人間が「感覚的に」且つ連続的に認識できる最大の時間について、
皆さんの意見、知っている説、または個人的に自分はこう、
ということを教えてください。

理論的なことではありません。あくまでも「感覚的な」ことです。
手で幅を作ったりとかして、「感覚的に」自分でわかる範囲の時間。
それ(感覚的な時間)についての理論、議論は歓迎します。

謂わゆる天文学的な時間とかありますが、数字で示されても、感覚的に認識できないものです。例えば、50億年といわれても、「太陽が出来てからの年月」と言う比喩が解かるのであって、50億年という時間は感覚的に解からないでしょう。

ちなみに私は10年が感覚的に認識できる精一杯の時間です。
15年前、20年前のことも憶えてますが、記憶の問題でなく、
あくまで「感覚できるスパン」のことです。
必ずしも、生きてきた時間の分でもなさそうな気がします。

皆さんはどうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

●わたしのまわりの方達と この問題について議論してみました。



 さて みなさんは 一日単位でいいです。思い返してみてください。
 何日前までの記憶が連続していますか? わたしは10日まえでとぎれました。
 11日まえになにをしていたか わからないのです。
 だからといって 時間を感覚的に10日連続して認識できていると思うか?
 というとちがいます。一日を細分化して記憶をさかのぼると
 とぎれているのです。さらに3分を細分化するとこれがまたとぎれているのです。

●このようにして 記憶は途切れ途切れであることを 知っていただいて
 そのうえで 尚も時間のを連続したものとして認識していると言った方は
 ひとりもおりませんでした。

●思い込みで 時間を連続したものとして認識できていたように感じていただけ。
 それが いまのところの 結論です。
 それでもまだ 連続した感覚がある方は 思い込みが激しいか 鈍い方だと
 思います。 時間の連続した間隔が無くとも生活に不便はありません。
 むしろ 現実をはっきりと捉えることができると思います。(思い込みしてた
 時分にくらべて・・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて相済みません。
chihokoさん丁寧におつきあい下さってありがとうございました。

>思い込みで 時間を連続したものとして認識できていたように感じていただけ。
まあそんなものでしょう。私的には、その勘違いがどういう傾向であるか、
どういう頻度であるかなどを知りたかったのです。まあ、今、それを
なんで知りたかったか?と、聞かれると、単に知りたかっただけなのですが(笑)。

みなさんお答え下さってありがとうございました。質問の性質上、どのお答えも
尊重するに値しますし、出来るものなら皆さん全員にポイントを差し上げたいの
ですが、そうもいかないので、無しとさせていただきます。ご了承下さい。

またどこかでお会いしましょう。

お礼日時:2002/07/24 11:55

お話を続けられるようなので、


こんなエッセもあるので、何かのご参考になれば・・・
まったくもって、トンチンカン-☆なものでしたら、ご容赦の程よろしく。

http://nova.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~matsuda/rev …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて相済みません。また、再度のご回答ありがとうございます。

http://nova.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~matsuda/rev …

いや~~、楽しそうですねえ。こういうことを研究して食べていけるのって(笑)。
私が聞きたかったのは、物理学の問題でなく、「人間の」「感じ方」「あなたはどう?」なのですが、これはこれでおもしろかったです。

お礼日時:2002/07/24 11:38

まさにゴータマの教えに一切の苦しみには原因が必ずあるといい


すべての認識に原因と結果があるといわれていますよね。
それを考えていました。

それゆえに<感覚的に>という質問者の方の着眼点が大切なのです。
時間ははたして<感覚的に>感じられるものでしょうか?見えないものを
見えたと判断しているのはなぜなのでしょうか?たんに記憶している/
思い出せるということではないはずです。連続したなにか、切れ目のない
継起。といったものを10年前からずっともっているということが
時間の感得になるわけですから。それは
そこに今を基準にした原因と結果を適応させておられるからだと思います。
そうでなくては時間はただの記憶になってしまいます。
本来なら現在目の前に移り行くものでしか認識できないものを
10年20年と伸ばしていけるのは、現在の自分から出発して
それが<感覚的に>感じられたといえるところまで、意識が及んでいるからです。

感覚的なものは本来<一瞬>のものであるかもしれません。刺戟に対して
感覚器が瞬時に反応するからです。しかしあえて質問者の方が
感覚的にといわれたことには、別の意味が含まれているのだと思いました。
すなわち過去の出来事も「身体的に」認識できると解釈したのです。
そこで私は原因と結果を判断できる、すなわちもっといってしまえば
始まりと終わりの判断できるものが時間を身体的に認識できるものだと
考察したわけなのでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて相済みませんでした。また、再度のご回答ありがとうございます。

>今を基準にした原因と結果を適応させておられるからだ
>本来なら現在目の前に移り行くものでしか認識できないものを
>10年20年と伸ばしていけるのは、現在の自分から出発して
><感覚的に>感じられたといえるところまで、意識が及んでいるからです。

まことにもって、そんなところだろうと思います。

お礼日時:2002/07/24 11:15

皆さんは実に高度な議論をされておられます。

連続量や時間の伸縮の
話が出てくるということは、ベルグソンなどを読まれたり、物理学者たちの
説にもお詳しいのでしょう。ですから私は質問者の方が着眼された
<感覚的に>という魅惑的なタームに基づいてだけお応えします。

私の回答は単純です。<感覚的な>ものにはすべてにおいて原因と
結果の因果関係がむすべます。ですからすべての出来事において
原因と結果を説明できるものが、まさに<感覚的に>感知できる
時間の限界ではないでしょうか。逆にいえば原因がなかったり、
結果がわからないものは、時間としては感得されえないと考えます。

質問者の方が10年として提示されているのは、図式化されないまでも
きちんと原因と結果の因果関係をそこにみているからだと思います。
ですから天文学的な時間においても、原因と結果の因果関係が
明瞭に自分自身に説明出来れば、この膨大な時間を感受したといえる
人もあらわれるかもしれません。しかしそれには膨大な努力が
必要です。いつのまにか原因は消えてしまったり、結果はとほうもない
未来におかれてしまったりするからです。

原因と結果の因果関係の説明の限界、それが人間の<感覚的な>時間の
限界であると考えます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>高度な議論をされておられます。
>ベルグソン

す、すいません、相対性原理ぐらいなら何も知らない人に概要を説明できる程度のことは知ってますが、ベルグソンって、初耳です(汗)。
話しがそっちに行くとややっこしくなるので質問には出しませんでしたが、この疑問が出る前の予備知識とプロセスに物理学で言われてる事があったのではなかったのです。
部派仏教の一派に「説一切有部」というのがあり、その学説は「一切とは人間の認識できるものの範囲である」というのです。認識の範囲外のことは影響も受けることは無いので、存在しないのと同じだから論ずる必要なし。と言う理論です。そのことについて色々考えてて時間について他の人は感覚的にどうなんだろう?と、思ったわけです。

>図式化されないまでもきちんと原因と結果の因果関係を
>そこにみているからだと思います。

う~ん、そうなのかな、どうなのかなぁ。自分では視覚的に喩えると、10年までは見えるがそれ以上向こうは視力の限界でぼやけて見えない。しかし、過去に関してはとりあえず15年前の場所、20年前の場所に何があるか知っている・・・・。という感じなのですが。
無意識的に因果関係を把握している範囲が私の場合は10年?じゃあ一瞬と答えられた方は一瞬しか把握出来てない?のでしょうか?

補足日時:2001/10/21 18:10
    • good
    • 0

感覚的には、時間はどのようにも経っていくのではないでしょうか?


ですので、ご質問の『「感覚的に」且つ連続的に認識できる最大の時間』というものは、認識したと感じる(思う)その時々で、変わってくる(伸びたり縮んだり)一様ではない。計測不可能のように思えます。

へんなたとえ話ですが、
Aちゃんが公園へ遊びに行くと、そこにBくんも遊びに来ていました。AちゃんはBくんのことが大好きでした。大好きなBくんを見つけたAちゃんは『あっ!Bくんだぁ-!?Bくんあそぼ~♪』と、声をかけました。『うん、いいよ!あそぼ、あそぼ~♪』Bくんも元気よく応えてくれました。二人は、公園でキャッキャッはしゃぎながら、仲良く遊びました。

次の日、Aちゃんは、仲良しのBくんと遊ぼうとおもい公園へでかけていきました。公園でBくんの姿を探すのですが・・・みあたりません。ちょっと、ものたりなくて淋しそうな顔をしたAちゃん。次ぎの日もまた次の日もAちゃんはBくんに会いたくて、一緒にあそびたくて公園へでかけて行きました。でも、公園にBくんの姿はありません、それから何日経ってもAちゃんはBくんに出会えません。(TT)

