レスポールを弾いてます。今はエキストラライトゲージを使っているのですが、チョーキングの多い曲を弾くたびに、チューニングがくるい音程がかなり下がっています。これは普通なのでしょうか。
ライトゲージを使用していたときは、チューニングの狂いは少ないのですが、チョーキングがとてもきつく指が持たないです。皆さんはどんなギターでどんな種類の弦をつかってますか。参考にさせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

弦の張りたての時期に、チョーキングなど弦を引っ張ったりすることでチューニングが下がってしまうのは、弦が伸びたり、ペグポストでの巻きたるみが絞られて、全体の張力が下がってしまうために起きている現象だと思います。

これについては、少し弦を引っ張ってやることで、弦を伸ばし、巻きたるみを絞り上げることで、だいぶ安定させられると思いますので、弦を張り替えたときに少し弦を引っ張ってやるようにしてみると良いと思います。

もし、弦を張りたてのときに引っ張ってみたりしてもなお、あるいは、張りたてではなく張ってからしばらく経って、保管時にチューニングが下がるようなことがなくなった時期にも、チョーキングでチューニングが下がってしまうのであれば、その場合はナットやサドルなどでの弦の引っ掛かりを疑ってみるのが良いかも知れません。 その場合は、ナットやサドルなどの弦の溝を滑らかにしたり(軽くやすりがけしたりするなどですが、これはリペアに出した方が確実でしょう)、滑りを良くする(それ用のグリスや鉛筆の粉などを溝に入れる)ことで対策してみるのが良いと思います。 あるいは、ナットを滑りの良い材質の物に交換するのも対策でしょう。

なお、レスポールでテールピースが独立しているチューン-O-マチックブリッジの場合、テールピースとブリッジとの高低差でチョーキングなどの時の弦の張りの硬さを調整できます。 サドル部分での弦の折り曲がる角度が大きくなるほど、チョーキングなどのときの抵抗は強くなり、逆に角度が薄くなるほど弦の抵抗は弱くなるはずです。
もし以前にライトゲージを張ったときにそうした部分の調整をしていなかったとして、エクストラライトゲージではどうにも問題が解決できずにライトゲージに乗り換えてみるとしたら、その調整で弦の抵抗が弱くなるようにしてみるのも一考かも知れません。 なお、テールピースとブリッジの高低差がどうにも取りにくいときには、テールピースに弦を通すときに逆側(ネック側)から弦を通してテールピースの上を折り返し、張るやり方(逆通しなどと言われますね)を試してみるのも良いでしょう。 逆通しにすると、必然的にブリッジでの弦の角度が薄くなるため、チョーキング時の弦の抵抗はかなり弱くなります。

私はダダリオのXLの.009から始まるスーパーライトゲージを手持ちのすべてのギターで使っています。 レスポールタイプのコピーモデルもありますが、それにもスーパーライトゲージを逆通しにして張っています。
参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/08 22:14

俺もレスポール使ってるけどけっこうチューニングが狂います^^;


みなさんがおっしゃっているように弦を交換するときに弦を少し伸ばしてみるのは必ずやっておいて間違いないと思います。
あと弦の巻き方にも気を付けるとかなりチューニングが狂わなくなります、これは説明するのがちょっとめんどくさいので図で分かりやすく説明してあるサイトを見つけたので参考URLを見てください。
これでだいぶ狂わなくなると思いますよ^^

チューニングを狂いにくくさせたいだけなら弦は太ければ太いほうが安定しますね(笑)
ちなみに俺はギブソンの94年製ヒスコレにR.CoccoっていうメーカーのRC11を張っています。
半音下げで弾くことが多いので弦高を高くしているっていうのもあるんですけど歯切れがいい感じで気に入っています(*^▽^*)

参考URL:http://www.ariaguitars.com/jp/05suppo/02manual/m …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

弦の巻き方変えるとチューニングが結構安定しました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/10 23:35

私はいくつかギターを所持しているのですがレスポールにはギブソンのレスポールリーシューっていう弦を張っています



009~042と普通の太さですが他のライトゲージの同じ太さの弦に比べてすごく硬いです。なので通常のライトゲージなどに慣れている方には違和感あるしチョーキングも厳しいかもしれませんが、チューニングは狂いにくいし慣れれば弾きやすいですよ。最近はなぜかあまり楽器屋でも見かけませんが・・・。

ストラトにはアニーボールのライトゲージ009~042を張っているのですが、レスポールを主に使っているのでストラトに持ち替えたときには弦の柔らかさに戸惑います。

あくまでも個人的な好みですがギブソンの弦は私はお薦めですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今度試してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/08 22:14

#1の方が仰られている通り、弦が伸びているのだと思います。

弦を張り終わった後に右利きの場合、左手は1弦1フレットを押さえ、弦を右手でピックアップの辺りから掴み、ギターから離れる方向に引っ張ります。あまり力をかけずに「クイクイ」といった感じです。そして次は2フレット、3フレットと最終フレットまで同じことを繰り返して、次は1フレットに向けて再度同じことをします。次に2~6弦も同じようにします。こうすれば少し荒っぽいですが、かなり弦が伸びます。

また、チョーキングした時に弦がナットやブリッジで引っかかってしまい、テンションが落ちているのかもしれません。その場合は鉛筆の芯の粉を塗るとすべりが良くなると聞いた事があります。これはやったことが無いのと根本的な解決にならないのでリペアに出すまでの応急処置ということで。

私は安いのでダダリオの010-046のセットを使っています。ギターはストラトがメインでレスポールも持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/08 22:16

エキストラライトゲージはすごく弦が伸びやすいんですよね。

それで音が下がっていくんだと思います。

私もそれでライトゲージを試したのですが、キツイので結局エキストラライトを使ってます。
毎回チューニングしてます。

弦張った後にチョーキング(ほんとに弾く必要はないです)しまくって、ある程度伸ばしてからチューニングすると狂いは少ないです。

ギターはレスポールとストラトを持ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

弦の伸びなんですか。今度試してみます。

お礼日時:2005/07/08 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二胡の内弦の弓の向きが分かりません。。

二胡の内弦に弓があたらず向きが分かりません。
教本や動画などの構え方だと、二胡は横向きに置いて、
外弦を弾く時の弓は斜め左手側のようですが、
内弦を弾く時は右手側に持って来て弾くのですか??
そうすると、チェロのように二胡を正面に向けて置かないと、
内弦に弓があたらないような気がするのですが・・・
初歩的な質問で恐縮ですが、どなたか教えて下さい。(>_<)

Aベストアンサー

>ちなみに松脂を塗る前後の挟む順番や、取り外す段階がいつなのか
いまいち分かりませんが・・・

んん?
松脂を塗るときには、弓のネジを緩めて弦からはずし、またネジをしめます。普通のヴァイオリンの弓のような状態で、塗ります。
松脂は、弓毛の表と裏、両方にたっぷり塗ってくださいね。裏にも塗らないと、外弦の音が鳴りません。
塗り終わった後は、またネジを緩めて、弦の間に入れます。ネジを締めます。

慣れてきて、面倒なときは 外さずに塗る人も多い(^^;)

重要なのは、弦の間に入れて、またネジを締めるときに、弓毛がねじれていないか、しっかり確認してください。

普段ケースにしまうときなどは、弓は外さず、糸巻きの短い方の部分にかけてしまいます。棹や弦と平行になるような感じ。
これも慣れないうちは、弓毛が弦にはさまって「ガリガリッ」とかやりがちなので、慎重に、気をつけてください。
初歩のうちは誰かに師事するのが一番ですが、そうでないのなら、教本などの絵や説明をしっかり確認してみてください。

Qエレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

エレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

Aベストアンサー

一音を出す時はそうですが、コードを引く時は違います。
em7なんて押さえる弦は一つですが6弦全部弾く事になります。

Q弓道 弓と弦について。

弓道 弓と弦について。


私は高校一年で弓道部に所属しています。

まだ用語がよくわからず申し訳ないのですが、
上につける赤いところの長さが短くなり、もう幅を広くできなくなったので
三週間ほど前に弦を変えました。

なのですが、また赤いところが限界ぎりぎりまで来て
もう幅が広くできなくなってしまいました。

先輩に聞いたところ、つけ方が悪いのでは?と言われたのですが、
先ほどネットで調べたところ、いつものつけ方で合っていると思われます。

弓が悪いのかと思い、友達の弓と交換して(同じ11キロ)
つけてみたら、友達の弓で15センチだったものが
私の使っている弓につけたら明らかに狭くなっていました。

同じように、私の弓で12センチだったものが
友達の弓では余裕で15センチを超えていました・・・。

これって弓が悪いんですかね?

あと、10キロから11キロにかえた時、
10キロで15センチだったのが
11キロにしたら12センチほどに狭くなってしまったのですが
キロ数を増やすと狭くなるのでしょうか?

まとめると、

1.弦を長持ちさせる方法
2.弦のつけ方が悪いのか弓が悪いのか?
3.悪いとしたらどうすればいいのか?
4.キロ数を増やすと同じ弦でも狭くなるのか?


わかるものだけで結構です!

よかったら教えてください。

真剣に悩んでます。

弓道 弓と弦について。


私は高校一年で弓道部に所属しています。

まだ用語がよくわからず申し訳ないのですが、
上につける赤いところの長さが短くなり、もう幅を広くできなくなったので
三週間ほど前に弦を変えました。

なのですが、また赤いところが限界ぎりぎりまで来て
もう幅が広くできなくなってしまいました。

先輩に聞いたところ、つけ方が悪いのでは?と言われたのですが、
先ほどネットで調べたところ、いつものつけ方で合っていると思われます。

弓が悪いのかと思い、友達の弓と交換して(同じ11...続きを読む

Aベストアンサー

多分、質問者さんの「弓が並寸」で「弦が伸び寸用」なのではないでしょうか。
決まりは無いのですが、一般的に並寸用の弦は下の輪が「白」で伸び寸のものは「青」が多いです。

1,弦を長持ちさせる方法
離れを良くする。(これは何年も修行が必要ですね・・・)
中仕掛けを8cmは作る(離れも出やすくなります)
上関板と弦があたる部分にも仕掛けみたいなのをつくる。

4、弓を強くすると輪の作り方が下手だと緩んですこし弓把は低くなりますが、それでも数mm程度でしょう。

弓と弦の間の事を「弓把」と言います。弦の調整は上関板と弦の間隔と弓把を見ますが、新しい弓なら把を15cm程度にすれば上関板との間隔もちょうど良くなります。ですが、弓の形が狂っていたりすると15cmにあわせると上関板と弦がくっついてしまったり逆に離れすぎてしまったりします。
どちらにあわせるべきか、というと上関板です。上関板と弦の間隔が弦1~2本分離れる程度に調節します。

Qチューニングの狂いの度合い

私はフェンダーのトレモロユニット付のストラトキャスターを使って
いるのですが、アームを使用すると、どうしてもチューニングに狂いが出ます。
この狂いはトレモロユニット付ギターの宿命だとは思うのですが
やはり少し気になってしまいます。

たまに「アーミングによるチューニングの狂いが少ない」ギターがあるという
のを見かけることがあるのですが、果たしてどの程度であれば
狂いが少ないと言えるんでしょうか?

ちなみに私のギターですと、大抵±5cent程度の範囲で狂いが出ます。

Aベストアンサー

説明が十分でない所があったので、補足します。

ユニットがフリーの状態で上から見て、1弦と6弦の前後方向に若干でもガタつき・・・と書きましたが、これはガタがあって当然です。(失礼しました)

正しくは、ユニットを「ネック側に押した状態」で、それでもなお、両端がわずかに動くガタを意味します。

この6本のビスは、見た目には一直線上に揃っていますが、機械部品として考える精度になっていません。ユニットの穴は機械加工されたものですが、こちらも僅かにバラつきがありますし、要するに穴の側面とビスの接触部分があいまいで、しかもそれで「こじる」ような動きが加わるのですから、狂いが出るのは致し方ありませんね。

No.2の方が紹介しているスプリングの掛け方は、おそらく上に挙げた問題のために、ユニットを片側へ強引に引き止めてガタを防ごうとしていると推測できます。

ちなみに、この穴にヤスリを掛ける場合、ユニットの鉄板が熱処理で硬いと思うので、普通の丸やすりよりも、ダイヤモンドの丸やすりを使った方がよいと思います。

Q弓の弦が髪(顔)に当たります

こんにちは。弓道部に入り弓道を4月から始めた者です。
先月の段級審査で1級をとることができたのですが、最近になって弦が髪に当たってしまいます。
9月ぐらいに一度顔に当ててしまいそのあとからどうしても当たるのではないかと離れの瞬間怖くなってしまいます。
髪の毛に当たる割には矢は前にとんでいってしまったりします。
射場に入ると緊張のせいかあまり当たらないのですが(もしかしたら少し当たってるのかもしれませんが忘れてるのかもしれません)、ネットでの練習のときはどうしても当たってしまいます。
最近は弓を引く=痛い というような気持ちになってしまいます。
先輩からは恐怖心を捨てないととも言われたのですが、どうしても離れの瞬間、特に口割りをしていると当たるんじゃないかとばかり思ってしまいます。
当たらないときは大抵おくってしまったり、離してひいてしまったり、離れの瞬間目をつぶってしまいます。
どうしたらよいでしょうか。
わかる方がいましたらどうか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットで答えられる事には限りががありますので、道場の先生に見てもらうのが一番ですが、
少しだけ。

何故当るか。
一つはno.1さんが言われたように弓返りです。
正しい手乃内と背中で引く感覚をつけましょう。
ただし、難しいです。

で、こっちが主だと思うんですが、
当る→痛い→引きが小さくなる→余計当る。
怖い→ぶれる→当る→怖い→余計当る
と言うループだと思うんです。
矯正法はまず、恐怖心をなくすこと。
巻藁でもじっくり口割をつけて会を持ってみる。
十二分に伸びあって怖かったらゆっくり戻したらいいです。次第に恐怖感はなくなります。
とにかく、大きく引けば角見が効いていなくても、
矢があるので、中々当ると事はないでしょう。
ちなみに、髪だけが当るのであれば、首が傾いているのかも知れません。

何かの参考になれば。

Qエレキギターのチューニングの狂いについて教えて下さい。

エレキギターのチューニングの狂いについて教えて下さい。

最近新品のギターを購入しましたが・・。
普通に弾くように膝にのせてチューニングをした後、そのギターを膝の上に上向きに置いたり(真上に向きをかえたり)下向きにしたりするとチューニングがだんだんずれていきます。(ネックには触れずにボディーを持って方向を変えてます)真上に向けたりすると音が高い方向にチューニングはひどくズレていきます。特に6弦が酷くズレるようです。ちなみにBridgeは、Floyd Rose です。
アーム付のギターはこのようにギターの方向を変えれば簡単に狂うものなのでしょうか?
定価10万円超えるものなのですが・・・・。

Aベストアンサー

>真上に向けたりすると音が高い方向にチューニングはひどくズレていきます。

重力の影響でブリッジが沈み、微妙にアームアップした状態になっています。

が、もとの位置に戻せばジャストにもどるはずです。
(真上に向ける度にチューニングがどんどん上がっていき、際限なく音が高くなっていくことはありえないので。)

