これからの季節に親子でハイキング! >>

現在勤めている会社で今年の3月に合計金額が間違ったままの請求書を出してしまいました。請求分はすでに入金されておりますが、請求内容が立替金なので経理上立替金の残が合わなかったことで初めて分かりました。請求書を出す際に、社長から「間違っていないな?」と確認されましたがその時は3回計算し直して
その数字だったので自分では間違いないと思っていました。でも結果的に間違っていたのです。状況を説明するとそろばん計算したのですが、何項目もあったので3回とも指が同じような動き方をしてしまったのかなと思われます。ご相談したいのはその間違いを社長に言う勇気がないので、数字を改ざんしてしまいたいと思っている自分のことなのです。差額は200円です。やはり罪になるのでしょうか? もう10年以上現在の会社で経理事務をやっていますが、社長に対して申し開きできない事はした事がありません。ただ、ケアレスミスがとっても多いのでいつも小言を言われてばかりいます。今回請求を出した相手先とは少しややこしい関係で社長がピリピリしている相手でもあります。緊張して仕事をすると思いもかけない間違いを起こしたりしてしまう性格もあり、この1年ほどは自己嫌悪に陥ってしまうことが度々ありました。もうこれ以上叱られたくないのです。自分の全てを否定されてしまうような気がしてならないのです。これまでに何度も言うに言えなくてそのままにしてしまったことが発覚して、その度に人格を否定されるような叱られ方をしました。やり方がいい加減といえばそれもあるのですが、忙しさも関係してると考えたいのです。
こんな些細な事が言えないというのは異常な状況でしょうか?教えていただきたいのですが...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。


とても切迫した状態のようですね。
適切な事を言えるかわかりませんが、とりあえず私の考えをお話したいと思います。

ミスは誰でも犯してしまいます。
もちろん注意をすれば減らす事は可能ですが、精神的に追い詰められると、注意力も散漫になってしまうのはよくある事です。

200円の差という事ですが、金額の大小に関係ありませんよ。
ご自分で気付いてしまった以上、発覚したときに『気付かなかった』とシラをきれる方とも思えません。
それに、できたとしても、それはいけない事です。

是非、正直に話してください。
ミスをすると、誰でも『なかった事にしてしまいたい』と思うものですが、実際にはできませんし、やってもいけません。

間違いや叱られる事で、全否定されたような気持ちになるとの事ですが、黙っていれば悩まずに済みますか??
正直に話せない事で、誰よりも自分を許せない事にはなりませんか?
今現在、許せないから質問なさっているのでは?

今までにも言えずに、後から発覚した事があったのであれば、なおさら今回は正直に話してみてください。

『正直に話せば叱られない』というのは子供時代の事です。仕事をしていると、誰でも叱られてます。時には理不尽な事で叱られる事もあります。
叱られる事を恐れる気持ちはわかりますが、頑張って話してみてください。

今回ご自分から話す事ができれば、これからの人生で変わっていく事ができるかもしれませんね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。ponpokorinさんの仰るとおりかと思います。これまでも自分から過ちを報告した後は、叱られたとしてもやはり気持ちはすっきりしていたのだと思います。
一つの偽りはいくつもの偽りを作り出すことになってしまうでしょう。ここに200円という金額を出したことも自分への甘えがあったからだと思うし、「金額の問題じゃない!」と言われるのは目に見えています。それに時間が経過すればするほど良い結果が得られない事も分かっています。ただ、もう少し決断までに時間がかかると思います。誠意あるご回答に感謝します!

お礼日時:2005/07/09 23:03

  こんばんは。



 些細なこともいえないというのは異常ではありません。
 仕事では誰しも嫌な思いはしたくないものです。

 今回の内容では、計算間違いで200円違っていたということですが、社長が部下の申請内容信じるかどうかは別の次元のことであり、金銭の授受については会社の責任者としてはすべての責任を取らなければなりません。

 金銭の請求内容に関しては、経営者の立場として、社長がやらなくても、他の者にやらせて計算して金額の整合性を確認するのは当然の事です。

 間違って費用処理されて質問者さんが得しようと、損しようとそれは質問者さんの責任でもあり、会社側の責任と過失でもあります。

 今回は僅か200円というものですから、間違えたで許される程度の金額です。
 良心の呵責とか、正義感を唱える程のものではないと考えられます。 


 今回のことを自分だけの戒めにして、今後はそろばん計算ばかりでなく、電卓を使って計算して間違いのない費用請求をするのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。今、少し気持ちが楽になりました。ただ、もう一人の方の回答も読ませてもらい、正直どうするかはこれから自分で決めようと思っています。
 こちらに投稿するのは今回が初めてですが、ここでも叱咤されるのではと考えていたので、お二人の誠意ある回答を大変嬉しく思っています。
 過ちや失敗は自分を高められる良い機会だと考えていきたいとは常々思っています。でも何故か繰り返してしまうのが自分の不甲斐ないところでもあります。

お礼日時:2005/07/09 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間違って請求書を出してしまいました。

昨年の8月~11月の分で請求書の間違いがありました。
もう入金も済んでいる分です。

パソコンで請求書を作成しているのですが最後の小計部分を間違ったため消費税も変わり合計金額も間違ったままの請求書を出し、入金もされてしまっています。
小計は上から足していくのですが計算の機能が2枡分ぬけていたのです。
試し算なり計算機能のチェックをしていればよかったのですが気づかないままその様式を次の月も
と書き換えて使用してしまい、結果4ヶ月のミスが続き不足が発生したわけです。(金額¥35万程)

ちなみに加えてご説明すると、請求書には明細は間違いなくすべて記載されています。(抜けていた2枡は計算機能だけぬけていて明細としては記入してあります)ただ合計の足し間違いがあるので先方もうえから足していけば納得いく内容です。
その旨先方にお詫びの連絡をいれましたが「お金ないぞ」の一言です。
ただその請求は商品代金ではなく人件費でありまして 働いた日数×日当の分で、金額的にもとても譲歩しておりましたのでこれ以上の値引きは考えられない内容です。

こちらの心情的には全然書いていない項目をこれもあったと言って請求しているわけでもないし、暑い中がんばった事を十分わかっていらしゃるし、金額が違っていたこともわかっていらっしゃたようですので(周りの人に間違ってても後からはやらんぞ~と笑って話していたそうです)
うちの従業員達は今となってはあれはうちの事だったんだと先方の人間性に頭にきているようです。(この方たちにはちゃんと給料はらっています。)

しかしながら悪いのは私なので、35万と請求されて払いたくない先方の気持ちもわからないではないし、かといってみんなの苦労を思うと・・・苦しくてどうしようもありません。
分割でもとは話ておりますが先方からはなにも言ってきません。
きちんと話しあう前に法的には請求できるのかを知りたくてご相談いたしました。
夜もなかなか寝付けない状態で・・・・どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の8月~11月の分で請求書の間違いがありました。
もう入金も済んでいる分です。

パソコンで請求書を作成しているのですが最後の小計部分を間違ったため消費税も変わり合計金額も間違ったままの請求書を出し、入金もされてしまっています。
小計は上から足していくのですが計算の機能が2枡分ぬけていたのです。
試し算なり計算機能のチェックをしていればよかったのですが気づかないままその様式を次の月も
と書き換えて使用してしまい、結果4ヶ月のミスが続き不足が発生したわけです。(金額¥35万程)

ちな...続きを読む

Aベストアンサー

 明らかな誤記による請求であり、かつ、誤記であることが請求書の明細を足していけば分かるとのことですので、法的には正しい金額で請求することは可能です。

 もっとも、「明らかな誤記があること」を「法的な意味での過失」ととらえて相手方が減額や免除が主張できるかどうかは1つの問題ではありますが、よほど複雑な明細でもない限りは、大きく減額できる過失とまでは言えないでしょう。ただし、この点は、実際の請求書をチェックしてみないと何とも言えないところがあります。

 いずれにせよ、任意での交渉が埒があかず、さりとて強硬手段もとりづらいと仰るのであれば、簡易裁判所で調停という方法を検討されてみてはいかがでしょうか。調停は、「裁判所で行う話し合い」ですから、当事者同士の合意がなければ話はまとまりませんが、調停委員に間には入ってもらえるので、何らかの解決策が見いだせるかもしれません。

 もっとも、法的な過失ではないとしても、広い意味では、質問者さんの「落ち度」ではあるので、落ち着きどころとして、多少の減額等は考慮の余地があるかもしれません。

 少額な案件であるため、弁護士に依頼すると費用対効果が悪くなるおそれがありますが、請求書等を目を通してもらってからの方が、過失の有無については確実な判断ができますから、現在、日弁連では、中小企業向けのひまりホットダイヤルで、初回30分無料相談を実施しているようですので、そちらで法律相談されてみてはいかがでしょう。

 夜もなかなか寝付けないというのであれば、やはりきちんとした専門家の相談を受けられた方が気持ちもすっきりするでしょうし。

 

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/index.html

 明らかな誤記による請求であり、かつ、誤記であることが請求書の明細を足していけば分かるとのことですので、法的には正しい金額で請求することは可能です。

 もっとも、「明らかな誤記があること」を「法的な意味での過失」ととらえて相手方が減額や免除が主張できるかどうかは1つの問題ではありますが、よほど複雑な明細でもない限りは、大きく減額できる過失とまでは言えないでしょう。ただし、この点は、実際の請求書をチェックしてみないと何とも言えないところがあります。

 いずれにせよ、任意での...続きを読む

Q請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまい先方からは相殺でといわれました。相殺の仕方がこれでいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は、売り掛けの勘定科目がなく。
勘定科目といえるのか分かりませんが
売上管理簿・前受管理簿・未収管理簿・返金管理簿
の4つの管理簿で仕訳をしています。
仕訳は:
前前月の売上に12,000円
未収のため未収管理簿へ12,000円
前前月、月末締めをしました。
前月始めに振込みが12,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
そのあとに間違いに気がつきました。
備品代1,000円のところ2,000円多く請求をしてしまっていました。
先方へ報告。
前月も先方へ請求があり
前月:請求書は、部屋A15,000円、部屋Aの備品代  3,000円で合計18,000円の請求なのですが…

先方へ送付した請求書は、
部屋A     15,000円
部屋Aの備品代  2,000円(備考欄:前前月1,000円多く請求をしたた             め相殺させていただきます。)
------------------------
    合計  17,000円
仕訳は:
前月の売上に17,000円
未収のため未収管理簿へ17,000円
前月、月末締めをしました。
今月始めに振込みが17,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
このようなかたちで処理をしてしまいました。

気になることが:
前前月の売上金額へ1,000円多く売上になり、
前月の売上金額が1,000円売上が減った状態でも大丈夫なのか。
売上金額を変えてしまったのですが大丈夫なのか。
なんですが…。
非常に困ってます。
これでいいのか教えてください。
また、よくないようならどのような処理で訂正・直したらいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、未収管理簿などと言った管理簿と言った仕訳では、税務署は認めないと思いますが、顧問税理士などはいないのですか。
どんな規模のまた、どんなものを取り扱っているのか不明ですが、きちんとした仕訳を早急に取り入れられることが最重要課題でしょう。書店などに多数の経理に関する書物がありますので、じっくり勉強された上で、取り扱われるか確実に税理士に相談して下さい、絶対、現状のままでは税務署も税務申告すら受付けず全部の売上などが課税対象となり兼ねません。

Qもし請求書がミスで安くなっていたらその価格で支払うのが当然か?

今日は大変ショックなことがありました。
ハイキング帰り方の宴会の請求額を安く間違えてしまい、直後に正規の請求をしますと、逆にお怒りになり、土下座をして謝ることになりました。
私の価値観からすると、吐き気がするほど醜いものを感じましたが、世間の見方はいかがでしょうか?
私がずれているのでしょうか?
どんなご意見でもお待ちしております。

Aベストアンサー

私もお客様が白と言えば・・・派です。
お客様の立場から見ると、最初に提示された金額が、「正規の請求額」なのですね。それを店サイドから、「否定」した事になるから、怒られても仕方ないでしょう。「払って貰って当然」とか「ミスを利用して払わないつもり」と解釈するのは、如何なものでしょうか?
厳しい事を言うようですが、いつまでも凹んでいないで、「お客様の御蔭で一つ勉強をさせていただいた」と、前向きに考えて、今後の教訓にいたしましょう。

Q請求を間違えていた場合、いつまで遡れるのですか。

請求を間違えていた場合、いつまで遡れるのですか。

契約書を交わしているお客さまに、請求しているのですが、
計算方法を間違えて、誤った請求金額で請求・収入していることが
わかりました。

本来請求すべき金額から少なく請求していたので、遡って請求しようと
考えておりますが、何年くらい遡れるのでしょうか。
法律とかで決まっているのでしょうか。

また、請求をやめた場合(償却する場合)は、会計処理として何らかの
処理をしなければならないのでしょうか。
(例:売上から売掛金にして貸倒れ、とか寄付金とか・・・)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商法上は物品販売代金なら時効は2年とされています。

でも現実には数ヶ月前でも得意先によっては相手にしないということもありえます。
自発的に送った請求書で、先方は支払を完了している以上は、向こう側も後始末が困ることになるでしょう。
こうなると法律上の問題というよりは営業的な問題です。
丁寧に事情を話して先方の善処をお願いするのが現実的対応でしょう。

貸倒れは先方が現に存在している場合は困難ですが、上記の時効を過ぎている場合は、備忘金額(1円)を残してとりあえず売上の取り消し処理を入れたらいかがでしょうか。この方法で税務上も問題はないと思います。

Q金額を間違って振込してときの仕分け

請求額 500,000できてましたが、間違って550,000振り込みました。
その後相手方より50.000返金がありました。
この場合の仕分けを教えてください。

Aベストアンサー

普段なら僕は#2様と同じ処理をします。
もし、振り込んだ日に気付いて、しかもまだ伝票を記入していなかった場合に限って#1様と同じ処理をします。

教科書どおりなら
1.振り込んだ日(過入金と気付いていない)
買掛金 550,000/現預金 550,000
2.過入金と気付いた日(過入金分を仮払金にする修正伝票)
仮払金 50,000/買掛金 50,000 過入金分の修正伝票
3.過入金分が返金された日
現預金 50,000/仮払金 50,000 過入金分返金

(おそらく相手から返金された場合、振込手数料くらいは引かれているかもしれないので、それは『雑費』や手数料関係の科目で処理すればいいでしょう。)


ただ、実際は面倒なので
1をして、2は飛ばして、入金された日に3の代わりに
現預金 50,000/買掛金 50,000 過入金分返金
として処理しています。
(#2様と同じスタイル)
ただし、月をまたぐ場合は買掛金がマイナスになってはいけないので、仮払金として振り替えて計上しておきましょう。

Q請求書の金額の訂正について

私は2月に未経験から営業所の営業事務兼経理事務を担当しています。
引継ぎが終わり一人になってからは戸惑いながらも何とかやっています。

今回の質問は請求書の金額の訂正についてです。
入金処理のミスやシステム変更による繰越金額のズレ等で請求書の金額が
本来の請求金額と違う場合、請求書の金額を直接訂正して発行してしまいましたが
請求書の金額の訂正は本来はしてはいけないのでしょうか?

また、先月分などでも正しい金額で作り直して差し替えてもらったほうがよいのでしょうか?

今更ですが、後から税務署や会計士などの監査に引っかからないように対処したいと考えますので、
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>ただ、請求書他、基本的に再発行ができない仕組みでありやむを得ない場合はフォーマットを自分で作る形で対応していますので..

この点は貴社のシステムや処理の仕組みが機能的に少々不足しているところがあると思います。
安易な請求書の再発行をさせないというのは正しいのですが、一方で営業担当者が単価を間違えるなどと言うのは実際に起こるものです。そういう場合の訂正方法もきちんと定めてシステム的にできるようにしておかないと、かえって大きな間違いの元になります。
特に再発行や訂正の都度担当者が適当なフォーマットを手作りで処理するというのは感心しません。それでは後になってその事実がわからなくなる恐れがあるからです。

もし機会があれば社内でそのシステムや処理手順について、会社の正式な方法を定めるということをするべきだと思います。

そこには所定のフォーマットで行うことと、必ず第三者の承認を必要とすること、その記録が残るということが必要です。
一度社内提案してみませんか。

私はかつて非常に多くの得意先に売上げ処理や請求をする部門のマネージャーをしていましたが、そこでは訂正伝票をはじめとしてすべての伝票は私の印鑑が必要で、その控えは全部保管するという仕組みになっていました。もちろんシステム的にも修正のメニューが入っていました。

>ただ、請求書他、基本的に再発行ができない仕組みでありやむを得ない場合はフォーマットを自分で作る形で対応していますので..

この点は貴社のシステムや処理の仕組みが機能的に少々不足しているところがあると思います。
安易な請求書の再発行をさせないというのは正しいのですが、一方で営業担当者が単価を間違えるなどと言うのは実際に起こるものです。そういう場合の訂正方法もきちんと定めてシステム的にできるようにしておかないと、かえって大きな間違いの元になります。
特に再発行や訂正の都度担当者...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング