衛星写真を合成して、いわゆる普通の世界地図(メルカトル図法)にしたものを、買いたいと思っています。特に、夜の写真のものを希望しています。ご存知でしたら、あわせて教えていただけますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

デジタルのものであれば、東京書籍より「Green Map 世界編」というソフトが出ています。

昼・夜の衛星画像がありますし、メルカトル図法にも対応しているようです。
(私自身、実際に使用したことはないので、自信はありませんが…。)

参考URL:http://www.tokyo-shoseki.co.jp/edu/gmw/gmw.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飛行機(模型、ラジコン)マニアで有名な(著名)人をご存知でしたら教えて下さい。

 飛行機(模型、ラジコン)マニアで有名な(著名)人をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中日ドラゴンズの山本昌投手、元中日の山崎選手とか。
山本投手は全国大会でも好成績を残しているそうです。

Q飛行機模型マニアの間でも有名な飛行機模型マニアの方をご存知でしたら教えて下さい。

 飛行機模型マニアの間でも有名な飛行機模型マニアの方をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三遊亭金葉、石坂浩二、中野D児(もとAV男優、バンドマンでもあります)なんか良く知られていますね。

私も飛行機模型(プラモ)が大好きで、模型歴はかれこれ35年になります。今はハセガワ1/48飛燕を製作中。

名前は忘れましたが、台湾人のジャーナリストで大のドイツ機ファンがいて、この前NHKのBSで特集やってました。(名前が思い出せない!)

Qミンハド空港の衛星写真

ドバイ近郊にあります、ミンハド空港の衛星写真を掲載しているwebサイトを御存知でしょうか?
もし、知っている方がおりましたらURL等を教えて下さい。

Aベストアンサー

ここのどこかにあるかと思うんですが、
定かではありません。

参考URL:http://earth.jsc.nasa.gov/sseop/efs/lores.pl?PHOTO=ISS006-E-35516

Qふたりの子供予想合成写真

昔、そんなのありましたよね。カップルがプリクラ撮ったら、生まれてきそうな子供の顔が合成されるの。今度友人が結婚するので、ネタとしてそれっぽいものつくりたいな、って思ってるんですが。デジカメとかの画像を元にそういうの作ってくれるようなサービスやってるトコご存知ないですか。

Aベストアンサー

頼むのではなくご自分で作ってみてはどうでしょう?
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se018550.html
かなり前に、このソフトの旧バージョンMAC版で遊んだことがあります。
簡単にモーフィングすることが出来ますよ。
静止画と動画両方出来ます。

いい加減に設定してもそれなりに出来ますが、きちんと設定するとけっこうリアルになりますよ。

ベクターで「モーフィング」で検索すると他にもいろいろあるかも?

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se018550.html

Q天体写真の合成について

星雲や星座等を撮影したとき、写真説明に「○枚合成」との言葉がでてきますが、合成の意味や具体的な方法を知ろうとしても、なかなか見当たりません。これから天体写真の合成を始めようとしているので、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
これはコンポジット合成法の事ですね。

ちょっと時代がさかのぼりますが、フィルムを使った写真についてまず述べます。

近頃はISO3200 とか 1600 なんていう高感度フィルムが簡単に入手できるようになり、かなり濃い発色が得られるようになりましたが、それでも小口径の望遠鏡撮影など、光の量が少ない場合や短時間露出では、画像は非常に薄い物となります。

ネガは色や明るさが反転して写るので、真っ暗な部分はスケスケに写ります。
従って、露出が少ない写真はほとんど何も見えないスケスケ状態になります。

恒星の写真は点にしか写らないので、まだいいのですが、惑星や星雲など広がりがある物を少しでもよく見えるようにする為に、同じ日に何枚も写真をとって、それを全部向きや位置を合わせてぴったり重ね、みかけの画像を濃くして引き伸ばし、きれいな写真を得る方法です。

近頃は、フィルムスキャナーで取り込んだ画像をパソコン上で重ねる事が出来るようになり、位置合わせが非常に楽になりました。

更に、デジカメで撮影して直接パソコンでこの作業を行う方法もあります。

当然、原理的に、流星など、一瞬の写真ではこの方法は使えません。

こんにちは。
これはコンポジット合成法の事ですね。

ちょっと時代がさかのぼりますが、フィルムを使った写真についてまず述べます。

近頃はISO3200 とか 1600 なんていう高感度フィルムが簡単に入手できるようになり、かなり濃い発色が得られるようになりましたが、それでも小口径の望遠鏡撮影など、光の量が少ない場合や短時間露出では、画像は非常に薄い物となります。

ネガは色や明るさが反転して写るので、真っ暗な部分はスケスケに写ります。
従って、露出が少ない写真はほとんど何も見えないス...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報