名曲「北帰行」に「窓は夜露にぬれて」とありますが、どんな気象条件の時に「窓が夜露にぬれる」のでしょうか?
・窓の外に露がつくと仮定すると、外気温より屋内の方が低温、すなわち、蒸し暑い夜に極端に冷房の効いた部屋で詠んだ詩ということになります。シンガポールや香港のホテルの様に・・。
・それとも、暖かい部屋の中で、窓の内側についた曇り(露?)を謳った詩でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

走っている列車では、外の「夜露」は蒸発しそうです。

しかし、歌のイメージだと、発車直後みたいな気もします。

関西人ですが、夜、電車で帰って、駅前駐輪場の自転車に、というとき、今の季節でも、夜10時を過ぎれば、サドルはたいてい夜露に濡れています。屋根のある駐輪場だと大丈夫ですが。いなかなもんで・・・・。

列車の外側は、金属にしろ,ガラスにしろ、空気より冷たくなっているでしょう。自転車のサドルみたいなものでさえ夜露がつくのですから、列車の窓についておかしくはありません。

この回答への補足

 なるほど、列車の冷えた窓ガラスについた「露」と考えれば合点がゆきます。外気温以下に窓ガラスが冷えている状況もあり得ますからね。
 もともと作詞者を疑っていたわけではないので、これで少しすっきりしたような気がします。有り難うございました。

補足日時:2001/10/15 06:41
    • good
    • 0

名曲の状況は、みなさんの考え方で正しいと思います。


そこで私は、別の状況で窓に露で濡れる現象を紹介します。
これは、寒い場所でなくても起こりえる現象です。
日本だと、春から梅雨時にかけてときどき起こるのですが、南から温かい湿った空気が吹き込んできて雨がしとしとと降っているときに、前線が通過して前線の北側に入ったり、寒気が入り込んできて気温が急激に下がることがあります。そうすると窓や壁などに露がいっぱいついてびしょびしょになることがあります。昨日は暖かかった(雨が降っていて)のに朝になったらやけに涼しいなんてときに起こったりします。
ちなみに、私は長野人ですが、minatouriさんのおっしゃるように冬の朝は基本的に霜がつきますね。外は、晴れ渡り星が瞬き放射冷却で気温が低いときによく発生します。普通の霜は、空気中の水蒸気が冷たく冷えた地面にふれて昇華したものです。窓の霜も状況によっては昇華により、水蒸気から直接、霜(氷)になることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ細かく分析され敬服します。
実態(旅順高等学校寮歌が元歌で、厳冬の季節)を考えると、やはり歌詞に納得がゆかない気がしています。
有り難うございました。

お礼日時:2001/10/13 19:06

北海道では寒い朝,窓の内側に霜がつきます.凍る前は液状,露です.


結露ですね.
外の気温が低く内部が暖かい時に,窓などの開口部におきる現象です.
「北帰行」の中では,北に向かう列車(季節はおそらく冬)が深深と冷えた夜に原野を走っていく情景を思い浮かべます.
気象条件としては,放射冷却現象が起きる様な晴れた夜でしょう.
星が冴え冴えと輝いていると思います.

参考URLに「北帰行」載せておきます.著作権はクリアしてるサイトです.

参考URL:http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

と言うことは、この詩における「夜露」は、寒い夜、窓の内側に結露した「つゆ」ですね。そう割り切れば納得がゆかないことはないのですが・・。
「夜露」は本来、屋外に降りるものと思っていたのです。因みに大辞林では、
 夜露:夜間におりる露
とあります。有り難うございました。

お礼日時:2001/10/12 20:39

北帰行は旅順高等学校寮歌が元歌だったようです。


かなり気候は厳しかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのようですね。作者は既に故人なので聴きようもないですね。
有り難うございました。

お礼日時:2001/10/12 20:46

そうですね~


霧なんて説もありじゃないでしょうか?
実際のところはわかりませんが(^^;
でも個人的に前者(冷房の~)はなんかいやだな~(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でしょう!?
となると後者ですが、後者は窓の内側です。窓の内側に夜露がつくんでしょうかね~。
有り難うございました。

お礼日時:2001/10/12 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか? なにやら比

「貴方は月を詠む人ですか?」と聞かれたことがあるのですが、月を詠む人って何のことですか?
なにやら比喩的な表現が含まれているよいですが……

Aベストアンサー

昔の人にとって月を詠むことは、思い出を詠むことでもあり、
世の中を詠むことでもあった。
その理由は月自体の姿にもよるものもあるでしょうが、月が様々な思いを喚起させるとともに、その思いを映し宿しているものとして捉えられていたと思われます。

Qテレビを同じ部屋の窓側から壁に移動、内線(アンテナ)の延長コード買ってアンテナ端子を抜き差したテレビ

テレビを同じ部屋の窓側から壁に移動、内線(アンテナ)の延長コード買ってアンテナ端子を抜き差したテレビがつかないのは何故だか教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、TV本体のアンテナ入力に繋がってない、違う端子に繋いだ、
少ないでしょうが購入したアンテナケーブルの芯線が断線、
こんなところで。

Q「窓を開け、」と「窓を開けて、」の差

窓を開け、空気を入れかえた。
それを拾い上げ、バックに入れた。
それを取り出し、彼に見せた。

上記の3つの文は、「開けて」「拾い上げて」「取り出して」とするのがやはりフォーマルなのでしょうか?
「て」を省くことはフォーマルではないとしても、「ら抜き言葉」などに比べたらほとんど問題にならないレベルということでしょうか?
(問題というのは出版物に表記するという状況で考えた場合です)

Aベストアンサー

文法的なことを言えば、「て」という助詞を使うか使わないか、という問題でしょうか。

もともと「て」という助詞は、
「単純な接続・順接の確定条件」
をあらわすための言葉、いわば接着剤ですから、本来であれば無くてはならないものなのでしょうね。

ただ、現代においては「言わなくても通じるでしょ?」ってな意味合いや、とかく言葉を省略して使用する傾向があるようですから、使用しなくてもあまり指摘されるものではなくなってしまったと思います。あってもなくても、たいていの人は意味が通じるでしょうから。

ご質問の回答ですが、
「フォーマルかどうか」…お堅い内容の出版物ですとか、NHKのアナウンサーなどは、きちんと「て」を付けているのではないでしょうか。そう考えれば、「フォーマル」ですね。出版物として考えた場合、何らかの校閲が入ってもおかしくは無いでしょうね。

個人的には、「て」がついていない場合、会話文とか、現代小説などでの状況をを連想します。

Q外気湿球温度って何ですか?

「外気湿球温度」の意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

「外気」というものがよく解りませんが、、、湿球温度とは温度計の温感部分を湿った布などでおおい、その布へ水を補給しながら温感部分が乾燥しないようにして得られる温度の事です。対して普通の状態で得られる温度を乾球温度と言います。

Q「全てのものは1から作り出され、全てのものは1へと帰って行く。すなわち1は全。1により全があり、1の

「全てのものは1から作り出され、全てのものは1へと帰って行く。すなわち1は全。1により全があり、1の中に全がある。1が全を含まなければ全は無なり」は誰の言葉ですか?

これの矛盾も指摘してください。

Aベストアンサー

エドワードエルリック。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報