忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

今まで読んだ中で、考え方を変えさせられた、読んで悩みが晴れた、心が揺り動かされた、泣いた、など思い入れの深い本を教えてもらえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

はじめまして



ものの見方の観点が変わった本
・「唯脳論」 養老孟司
・斎藤一人さん関連の本
・子どもに伝えたい三つの力 斎藤孝

感銘を受けた本
・「ぼくは勉強ができない」 山田詠美


当時の自分が共感した本
・「風の歌を聴け」~「羊をめぐる冒険」 村上春樹
・「ノルウェイの森」 村上春樹
    • good
    • 1

 「いま、会いにゆきます」


読む時間もかからないし、回りに一人位は持っているでしょうから、借りて読まれたらいかがでしょうか、流行本ですが、意外に感動しますよ。
 
    • good
    • 0

こんにちは。



自分が最も感銘を受けた本はこれを抜く事は出来ません。

元は外国語版ですが、パトリシア・ハーミーズで訳者が大野晶子さんの『グース』です。
これは人生に最も大切である『勇気』について考えさせてくれるモノです。
随分前の本なので今は廃刊になっているかもしれませんが、もしお目にかかったならば是非ご一読下さいませ。
    • good
    • 0

山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」です。

1~5巻までありますが、特に3巻の「御巣鷹山篇」は衝撃的でした。
日航機墜落事故について描かれています。
これほど心を揺さぶられた本はありません。
    • good
    • 0

(元?)弁護士の中坊公平氏の自叙伝、


「金ではなく鉄として」

朝日新聞に連載されていたものが単行本化されたものです。
なかでも後半の森永砒素ミルク中毒事件のくだりは衝撃的ですらあります。
1955年に起きたこの事件は森永の粉ミルクに砒素が混入し1万2千百人の被害者と百三十人の死者を出した大惨事です。事件の後遺症は「存在しない」と森永と国が切り捨てる中、砒素混入ミルクが原因で重度の障害を抱える子供をもつ親はすべての責任を知らずとはいえ砒素入りミルクを赤ん坊に飲ませつづけた自分自身に向け、なんの救済もないまま18年ものあいだ苦しみ続けていました。

損害賠償の時効は20年、残り2年しかない土壇場で国と森永に救済を求めるために起こした森永裁判の弁護団長を逡巡しながらも中坊氏がひきうけ、最終的に国と森永の謝罪と事件の被害者の恒久的な救済を勝ち取るまでの過程が描かれています。

一読の価値ありです。自叙伝なのに心うたれ感動できます。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30944212
    • good
    • 0

「最も」と言われると難しいので、


とりあえず頭に浮かんだものを。

三浦綾子さんの「塩狩峠」
リチャード・バック氏の「かもめのジョナサン」

とかですかね・・。

あとは落合信彦さんの本は心が揺り動かされる、
というかやる気が湧いてきますね。
「命の使い方」とか。
    • good
    • 0

 【泣いた】本を一冊。



 『アルジャーノンに花束を』  ダニエル・キイス
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/ …

    涙なしには読めませんでした...
       特に最後のセリフにはもう...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。涙がとまりませんでした。いい本に出会えたってこういうことなんだろうと感じました。

お礼日時:2005/07/24 11:27

岸田秀 ものぐさ精神分析 です。


人間の本質が書いてあります。その後、
岸田さんの著書を20冊ほど読みました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q感銘を受けた本

こんばんは。
僕は大学のAO入試を受けるのですが、願書の質問の中に「今まで感銘を受けた本と簡単な感想を書け」というものがあったのですが、皆さんは何かお勧めの本はありますか??

Aベストアンサー

単純にオススメな本では無く、
AO入試にあたってオススメな本というとなかなか難しいですね・・・
普段AO入試で答えるのに見合う本というのをあまり読まないですからね。

でも、唯一一冊私がオススメ出来るのは、
「レ・ミゼラブル」と並ぶぐらい中高の文化鑑賞で見させられる演劇でもある、

「アルジャーノンに花束を」という本ですね。

親に捨てられたパン屋で働く知的障害の男の子が主人公なのですが、
障害の為に自分が親に捨てられたという現実を理解していなかったんですね。
そしてある日、ある実験的な手術を受けることになります。
その実験は主人公の先にネズミに施され成功し天才になっていました。
そして、主人公も天才へと生まれ変わったんですね。

しかし、実験が成功し天才となったが為に過去の自分がどれだけ悲惨な目に遭ったか、自分は捨てられていたんだという事実に気づいてしまいます。
そして苦悩の日々が始まり、やがて実験で先に同じく天才となったネズミに異変が起こり実験のミスが判明してしまいます。

それは、この実験はあくまでも一時的に知能を向上させるだけであって後に元の知能のレベルに後退してしまうというものでした。
そして、もちろん彼も例外ではなく・・・

そこで彼はまだ知能があるうちにある一通の手紙を書きます。
その後感動の涙なみだのクライマックスへというような話です。
適当ですいません・・・でも確かこんな話でした。


私はAO入試では無かったので適切なアドバイスとなるかわかりませんが

感銘を受けた。
ただおもしろかった。ただ感動的なストーリーだった。
では厳しいのかなと思います。

やはり+αが必要ですよね。

「アルジャーノンに花束を」を読んで・・・

○○○だったから○○学に興味がわいた。とか一層興味が強まった。とかこじつけられないと。

感銘+志望する学部学科にこじつけられないような本よりかは志望の学科に見合う本が良いと思います。

あくまでも私はですが、この本を読んで経済とか法学とか経営とかに興味は持てるような本では無かったです。
どちらかというと福祉関係とか心理学に興味は沸きましたけど。

単純にオススメな本では無く、
AO入試にあたってオススメな本というとなかなか難しいですね・・・
普段AO入試で答えるのに見合う本というのをあまり読まないですからね。

でも、唯一一冊私がオススメ出来るのは、
「レ・ミゼラブル」と並ぶぐらい中高の文化鑑賞で見させられる演劇でもある、

「アルジャーノンに花束を」という本ですね。

親に捨てられたパン屋で働く知的障害の男の子が主人公なのですが、
障害の為に自分が親に捨てられたという現実を理解していなかったんですね。
そしてある日、...続きを読む

Q感銘を受けた本・・・

大学の願書に「感銘を受けた本」について
書く欄があるのですが、どのような本こうか悩んでいます?
参考にさせていただきたいと思い質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

六千人のいのちのビザ 杉原幸子

なんてどうでしょ

Q皆さんが学生時代に感銘を受けた本を教えてください

皆さんが学生時代に感銘を受けた本を教えてください。

今年、就職内定を頂きました。来年から働くに当たって学生時代を振り返ってみると、私は漫画ばかり読んで活字に触れ合う機会が殆んどなかったと反省しています。
なので、就職するまでの時間だけは有意義に書籍に触れて過ごそうと考えています。
しかし、今まで活字を読んできていない私には、書籍コーナーの本があまりに多すぎてどれから手を付けていけば良いのか、取っ掛かりが掴めません。

そこで皆さんに教えてほしいことが有ります。

(1)学生時代に感銘を受けた本(何冊でも)
(2)どのようにしてその本を知ったか
(3)自分が本を選ぶ上で気にすること
(4)今おすすめする本

これらの点を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ジェフリー・アーチャーの作品(「ケインとアベル」※二人の男の数奇な人生を出生から死去まで描いた作品)やダニエル・キイスの作品(「アルジャーノンに花束を」※言わずとしれた名作。「五番目のサリー」※多重人格者の苦悩を描いた作品)、児童文学の原作本「十五少年漂流記」「赤毛のアン」全巻などなど

2.学生当時はやはり漫画読みだったため、有名どころのうろ覚え作品をきちんと読もう!と思い立ち(漫画内でこれらの作品の一部をパロって使われていたり、原作としながらも所々変えていて何が本当かわからないものがあったりしたので)、海外文学系を片っ端から読んでいました。

3.今は面白そうなら何でも。小説なら裏のあらすじを見て。自己啓発本などは「見出し」をみてその見出し以上に読みたい記事が載ってそうなら購入。小説では「事件」や「状況描写」よりは「人間」の心情に重きをおいたものを好んで読みます。

4.おすすめ、としてあげるのはなかなか難しいです。

私個人的に、最近(?)、面白かった~というだけなら、
・宮部みゆき「火車」
※カード借金の怖さが如実に出ているミステリー。お金について考えさせられました。
・乃南アサ「風紋」「晩鐘」
※ひとつの平凡な殺人事件にまつわる、あまり知られない「加害者家族」「被害者家族」に襲いかかる世間の波。毎日テレビで流れている事件への見方がより重く感じられました。

小説は、どんなものであれ基本書いているのは「人間」。とにかく何でも読み、自分の知らない世界、自分とは違う立場、自分にない思想や考え方などに触れることで、どんな本でも人間の幅を広げる、身になるのではないでしょうか?そういう側面では漫画も良質なものがありますね。小説の方がより幅の広い世代の物語に触れることができるかな?とは思いますが。(やはり漫画は「漫画を読む世代向け」ということで若干設定など対象年齢が狭まっているように感じます。また、漫画はどうしても日本の作家さんなので、「世界」を意識した際には発想や考え方の幅が多少狭い場合も・・・)

まずはちょっとでも「いいかな?」と思う本を手にとって、あなたにとっての最良の一冊を探してみてください。

1.ジェフリー・アーチャーの作品(「ケインとアベル」※二人の男の数奇な人生を出生から死去まで描いた作品)やダニエル・キイスの作品(「アルジャーノンに花束を」※言わずとしれた名作。「五番目のサリー」※多重人格者の苦悩を描いた作品)、児童文学の原作本「十五少年漂流記」「赤毛のアン」全巻などなど

2.学生当時はやはり漫画読みだったため、有名どころのうろ覚え作品をきちんと読もう!と思い立ち(漫画内でこれらの作品の一部をパロって使われていたり、原作としながらも所々変えていて何が本当かわ...続きを読む


人気Q&Aランキング