出産前後の痔にはご注意!

スペイン語をかじり始めて半年あまりです。
第一外国語はもちろん英語で、かなり長い間英語神話に釘づけでした。
中国語がその次にかじった外国語ですが、英語以外のラテン系外国語がスペイン語です。

日本の街や物の名前に英語(もしくは和製英語)が溢れているというのは当たり前のことですが、スペイン語を始めてから、新しい単語に出会うたび、「あれ、あれってもしかしてスペイン語が語源??」という名前が結構あって驚きます。
スペイン語をかじらなかったら絶対に気づかなかったであろう名前・・・。

例えば車の「VAMOS」って「ir(行く)」の活用で私たちは行く・・の意味から来てる??とか。

他に街にふつーに溢れているスペイン語が語源の言葉やネーミングがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

外国語 名前」に関するQ&A: 中国語では、外国人の名前でも、全て漢字で表現するので、外国人の名前に、新たな意味を漢字によって与えら

A 回答 (5件)

クルマの名前にはスペイン語やスペイン語が含まれている名前が結構ありますよ



日産:シーマ(CIMA)スペイン語で「頂点」、セフィーロ(CEFIRO)「そよ風」「地中海に春をもたらす西風」、セレナ(SERENA)「晴々とした」「穏やかな」、ティーノ(TINO)「理性」「判断の正しさ」、プリメーラ(PRIMERA)「第一級の」「最高級の」、ミストラル(MISTRAL)「地中海に吹く風」、

トヨタ:クレスタ(CRESTA)「西洋の紋章の頂(いただき)に輝く飾り」、カムリグラシア(GRACIA)「優美」「魅力」、シエンタ(SIENTA)スペイン語の「7(Siete)」と英語の「楽しませる(entertain)」の造語、スプリンタートレノ(TRUENO)「雷鳴」、セリカ(CERICA)「天の」「天空の」「神の」「天国のような」、プレミオ(PREMIO)「優れたものに贈られる賞」(英語のプレミアム)、

ホンダ:バモスだけですね

三菱:ディアマンテ(DIAMANTE)「ダイヤモンド」、

マツダ:デミオ(DEMIO)スペイン語を組み合わせた造語、英語の“of mine”の意「私の」「自分の」「俺の」、ファミリア(FAMILIA)「家族」、

スバル:サンバーディアス(DIAS)「毎日」「日々」、

スズキ:エスクード(ESCUDO)昔のスペイン&ポルトガル&スペイン語圏の中南米諸国の通貨単位、ポルトガルは今でも使っている、エリオ(AERIO)英語のAIRとスペイン語のRIO(川)を組み合わせた造語、ワゴンRソリオ(SOLIO)「玉座(王座)、王権」、

などなど、他にも廃盤になった車名にもあるかもしれません
また車名にはスペイン語と似ているポルトガル語やイタリア語も多いですよ
http://www.auto-g.jp/carlife/name_origin/index.h …

参考URL:http://www.auto-g.jp/carlife/name_origin/index.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
すごくたくさんあるので驚きました。
スペイン語の偉大さに感動です。

お礼日時:2005/07/09 12:27

車の話題はほぼ出尽くしたようなので他の物で


お答えしたいと思います。代表的なもので言えば
エルニーニョ、(EL NINO~)ラ二ーニャ(LA NINA^)これは気象用語でお馴染みですね。
マッチョ(MACHO)雄、カステラ(CASTELLA)スペインの地方の名前、パン(PAN)これはポルトガル語から来たと言われていますが、発音はスペイン語のほうが日本語に近いです。アミーゴ(AMIGO)なども良く使われていますね。Jリーグのチーム名沢山あります。例えばMARINOS 船員,RAYSOL
これは多分REY王様SOL太陽の合成語だと思います等々後は自分で調べてみてください。
人に聞くより自分で調べた方が身につきますよ。

後 意外と一般の人が以外と知らないのはアメリカの地名
CALIFORNIA(創造上の島)、LOS ANGELES(天使たち)、SAN FRANCISCO(聖フランシスコ)SAN DIEGO (聖ディエゴ)、LAS VEGAS(沃野)、
NEVADA(雪の積もった),COLORADO、(色づいた)FLORIDA(花盛りの)等々普通の人は英語だと思っている沢山のスペイン語の地名があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
エルニーニョにはぶっ飛びました。確かに暴れん坊ですもんね。
確かに人に聞くより・・なんですが、とても興味があったので。
LAやLOS・・とかが付くのはたいていそうですね。
何とかDE何とかとか(パンチDEデートとか??)、もじったものもありますしね。
外国語を勉強していると、新しい発見があって本当に楽しいです。
そりゃあ、ペラペラと話せるのが一番ですが、そうでなくても結構見聞が広がりますね。

お礼日時:2005/07/09 12:32

日本では大分前からスペイン語を車、建物の名前に使うようになりました。

アパートでcasa, jardin,condominioなどがあります。更に古くはバーや喫茶店にrio,luna,sol,viento,felizなどが見られます。このように発音のやさしいスペイン語は商標や愛称にも好まれます。なんといっても日本には16世紀から続くポルトガル語の外来語の伝統があります。(カルタ、パン、合羽、襦袢、キリシタンなど)

アメリカの南西部は150年前まではメキシコ領(その前はスペイン領)だった関係から地名に多くのスペイン語が残っています。
Colorado,Nevada, Florida,
Los Angeles, San Francisco, San Diego, Santa Fe,
Las Vegas, Rio Grande

今後は音楽や映画、美術の分野でも外来語としてのスペイン語の単語が増えると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
スペイン語の勉強をだらだらとしているのでいけないのですが、もしかしてこれも?といぶかしく思っているものもあります。
「ミ・アモーレ(歌の題名)」とか「ロス・ロボス(バンド名)」とか。
エルニーニョが男の子って意味だってわかったときはぶっ飛びました。

お礼日時:2005/07/09 12:30

「ごつごつ感」いうのはうまい表現ですね。

明るく、大衆的、国際的、なので広く支持されやすいようですね。

車の他にはサンリオがありますね。

カラムーチョ:日本語との合わせワザも仲間に入れたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
カラムーチョ(とっても辛い~)ですよね。
日本語との合わせワザは面白いです。

お礼日時:2005/07/09 12:28

車にたくさんありますね。


セフィーロ、プレセオ、ラファーガ、デミオ、
ファミリア、ドミンゴ、シーマ、

大人用のおむつで
アテント、サルバ

など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
やっぱりありますね。
スペイン語を始めたときは、英語の感覚が抜けなくて、単語を聞いても人の名前を聞いても「変だな」って思いましたが、毎日スペイン語を耳にするたびに、そのごつごつ感がすごくいいなと思う今日この頃です。もしかして一生付き合っていくことになるような予感。
参考になりました。

お礼日時:2005/07/09 10:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q響きのいい単語

カフェをオープンさせようとしているものです。(将来ですが)特に意味のない単語でかまわないのですが、響きのいい単語ありませんか?何語でもいいです!

Aベストアンサー

響きのよい言葉ならスペイン語ですね。いくつかあげてみます。

1)自然界
宇宙 Cosmos(コスモス)、太陽 Sol(ソル) 月 Luna(ルーナ)
風 Viento (ビエント) 川 Rio (リオ)影 Sombra(ソンブラ)

2)動物
象 Elefante(エレファンテ) 馬 Caballo (カバージョ)
雄牛 Toro (トーロ)猫 Gato (ガート)

3)植物、花
コスモス Cosmos, 桜 Cerezo (セレソ) ダリア Dalia
松 Pino(ピーノ)

4)その他
放浪者 Vagabundo(バガブンド) 無、空、空っぽ Vacio (バシーオ)
美しい Lindo (リンド)幸せな Feliz (フェリス)おいしい Rico
(リーコ)又は Sabroso(サブローソ)

Q響きの良いラテン語/イタリア語/スペイン語

会社の名前のアイディアを探しています。
ブランド名は具体的で堅いネーミングに決めていますが、
社名は響きの良いものにしたいと思っています。
「良い」「楽しい」

「場所」「空間」「人生」「仲間」「関係」
のような組み合わせを考えています。

「高く」と「跳ぶ」的なものも
響きのいいものがあればいいかも知れません。

ちなみに
benesseなんてのはいい響きだな、と思います。

カタカナで発音を教えていただけるととても助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はありません。

「基本イタリア語2000」の類は、基本になる外国語をアルファベットに並べただけで tanmen08さんの目的にはそぐわないと思います。それよりだったら このような本がいいと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-%E5%AD%A6%E7%A0%94%E8%BE%9E%E5%85%B8%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4054012795

私はラテン語は知りませんが、イタリア語とスペイン語で書いてみます。

良い場所 buon luogo ブオン ルオゴ/ bueno lugar ブエノ ルガル

良い空間 buon spazio ブオン スパーツィオ / bueno espacio ブエノ エスパシオ

良い人生 buona vita ブオナ ヴィータ / buena vida ブエナ ビダ

良い仲間 buon compagno ブオン コンパーニョ / bueno companero ブエノ コンパニェロ

良い関係 buona relazione ブオナ レラツィオーネ / buena relacion ブエナ レラシオン

高く跳ぶ saltare altamante サルターレ アルタメンテ/ saltar altamente サルタル アルタメンテ

英語だから月並みというよりも、英語だと既に使われている可能性が高いことを危惧してですよね。あと、ネーティブに「隠語」に当たらないか聞くよりも、文法に注意してください。というのは、それらの言語には「性」があって、それに応じて形容詞が語尾変化をするからです。中には フランス語のフの字やイタリア語のイの字も知らずに 肝心な部分を逃して ただ 茶々を入れる人もおりますが、文法の間違いだけは みっともないです。隠語といっても 例えば boxにvaginaの意味があるからといって神経質になる必要はあ...続きを読む

Q外国語の単語をモチーフに子供の名前を付けたいのですが

 ただ今妊娠していまして、子供の名前を考え中です。
 で、主人が外国語の単語をモチーフにつけたいと色々な言語の辞書を見ていますが、今のところ「これ」というものに巡り会えません。
 私としては、あんまり奇抜な名前はイヤだな~ とは思ってます。
 将来子供に「あなたの名前は○○語で××という意味なのよ」といえるような、そんな単語はないでしょうか?
 言語はどこの国かはあまりこだわってません。
 どなたか、素敵な意味を持ち、かつ、日本人の名前にアレンジしてもそんなヘンテコにならない音を持つ単語を知っていましたら教えてくださいm(_ _)m
 ちなみにまだ、男女はわかってません。

Aベストアンサー

NO.7です。
漢語で素敵なのを見つけました。
「九華」(きゅうか)美しい飾り、という意味があるんだそうです。小説「西遊記」の注釈には「アクセサリー」とありました。中国語で一般的な言葉なのでは。

たしかに、NO.8さんのおっしゃるとおり、外国語で変な意味になる音は避けたほうがいいです。避けきれないところもありますけど。

逆に、外国人に日本語でどういう意味なのかときかれることもあるので、日本語の意味も含ませておいたほうがよいかもしれません。

蛇足ですが、漢字も気をつけないと、とんでもない意味になってしまいます。たとえば7月生まれの女の子に「海月」(みつき)を考える人は多いでしょうが、「海月」は「くらげ」とも読むことを覚えておいたほうが無難です。また、○山さんが「葵」とつけようと思ったのですが「山葵」は「わさび」とよむのであきらめたという実話もあります。

大変でしょうが選べるのはただひとつ、ぜひ楽しんで悩んでくださいね。

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Qスペイン語でお店の名前つけたいのですが

スペイン語でお店の名前つけたいのですがちょっと悩んでます。
日本語で言えば『かわいい(すてきな)相棒』みたいな感じにしたいのですが調べた限りでは、『QueLinda! Pareja』なんていいんじゃないかなって思うのですがスペイン語では、男性女性で形容詞が変わってしまうと言うことは、ペット系のお店で♂♀両方来るのに『QueLinda!Pareja』は、お店の名前に使うのは、おかしいでしょうか?
『BonitoPareja』ってゆうことでもいいのかもしれないのですがなんか響きが『QueLindaPareja』の方が可愛いかななんて思っていて使いたいのですがなにせお店の名前なんで間違えていたらはずかしいので教えてください。
英語+西語で『Cutey Pareja』じゃおかしいかな。

Aベストアンサー

No3です。

parejaがお気に入りなら、これにしても全然問題ありませんよ。parejaとは二人(ふたつ)一組のことですが、それぞれの片方もparejaですから、相棒の意味はあります。

pareja(相棒)、mi pareja(私の相棒)su pareja(あなたの相棒)ならどれもあまり長くなくて店の名前に使えそうです。私の店ならsu parejaにします。(あなたのお気に入りのお店というニュアンス)parejaそのものに切っても切れない片割れという意味があり、更にmiやsu をつければ意味が強調されるのでquerida, bonitaなどの形容詞は不要だと思います。

なお、日本人に発音しにくいのはどの言語でもある程度避けられませんが、固有名詞となるわけですからPRあるのみでしょう。英語名でも全ての人が正しく発音できるわけではありません。パレッハ・・・いい語感だと思います。

Qbeberとtomarの使い分け(スペイン語)

すみませんまた初歩的な質問です(^^;)

cervezaやaguaは、当然beberで良いですよね?
でもcafe'やsopaになると、tomarの方が適切だとあります。

「飲む」より、「とる」の方が自然という感じなんでしょうが、
これって温度に関係するのでしょうか?
El cafe' frioだと、beberでもOKなんですか?

Aベストアンサー

beberは液体や流動食などを飲み込む(飲み下す)基本動作をさします。
もっとも使われるのがaguaに対してです。 その他の食べ物や飲み物にはtomarが使われます。 コーヒはbeberでも間違いではありませんが習慣的にtomarが使われます。 対象物の温度は関係ありません。スペイン人は朝、コーヒと熱いミルクを半々で飲むのが好きです。Tomar cafe con leche.

beberの類語:ingerir, trincar, libar
日本語でも酒を飲む、酒を味わう、酒をたしなむ、ビールで乾杯する、一杯いこうか、などと使い分けますね。 スペイン語ではもっとも使用頻度の高いのがtomarです。

Qスペイン語の「el la un una」の使い分け

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかな...続きを読む

Aベストアンサー

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。
要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
→ http://www.spaingo.jp/bkn011.html
→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
→ http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espana.htm

Q伊語、仏語、スペイン語、ヒンディー語にして下さい。

「つなぐ」「つながる」という言葉を、イタリア語、フランス語、スペイン語、ヒンディー語で、カタカナでの読み方を教えてください。

(カタカナにし難い言語もあるかと思いますが、宜しくお願いします。)

翻訳だけであれば、Googleでできるのですが、カタカナで読み方を知りたいのです。が、わかるサイトがなかったため、こちらで質問させて頂きました。

詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 「つなぐ」「つながる」という言葉を、イタリア語、フランス語、スペイン語、ヒンディー語で、カタカナでの読み方を教えてください。

⇒イタリア語、フランス語、スペイン語についてのみお答えします。それぞれの言語で幾つか考えられますが、あえて共通語源に由来する語を1つだけ示します。
イタリア語:legare[レガーレ]
フランス語:lier[リエ]
スペイン語:ligar[リガール]

イタリア語、フランス語、スペイン語は(ポルトガル語・ルーマニア語も)、すべてラテン語から生れた、いわば兄弟の言語です。さすが、よく似ていますね。

ちなみに、親であるラテン語の場合もそっくりです。
ラテン語:ligare[リガーレ]

Q「なんとか de なんとか」 の de って何ですか?

よく製品名とかに「なんとか de なんとか」というような名前のものがありますが、
その de とはいったい何なのでしょうか?
(”ネットdeナビ”とか”声de入力”とか)

ご存知の方お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・デ・ラ・ルス」(これはスペイン語です)という日本人のサルサバンドがありましたが(あれっ、またやってるんだ!カルロス菅野さんはいないようだがhttp://laluz.jp/)

ORQUESTA DE LA LUZ(オルケスタ・デ・ラ・ルス) 

ORQUESTA  オーケストラ、楽団
DE  ~の
LA LUZ  光

⇒光のオーケストラ、光の楽団

というイミでした。

スペインにある地名、「プエルタ・デル・ソル」「コスタ・デル・ソル」なんかも、de+el=delになっていますが、deを用いた「太陽の門」「太陽の海岸」という意味です。

有名な「うどんですかい」「そばですかい」は、空のうどん、空のそば、と引っ掛けてるんですね(笑)

参考URL:http://www.jtb.co.jp/kyushu/cpn/sky/

フランス語の「ど」ももちろんそうなんですが、
No.7の方がおっしゃるように、スペイン語、ポルトガル語でもdeと書きます。
ラテン系のコトバは似ているのです。

読み方は、

フランス語=ドゥ
スペイン語=デ

ポルトガル語=「ジ」または「ヂ」
  ↑
これはブラジル読みです。ポルトガルのポルトガル語は分かりませんが、読んだ話ではデとドゥの間ぐらいだそうです。
私はブラジル発音しか聞いたことないので何とも。


意味は皆さんおっしゃるとおり、「~の」

たとえば昔「オルケスタ・...続きを読む

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む


人気Q&Aランキング