お騒がせします。ひとつ前で「オーディオ界の住人に質問」を書いたaudiofanです。お寄せいただいた回答を拝見していて、ふと別の質問の仕方を思いつき、同時進行で質問させていただいてよろしいでしょうか。
「オーディオ界の住人に質問」で私が希望したような音(簡略に述べさせていただくと、聴き手を包み込むような広がりと音の浸透力、鮮やかな分解能、音楽の再現力の高さなどで、音楽の説得力が半端でなく強力であるということ。表現力が底なし沼のように深く、その正体を露わにしないこと」
皆様の中ですでに私の言わんとしていることを実現しておられる方がいらっしゃいましたら、システム全容とセッティングの要、苦労話しなどを是非ご披露していただけませんか。オーディオをともに喜び、ともに苦しめればと思います。現在のオーディオ装置を入手するため、休みの日はアルバイトをして、こつこつ貯金してようやく購入しました。現代オーディオは確かにいい音がします。
しかし、音楽の高み、別次元にリスナーを運び去るような凄み、怖さ、至福感などはこれらから残念ながら得られることは今までありませんでした。私がここに質問していることは、現代オーディオに望んではいけないことなのでしょうか。確かに現代オーディオは科学的です。音波の研究、ノイズとのあくなき闘い!でも果たしてそれで私が言うような音楽の世界に誘うだけの能力が見えてくるのですか?私はそれらを現代オーディオで実現できないか、格闘しています。同じことを考えられた方、同好の先輩の意見を聞きたい!よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

audiofanさんの問いかけに同調する答えは、私には書けないと判っていながら・・・「意見を」という事なので敢えて書きます。



音楽そのものや演奏家の魅力が、リスナーに的確に伝わる為には、確かにオーディオ装置のグレードや、それらが発する音の品位(音響学的な意味での)は、大いに影響してくるでしょう。誰もラジカセレベルでは武満徹を聴きたいと思わないでしょうし、私自身は昔チープな装置で聴いて好きになれなかったマイルスデイビスが、装置のアップグレードと共に惚れ込む対象に変わって来ました。
しかしながら、音響学的な意味での品位ばかりを求めすぎれば、「音楽」を見失うことも多いのではないでしょうか。オーディオは演奏の模倣をする装置だから、完全一致は所詮ありえないし、演奏家はそもそも磁性体に記録される波形に対して命を吹き込もうとしているんじゃ無いと思うんです。やはり生身の身体で、周りの空気を震わせているのであって、その為に何十年も精進するわけでしょう。だから、もっともっと同じ空気吸いに行けばいいんじゃないかなぁ。高いオーディオ買うお金の、2割くらい使って行ってあげて(^_-)

私自身はホールでビッグバンドの生音に酔い、酒場でピアノトリオを見つめながらバーボンを舐める事の方が、オーディオよりも遥かに幸福な趣味と思ってます。でも一方でオーディオに手間もかけるしお金も遣う自分が確かに居ますね。スピーカーはPL100ですし、LINNのDSいじくって、ああでもない、こうでもない・・・とやってますから。ただし、精神的に緩い状態でやってます。震災でPL100倒れても、あまりショックに思わなかったし。雑誌や一部のショップで展開されるハイエンドな世界に伍してゆけなくても、全然悔しくはないんです。それは、オーディオが或る意味タイムマシンだからだと思います。どんなに大枚はたいても、マイルスは生き返らないし、Return To Foreverの初期メンバーは揃わないでしょう。それなのに演奏当時、観客があっと驚いた名演奏が、自分の装置で繰り返しこうやって聴くことが出来ている。もう、目的は達しているし幸福は手に入れていますから、audiofanさんのおっしゃる「格闘」ってのはよく解らないですね。

やっぱり同調しませんでした。ごめんなさい
    • good
    • 0

 私は,中級オーディオしか持っていないので,あくまでも私見ですが,オーケストラの生の演奏自体も,ホールによって大きく異なります.楽器を,なさっていたとのことなので,ホールによる音の違いのような点には,あまり気になさっていないのではと思います.


もっとも,楽友協会のような良いホールでの演奏にはすばらしいものがあるとおもいますが.
多分,audiofanさんの好みは,リスニングルームで,目を閉じると,あたかも,自分がコンサートホールにいるかのように,感じたいということだと思います.
さすれば,追求されているのは,オーケストラの各パートがあるべきところにあるように感じるということでしょう.
楽友協会での録音が,東京文化会館での再生であっても,自分がコンサートホールにいるという実感を,感じられたいのだと思います.
 となると,高音と低音の音の位相がそろっているということが,極めて重要になるのではないでしょうか?
これを,満足させるには,同軸2Way,仮想同軸2Way(1個のツィータを中心に縦に中低音部を対象に配置したもの),もしくは,フルレンジあたりを視聴されてみてはいかがでしょうか?
この場合,ツィータを耳の高さにそろえることが,重要だと思います.メーカーによるスピーカーの音色についてはお好みでということになるかと思います.
多分,スタジオモニター系のスピーカーが満足されるのではないでしょうか.一般のリスナーには雑音となる楽譜をめくる音までわかれば,最高なのではと察します.
 それから,中級オーディオでも,ケーブルで,音は大きく変わります.私は,スピーカーケーブルには,一本のケーブルの中に絶縁された電線が4本入っているスターカッド(star quad?)線を用いています.
ケーブルの切断面を正面から見たときに,左上と右下のペアを一本により合わせて+に,右上と左下のペアを一本により合わせて-に,接続します.+ラインと-ラインで発生する磁界の中心が一致するので,余計な磁場が出にくいようです.
あまり経済的余裕がないので,数百円/mのケーブル(オーデオテクニカ製)をバイワイヤリングして使っていますが,私見としては,接続の手間は面倒ですが,価格の割には,音は良いようです.ご存知かもしれませんが,以上ご参考までに.
    • good
    • 0

もと専門家です。


前回の質問と回答をあわせて読ませていただきました。
「いい音」に対する真剣な思いが伝わり、懐かしく、蛇足ながら参考意見を述べさせていただきます。
「いい音」は、とても言葉では表現できない主観的な要素が大きいのですが、コンサートホールの音、深みのある音を求められるなら・・・
低音の量感は不足していませんか?低音(特に50Hz以下)の再生はオーディオシステムでsp・cdとも設計から切り捨てられがちなところです。ところがこの耳に聞こえない辺りの音が、いわゆる音場感に深い関わりを持っています。音楽は体全体で聴くものだからです。しかもampの負担が非常に大きい。これを実現するにはspとampの価格バランスでampは少なくとも10倍はかけないと音場は出てきません。(またはマルチで)逆にプアなspでもいいampで鳴らすと解像度はともかく臨場感は出てきます。
高域の反射については部屋の四隅(天井)に吸収材をして下さい。部屋の中で本棚などの箱状のモノには遮音処理(カーテンなど)をして下さい。sp前面の床は反射させないこと。
最後に位相について。電気再生の最大のジレンマが位相だと思います。位相のそろった音のすごみはs/nなんか吹き飛ばします。
音の位相はシステムspでは各ユニットの位置関係は変えられないので、メーカーの設計上の位相距離があるはずですから問い合わせて下さい。
そして位置を動かしたspはそこになじむまで6ヶ月はかかるものと思って下さい。大変に気の長い話ですがオーディオはそういうものです。電気特性だけならスイッチオンでOKですが、振動特性はsp自体が振動しながら他に影響を及ぼして行くからです。あまりちょくちょく動かすのは現代の電気特性偏重オーディオの呪縛にとらわれていることになります。ゆっくりのんびり調整して楽しむことが大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

造脂の深いお便りありがとうございます。
大変感じ入るものがありました。
位相の調整ということは、やはりmeroさんはマルチシステムを組まれているのでしょうか。既製品の音では限界があるような気がしてきました。(ネガティブな意味ではなくて)オーディオをさらに自由に使いこなすということは、高級品を大切に飾りながら、ながめることではなくて、たとえ3万円のアンプでも、フタをとって、「どれどれ、中には何が入っているのかな?」と興味をもつこと、合わせて専門的な知識が必要ですね。オーディオ機器を素材と見て、自由に料理することこそ最高に楽しいことなのでしょうね。感動いたしました。
10倍の価格のアンプがもたらす臨場感の夢を今は見ています。
おっしゃるように、別室で駆動しているsolidというペアで4万円のspを
ちょうど10倍のアンプで鳴らしているのですが、これは確かに
溜飲の下がる音がします。
Wilsonでも同じ図式が成り立つわけですか・・・・。
泣けて来ますが、経験者のお言葉、胸に刻み込んで励んでみたいと
おもいます。

お礼日時:2001/10/18 01:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーオーディオ ツイーターのホワイトノイズ対策

ツイーターのノイズ対策

別の質問で得たヒントを元に、現在検討中です。
現在、カーオーディオのスピーカーを2Wayマルチアンプで組んでおりますが、ツイーターから無音時だろうとボリューム の大小にかかわらず、一定音量のホワイトノイズが発生しております。

電源周りやアースや配線の対策はやり尽くしたと仮定し、後は機器の故障を疑う前に、ツイーターにノイズカット用途のフィルムコンデンサを並列に入れてみようと思います。
そこで、まず試すとしたらコンデンサの容量はどのくらいの値から試すと良いでしょうか?
完全DIYで、一般的な工具は一通り持っておりますが、オシロスコープの様な専門的な機器は持っておりません。電子工作自体は問題無いですが、ノイズフィルターとしてのコンデンサの選び方は無知です。

困ってます。何卒アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

コンデンサーは「ノイズ」か「信号」かなんて判断はできませんから、SPと並列に居れれば周波数の高い信号をどんどんと自分経由で流してしまいます。

ホワイトノイズという事は高周波も低周波も含んでいる訳ですから結果としてツイーターから出るべき高い信号が届かずに低い周波数のノイズだけが聞こえるという事になります。

まずはアンプの出力に最短でSPを接続してノイズが出ているのか、エンジンを回さないで常時ONから電源を引いて動かしてみて電源や発電機からのノイズかどうかなど、どこでノイズが出ているのか突き止めるのが先です。

QDVDオーディオとスーパーオーディオCD

今CDに変わるオーディオメディアとしてDVDオーディオとスーパーオーディオCDが戦っていますが、今のところどちらが優勢でしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。 NNRさん。

 「今CDに変わるオーディオメディアとして・・・・」 この文面には「嘘」があります。 【DVD・AやSACD】は決してCDに取って代わるメディアになれないでしょう。  LP(アナログディスク)がCDに代わった様には 決してなりません。 理由はカンタンです。 CDに『不満』が無いからです。  「一般の方々に」ですが・・・ 数が売れなきゃ DVD・AやSACDが CDの様に一般的なモノにはなり得ません。  

 チョッと脱線気味の話題からでスミマセンでした。  どちらが優勢?と訊ねられれば SACDでしょうとお答えします。 大差は無いと思いますが・・・。  SACDは2chが主体ですから 今のシステムへの導入が簡単に出来ますし SONYは ソフトも作れる巨大な企業ですから。  DVD・Aに無理があるのは 当初から「マルチチャンネル」に主体を向けてしまった事が原因と思います。 AV環境(マルチスピーカーの環境・アナログマルチ入力及びマルチアンプの環境)がなけれな 導入が難しく DVD・Videoのプラスα的な DVD・Aの位置付けでは 発展はしていかないでしょう。(一般の方々には・・)  

 私は数枚所持しているDVD・Aのハイサンプリングのソフトが好きです。 【2ch192kHz24biT】ってヤツです。 対応のプレーヤーはP社の安物ですが ソフトの持つ「凄さ」は実感できます。  

 ソフト的な発展にはあまり期待が出来ませんが・・・  ハード的には双方とも「一般化」していくでしょうね。 低価格のDVDプレーヤーにも DVD・A対応は当り前になって来ていますし SONYでは CD専用機が姿を消していく傾向のようで これまた「SACD再生可」が普通になって来ていますから。 そして 双方とも 「ミニコンポへの導入」がスタートしてきています。 ユーザーはその本来の素晴らしさを知らずして 買ってしまうのでしょうね。  あー 情けなや・・・・・

   

 こんばんは。 NNRさん。

 「今CDに変わるオーディオメディアとして・・・・」 この文面には「嘘」があります。 【DVD・AやSACD】は決してCDに取って代わるメディアになれないでしょう。  LP(アナログディスク)がCDに代わった様には 決してなりません。 理由はカンタンです。 CDに『不満』が無いからです。  「一般の方々に」ですが・・・ 数が売れなきゃ DVD・AやSACDが CDの様に一般的なモノにはなり得ません。  

 チョッと脱線気味の話題からでスミマ...続きを読む

Qホワイトノイズ

今、大学の研究でホワイトノイズを扱うことになりました。データ数200で、プログラムでホワイトノイズを
作成したのですが、これが(この作成したホワイトノイズ)が本当にホワイトノイズ
といえるかがわかりません。
よくパワースペクトルが例にありますが、
どのようにしたら、ホワイトノイズである
ということがいえるでしょうか?
ご教授願います。

Aベストアンサー

ホワイトノイズとは全ての周波数成分を同じ強さで含む信号のことです。
ですからパワースペクトルが一直線ならホワイトノイズです。(現実的には高周波でパワーが落ちるが)
ちなみにインパルスも同様の性質を持ちます。

QWindows Media オーディオ ファイルをCDオーディオファイルに

お世話になります。
過去の質問も一通り見てきたところですが、わたしの質問と同じ内容のものを見つけることが出来なくて質問させていただいております。
Windows Media オーディオ ファイルの音楽をラジカセなどで聴くことが出来るようなCDを作る場合には変換ソフトなどが必要なのでしょうか?
OSはXPです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だから、それで変換してCDに焼けるんですけど。

書き込む前にWMP10なら、右上にある書き込み形式がオーディオCDとなっている事を確認してください。

で、どこら辺がわからないのでしょうか?
補足よろしく。

Qホワイトノイズ対策について

MMGVDA-100と言うUSBオーディオアンプを使っています。
サーと言うホワイトノイズが多く難儀しています。
アンプ自体の出力が大きいですので全体的にレベルを下げて
ホワイトノイズそのものを気にならない程度に抑えたいと思っています。
アッテネーターを抵抗などで簡単に安く自作出来ますでしょうか?
スピーカーはJBL CONTROL1(4Ω)です。

Aベストアンサー

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因は、

 1) EMIに代表されるように、電磁的なノイズの影響
 2) 音声データの 【 有効桁 】 のビット落ちの問題

この二つがあげられます。
但し、今回の件では、最も疑われるのが、2)の “有効桁落ち” です。

というのも、D級アンプ であるが故に、その最大の特徴である ヒート
シンク無しでも、簡単に 大出力 (4Ω負荷、16W) が 得られると
いうことが “災い” し . . . . .

> アンプ自体の出力が大きいですので
       ・
       ・
       ・
着眼点:
 アンプに 『 余裕 』 があるから、まだまだ 『 下げる余地 』 が
 あるのではなくて、

問題点:
 もしろ、出力が大き過ぎるので、やむなく Windows 側のボリュームで
 音量 を下げていませんか?

 だから、『 有効桁 』 が落ちてしまう のです。
 → 結局は、S/N が非常に悪化し ノイズが増えてしまう。

解説:
 Windows 標準の USBのサウンド・ドライバーを使用されていると
 推測しますが、この場合の “PC” と “サウンドカード” との
 インターフェースは、
  ・Type I フォーマット
  ・Type II フォーマット
  ・Type III フォーマット
  ・MIDI フォーマット
の4方式のいずれかで行われます。

このうち 音声データを扱うのは、前者の三方式だけであり、圧縮の有無の
違いはあるものの いずれの場合でも、音声信号は “リニア” 即ち
“固定桁” による ビット表現となります。

したがって、例えば CDを聞くことを考えてみます。

もともとの有効桁は、16ビットあります。
しかし、音量を下げると、やむなく 有効桁 が 【 削ぎ落とされて 】

有効ビット数が 8ビット、7ビット、6ビット、 . . . . . へと、
好ましくない結果を招きます。
その結果が、今回のノイズです。 (S/Nが大きく悪化するので )

という訳で、umidnightさん の検討されておられる スピーカの直前に
アッテネーターを挿入するのは、良案かもしれません。

※理想的には、サウンド基板 の 回路パタンに 直接ナイフなどで
 切り込みを入れて、

 ・DAコンバータの出力 と
 ・D級アンプの入力

この間に ボリュームを挿入ができるとベストです。
( 私なら そうします )

あと、選ぶべき アッテネーターですが、可変式を選ぶと かなり金額が
高くなる (※1)ので、固定値の抵抗を使用された方が 今回のケース
ではベストです。

※1:
 ノイズ対策のコストが、サウンドカードの値段を超えてしまうと、
 本末転倒なので . . . . .

最後になりますが、私は かつて オーディオに非常に凝っておりました。
その経験を踏まえて言うなら、今回のサウンドカードは あまりにも
出力が大き過ぎます。 ( 出力が、4オーム負荷で16W もある )

参考までに、私のオーディオの最後のシステムでは、4Way のスピーカを
自作し、マルチアンプ構成としました。
(各音域のスピーカ・ユニット毎に専用アンプを、別々に用意します)

そこでのトータルでの出力は、3000Wクラス ( 3千ワット )にも
及びますが、( もちろん、電源は 住居 とは別 )

それでも 通常の 音楽のリスニングでは、アンプの出力は、
僅かに 1W程度、ないしは せいぜい 3W 程度です。
→ ここが、ポイント!!

この事を踏まえるなら、このサウンドカード ( MMGVDA-100 )は、
出力が 大き過ぎます。 ( ボリュームが付いていないので )

という訳で、アッテネーターを入れて ノイズが減るといいですねぇ。

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因...続きを読む

Qカーオーディオで携帯用オーディオを使いたい。

私はアゼストの「DMZ635LP」というオーディオを付けているのですが
たまたまHPを見てAUXモードが付いてる事に気付きました。
HPを読んだのですが、良く分からないので教えて下さい><
接続の仕方として
「AUX入力RCAピンコードへ市販のコードを使用して携帯用オーディオを接続」
とあるのですが、そのRCAピンコードってどこに付いてるんでしょうか?^^;
オーディオ前面にはピンコードを挿すような所はありません。
どうやって使うのか教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

後ろについています。としか言いようが無いです。
メーカーのサイトに画像が無いので、オークションの画像から。

Yahoo!オークション - アゼスト(クラリオン) DMZ635LP 2DIN CD&MD CD-R/MDLP対応
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n60457005

Yahoo!オークション - アゼスト DMZ635LP 整備済み 作動保証 CDメカ新品
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/114272347

赤と白のRCAコネクタが二組あるはずです。(赤のラインと紫のライン)
どちらかがAUX入力です。

一回取り外す(引き出す)か、インパネの裏側から手を入れないと引き出せません。
RCAピンコードもかなり短いと思いますので、まず携帯用オーディオに対応したRCAピンコードを購入するのが先でしょう。

Qホワイトノイズとは具体的に何ですか?

現在、ノイズのことについて調べております。

ホワイトノイズや、ブラウンノイズ、ピンクノイズなどがあり、
wikiには「ホワイトノイズは全ての周波数で同じ強度となるノイズである。」と書いてあり、
他のページを見ると「音声に載るノイズ」というような事ばかり出てきました。

音に限らず、ノイズの形がすべての範囲で一定であるものはホワイトノイズなのでしょうか?
例えば、電子機器を用いてAを100回測定、Bを100回測定、Cを100回、Dを100回・・・・と測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差が、すべて一定の範囲内にある場合、ホワイトノイズと言ってしまって良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかということとは無関係のようです。

 これらのノイズは、回路素子の中の非線形要素や熱雑音、電源からのノイズ(交流電源としては50/60Hzの低周波ですが、デジタル回路には種々のスイッチング電源や高周波が存在するので、そういったものの影響)、周辺からの電磁波など、いろいろな影響があると思います。オーディオ装置で無音状態(入力がない状態)でボリュームを上げていくと「サー」とか「ブーン」とか聴こえてくる音です。「ブーン」はほぼ50/60Hz電源のノイズなので、「サー」の方を世間では通称「ホワイトノイズ」と呼ぶことがあるようです。(ただし、これは物理用語とは異なることに注意)
 この「サー」は、古い音源の場合は元々の音源の「録音テープ」に含まれるヒステリシス・ノイズであることもありますし、最近の音源であれば、録音機材に含まれる残留ノイズ(音源そのものに含まれるので、再生機器での除去は不可能)、再生機器で付加される電源ノイズや残留ノイズということであって、必ず何らかの要因があります。ただし、人知では切り分け・特定が難しい、ということです。ご質問の中にある「測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差」という「測定」に関する誤差とは、これまた切り離して議論しないといけません。

 質問者さんが問題にしたい「ホワイトノイズ」は、この「物理学」カテではNo.1に書いたような意味だと思いますが、どうなのでしょうか。学術的な議論に、Web上でググッた一般通称用語を持ち込むと、よくこういう混乱が起きます。注意して、用語の定義を明確にして議論しましょう。

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかとい...続きを読む

Qオーディオに詳しい方、オーディオ録音とPC録音の違い

音楽をCDRに焼いたり、HI-MDにダビングしたりして音楽を楽しんでいるのですが、最近疑問に思うことがあります。

PCからUSB経由でポータブルMD(HI-MD)にPCM録音またはHI-SPモードで録音していたのですが、オーディオ用のHI-MDレコーダーとCDプレーヤーを使って録音したものと聞き比べたところ、PC経由のものよりオーディオ録音のものの方が音質がいいような気がするんです。こうした現象は確実にあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

パソコンもMDもデジタルなので、アナログ(レコードやテープな音源(レコードやテープ)を録音しようとすると、1番の方がおっしゃるように波形がカクカクになって音質劣化します。
これは録音機器に搭載されているADコンバータの性能によって劣化の度合いが違います。


ただ、今回の質問内容はPCからMD、CDからMD(オプティカルケーブル使用の場合)と両者ともにデジタル録音をするということであれば、1番の方の回答はあてはまりません。

デジタルからデジタルの場合、通常は音質劣化が無いものとされています。
ただし、録音機器の特性で内部的になんらかの変換(圧縮など)が行なわれている場合は、音質劣化する場合があります。
MDはデータ圧縮をしているので、PC・CDどちらの場合もデジタル録音でも理論上、同率に音質が劣化します。

ただし、PCの場合は元の音源になるものも種類が色々あると思います。たとえばMP3ファイルなどはPCのHDDに取り込みをされた時点で圧縮がかけられており、元のCDよりもかなりの音質劣化があるはずです。
さらに、このMP3ファイルをMDに録音するとなれば、いったんファイルをデコード(解凍)したものを、MDへ録音してMD側でさらに再圧縮をかけているので、相当な音質劣化があるでしょう。

PCの音源にCDを使う、というのであればまた別の原因があるかもしれません。環境が詳しくわからないので、あくまで推測になってしまいますが…。

パソコンもMDもデジタルなので、アナログ(レコードやテープな音源(レコードやテープ)を録音しようとすると、1番の方がおっしゃるように波形がカクカクになって音質劣化します。
これは録音機器に搭載されているADコンバータの性能によって劣化の度合いが違います。


ただ、今回の質問内容はPCからMD、CDからMD(オプティカルケーブル使用の場合)と両者ともにデジタル録音をするということであれば、1番の方の回答はあてはまりません。

デジタルからデジタルの場合、通常は音質劣化が無いものとされて...続きを読む

Q何もないところでもホワイトノイズがあるのはなぜですか?

何もないところをスペアナで測定したとしてもホワイトノイズが検出されます。
またオペアンプでは、オペアンプ自身のノイズとは別にグラウンドからのホワイトノイズが増幅されてゲインノイズとして現れたりします。

これらのホワイトノイズというは、完全に消すことは出来ないのでしょうか?
例えば導線を絶対零度にして導線にあるジョンソンノイズはゼロにしたとしてもこのノイズは消えないのでしょうか?
他に発生原因がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ホワイトノイズは電子の運動です。それをとめれば消えるはず…ほんとうの意味の死の世界?
これでは、測定系も死にます…

質問前半の問いは、たぶん、測定系ノイズ(測定系が外部(被測定物以外)の影響を受けている)と思われます。

Q秋葉原のビッグオーディオ?また、中古オーディオが買えるおすすめ店は?

以前テレビで、「秋葉原にビッグオーディオという大きなオーディオの店がある」と言っていたのを見た覚えがあります。ネットで検索してもそんな店はありません。
どなたか場所をご存知ですか?

あと、今中古のオーディオアンプを買おうと思っています。都内、神奈川県で、「中古オーディオ機器を買うならここがおすすめ」というところがありましたら、是非お教えください。

ひさしぶりに、オーディオマニアになってみようと思っています。

Aベストアンサー

それは、ダイナミックオーディオのことです。

秋葉やお茶の水に何店舗もあります。結構、良い物もありますので、お勧めです。

参考URL:http://www.dynamicaudio.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報