先日、父(71歳)が腸癌と告知されました。
生命保険は入ってますが、癌保険には入ってません。
治療にはかなりの金額がかかると思うのですが、癌保険に入ってない人が、癌にかかると費用の負担はどのような形になるのでしょうか?
実費で請求されるのでしょうか?
市町村などで治療費の補助金的なものはあるのでしょうか?
困ってます。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

■健康保険


治療費は健康保険から一部負担金を除いて支払われます。
kyaezawaさんのおっしゃるとおり、保険適応のない治療(この場合主治医から必ず話があります、話もなく勝手に治療されることはありません。)の場合は自己負担です。
■生命保険(傷病保険、入院保険などの類)
お医者さんからの診断書を基に、入院日数や手術の種類などによって規定の額が支払われます。約款を見るといいですよ。たいていの保険は、健康保険とは関連がありません。癌保険でなくとも疾病は疾病ですから、特にガンを除くという条項がなければ規定の満額支払いを受けられるでしょう。ガン保険との違いは『ガンに手厚いかどうか(入院日数の制限や手術費の算定の違いや生活保障など)』だと思います。

費用の負担とは病院窓口でのことでしょうから、この場合基本的にはガン保険に入っていてもいなくても負担額はかわりません。hanboさんの書かれたとおりでしょう。
    • good
    • 0

#1の補足です。


「老人保健制度」の対象になるのは、あくまでも健康保険で認められた治療を対象にしています。
保険外の治療や薬を使った場合は、これらは保険の適用がなく、自己負担となります。

又、加入されている生命保険で、手術給付金や入院給付金の特約は付けていませんか。
保険証券を確認してみてください。
    • good
    • 0

 お父さん、ご心配ですね。



 お父さんは71歳ですので、「老人保健制度」の該当者です。この「老人保健制度」は、全国共通な制度で原則70歳以上の方が該当します。
 若い人は病院へ行くと、自己負担はかかった総医療費の2割か3割を負担しますが、老人保健制度に該当すると、通院は1つの病院で1月に支払う額は1割で3,000円が限度です。つまり、通院で1回目の負担額が入用費の1割を支払います、2回目も1割というように負担して1ヶ月の負担上限が3,000円までです。ただし、ベッド数が200以上の病院は、5,000円が上限です。

 入院も1割負担ですが、若い人の高額医療費制度のように、1ヶ月の負担上限が37,200円までです。1ヶ月で200万円の医療費の場合、1割ですと20万円ですが1ヶ月の上限額を超えますので、37,200円の負担になります。入院の場合は、食事代として、1日780円を別に負担します。

 なお、市町村民税が非課税の世帯に属している場合は、1ヶ月の負担限度額と食事の負担額が安くなります。この場合は、市町村役場の老人保健担当窓口で、安い負担で済むように、認定証を発行してもらって病院に提出してください。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報