最新閲覧日:

表皮効果について、よくわかってきたんですが、
細かいことなんですが、電流をながしたときに中心部と表皮でおきている状態
(磁束と電流の関係)を詳しく知りたいんです。
教えてください。お願いいたします。

関連URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=148030
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=149121

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

siba-3さん こんばんは


あくまで本質に迫りますね。そのうち、ぜひ電磁気学をじっくり学ばれることをお勧めします。それでは、下手な説明ですが、わたしのイメージで説明します。

表皮効果は,電流が流れることで発生する磁界と、その磁界が電流に作用すること(電磁誘導)が原因で生じます。
電流が流れるとそのまわりには、電流に比例する磁界が発生します。
発生した磁界は、また電流にも作用します。
交流電流は、電流が変化するわけですから、磁界も変化します。
その磁界変化が導体内に電流を誘起します。
これフレミングの○手の法則ですよね。右だか左だか多分両方ですね。右ねじの法則などと言うのもありますね。
忘れましたので調べて見てください。
その向きが導体の中心部では電流の流れを打ち消し,導体の表面では逆に加算される方向になります。
周波数が高くなるほど電流の変化が激しいので、まわりの磁界変化も激しくなり、より強く表皮効果が発生するわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
電磁気学少し、勉強します。

お礼日時:2001/10/18 07:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報