『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は、今高校2年です。
が、心は、小学生です。人を傷つけてきました。
それで、心が成長した物、また人生を変えられた物を教えてください、音楽・本・映画何でもです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

私もハタチになったというのに、まだまだ頭の中はこどもで焦っていますよ☆笑 そういうものなのではないでしょうか?歳相応に自分を認められる人なんて、説教くさいお年寄りくらいなのでは~。言いすぎ?
こんな私が言うのも説得力ナイですが、心が成長するのは、やはり時間が必要だと思いますよ。音楽に励まされたり、本で他の人の人生や考え方を知ったり感動したりするのももちろんですが、やっぱり人との付き合いの中で成長していくものだと思います。
私は高校の時の部活で一気に成長した感じです。吹奏楽部で、メンバーも多いし、先輩・後輩、先生やコーチ等多くの人と関わることが出来ました。いっぱい悩んで、いっぱい泣きました。そういう経験というか、行事や出来事の一つ一つが心の糧になりました。大げさに言えば、私の人生を変えてくれました。
だから、そういう映画とか本とか沢山見たり読んだりするのも大切ですし、良い作品も見きれないほどあると思いますが、学生のうちに色々経験して、出来ればひとつの事(部活・ボランティア・学校行事等)に打ち込んで、周りの人に認めてもらい、また自分を見つめなおすことで、自信や得意なものを手に入れることが人生(考え方・見方)を変えてくれると思います。
mirinnさんの求めている回答とはズレれしまいましたが、なにかに打ち込むことで逆に、それに関する本や映画、音楽に興味を持ち、感銘を受けるような作品に出会えるかもしれませんよね。
    • good
    • 0

#2デス。


補足ありがとうございます。

私も中学校の頃、友達に対してそういうふうな態度を取った事があります。どうしてそんな事をしたかというと、それは「仕返し」でした。私も同じ部活内でその友人に、同じような目に遭わされたからです。どんな気持ちがするのか思い知れ!って感じで(苦笑)
でも、もう大人になった今ではその時のことを思い出す事ももうなくなってしまいましたが、その時期には自分でも「なんてくだらない事をしているんだろう」と反省した記憶があります。
私、小学校の頃はいじめに遭ってたんですね。中学の時は少し気が強くなったのか、そんな思いが爆発してそんな事をやってしまったのでしょうが、仕返ししてもあまり意味がなかったように思います。その子が、仲間はずしにされる気持ちがわかった事については、まあ、一つの経験になったのかもしれませんが、でも、それにしたってあまりいい方法ではなかったと思います。そんな意地悪な事なんかしないで、その子に自分が嫌だと思う事をハッキリ言った方がどれだけ良かったかって思いますね。
私は人が成長する時って、自分で「反省」出来た時だと思うんですね。私はそんな中学時代の経験から、「自分が人にされて嫌な事は絶対しない」と自分を戒めてきました。それでも、知らないうちに人を傷つけてしまう事はあるのかもしれませんが、そこのところだけは自分でも成長できたところだと自負しています。言いたい事というより、「言うべき事は言う」というような性格にもなれましたし。
だから、質問者さんもそうやって反省している地点で、一つ成長出来たのではないでしょうか。そして、もう二度と同じ事を繰り返さない事で、二つ目の成長が出来るのだと思います。
私の中で心が成長できた映画は、「スタンド・バイミー」です。紹介するまでもないですよね、有名な映画ですから(笑)
人がどんな事で傷付いてきたのか、それを知る事は大切な事です。同時に、自分はどんな事で傷付いてきたのかをちゃんと認識する事も大切です。自分を思いやる事は他人を思いやる事でもあるし、他人を思いやる事は結局自分に繋がってきたりもするものです。「スタンド・バイミー」は、もう随分前の映画ですよね。でも私の場合、子供の頃に見た時はそんなになんとも思わなかったんです。でも、思い出したように大人になってからもう一度見てみた時に初めて心を打たれたんです。その時に、「ああ、大人になってから初めて気付く事もあるんだな」と思いました。
"大人になってから"というより、"心が成長できてから"初めて気が付けたのかもしれません。そういう事ってきっとあるんでしょうね。
    • good
    • 0

こんばんは。


どんな事で人を傷付けてしまったと、反省していらっしゃるのですか?
良かったら聞かせてください(^^)

この回答への補足

中1の時なんですが、仲の良い友達を一日だけ無視をしたり、友達数人で友達をからかったり・・・色々です。

補足日時:2005/07/09 23:58
    • good
    • 0

 こんばんは。



 「キャッチャー・イン・ザ・ライ(邦題:ライ麦畑で捕まえて)」。アメリカの作家、サリンジャーの本です。
 大人の社会の欺瞞を描いた、永遠の名作です。あなたの年頃に読まれると一番いいと思います。
 ちなみに、最近「村上春樹」さんが翻訳されてますから、本屋さんに行けば売ってると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夏休みになったら、読んでみます。有難う御座います。

お礼日時:2005/07/09 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング