お酒好きのおしりトラブル対策とは

村上龍の「半島をでよ」を読んでいます。
昨日、ニュースでもロンドンでテロが起きました。
そこで質問なんですが、「半島をでよ」では9人の北朝鮮兵が漁船にまみれ潜入し、福岡ドームを占拠し、人質をたてに、海上封鎖を解き援軍を入れ、福岡封鎖した日本政府に対して、福岡市民を人質にし、福岡を占拠してしまいます。
北朝鮮軍は反乱軍と名乗り、日本政府は北朝鮮にも、反乱軍にも手出しできません。
村上龍は「報道ステーション」で将来起きうる想定内みたいなことを言っていましたが
日本と言う国家は、こんなにテロに対して弱いんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

日本はテロにも戦争にも非常に弱いです。


弱い理由は、憲法9条派の努力のたまものですね。

日本憲法に、自衛権についての記述がありません。
自分の国をどう守るのか?ということが書いていないのです。

全文では、ヒトラーや金小日のような独裁国家を世界と協力して倒そうとは書いてありますが、9条で軍隊を保持せず、自衛戦争すらしないと主張してきました。

おかげで、丸腰です。

日本海側に、敵が上陸するであろうポイントはいくつか想定できます。
が、ここから避難する国民と、そこに向かう自衛隊が、狭い道路でぶつかりあって、にっちもさっちも行かない状態になります。
待避を想定した道路をつくることを、野党や公務員が認めなかったのです。

非常に馬鹿げた国です。
多少まともになってきましたが、それでも中国や北朝鮮から便宜をはかってもらってる人たちが、国会議員として国の行く末に関与したり、教師として子供を教育したり、公務員として行政に関わっているのですから。
    • good
    • 0

ドームが占拠されて、手も足も出ない。

あたりまでは、あたってると思いますよ。グライダーの低空飛行が探知できない。ここらあたりも、可能性はあります。彼らが、合流できるか当たりが 分かれ目でしょうね。
かって、超法規的処理といって、テロをパスした国柄ですから。で、その結果、北朝鮮の拉致にまで繋がったと解釈すれば、あの時、福岡空港で、突入して、最小の被害で済めば。という 仮説も成り立ちます。
過去の決断から見れば、大筋 あたってるでしょう。
そんなに、人命が大切なら、車を全廃すれば、毎年、7.000人以上の人命が助かるのですがね。
(別件ですが車は、毎年、間R違いなく、7.000人以上の人命が失われるのですから、欠陥のあるシステムです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/11 12:12

政治のことは分かりませんが、小説ならよく読むので言えることがあります。



村上龍は、トンだ作家です。

「5分後の世界」なども読んでみると分かると思いますが(もうお読みかも知れませんが)、とにかくなんというかこう・・・「戦闘シーン」を書きたい人なのです。
実際の軍事的危機を示唆しているというよりは、「軍事的危機シーンを書いて陶酔するのが好き」なのです。
もちろんそういうの書かせたらうまいのですが、・・・ちょっと独りよがり過ぎな、独特の小説世界の構築をなさる人です。
読んだ人を引きずりこむのが作家の手腕ですが、読者は読み終わったらその世界から出てこないといけません。

小説と現実とは違う、というのも当たり前すぎて言うまでもないですが、龍氏に関しては特にあのすごい世界の構築っぷりに引きずり込まれないように注意しないといけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「5分後の世界」は読んだことがないのですが、村上氏の小説には確かに、おっしゃるような傾向があるかもしれませんね。

お礼日時:2005/07/11 12:10

弱い面もあり強い面もあり。



もう既に指摘があるように日本は大掛かりな情報機関を持っていない分テロに弱いと言えるかもしれませんが、移民政策には全体的には非常にシビアです。全体的には非常にシビアかもしれませんが、確かにその中では朝鮮、中国など近隣国に対しては甘いところがあるかもしれません。

今はやりのイスラム過激派テロに関しては、イスラム過激派に狙われるような政治的な伝統、土壌はありませんし、前述のように移民には厳しいですから、アメリカやヨーロッパよりは危険が少ないと言えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/11 12:07

別にテロにだけ弱いと言うわけではありません。


韓国にも弱いし、中国にも弱いです。
災害にも弱いです。阪神大震災のときに、村山さんが総理大臣なのに、対処よりも食事を優先して顰蹙を買いました。
孫子の言葉で「敵を知り、我を知れば百選危うからず」というのがあります。
敵、つまり予想される事象を推測・探知し、その全てに対して対処方法を確立しておけば、実際にその事象が生起しても大丈夫という意味だと思っています。現代風に言えば「危機管理能力」ですね。
大体、危機的財政状態だからと増税を論議しているのに、新幹線だの、合併特例債だの、社会保険庁等々の無駄遣いだのと税金の垂れ流しを止めない日本政府に、危機管理能力があるはずがないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/11 12:05

 こんにちは。



 そのような想定のテロでしたら、情報機関を持っていない日本では食い止めるのは、難しいと思います。
 情報機関を持っているアメリカでさえ、同時多発テロを食い止められなかったんですから。

 日本の頼みの綱は、アメリカの情報機関が、そのような動きがあるということをキャッチしてくれるかどうかにかかっていますね。

 ただ、小説のように相手が9人でしたら、海上封鎖を解くように要求してきた段階で、特殊部隊でけりをつけると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/11 12:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング