辛亥革命後の中国で、魯迅を指導者とする「文学革命」というのがあったと思います。これはどんな革命だったのですか?それに関する読みやすい(高校生が理解できる程度)本なども、できれば教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この文学革命は魯迅が指導した白話運動の事です。

白話は日本語でいう話し言葉のことです。それ以前は論語などに使われている古めかしい言葉使いが書き言葉であったので現実に使っている話し言葉と書き言葉の乖離を直し話し言葉を書き言葉にしようとする運動です。本は残念ながらあまり知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事いただきましてありがとうございます。中国の歴史は全くといってよいほど知識がなく困っていました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/10/12 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q辛亥革命で満州族はどうなったのですか?

清は皇帝以下支配階級は満州族だった訳ですから、行政文書にも満州語が使われていたと思います。
ところが辛亥革命で中華民国が成立すると、一瞬で満州族も満州語も漢族及び中国語に飲み込まれたように見えます。(後に日本が中華民国の反対を押し切り満州国をつくりますが)
満州族と漢族の武力衝突のような混乱は発生しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.2の方の説明に補足して。

 清は、辮髪など一部の満州の風俗以外は、全面的に中国の伝統文化を尊重し、満州族の皇帝が率先して漢民族化を進めました。

 清朝最盛期の康熙帝は、康煕字典や四庫全書など、中国の文字文化の大規模編纂事業を行いを行い、歴代王朝の優れた陶器のレプリカを作成するなど、「漢民族文化」の集大成に努めました。

 支配体制も、中央の主要官僚は建前上、満・漢同数としたものの、官吏登用には中国伝統の科挙を全面的に採用したこともあって、中堅官僚以下は人口が圧倒的に多い漢民族によって占められていました。

 このような社会状況から、ヨーロッパ列強が進出してきて、中国が半植民地化し、清朝の弱体化が著しく進んだ時、『扶清洋滅』というスローガンを掲げた、「義和団事件」が起こっています。

 これは、清=満州王朝を扶助して、西洋列強を倒そうという意味です。

義和団事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

Q辛亥革命について

今、TRYを読んでいるのですが、少し手前で話が終わっているような気がします。そもそも清王朝を倒すためにした革命なのでしょうか?詳しく教えてください。

Aベストアンサー

すいません。

アドが途中で切れてましたm(_)m

参考URL:http://www.ffortune.net/social/history/china-sin/singai-kakumei.htm

Q辛亥革命期の女優Jin Jilanの漢字名を教えてください

中国史についての英語文献に、辛亥革命期の中国で、武器の密輸や製造にかかわった女優としてJin Jilanという名前が出てきました。彼女について詳しく知りたいのですが、漢字でどう表記する名前なのかがわかりません。ピンインから予測して、Jinは金か晋だと思ったのですが、一般の人名辞典には思い当たる名前がありませんでした。ひょっとしたらウェード式の表記であるのか、あるいはピンインでも間違いなのかもしれません。

この文献(E.Croll, 1978"Feminism and Socialism in China")によれば、Jinは(1)アメリカ合衆国の仲間と結託していた(2)夫を殺害した(3)暴動に加担したために処刑されたということです。

もし、思い当たる女優をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Jin Jilan」は、「錦芝蘭」ではないでしょうか。
彼女は蘇州生まれ、上海を中心として一座を組織していた舞台俳優であり、革命党の一員。
ただ、豪商一家惨殺事件の首謀者として北京で処刑されています。享年21。明治33年。

以上は、宮崎滔天「支那革命軍談」(法政大学出版局)の中の付録「革命事情」として掲載されている、「怪女優錦芝蘭」よりのダイジェスト。宮崎は中国通であり、「一昨年の事件で、処刑は昨年」としていますので、もしお尋ねの人物であればアメリカの資料より確実な情報と思われます。

Q辛亥革命以降の中国を日本政府は何と言っていますか?

辛亥革命後の中国の正式名は中華民国ですが一般には支那と言っていました。
ところで当時の日本政府は外交交渉なので中華民国と言っていたのでしょうか?
-参考-
1.中国と言う表現は日本にも中国地方(広島など)があるので日本人には若干抵抗があります。
2.江戸時代の日本人は中国を唐土と言っていました。唐土は外国という意味もあるので英語のチャイナを参考にシナというようになりました。従って差別的要素はありません。

Aベストアンサー

戦前に中国の一般的な呼称として「支那」が広く使われていたことは事実ですが、外務省のサイトの「外務本省→外交史料館→外交史料 Q&A→その他」には、1930年(昭和5年)10月に浜口雄幸内閣が中国の呼称を常則として「中華民国」とするという閣議決定を行った経緯を示す記録があることが記載されています。

この閣議決定までは、日本政府は、条約や国書を除いて中国を「支那」と呼称するとの閣議決定(1913年6月)に基づき、中国の呼称として通例「支那」を使用していました。(条約や国書など正式な文書では「中華民国」が使われていたことになりますが、このサイトにあるように関税協定の中に「支那」という字句を使用して中国側から批判を受けたこともありました)

参考URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html#19

Q日本の革命的な戦争の指導者はどなたでしょうか?

司馬遼太郎先生の意見によると、民族には3人の革命的な指導者がいるとのことです。この革命的とは、政治的ではなく戦略的な意味合いがあるようです。

そこで、皆さんにお伺いしたい(田原総一郎調で・・・)。日本の革命的な戦争指導者は?

●国内紛争の解決者でもよいです
●国際紛争の解決者でもよいです
●解決とは、必ずしも 勝利した でなくてもOKです

(例えば、平将門さんでも閉塞した日本を変えようしとた意味で革命的と考えます。)

個人的には、源義経さん(大将の一騎打ちの勝敗から、団体戦の勝敗に観点を変えた)、織田信長さん(最新兵器の鉄砲を戦略的に運用した)、東郷平八郎さん(戦力的には不利だった海軍でロシア艦隊を撃破した。その意味では児玉源太郎さんも準じることになりますが・・・)のお三方です。

Aベストアンサー

私も信長は同感です。

あとは、坂本龍馬(脱藩して暗殺されるまでわずか5年の歳月であれほどのことをやったのですから。)
と、実在すれば、神武天皇でしょうか。やはり、2600年以上続く家系の祖というのは、世界的に凄いことですからね~


人気Q&Aランキング

おすすめ情報