大好きなBくんと遊べたときは、あっ!というまに時間が過ぎそうしてる間にお母さんが『Aちゃん、ご飯よ!帰ってらっしゃい~♪』の声が聞こえます。このときAちゃんには、とても時間が経つのを早くかんじたことでしょう-。Bくんと会えないときは、逆にとても時間が経つのをとても遅くかんじたことでしょう-。大好きなBくんに会いたいのに会えないことを・・・

一ヶ月も経ったある日の夕方、Aちゃんは犬を連れて家の近くをお散歩していました。通りの向こうにテクテク歩いているBくんを見ました。Aちゃんはおもわず大きな声で『Bく~~~ん』と、呼びかけました。その声にハタ?!と、立ち止まるBくん。Aちゃんに気がつき駆け寄って来てくれました。二人は、犬を連れゆっくり歩きながら会えなかった間の話をすることもなく、『今日、クレヨンしんちゃんのある日だよ!』『あぁぁ・・ドラエモンもあるぞ!』・・・と、
今夜のTVアニメの話で盛り上がりながら家路につきました。

さて、AちゃんがBくんと再会できてふと、あえなかった日のことを思い返してみたとします。会えなくて長いと感じた時間は、いま思い返すとそのとき感じたであろう時間と同じものを感じられるでしょうか?おそらく、感じられることはないと思います。感じ方というものはとても曖昧だから・・・。

人間はしばしば時の経つのを忘れることができます。忘れることができるから、ちゃんと生きていけるのかもしれません。時間の経過を常に認識していなくてはならないとしたら、人間は死の恐怖や老いの恐怖に打ち勝つことが出来ないと思われるからです。

トンチンカ~ン炸裂です!読み飛ばしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>感じ方というものはとても曖昧だから・・・。
>忘れることができるから、ちゃんと生きていけるのかもしれません。

確かに一つの人間の実相でございます。私自身疑問の原因を整理してみると、その証拠を集めたかったようなのです。

お礼日時:2001/10/21 17:24

nekoucchaliさんのお返事を見て少々驚きました。



----引用
気のせいです(笑)。正直な気持ちRenardさんの回答に感謝してます。
泥沼云々もシャレのつもりなんですが・・・。ただ、私は本当はもっとふざけた人間なので、なれなれしい態度をとって不評を買わないよう、また、真面目に答えてるのにふざけて返事しているように取られないよう、気を使って返事しているところがあるので、それゆえ少々堅苦しい文面になっております。
----

シャレのつもりが真面目な堅苦しい文面????よくわかりませんが、まあ、この点はどうでもよいことです。(^^)
nekoucchaliさんは、何か勘違いをされているようですね。(^^) わたしが、"棘"があるようですが、といったのは、シャレを言っているとか、嫌味を言っているとかそういうことではないのですよ。
 言いたかったことは、わたしは、一般的で単純なことを言っているつもりなのに・・・nekoucchaliさんは誤解をされているようだという事なのですよ。その誤解が棘となって発せられているようだと言いたかったのですがね。ネットというのは難しいものです。言葉足らずだったようです。(^^) 誤解が解ければよいのですがね(^^)

ところで、最初の、「なるほど!そういう事例があれば知りたいもんです。」とのnekoucchaliさんの質問に対しては、先の"宇宙カレンダー"のモデルを敷衍してもらえればよいと思いますが、納得してもらえましたか? また、「私これでも忙しいのに・・・泥沼にはまっていくような・・・(笑)。」というのも、それほどお手間はとらせない問題だったと、納得してもらえたでしょうか?(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再再度のご回答ありがとうございます。

>納得してもらえたでしょうか?(^^)

納得しました。どうやら自分で勝手にいちびって泥沼にはまったみたいです(笑)。

お礼日時:2001/10/21 17:13

hummm...



