっと休憩できたのにってなイヤーな顔で出てきた助産師はこちらが「よろしくお願いします」といっても一言も口をきかずブスッとしたままだった、分娩時に降りてきたドクターもハ~ととてもかったるそうですごく感じ悪かった(有名、漫才師の分娩がテレビで放送された時はとてもいニコニコしてた)
3)子供が麻疹でかけこんだ大阪K生病院、蕁麻疹と診断してセルテクト処方され
2日服用しても調子が悪くなる一方なので午後の時間外に診察行ったら、昼食の途中で機嫌がわるかったのか若い女医が「薬を飲み続けなきゃ治んないって言ったでしょ」と言った、そのやりとりを聞いていた、年配の女医がでてきて診察を変わり
麻疹とわかった。

Q医者に高圧的な対応された時は

病気で病院に行くと、医者に上から下にモノを言うような高圧的な態度をとられることないですか?
こちらは、弱って困って、わざわざどこの病院にするか悩んで選んで、受診してるのに、時に叱るような言い方したりされ、えっ?こっちは客じゃないのとムカつくけど、その場では何も言えず、弱者になったように帰ってきてしまいます。

全ての病院ではありませんが、だいたい二分の一くらいの確率でそういう目に遭います。
今度からそこの病院に行かなければいいだけのことですが、何だかスッキリしません。

皆さんはこういう経験無いですか。そんな時どう対応しましたか?
ガツンと医者に一発言ってやった方などいますか?

Aベストアンサー

大学病院など、大手の病院に行っていらっしゃいますか?
それとも、「○○内科」などといった、個人で経営している小さなクリニック?

大学病院などでは、偉い人は(「外科部長」「内科部長」などね)、
病院内でも絶大な権力持ってますから、患者さんに対する態度が横柄だったりすることが多いみたいですよ。

個人のクリニックは、「自営業」だから、サービス悪いと儲かりませんから、そんなに感じが悪いところはないと思います。

でも、外観がおんぼろのところはちょっと要注意の場合ありかも。
年寄りで、職人気質の医者というタイプが結構多いので。
つまり「サービス精神」は望めない場合が。。年寄りだから、「儲け」にも意欲なかったりするし。
(感じよくして、患者さん増やそうと考えてない。
忙しいのはかなり嫌だったりする人もいる)

若めの医者で、きれいなクリニックは、割と当たりの場合が多いと思います。
とにかく一度「ここはいい!」ってところを見つけたら、いつもそこに行くようにするといいですよ。
大抵行くのは内科が多いと思いますので。。
私は数年前に行きつけの内科のクリニックの先生が亡くなってから、
やっぱり別のところでちょっと嫌な思いしたりしましたが、
今はまたいいところを見つけて、そこ一筋です。
「盲腸の手術してください」は内科の先生には無理ですが(笑)
簡単な治療なら、別の分野でもほぼ内科でいけますよ!

外科の手術と違い、風邪くらいなら、医者の腕はあまり関係ないので、私にとっても、感じがいい先生が一番です。

大学病院など、大手の病院に行っていらっしゃいますか?
それとも、「○○内科」などといった、個人で経営している小さなクリニック?

大学病院などでは、偉い人は(「外科部長」「内科部長」などね)、
病院内でも絶大な権力持ってますから、患者さんに対する態度が横柄だったりすることが多いみたいですよ。

個人のクリニックは、「自営業」だから、サービス悪いと儲かりませんから、そんなに感じが悪いところはないと思います。

でも、外観がおんぼろのところはちょっと要注意の場合ありかも。
年寄...続きを読む

Q病院で嫌な気持ちにさせられた人いますか?

以前入院していた時に、患者に対してあまりにも思いやりのない看護士に出会い、嫌な気持ちになった経験があります。医者でも、そういう人がいました。
もちろん、いい医者や看護士もたくさんいます。
でも、一部の心ない人達によって、嫌な思いをした人がいましたら、経験談をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

気分を不快にさせる看護士・医者にあたることが多く失礼ながら最近では性格のひんまがった人がなっているのではないかと思ってしまうぐらいです。
確かに素晴らしい先生やとても優しくしてくださる看護士さんもいるんですけどね・・・(^^;)

小学生の時骨折をしてレントゲンを撮ったところあまりにも珍しい骨の折れ方・ずれ加減だったためその病院の院長が嬉しそうに「これ資料として使わせてもらっても良いかなぁ♪」と聞いてきたことですね。
骨折したのに気づかず一日ほっといたため(苦笑)高熱で意識はもうろうとしてるしレントゲンとって一時間も一緒にいるんだからけが人ほっとかずにさっさと治療しろよ!!てかそんな話は後にしろ!!と幼心に思いました。
幸い他の先生が院長に「治療を・・・」と言ってくださいましたがその院長それはそれは楽しそうに満面の笑みで人の折れた部分思いっきりさわりやがりました。(患部に触るときソッとではなく上からそのまま腕の重さを利用して叩く感じです。)
治療のために触ったのでは無く明らかに「興味本位で」です。
一度触り「ホントに変なずれ方してるねぇ♪」とほざいた後はなにもせず治療は全て他の先生に任せてましたから。
あんなに泣き叫んだのは18年間生きてきてなかったですね。

私ではなく母が怪我のため旅行先で入院していた時
検査のため食事は一切禁止でした。
しかし怪我をしていたとはいえ命に別状はないし普通にお腹がすきます。
絶食2日目の昼一人の看護婦(40代)が病室にやってきて「お腹すきました?何か食べたいですか?」と聞くので「もしかしてゼリーとか消化の良いものだったら良くなったのかな?」と思い母も素直に「すっごくすきました」と言ったところ・・・「でしょう?まぁ食べれないんだから想像でもして楽しめばぁ?」と
ニヤニヤしながら病室から出て行ったのです。
母も私も呆然です。
もちろん病室から出て行った看護婦追いかけて後ろから蹴りくらわして思いっきり顔面打ち付けさせました。
幸い小さな病院で廊下にも誰もいなかったし看護婦も中学1年生に、しかも自分がちょっかいかけて蹴り倒されたとは言えなかったようで無事に母もそれから2日後には退院しました☆
あっでもここの病院の治療が悪かったせいで母の手の薬指・小指はきちんと曲がらなくなりましたけどね・・・。
この2つは相手の顔しっかり覚えてますね。

気分を不快にさせる看護士・医者にあたることが多く失礼ながら最近では性格のひんまがった人がなっているのではないかと思ってしまうぐらいです。
確かに素晴らしい先生やとても優しくしてくださる看護士さんもいるんですけどね・・・(^^;)

小学生の時骨折をしてレントゲンを撮ったところあまりにも珍しい骨の折れ方・ずれ加減だったためその病院の院長が嬉しそうに「これ資料として使わせてもらっても良いかなぁ♪」と聞いてきたことですね。
骨折したのに気づかず一日ほっといたため(苦笑)高熱で意識...続きを読む

Q医者へのクレームはどこにすればよいですか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘利にも急な失礼な物言いだったので、私も頭にきて怒鳴ろうとしましたが、隣で母が「ごめんなさい、ごめんなさい。治療をしてください。」と懇願しているのです。これを見た私は、怒鳴りきれず、逆に、院長のところへいって、土下座して、「御願いします。」と言ったのですが、その私に対して、「ふざけるな!帰れ!」といって、私の頭をつかみ、後ろへ押し倒したのです。

それでも、他の病院には治療する装置が少なく、刻一刻と増えていく脳腫瘍ですから、私たちも選べないので、ひたすら謝るしかありません。

このような態度をとる医師、ことさら個人経営ではない病院の院長ですから、本人に直接言うしかないのでしょうか?他にクレームをいえる適切な場所はありませんでしょうか?

先日、父の治療である病院に行きました。担当医はその病院の院長でした。
父は肺がんと転移性脳腫瘍をわずらっており、今回ガンマナイフによる治療をするため、その病院へ移ったわけです。私と母が院長の話を聴いているいるとき、院長が不意に、「なんだ、お前のその態度は?」と私に言ってきたのです。
確かに私は、腕をくんで、MRIの写真とにらめっこしていたわけですが
続けて、「こんな失礼な家族がいる患者の治療はしない!」とMRIの写真を下にたたきつけ、隣の部屋に行ってしまったのです。

甘...続きを読む

Aベストアンサー

医師法第19条:診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
明白に本条違反です。貴方の態度は全く関係有りません。
まして、土下座などする必要は有りません。
土下座などするからこんな医者は却って不遜になるわけです。
(但し、この法律には罰則規定がない)
個人経営でなければ、経営母体の責任者宛に損害賠償、及びこの医者の罷免(解雇)を求めるべきです。
恐らくガンマナイフに関する能力は一流、人間としては最低の医者のようです。
弁護士を立てて損害賠償を求めるのが一番で、この医者の将来の為にも成ります。
貴方が暴力を振るわれた様ですので、刑事告訴も可能です。
うやむやにしないで欲しいものです。
なお、お父上が人質のような状態ですが、お父上の病気が解決した後でも、上記の損害賠償や刑事告訴も可能です。
いっぱい証拠を集めて置くのも良いでしょう。

Q嫌な患者 迷惑患者

病院職員 医師看護師の立場から見ていやだなぁと嫌う患者ってどういう人が多いのでしょうか
また、今まで長年担当してきたなかでいやだなぁと思ったような患者のことなど、どのような体験経験があったでしょうか
何でもいいので、面と向かっていえないことなど本音の部分や色々な実体験をお願いします

Aベストアンサー

入院患者から見て、医師や看護師さんが困っているのを何度もみました。
1.プラセボで直る頭痛。どうも家族に相手されていなかったらしく、頭痛を訴えることでかまって貰ったかったらしいのです。
2.自分のベッドの周りやワゴンの中に食べかけの缶詰やお菓子を隠し持ち、傷んだ物を食べては腹痛や下痢を訴えるお年寄り(本人は傷んだ物を食べていないと言い張ります)
3.トイレまで間に合わないのに、紙おむつを拒否し、廊下を汚物まみれにするお年寄り
4.年輩の看護師さんに「悪魔~」と怒鳴ったおじさん。←私も思ったことは有りますが口には出来ませんでした
5.入院していながら民間療法を薦める家族
6.治療のためCVを施しながら絶食しているのに、体力が落ちるのを心配して食べ物を隠して差し入れする家族
等々
同室の入院患者として困った患者さんは
1.いびきが大きく、本人に自覚がない人
2.消灯後パソコンで仕事をするサラリーマン←カタカタがうるさい
3.睡眠痔無呼吸症候群の人←心配になります
4.夜トイレの後、自分の部屋、ベッドがわからなくなって他人のベッド腰を下ろした新規入院患者
・・・・・・etc

入院患者から見て、医師や看護師さんが困っているのを何度もみました。
1.プラセボで直る頭痛。どうも家族に相手されていなかったらしく、頭痛を訴えることでかまって貰ったかったらしいのです。
2.自分のベッドの周りやワゴンの中に食べかけの缶詰やお菓子を隠し持ち、傷んだ物を食べては腹痛や下痢を訴えるお年寄り(本人は傷んだ物を食べていないと言い張ります)
3.トイレまで間に合わないのに、紙おむつを拒否し、廊下を汚物まみれにするお年寄り
4.年輩の看護師さんに「悪魔~」と怒鳴ったおじ...続きを読む

Q同じ症状で別の病院にかかったら?

もし、今通っている病院とは別の病院で同じ症状を訴えて診察をしてもらったら、
(同じ症状で2つのべつの病院にかかったら)どこかから(例えば保険請求の担当の所から)どちらかの病院に連絡が入って、それぞれの病院に同じ症状で別々の病院にかかっているとばれてしまうことがあるのですか?
それとも薬などがダブらなければ、診察や検査をしただけではばれないでしょうか??

Aベストアンサー

 No3の追加です。重複受診をしているということは、医療費のムダ使いとなりますので、保険者から本人にお手紙が来るでしょう。加入している保険の事務局、国保であれは役所の国保課、社会保険であれば社会保険事務所、健康保険組合であれば組合から、本人にお手紙が来まして、重複受診をしないように、医療費を大切に使うように御協力願います、のようなお手紙です。

 病院へは、連絡はしません。病院は、患者さんを重複受診とは知りませんし、仮に知っていても診療を拒否することは出来ません。

Qカルテの保管期間は?

病院(総合病院も含めて)のカルテは、何年間保管されるんですか?
泌尿器科なんかで、何度も同じことで行って、恥ずかしいので、
一度、全カルテを抹消してほしいんですが、もし頼めば可能でしょうか?
最近はパソコンカルテなので、より長く残る気がして嫌なんですが。
と言ってもこんなこと頼むのは抵抗があるのでわかりませんが。
詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が出た大学の附属病院は性格上、すべてのカルテは永久保存でした。たぶん今もそうでしょう。
法律上は最終の診察から5年のカルテは保存が義務付けられていますが、実際はもっと長く保存するのが普通です。私の今在籍している病院は、保管庫に20年くらいの前のカルテもあるはずです。公的な病院では10年以上は保存されます。電子カルテ時代はもっと長期に保存され、紙のカルテと違って昔の記録も簡単に見れます。

なお患者の医療情報は、病院のものですから当然削除を要求されても出来ません。

Q医療機関で受けたひどい対応を教えてください。

医師です。

 マスコミの報道やネット上における医療者叩きが盛んになって久しいですけれども、そのような批判の中には「医者は人間としてなっていない」「傲慢」「世間を知らない」といった内容のものが比較的多く見られます。

 私自身は自分で認識している限りでは、そんな非常識な対応はしていないと思っているのですが、みなさんは実際にどのような「ひどい」対応をされてしまったのでしょうか?

 医療者側と患者さん側との認識の違いによる誤解が生んでいるトラブルも多いと思いますし、悪徳医者みたいな悪いイメージのみが先行してしまって、過剰な批判を受けてしまっている気もします。

 みなさんが医療機関を受診して不愉快に思った実体験例を教えてください。

Aベストアンサー

以前同じような質問に答えたことがあります。
私の回答をコピーして貼り付けようかと思ったのですが、あまりに長くなりそうなので…。
こんな形ですみません。。

今はとりあえず、内科、皮膚科、眼科、耳鼻科、歯科、それぞれ、かかりつけにできるようないいお医者さまに巡りあうことができました。

でも以前、皮膚科の先生(一応[皮膚科・内科]の看板を掲げている)に
 「鼻水が出て咳もひどく、熱っぽいんですが…」
と言ったら
「あら、風邪?」
と聞かれたことがあります。
男の先生なのですが、あまりにおもしろくて笑っちゃいました。こんな感じなら全然オッケーです。お医者さまにもユーモア?が必要ですよね…。

※参考URLで、私がした最初の回答の最後のほうに、お医者さまに対しての不適切な感情表現が含まれていますが、笑って聞き流してくださいね。質問者さまに対しての発言ではありませんからね。^^;

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1499146

Q外来患者としてお医者様に好かれるためには・・・

表現がイマイチ適切ではないかも知れないのですが、大きな規模の病院を受診する場合、嫌な思いをすることがないように色々皆様から意見を伺いたいと思います。以前、とても嫌な思いをしました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづれたり、話があちこち飛んでしまう方がいますが、誤診のもとです。また、伝えたかったことを忘れて一度診察が終わり、会計後に再度診察を求める方がいますが、事務にも医師にも嫌がられる原因となります。

次に、周囲の意見やテレビなどで得た知識、友人や親類の無責任なコメントを信じたり、ご自分で勝手に自己診断して病気や治療を決めつけたり、勝手に検査や希望の薬などを求めない方が良いです。

この理由も誤診のもとだからです。ご自分で情報収集するのは宜しいのですが、判断はしないことです。中には医者が決めることだと怒る方もいるでしょう。医師は自分の診断パターンをそれぞれ持っています。

医師ー患者信頼関係は信じるところから始まります。最近はマスコミの誇大報道や医療事故報道で医師への信頼感が薄れていますが、ほとんどの医師はまじめに働いています。医師の方でもその患者はすぐ訴えそうな問題を起こしそうな患者かどうかを判断しています。お互いがまず疑いありきでは信頼関係は築けません。とりあえず医師を信頼し、その診断に従い、説明を十分受け、納得するよう努めましょう。

もし、診察室に入ったときには、お願いしますとか、こんにちはと声を掛けてください。挨拶は何より大切です。このとき、返事をしなかったり、診察中も異常を感じたら、早くに医師を替えましょう。もし、看護師が親切なら、事情を話して診察日を替え、医師を替えることも必要です。医師の中には駄目な医師がいることも否定しません。

医者に好かれることよりも、信頼関係を築くことを考えましょう。
病人が健康な(はずの)医師に気を遣ったり、好かれるよう努力する必要はありません。

まず、ご自分の症状や悩みをきちんと説明できるよう、受診前にメモを取る、経過や発症の仕方など、ご自分で解ることをまとめておいてください。そして何が一番問題で不安なのかを考えておいてください。ちなみに問題が次第に変化することはよくありますから、受診のの都度医師に伝えてください。

その理由ですが、医師に症状を話すうちにどんどん話がづ...続きを読む

Q病院で学生(医師の卵)に見せ物のようにされることについて

病院のことを調べていたら大学病院では、学生達(医師の卵)に診察を取り囲まれて見られ見世物のようにされるという実体験がいっぱい出てきました。

若い女性が入院中に上半身裸で診察を受けている時に、男女の学生が周りを囲んで見学し、先生が治療の説明を学生にしたというもの。

妊娠している女性が陣痛で大学病院に運ばれ、帝王切開の場合もあり母体は危険という状態で、学生が分娩室に何人も見学の為に入っていったというものもありました。

産婦人科などは対象が女性なので、女性が見られるしかないのでしょうが、それでもいきなりこんな風にされるのはひどいと思います。
特に診察室なら拒否していいのならばできると思いますが、入院中や手術中の拒否も出来ない状態は患者に自由はないということですか?

たくさんの人に見られるのは、恥ずかしいし、怖い、不愉快、そう思う人が多いと思います。
たとえ相手が症例にしか興味なくても、勉強のためでもされる側は大勢の人に見られるんですから。

まだ目や手など外部なら我慢もできるでしょうが、胸、下半身や肛門は男女でも嫌だと思います。
見られたことで心に傷をおって精神的な病気になる可能性もありますよね。

医者にも見せたくないのに病気だからと勇気を出して、病院に来ている人もいると思います。
私もお医者様であっても裸など立派なものではないので、みせたくありません。
だったら大学病院以外を行けばいいというのも無理な話です。
技術などは素晴らしいし、小さな病院にいっても大学病院の紹介状書いてもらうことになりますし。

1.学生に見られることについて拒否はできないのでしょうか?

2.拒否をすると病院側としては研究に協力的ではない為に患者は冷たい扱いをされるのでしょうか?

3.入院中や手術中は見られることを断れないのでしょうか?
(全身麻酔だとわからないでしょうが)

ぜひ教えてください。

病院のことを調べていたら大学病院では、学生達(医師の卵)に診察を取り囲まれて見られ見世物のようにされるという実体験がいっぱい出てきました。

若い女性が入院中に上半身裸で診察を受けている時に、男女の学生が周りを囲んで見学し、先生が治療の説明を学生にしたというもの。

妊娠している女性が陣痛で大学病院に運ばれ、帝王切開の場合もあり母体は危険という状態で、学生が分娩室に何人も見学の為に入っていったというものもありました。

産婦人科などは対象が女性なので、女性が見られるしかな...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちはよくわかります。

いわゆる「ポリクリ」についてですね。
大学病院の用語で、医学部学生の臨床実習のことをポリクリと言います。
学生が何人かずつのグループに分かれて、各科を回ります。

ポリクリについては、昔からいろいろと批判も多いようです。中には誤解もありますが、たしかに改めて欲しいと思うことも多々あります。

私も経験があります。
私の場合は皮膚科で、アトピーがひどくなったので、当時大学院生として在学していた大学の付属病院に行きました。
まず、資格のある医師が見た後、「すみませんが、もう一度診察させていただきたいので、あちらの部屋にお願いします。」と言われました。
はは~ん、ポリクリだな、と私はピンと来ました。
そこに二人の学生(白衣を着ていて見かけは医師と同じですが、いかにも頼りない感じなので、一見して学生だとわかります)がいて、いくつか質問されました。
二人とも皮膚科の教科書をチラチラ見ながらでした(笑)。
で、結局、何の病気なのか結論は出ませんでした(笑)。
タイミングを見て先ほどの医師(講師か助手クラスの人)が入ってきて、学生の前でもう一度診察しました。
そのときには医師はもう答えがわかっているので、診察と言うより、学生に対する説明ですね。
医師は私が医学部ではないものの生化学が専門だと知っていたので、二人で生化学の用語で話し始めました。二人の学生は、ぽかんとして聞いていました。

まぁ、学生のときはそんなものでしょう(笑)。

さて、私が疑問に思ったのは、なぜ「学生の実習に協力してください」とはっきり言わなかったのか、ということです。
大学病院は、患者のための病院であると同時に教育訓練の場でもあるので、患者も(差し支えのない限り)協力すべきであろうと思っています。
しかし、病院である以上、やはり第一義的には患者の権利を尊重すべきであり、実習は患者の理解を得た上で行なうべきものであることは明らかです。
最近は大学病院でも、こういう認識が進み、ポリクリは患者に十分な説明をして、理解してもらってから行なう、という傾向が出てきていると聞いております。

私の場合は皮膚科だったので、さほど抵抗感はありませんでした。しかし、おっしゃるように、胸とか下半身だったら、たとえ同性でもあまり見せたくないですよね。
相手が医師だからこそ、見せる気にもなれるのです。
こういう分野では、特に医師がポリクリについての説明責任を果たすことが重要だと思います。

しかし、考えてみてください。
資格を持つ医師でも、昔は学生だったのです。
そして医師としての長い研鑽の最初の段階が、ポリクリであると言えます。
患者から見れば、何故こんな素人(あるいはそれ以下)の人たちの前にさらされなければならないのか、という気持ちになるのは当然です。
しかし、その段階を経なければ、その学生たちは、いつまで経っても未経験のままです。

座学だけで臨床実習経験のない医師など、いるはずはありませんが、仮にいるとして、そういう人に診てもらいたいと思われますか?

ですから、ポリクリが必要であることは間違いありません。
問題はただ一つ、十分な説明を行い、患者の理解を得て行なわなければならない、ということに尽きると思います。

さて、ポリクリへの協力を拒否した場合ですが、大学病院といえども病院である以上、患者の権利を第一義とする、というのが最近の潮流ですから、少なくとも表立って患者に不利益な取り扱いをすると言っているところはないでしょう。
ただ、医師が雅量の乏しい人物であった場合、患者との間の感情的なもつれは生じるかもしれません。

ポリクリのことを別にしても、私は大学病院というのは、あまりお勧めできません。
医療のレベルが、世間の多くの人が思っているほど高くはないからです。

なお、ポリクリの学生といえども、医師と同様に患者に関する情報についての守秘義務はあるものと思われます。

お気持ちはよくわかります。

いわゆる「ポリクリ」についてですね。
大学病院の用語で、医学部学生の臨床実習のことをポリクリと言います。
学生が何人かずつのグループに分かれて、各科を回ります。

ポリクリについては、昔からいろいろと批判も多いようです。中には誤解もありますが、たしかに改めて欲しいと思うことも多々あります。

私も経験があります。
私の場合は皮膚科で、アトピーがひどくなったので、当時大学院生として在学していた大学の付属病院に行きました。
まず、資格のある医師が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング