嘗てはジョージ・ワシントンやエイブラハム・リンカーンが会員であったという
フリーメーソンという現存の団体は、どういう仕事または社会的影響力のある団体なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

cliomaxiさんが「トンデモ」とおっしゃってましたが、これらトンデモについては


と学会「トンデモ本の世界」洋泉社と言う本があります。もちろんフリーメーソンについても書いてあります。
よかったら読んでみて下さい。僕は爆笑しました。
 フリーメーソンは、簡単に言うとはっきり言って親睦団体みたいなもんです。
 別に世界を闇で支配もしてないし、フリーメーソン300人委員会なる闇組織もないです。
 誰でも入れるそうです。なんでも入会金4万、年会費5千円くらいらしいです。
 メーソンについての発祥は歴史的にはよくわからない部分もあるらしいですが、現在の組織は特に怪しげなものではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
助かりました。

お礼日時:2001/10/14 03:24

モーツァルトなんかも会員だったそうですが・・・


“ユダヤ”と同様、世界を影で牛耳る団体。世界大戦や、大恐慌などは彼等が影で糸を引いています。
と云うのが、トンドモな解釈で、その手の本がよく出ていて鵜呑みにしてる人も存在しますが、先の方の回答が正しいと思います。
単なる親ぼく団体だったはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
昔『魔の山』に記載されているのを読んだ記憶があるのですが、現在も存在するということで……

お礼日時:2001/10/13 23:19

日本でいうところの、ライオンズクラブ(商工会のほうが近いかも?)の世界的な規模のものです。


大企業の社長や著名な政治家が会員として在籍しいてたり、秘密結社と紹介している辞書があることから誤解を受けているようです。
確か日本支部は見学が出来たはずです。

参考URL:http://www.butaman.ne.jp/~jklys/PLUS-ONE/sinsou/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。すっきりしました。

お礼日時:2001/10/13 01:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

商工会費」に関するQ&A: 団体職員って

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の力はどれくらい? 影響力はどれくらい?

例えばの話ですが、日本がもし世界から経済封鎖をされて、輸出入ができなくなり、物資も入らなくなった場合、何年くらい持ちこたえられるのでしょうか。
また、今現在、日本という国がなくなったら世界はどうなるのでしょう。
あまりにありえない話なのでバカバカしいかもしれませんが、
もしお答えできる方がいれば、推測で構いませんので教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

食料に関しては在庫が通常使用で6ヶ月分は在ると思う。
もちろん主要穀物についてです。米の備蓄も在ります。
ただし倉庫の多くは海岸近くの港に在るので災害に弱い。

緊急に食糧管理を徹底した場合は1年ぐらいは持ちます。
石油備蓄は3ヶ月と言われているので燃料制限が命令され
自家用車の全面禁止、電力制限つまり時間限定送電となる。

工場の操業制限が実行され電力、燃料、人材の損耗を阻止。
農地拡大に機械と燃料が投入され住宅の取り壊しが進む。
発生する大勢の失業者を農地に誘導し人力農作業に付かせる。

燃料不足を改善する為に材木の伐採が開始される。ご存知
の様に戦後大量に植林された木が伐採時期を迎えているので
量は在る。また取り壊した住宅の廃材も燃料として利用する。

同時に炭鉱が再開され採炭が1年後ぐらいから始まる。その間
は釧路炭鉱の採炭量を増大させ発電用及び鉄道用として使用。
炭鉱が再開されるまで何とか持ちそうです。

現実に政府が想定している国民生存期間は1年と推測します。
1年以内に持続した生存方法を構築するというつもりでしょう。
争いが起こらず団結すればひもじくとも生存は可能。

あまりにありえない話なのでバカバカしく、そうは言えません。
政府の政策による政府と民間の備蓄量は輸出入断絶を想定してる。

日本がなくなったら喜ぶだけでしょうね。日本企業は外国にも
あるんですから。

食料に関しては在庫が通常使用で6ヶ月分は在ると思う。
もちろん主要穀物についてです。米の備蓄も在ります。
ただし倉庫の多くは海岸近くの港に在るので災害に弱い。

緊急に食糧管理を徹底した場合は1年ぐらいは持ちます。
石油備蓄は3ヶ月と言われているので燃料制限が命令され
自家用車の全面禁止、電力制限つまり時間限定送電となる。

工場の操業制限が実行され電力、燃料、人材の損耗を阻止。
農地拡大に機械と燃料が投入され住宅の取り壊しが進む。
発生する大勢の失業者を農地に誘導し人力農作業に付かせ...続きを読む

Q世界に一番悪影響を与えている団体はなんでしょうか。

世界に一番悪影響を与えている団体はなんでしょうか。

また、日本に一番悪影響を与えている団体はなんでしょうか。

Aベストアンサー

脊髄反射で回答すると「全米ライフル協会」はどうでしょうか。
世界でもっとも影響力のある国、アメリカの首根っこを押さえている団体です。

あるいはちょっと変わったアプローチで「カーギル」はどうでしょう。
アメリカの穀物メジャーの一つ。世界中の穀物を牛耳っていると言っても過言ではありません。

いずれも世界平和という観点の真逆の活動を行っています。
まぁ利益団体なのでそれが当然なんですけど。

Q日本に一番悪影響を与えている団体、組織を教えてください。

日本に一番悪影響を与えている団体、組織を教えてください。

またその理由も述べてください。

日本以外の団体、組織でもかまいません。

Aベストアンサー

質問の字句を厳密に捉えると、悪い面と影響の大きさの掛け算になりますから、国内なら政府組織になりますね。
例えばオウムの様な弱小団体は、如何に悪の面が大きくても、掛け算の一方が小さすぎます。
国外を含めば米国政府で、僅差で中国政府かも知れません。
国内のニ位は創価学会かな・・・。

Q少子化の影響が労働力不足をもたらす時

少子化の影響が労働力不足を顕在化させるようになるのは、
いつごろの話なんでしょうか?
10年以内にはそういう状況になるのでしょうか?
そうなると、就職難という言葉は死後になるのでしょうか?

Aベストアンサー

私見ですが。

2000年の60歳以下の労働人口は約5860万人と推計されますが、2010年には約5420万人、2025年には約4930万人と推計されています。少子化の問題は60歳以上の人口比率が高まる問題もあります。大雑把に、上記と同じ年代で辿ると、労働力のうち2000年の60歳以上人口は約14%、2010年は約20%、2025年には約21%と推計されます。

もし現状の賃金制度が温存されると、社会保険負担の増加と相俟って、企業の労務費負担は急激に重くなります。収益面を別にしてコスト面で考えると、これを回避するためには、労働力の数を減らす、賃金を切り下げるのいずれかを選択することになります。

賃金を切り下げるというのは、現状の労働法体系では思っているほど容易ではなく、現実に経営悪化の状況が見えてこないとできないものですから、賃金を切り下げるような場合は事業の廃止・統合・譲渡などで要員数を絞り込むことと無縁ではありません。

つまり、直接であれ間接であれ、労働力の数を減らす方向で作用するということです。

一方、海外に生産拠点を移している企業は別として、本当に人手不足の国内企業は、労働力不足を予測して技術の導入・プロセスの見直し・システムの組み換えなどで、生産効率を高めるようにします。

いずれにせよ、生産性を高めようというプレッシャーが働くことになりますから、生産システムをハイテク化・高度化して必要な要員数を減らすようにするでしょう。そうなれば、今までほど人手は要らなくなります。となると、採用人数もかなり絞り込まれるかもしれませんから、就職難が恒常化する可能性もあります。

あまりにその状況が当たり前になると、そのことを表す言葉の価値が薄れてきますから、その意味では「死語」になる可能性も否定できません。

私見ですが。

2000年の60歳以下の労働人口は約5860万人と推計されますが、2010年には約5420万人、2025年には約4930万人と推計されています。少子化の問題は60歳以上の人口比率が高まる問題もあります。大雑把に、上記と同じ年代で辿ると、労働力のうち2000年の60歳以上人口は約14%、2010年は約20%、2025年には約21%と推計されます。

もし現状の賃金制度が温存されると、社会保険負担の増加と相俟って、企業の労務費負担は急激に重くなります。収益面を別にしてコスト面で考えると、これを回避するために...続きを読む

Q国際連合の今後の影響力についての質問です。

学校(高校)のディベートの授業で「国際連合の今後の世界に対する影響力は低下していく!!」という立場にたって討論を行うことになりました。そこで、それに関するホームページを見ようとしたのですがなかなか見つかりません。お勧めのホームページを教えていただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そのものずばりのサイトはなかなか無いですねえ。
イラク戦争における米国と国連の動きを調べてみたらどうでしょう。
米国の今後の外交戦略と、それに対する世界の反応が焦点になると思います。

参考URL:http://www.asagaku.com/donto/donto3/0330.html,http://www.asagaku.com/donto/donto10/donot1006.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報