#なんだか、いい雰囲気になってきましたね

少々、茶々を入れさせていただきますと・・・

SFですけど、こんな本があります。
「幻詩狩り」川又千秋

「それ」を読むと、”時間のヒミツ”が”解って”しまって、廃人のようになって死んでしまうという「詩」をめぐる物語です。(詩のタイトルは「時の光り」だったかな?)
#原案は、きっとモンティパイソンです。

これ読んだら、時間について、もっと強烈に悩めると思います。

でわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

>「幻詩狩り」川又千秋
>これ読んだら、時間について、もっと強烈に悩めると思います。

そ、そうですか。「忠告」と受け止め、身も心も暇人になるまで決して読まないように気をつけます(笑)。

お礼日時:2001/10/21 17:09

●息子(16才)に この問いをしてみたところ。


 とまどいをみせたあとで。3分かなあ・・。ということでした。
 しかもその3分の認識イメージは カップラーメンが出来上がるイメージ
 だそうです。そしてしばらくしてから、やっぱり分からないとの返答でした。

●わたしは 最初に書き込みしたように時間はもちろん、倫理的な思考の
 全体像も感覚的には認識できないと つねずね感じていましたし。
 人間の評価は その程度のもんだからきをつけろ!ってのが人生訓なんです。
●じぶんを知らない人間ほどこわいものはない・・・。

●こんなわたし(時間も論理もイメージとして認識できない)ですが
 しあわせに くらしていますよ。 いやむしろ だから・・・ですね。
 自分の脳が どういう処理をして生きようとしているか ここを押さえることが
 いちばん基本のような気がします。

 いま 秋晴れのなか庭のどんぐりの木がゆっくりと風にゆれ
 季節遅れのトンボが 芝生にたわむれています。
 遠嶺の尾根がくっきりとして 空気は秋のにおいがして
 みずいろの空に薄く切った大根の断片のような雲がゆっっくりと流れています。
 まわりには ことりの声とむしの合唱・・・。
 遠くの国には戦争の火の手があがっています。

 時間をイメージとして認識できない代償として 今という瞬間をはっきりと
 イメージできます。
 そしてなによりも この世で唯一の自分がはっきりと認識できるのです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再再度のご回答ありがとうございます。

息子さんは3分ですか。わざわざどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/21 17:06

わたしの物差しの大きさとのことですが? 


例えば、10分を計るのに、日本史的な物差しを使っても役に立ちません。その計るのに相応しい物差しを使うのがよいでしょう。
nekoucchaliが、10年前までのことは、同じ刻みの物差しで計れるということは、つまり、物差しの長さが、10年ということですよね。しかし、その一目盛りの大きさは、人それぞれ違うでしょう。 例えば日本史的な物差しにしても、その知識により、その一目盛りの大きさは違ってくるでしょう。

ところで、体内時計の単位でしたら、24時間が基準だと思います。暗闇の洞窟での実検というのが有名だと思います。

それから、遠大な時間をわたしたちの身近な時間に置き換えるという試みもあります。カール・セーガンの「エデンの恐竜」という本に「宇宙カレンダー」というものがあります。これは、150億年前のビックバンから現在までを、一年のカレンダーで表わしたものです。
1月1日がビックバン。・・・太陽系の起源は9月9日・・・地球の成立が9月14日・・・12月27日がジュラ紀・・・12月31日午後11時が、最初の人間・・・バビロニアのハンムラビ法典が、12月31日午後11時59分52秒・・・・ローマ没落が午後11時59分57秒・・・といった風です。
このように置き換えれば、150億年というような、漠然とした年数が、実感のもてるものに近づくと思います。

ところで、わたしは真面目に答えているつもりなのですが、どうも、nekoucchaliさんのお答えを見ていると、棘のようなものを感じるのですが・・・
わたしの言っていることは、泥沼にはまっていくような・・・ことではなく、非常に単純であるとおもうのですがね・・・(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再々度のご回答ありがとうございます。

>棘のようなものを感じるのですが・・・
気のせいです(笑)。正直な気持ちRenardさんの回答に感謝してます。
泥沼云々もシャレのつもりなんですが・・・。ただ、私は本当はもっとふざけた人間なので、なれなれしい態度をとって不評を買わないよう、また、真面目に答えてるのにふざけて返事しているように取られないよう、気を使って返事しているところがあるので、それゆえ少々堅苦しい文面になっております。
確かにこの文面でシャレを言っても嫌味にとれるかも知れません。
そこはそれ、相手の顔や声が見えず聞こえず、文章になったものが人のすべてであるネット上の制約、相手がシャレがわかってるか不快に思ってるか、言われない限り判りません。
ですから、このままRenardさんが誤解したままであるのは残念なことであったので、敢えてこう指摘してくださったこと自体にも感謝しています。

お礼日時:2001/10/14 06:21

これは、税金の話や国債の話がよく分からない時の話でも出来ますが、何故子どもの時は時が長く感じるかということは、慣習的なものでないように思います。

なんか、子どもの時は暇じゃなかった気がします。精神活動のスピードって言うか今、考えると、相対性理論的なものが働いていたように感じます。つまり、子どもの時は、速かったんです。精神活動と限定しませんが、、、。自分が速いと、周りは遅くなります。時間は時計や、日の動きのことだったので、時計の動くのが遅いわけです。ところが、中学、高校になると、授業がなが~くなっていきますよね?自分の精神がのろくなっているのだと思います。コレは生物学的に解決できるものなのかもしれないですが、、、。子どもは、成長?変化?しながら生活しているので速いのかなぁと思います。時間が短くなったのは成長?変化?してないんじゃないかと思います。つまり、変化率が高いと人生は長く、低いと短くなり、光速になるとその精神は不死になります。きっと、、。
  光速になるとどうなるんでしょうか?精神の速さ?ですから、フィジカルに光速になるのとは又、別のことを想像しえるのでないかと思います。変化率、いくらかの間にコレだけ、変化する、ということです。光速になると、「いくらか」が0になるんでしょうか?自我を喪失してしまう事は間違いないでしょうか?しかし、面積と体積のように、比べられないほどの違いがあるように思います。ほんとのところ、どうなんでしょうね。
 僕の慣習的な感覚としては、測りうるのは0.2,0.3秒~4、5年、部分的に8年ぐらいでしょうか?パスタの湯で具合の判断から、八年後にこうなっている事はありえる、と考えている限界です。後は想像し難いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>精神活動のスピードって言うか今、考えると、
>相対性理論的なものが働いていたように感じます。

>変化率が高いと人生は長く、低いと短くなり、
>光速になるとその精神は不死になります。

そういえばそんな話を相対性理論の説明として聞いた事があります。

>僕の慣習的な感覚としては、測りうるのは0.2,0.3秒~4、5年、

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認識とは存在的宇宙であり、現実とは存在的認識である

 
  
  
認識とは存在的宇宙であり、現実とは存在的認識である。

これは正しいか。
 

Aベストアンサー

認識=宇宙=絶対無の相対有化=自我仮説(時間の流れ)と時空仮説(空間的広がり)の相補分化。

Qソクラテスと豚、または生産的議論と消費的理論

ソクラテス側にも、豚の快楽なんてろくでもないよね、と対抗している時点で、少し嫉妬交じりの感情が混ざっているわけですし
豚からしたら、ソクラテスが何を言おうと「それでも別に良いや俺幸せだし」と開き直られたら、ソクラテス側は負けてしまう気がするんです
「はいはい頑張って他人にも良いような行いしてね、俺はそれをどんどん消費するからね」と言われたら、なんかとてっても悔しいですし、それでも続ける気になれないのではないかとおもうのです、よっぽどの人で無いと

屁理屈に負けてしまいそうなんです・・・

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8641327.html
(回答番号15への質問者のコメント)

*** *** *** *** ***

教えて!gooで数数の名言を読んできましたが、これはベスト5に入る内容だと私は判断します。ちなみに私は回答番号17,23で参加してゐます。また私なら回答番号21をベストアンサーにします。

「不満足なソクラテス」による生産的議論、「満足した豚」の消費的理論、どちらを支持するか見解が大きくわかれるのはなぜですか。

ソクラテス側にも、豚の快楽なんてろくでもないよね、と対抗している時点で、少し嫉妬交じりの感情が混ざっているわけですし
豚からしたら、ソクラテスが何を言おうと「それでも別に良いや俺幸せだし」と開き直られたら、ソクラテス側は負けてしまう気がするんです
「はいはい頑張って他人にも良いような行いしてね、俺はそれをどんどん消費するからね」と言われたら、なんかとてっても悔しいですし、それでも続ける気になれないのではないかとおもうのです、よっぽどの人で無いと

屁理屈に負けてしまいそう...続きを読む

Aベストアンサー

plapotiさんが何故このような問題提起をされたかが
わかりました。

「他者排除」は人間の持つ、「慢心」「保身」「差別」
「攻撃性」などの悪い心が起こすもので、「ソクラテス」
「豚」の区別はないと思います。

日本中どこに行っても、「序列」「いじめ」があるのは
実感しています(私はけっこういろんなところへ行きまし
た)。
つまり、「ソクラテス」の責任ではないということです。

それに、あなたの説では、生粋の豚(つまり怠け者)を弁護
し、健気なソクラテス(働き者)のやる気を削いでしまう危
険性があると思います。

Q量子論的な世界像において、世界は認識される事で存在してる、そうです。そうすると、認識している私は、自

<量子論的な世界像において、世界は認識される事で存在しています。>
そうです。
そうすると、認識している私は、自分自身を認識している、ということになるのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

☆世界は認識される事で存在しています。
◇上で書かれている「世界」は、〈世界そのもの〉ではなく、我々の五感などの感覚によってもたらされた情報をもとに、〈わたし〉によって再構成された主観的な〈世界〉でしょう。

〈世界そのもの〉≠主観的な〈世界〉

そして、物理では
〈世界そのもの〉≠観測された〈世界〉
〈世界そのもの〉≠理論で想定される〈世界〉

我々の主観的な〈世界〉が我々の認識に基づいているのは当たり前のことであり、
物理学的な〈世界〉が観測などに基づいているのも当たり前のこと。

「世界は認識される」という表現で問題なのは、この表現中の世界(主観的世界、物理学的な世界などなどの対象化された世界)を〈世界そのもの〉としていること。

我々の知る世界は、程度の差はあれ、主観的な世界に過ぎず、
そんなものがあればですが、
客観的な世界や〈世界そのもの〉に至ることはできないんじゃないですかね。


☆認識している私は、自分自身を認識している
◇〈認識している私によって対象化され、再構成された《認識している私》〉を認識しているに過ぎません。
認識主体である私が、私の表象(イメージ)を認識していると言っていいのかもしれないですね。
もっとも、ここで言う〈認識主体である私〉がすでに表象(イメージ)に過ぎないけれど。

ショウペンハウアーのこの言葉が参考になります。

ショーペンハウアーは、世界はわたしの表象であるという。このことは、いかなる客観であっても主観による制約を受けていることを示している。
https://goo.gl/w67lxK


ミクロとマクロの関係の話が出ているようなので、私は違う角度から。

我々が実際に生きる世界は、10²³というアボガドロ数オーダーのさらにアボガドロ数オーダーくらいの超多粒子系の世界。
たとえ電子などの粒子一つ一つの挙動が確率的なものであったとしても、このような超多粒子系の現象は平均的なものになり、この平均的な振る舞い、平均値からの逸脱は殆どなくなります。
 ――量子力学のトンネル効果があるからと言って、超多粒子系の我々は、我々の体を構成する電子などの量子の如く壁を通り抜けたりは出来ない!!――

我々はマクロサイズの世界で、そして、圧倒的多数の多粒子系の世界で生きているので、量子力学がどうであれ、我々が日常的に観測する現象はほぼ100%の確率で(古典物理学的な)決定論に従っており、ここに量子力学の出番はありませんよ。

まして、哲学の認識論に量子力学や量子論は必要ないと思います。

こんにちは。

☆世界は認識される事で存在しています。
◇上で書かれている「世界」は、〈世界そのもの〉ではなく、我々の五感などの感覚によってもたらされた情報をもとに、〈わたし〉によって再構成された主観的な〈世界〉でしょう。

〈世界そのもの〉≠主観的な〈世界〉

そして、物理では
〈世界そのもの〉≠観測された〈世界〉
〈世界そのもの〉≠理論で想定される〈世界〉

我々の主観的な〈世界〉が我々の認識に基づいているのは当たり前のことであり、
物理学的な〈世界〉が観測などに基づいているのも当たり...続きを読む

Q「絶対的価値は存在しない」の考えの理論について

勝手にこんな理論を考えてみました、少し神学的です。

まず人間が愚かだとするならば、その原因はそんな「愚かな人間」を作ってしまった、もしくはそんな「愚かな人間」が生まれる世界を作ってしまった、神様が愚かだということになります。
同じように、「神様」に「愚かな人間をつくる」という行為をさせ、結果「神様」を愚かにした「神様」の{神様}が愚かだということになります。
このように考えると、どんどん無限に「愚かなのは神様の神様の神様の・・・・・・・・・・・・・・・・神様だ」となり、愚かなのは最も上の神様ということになります。
しかし、無限の考えでは「最後」や「最大」などの考え方がないように、「最も上」という考えもできないので、結果その「最も上の神様」は存在しないことになり、愚かな人間、もしくは神様という存在は一切存在しないということになります。
よって「愚かな存在」は存在しないことになります。
しかし、ここで「愚か」を「素晴らしい」にしても、まったく同じことが起きます。つまり、「素晴らしい存在は存在しない」ということになります。ほかの「〇〇な存在」としても同じです。
結果、(哲学的な)絶対的価値は存在しないことになります。

こんな内容です。またこの後、考察として自分の中では「絶対的な価値観が存在しないのだから、「自分に価値観に自信を持ち、そして他の価値観も認めるべきだ」ということを考えました。

勝手にこんな理論を考えてみました、少し神学的です。

まず人間が愚かだとするならば、その原因はそんな「愚かな人間」を作ってしまった、もしくはそんな「愚かな人間」が生まれる世界を作ってしまった、神様が愚かだということになります。
同じように、「神様」に「愚かな人間をつくる」という行為をさせ、結果「神様」を愚かにした「神様」の{神様}が愚かだということになります。
このように考えると、どんどん無限に「愚かなのは神様の神様の神様の・・・・・・・・・・・・・・・・神様だ」となり、愚か...続きを読む

Aベストアンサー

楽しく読ませて頂きました。

お応えしたいのですが、mathelectoneさんの理論を確認する意味も込めて質問させて頂きたい事がございます。


>まず人間が愚かだとするならば、その原因はそんな「愚かな人間」を作ってしまった、もしくはそんな「愚かな人間」が生まれる世界を作ってしまった、神様が愚かだということになります。
>同じように、「神様」に「愚かな人間をつくる」という行為をさせ、結果「神様」を愚かにした「神様」の{神様}が愚かだということになります。
>このように考えると、

ここで一つ尋ねさせて下さい。このように考えると、というのは先ほどの

>同じように、

を、繰り返し引用して考えるという意味で宜しいのでしょうか?そして、それ以降は繰り返しであるという意味でしょうか?現段階ではその様に受け取っています。

>どんどん無限に

ここで疑問が生じました。どんどん無限に・・・と触れているのですが一体どうして

>「愚かなのは神様の神様の神様の・・・・・・・・・・・・・・・・神様だ」となり、

の様になるのでしょうか?

そうはならず、本来は、「愚かなのは神様の神様の神様の・・・・・・・・・・・・・・・・(繰り返し)

となるのではないでしょうか?従いまして、mathelectoneさんが仰る流れによる

>しかし、無限の考えでは・・・

という繋ぎにはならない気がします。本来は、「愚かなのは神様の神様の神様の・・・・・・・・・・・・・・・・(繰り返し)なのですから、この後に無限の考えでは・・・と続くのが正しいのではないでしょうか?

この点は如何お考えなのでしょうか?

楽しく読ませて頂きました。

お応えしたいのですが、mathelectoneさんの理論を確認する意味も込めて質問させて頂きたい事がございます。


>まず人間が愚かだとするならば、その原因はそんな「愚かな人間」を作ってしまった、もしくはそんな「愚かな人間」が生まれる世界を作ってしまった、神様が愚かだということになります。
>同じように、「神様」に「愚かな人間をつくる」という行為をさせ、結果「神様」を愚かにした「神様」の{神様}が愚かだということになります。
>このように考えると、

ここで一つ...続きを読む

Q理論的に説明してみると全く逆のことを言ってしまったときなどのことをなんと言うのでしょうか?

こんにちは。

例えば、そうですねえ…
適当に思いついたのですけど理論的に「食べ物は美味しくなければならない」と「食べ物は美味しくてはけない」という結論を出してしまったときのことを言い表す言葉って無いでしょうか?

それとこれはまるっきり国語の問題ですが、この質問のタイトルに「全く逆の~」と書きましたがなんか違いますよね。なんと言えばよいのでしょうか……?

教えてください。

Aベストアンサー

論理学ではmkstさんのご指摘のように「矛盾」ですね。その逆は「無矛盾」となります。前提と違った答えが導かれることを「矛盾」、前提と同じ答えが導かれることを「無矛盾」といいます。
面白いことに前提はいたるところ体系内で「無矛盾」であるが、その「無矛盾性」を証明できないというゲーデルの不完全性定理というのもあります。論理学で調べられるともっと詳しくわかると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報