ブリッジがフローティング状態で釣り合っているので些細なことでピッチは上下します。

単純な構造なので落ち着いてよく観察してみると何が起こっているのかよく理解できるはずです。

例えば1弦12フレットで2音分のチョーキング(アップ)をすれば、(チョーキングしている間は)2~6弦まですべてのチューニングが下がります。ブリッジが浮き上がるためです。

ご参考に。

Q弓と弦の接点を変えずに弾くには(バイオリン)

クライスラーの「前奏曲とアレグロ」を練習しているのですが、後半部分の16部音符が並んでいるところは駒寄りで弾けと先生に指示されるのですが、どうしてもいつの間にか弓が指板と駒の真ん中辺りに戻っていってしまいます。少し弾いては「弓の場所が戻ってる」といって止められます。
先生が言うには「駒寄りで弾くことに慣れていないからだ」というのですが、ゆっくりなテンポならなんとかなるのですが、この曲やクロイツェルの2番のようなテンポが早くて弓を頻繁に返すような曲だと途端に接点がずれてしまいます。

駒寄りで安定して弾き続けるにはどうしたらいいでしょう。肘を少し引くようにして弾くのでしょうか。
また接点がずれるのはどんな原因が考えられますでしょうか。

Aベストアンサー

>弓が指板と駒の真ん中辺りに

ということであれば,
その16部音符の箇所に限らず,常にもっと駒寄りにという意味ではないでしょうか。
駒から遠くなると音の強さがなくなり,弓の返しの歯切れは悪くなります。
ぼんやりと鈍い感じになってしまいます。

脇の開き,肘の高さなど姿勢の問題かと思いますが,
そのようなことをチェックすることに気を取られずに,
駒に近いところで弓が絃に垂直になっているかを「目」で見ながら,
不自然な力が入らないようにして
ボーイングの練習をされるのがいいと思います。
感覚とか慣れというもので身に付いていくものがありますから,
常に意識して,「目」で確め,練習していくうちに,
見なくても自然と駒寄りで弾けるようになると思います。
まずは,弓の位置を「目」で確めながら…ではないかと思います。
弓の位置を決め,それに順じて自然な感じで,肩や肘,手首の動きを
探ってみてはいかがでしょう。
これまでに身に付いているものを変えようとするわけですから,
たいへんなことのように思えるかもしれませんが,
そんなに長い時間はかからないだろうと思います。

>弓が指板と駒の真ん中辺りに

ということであれば,
その16部音符の箇所に限らず,常にもっと駒寄りにという意味ではないでしょうか。
駒から遠くなると音の強さがなくなり,弓の返しの歯切れは悪くなります。
ぼんやりと鈍い感じになってしまいます。

脇の開き,肘の高さなど姿勢の問題かと思いますが,
そのようなことをチェックすることに気を取られずに,
駒に近いところで弓が絃に垂直になっているかを「目」で見ながら,
不自然な力が入らないようにして
ボーイングの練習をされるのがいいと...続きを読む

Q異弦同音チョーキング

今異弦同音チョーキングの練習をしているのですが
チョーキングしたほうの音が上手く切れず、どうしてもチョークダウンしてしまいます。
どうやったらいいのでしょうか?コツを教えてください!!

Aベストアンサー

「上手く切れず」とは、
本来音を切りたいところで切れずに伸ばしてしまい、
結果チョークダウンする音も発音してしまっているということですか?

それなら右利きなら右手でミュートしてください。
普通のチョーキングが出来れば、後は別の指で他の弦を押さえるだけなので、
特にそのような違いが出るとも思えませんが。

Q二胡とバイオリンの弓の違い

二胡を中古で入手しましたが弓がありません。
バイオリンの弓ならありましたので、取り敢えず、試してみました。
外弦は音がでますが、内弦の音が出ません。
弓の内側にも松脂をこすりつけましたが、
新しい弓にはどの程度こすり付ければよいのか 判りません。
持つところの形も違うことはあるでしょうが
二胡には使えないでしょうか?
違いについてご教示お願いします。

Aベストアンサー

毛の張りの強さが全然違うので、普通に考えれば互換性はないと思います。
バイオリンの弓なら相当ユルユルにしなければだめだと思いますまが、その場合弓本体が逆反りするので、どう考えても演奏できないと思うのですが・・・・
もちろん二本の弦の間に弓の毛を通されたのですね。
持ち方・角度は大丈夫でしょうか?
http://cokyu.com/modules/tinyd0/index.php?id=3

http://cokyu.com/modules/tinyd0/index.php?id=5

ここで、2000円からありますので、この際購入されてはいかがでしょうか?
http://www.rakuten.co.jp/sakuragk/500688/585414/

Qアーミングによるチューニングの狂い

イタリアギターのビグスビーの付いたレスポールみたいなヤツを使っています。アーミングをするとチューニングが狂います。少しでも狂いを改善しようかと思います。今考えているのはペグの交換です。チューニングの狂いはペグの交換が効果的でしょうか??アドバイスお願いします

Aベストアンサー

アーミングによるチューニングの狂いの原因については、主なところとしてはナットやブリッジ部での摩擦でアームをリリースした後も弦が元の張力に復帰しないことが大きいと思います。 他にも、アームダウンによって弦の張りが緩むので、ペグポストでの巻き上げの状態が変わることでチューニングが狂う可能性なども否定できないかも知れません。
アームダウン後のチューニングの狂いの補正については、ペグの交換だけではあまり大きな効果は期待できないようにも思います。 アームダウンでのチューニングの狂いは、ペグが動いたりすることが原因ではないので、ペグを交換するだけではあまり大きな改善は見込めないと思います。
なお、ペグに弦を万力のように挟みこむことで固定するロック式の機構がついている場合、弦をペグポストで巻き上げて固定する必要がなくなるため、ペグポストに巻きつけた弦の巻き緩みの影響を低減することが期待でき、またその分チューニング全般を安定させやすくなりますが、アームダウン後のチューニングの狂いの抑制に関しては、それだけでは大きな効果は得にくいのではないかとも思います。

アームダウン後のチューニングの狂いを抑制する手段としては、ナットやブリッジ部分の弦との接触部の摩擦を低減するか、それらの部分での弦の遊びを固定して潰してしまうのが効果的と思います。 ただ、ビグスビーの場合には、フロイドローズのようなナットやブリッジで弦を固定するシステムは使えませんので、ナットやブリッジ部での弦との摩擦を減らす方法を考えるのが現実的な対処だと思います。
ナットやブリッジの弦が通る溝を滑りやすいようにヤスリなどで軽くこすって滑らかにしたり、グリスのような潤滑剤を溝に仕込むなども手だと思います。 また、改造を視野に入れるのであれば、ナットを滑りやすい素材の物に交換したり、あるいはローラーナットなどに交換するのも、選択肢に入るでしょう。
いずれにしても、ペグの交換だけでアーミング後のチューニングの狂いを押さえ込むことはやや難しいのではないかと思います。 ペグ以外に、ナットやブリッジなどアーミングによって影響を受ける範囲全般を含めて、全体的にギターの調整を見直す必要があるでしょう。

参考まで。

アーミングによるチューニングの狂いの原因については、主なところとしてはナットやブリッジ部での摩擦でアームをリリースした後も弦が元の張力に復帰しないことが大きいと思います。 他にも、アームダウンによって弦の張りが緩むので、ペグポストでの巻き上げの状態が変わることでチューニングが狂う可能性なども否定できないかも知れません。
アームダウン後のチューニングの狂いの補正については、ペグの交換だけではあまり大きな効果は期待できないようにも思います。 アームダウンでのチューニングの狂いは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報