よく書店で、「●●の経済学」とか「××の経営学」等、●●や××の部分に変わった言葉が入っているような本を見かけますよね?「お茶の経済学」とかそんな感じの。(お茶は例として挙げただけでそんな本が本当にあるのかどうかは知りませんが・・。)
 それで、そういう感じのタイトル、若しくは内容で、こんなのがある、という情報をいただけないでしょうか。私個人の勝手な見解ですが、変に金融入門、といったようなものを読むより、そっちのほうが経済を身近に感じられて面白そうな気がするのです。(といっても、きちんとした入門書等も読んではいます。難しいですけど・・・。)
 変なお願いで申し訳ありません。実をいうと、説明的な経済の本を読んでもいまいち面白みが感じられなくて、そのせいか読んだ内容をきちんと理解することができないでいます。言われればわかるんだけど、頭の中で消化しきれないというか・・。単なる馬鹿だと言ってしまえばそれまでなんですけど。ですから、ちょっと変わった視点で書いてあるものを読むのもいいかなと思ったんです。情報をお願いいたします。経済、経営、金融関連の本を特に探しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

   


  こんにちは! peitaさん!

   私の家は小さな店を経営してますので、たまに経済に関する本や
   実用本を読むことがあるんです! ホントたまにですが ・・・・・

   確かに入門書の中には、学校の教科書の延長線上にある感じがする
   本があり、無味乾燥なところがありますよね!

   私の数少ない読書経験の中で、印象深い経済に関する本といいますと


   ◆ 書籍名 : 間違いだらけの経済常識

   ◆ 出版社 : 日本経済新聞社

   ◆ 著者   : 岩田規久夫 さん

   ◆ 価格   : 1300円

   ◆ 発行年 : 1991年10月15日       です!


   今から10年前の本なのですが、バブル経済の崩壊から約2年ほど
   経過して出版された本です!
   確かに古い本なんですが、経済に関して 『 目からウロコ 』 的な
   内容が多くて、ホント 「 なるほどな ~ ! 」 と感心させられました!
   私が経済に疎いという事もありますが ・・・・・・ 。

   この本は題名からも想像する事ができると思いますが、皆が当り前と
   思っている経済の常識の落とし穴を、教授と質問者が会話形式で構成
   された本です! とても読みやすいですよ!

   例えば、

 【 高級ホテルのコーヒーが千円もするのは地価・テナント料が高いからか? 】

 【 年中渋滞しているクセに、高速( 首都高 )料金を上げるのはおかしい? 】

 【 コメの自由化は日本の稲作を滅ばすか? 】

 【 地球環境保護によるコスト増を消費者に転嫁するのはおかしい? 】

 【 社会保険料の企業負担が大きければ、従業員の負担は軽くてすむか? 】

 【 日本の貿易黒字は技術が優れているから? 】

 【 土地担保金融が信用膨張の原因か? 】

 【 日本企業は配当性向を高め、無償交付して株主に利益を還元すべきか? 】

   できれば詳しく書きたいのですが、とんでもない長文になりますので
   せめて目次だけでもと、一部抜粋させてもらいました!


   peitaさん!

   古い本ですから、数字に関しては現在と若干ことなりますが
   この本の内容はホントに感心させられる事が多いですよ!

   peitaさんは既に読まれているかもしれませんね!
   もし、マダでしたらどうぞ読んで下さい!
   古本屋さんかネット上でのオークションになると思いますが
   機会があれば、是非1読を!

   では! (*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪
      
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!なんだか、身近な内容で興味がもてそうですね!これなら読めそうだし、経済のことが理解できるかも!ぜひ探してみます。詳細までありがとうございました!あと、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/25 02:06

harpersferry-usaさんの紹介した「間違いだらけの経済常識」が改題、再編集されて、「嘘ばっかりの「経済常識」」講談社 文庫本 1996年12月16日発行 


となりました。私もこの本は一押しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文庫本ならなおのこと手軽に読めますね。ありがとうございました!ぜひ読んで見たいと思います。それと、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/25 02:07

ラテンアメリカ経済選書


マルクスエンゲルス全集
国富論など岩波文庫の経済関係

なんてところでしょうか。なお.マルエンは文語なので.古典文学になじみの深い方にはお勧めできますが.口語しか理解できない方は止めたほうが良いです。選集がでていますから.こちらが良いでしょう。
大学に入学して最初に読んだのがマルエンで.退職して最初に購入した本がマルエンです。だから.結構経済を知らなくても読めますが.文語でかかれていていることから.文語が理解できない方には向きません。
マルクスを薦めるのは.単に「数式を使っていない」ことが唯一の理由です。経済関係を目指す方は.一般に数処理関係がわからなく.現代計量経済についてかかれている数式の部分が理解できなくて.何を言っているのかわからない状態に陥る方が多くいますから。数学関係ならば.高等学校の数学を読み直すと大体理解できるかと思います。計量経済で使う数学なんて.入門程度は高等学校の範囲です。変数分離の熱力学方程式程度しか出てきませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高校の数学・・・やばいかもしれないです。変数分離の熱力学方程式っていうのがそもそもなんのことだかわからない・・。軽量経済の授業とったらついていけたかどうかですね・・。細かいことを色々教えてくださってありがとうございました!もっと精進しないと!あと、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした!

お礼日時:2001/10/25 02:03

中谷巌の痛快経済学(集英社インターナショナル)とかはどうですか・・・?


漫画でずばり「株」っていうのもあったです。
あと「経済ってそうだったのか会議」とかいうのなかったですか?
それぐらいしか思い浮かびません。すまんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中谷巌さんって有名ですよね。確かにいいかも。どこでも売ってそうだし、探してみます!ありがとうございました。あとお礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/25 02:00

漫画ですが・・「なにわ金融道」とか「課長島耕作」なんてどうですか・・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした!
漫画なら手軽に読めそうですね!探してみます。有名なものですし、すぐ見つかりますよね。ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/25 01:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国のGDPの経済成長率が6.9%で7%を割って大事件みたいな感じで報道されてますが、日本の経済成長

中国のGDPの経済成長率が6.9%で7%を割って大事件みたいな感じで報道されてますが、日本の経済成長率は1.6%なのにマイナスじゃなくて毎年ちょっとずつでもプラスだから良いよね。ちょっとは成長してると優しく見て貰えるのに、中国だと6.9%でボロッカスなのはなぜですか?

日本の1.6%と中国の6.9%のバッシングされないされるの分かれ目ってなんですか?

なぜ6.9%も成長率があって中国人が落胆しているのか理解出来ないんですけど。

なんで落ち込んでるの?

Aベストアンサー

iShares China Large-Cap ETF
https://www.ishares.com/us/products/239536/ishares-china-largecap-etf

このETFで去年の1年間のリターンが-11.9%。これは海外のファンドなので、正直です。つまり中国のGDPの経済成長率が6.9%というのはたぶんウソということです。おそらくマイナスかもしれない。

iShares MSCI Japan ETF
このETFで去年の1年間のリターンが9.3%。

Q歴史学をやってますが、経済の入門。

歴史学を専門にしています。
貨幣経済の基本など、
たとえば、日本でいうと江戸時代ぐらいに
貨幣を多く出せばどうなったか、
あるいは明治の松方デフレとは何か、
などを正確に理解したいと思います。

経済学、あるいは貨幣経済の、
異分野を専攻するものにも分かりやすい
入門書ありますか?。

Aベストアンサー

経済学というのは、その時代に応じて展開してきましたから、市場経済がなかった江戸時代について考察しようとすると、現代の経済学が依拠している前提とは異なるため難しいかもしれません。
で、貨幣について書かれた書物だと、フリードマンの書物が面白いかもしれません。これは、下手な入門書より面白いです。また、学問的な満足も得られるものだと確信します。数式にかかるところは、分からなくとも、貨幣とは何なのかについて考える端緒にはなります。
トミルトン・フリードマン『貨幣の悪戯』(三田出版会、1993年)

Q10兆円の経済対策??? そんな金があるなら消費税減税をやれ。

そう思いませんか? 

8%増税で、消費税による税収は11兆円から、18兆円。約7兆円の増収だ。10兆円の経済対策ができるなら、5%消費税に戻せるではないか?

10兆円の経済対策でリニアに金をつぎ込んでも、一部の者しか恩恵を受けない。

おごれるもの久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。
ーーーーーーーーーー
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBKCN0ZR080.html
 安倍首相は選挙テーマとして「アベノミクスの信任」を掲げたが、政策効果は疑わしくなっている。参院選で自民党は大勝したものの、市場では「(野党の)対案がないことで消去法的に選ばれてしまった印象が強く、アベノミクスが信任されたわけではない」(UBS証券・シニアエコノミストの青木大樹氏)との声も少なくない。

 では、何故、自民党が大勝したのか。りそな銀行チーフ・エコノミストの黒瀬浩一氏は、民主党(現民進党)への政権交代の反動が続いていると指摘する。

Aベストアンサー

そう思いませんか? 
   ↑
思います。思います。

せっかく上手く行きかけていたアベノミクスが
消費税8%でつぶれてしまいました。

失われた20年は、少し景気が上向くや
利率を上げては、回復の芽を摘んできた
日銀の愚策が原因です。

消費税増税は、それと同じ事をやったわけです。
全く、学習能力に欠けた政策でした。

千載一遇のチャンスを、目先の原資の為に
潰してしまいました。

今からでも遅くはありません。
御指摘の通り、10兆円も財政投資が出来るなら
消費税を減税すべきです。

はっきりいって、財政投資はあまり効果は
ありません。
投資が終われば元に戻るだけです。
それは失われた20年で経験済みです。

消費不況なのですから、消費税減税により
消費が増えることが期待できます。

Q【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中

【官政経済】日本は官政経済(国が市場経済に介入しているので資本主義経済ではなく、日本が批判している中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている)と言われて批判されていますが、日本は行政の役割分担がバラバラで各省庁が自分たちの都合が良い政策を打ち出して足並みが揃っていませんよね。

年金問題と非正規労働者問題、法人税の減税政策批判と雇用問題など福祉と雇用の担当部署どころか所管が違うので官政経済をやりたくても管轄が違うので各省庁のロードマップがバラバラで各省庁の政策の足かせというか間逆の政策を打ち出して足の引っ張り合いをしている状態です。

所轄の担当行政が違う各省庁が足並みを揃える政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?

今の日本の官庁の仕組みでは日本経済を良く出来ない気がしてなりません。

どうすれば各省庁が同じロードマップにのって未来に向けた1本の筋が出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

>中国の社会主義経済寄りの経済政策をしている
 それを『護送船団方式』と言います
  しかしバブル崩壊とともにその政策はかなり崩壊してます
 詳しくはwikiを
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B7%E9%80%81%E8%88%B9%E5%9B%A3%E6%96%B9%E5%BC%8F

>足並みが揃っていませんよね。
 それを『縦割り行政』と言います

>政治的な調整は出来ないものなのでしょうか?
 何度も改革を行い改善しております
 最も古く大きな物は『中央省庁再編』が有名です

詳しくはwikiを
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%9C%81%E5%BA%81%E5%86%8D%E7%B7%A8

 いつも思うが質問者の知識は非常に古い

Q西ヨーロッパ経済圏、北米経済圏、東アジア経済圏をランキングするとどうなりますか?

この経済がグローバル化する中で、経済力のある地域を地球上で探すと、西ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど)、北アメリカ(アメリカ、カナダ、メキシコ)、東アジア(日本、中国、韓国、台湾など)の3地域に絞られるのは間違いないと思いますが、今時点でGDPの大きさ順に順位付けするとどうなるかを教えてください。

Aベストアンサー

#1ですけど、ヨーロッパではなくEUならば、北アメリカのほうがGDPの規模は大きくなります。たぶんヨーロッパにはロシアとかウクライナとかの旧ソを含んでいるのではないかと。西ヨーロッパに限るのであれば、EUを比較対象にしたほうがいいかもしれません。また下のWikiによると東アジア3国(日中韓)を足すと、EUより大きくなる例のほうが多いので、北アメリカ、西ヨーロッパ、東アジアという比較ならば
北アメリカ > 東アジア > 西ヨーロッパ(EU)
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29


人気Q&Aランキング

おすすめ情報