(彼女はかなりの身分に違いない。)
She must be of high-rank.

上記の英文なのですが、普通に考えると「of」をやめて
She must be a high-rank.としても意味は通ります。She must be a high-rank.の方が僕にはわかりやすいのですが、どうして「of」が使われたのでしょう?名詞の前に「of」をつけると形容詞になる、と聞いた事があるのですが、She must be a high-rank.は「of」がつくことでニュアンスはどう変わるのでしょう、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「of」は 省略できません。


MX-80さんの ”be動詞は基本的に「=(イコール)」の意味なので”は 半分正解で 半分間違っています。なぜなら、A dog is an animalとは 言えても An animal is a dogとは 言えないからです。 先ず、be動詞の補語について考えてみましょう。名詞、形容詞、前置詞を伴った名詞、時には 副詞が来ることもあります。high-rankというのは 階級や身分を示す語であって 人を示す言葉ではありません。形容詞でも ありませんね。ですから ofを付け加えることによって of high-rankは 形容詞的に働いているのです。

この回答への補足

つまり、(地位とかを表す)high-rankという名詞自体が人と直接結び付けられない語であって、だから人と結び付けようとするとき peason of high-rank (身分の高い人)にしたりof high-rankで形容詞的にする必要があるんですね? 似たような文で Time is of the essence.という文の of でも悩んでおりました。これも essence が time を示す言葉ではないため、形容詞的にする必要があるんですよね?きっと・・・

補足日時:2001/10/14 09:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい回答でした。非常に参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/14 09:52

LONGMANの辞書によると、このOFは、showing origin(from)に当たると思います。


彼女がそういう人と形容しているのではなく、出身が…ということですね。
意味は、通じるでしょうけど、She must be of high-rank
と言った方が、high-rankな人が言っているニュアンスで、上品に感じます。
それに、文面から、~に違いないと、推測が入っていますから、その人そのものを形容するのでは合わないと思います。自分がそう思っているなら、She is~と断じると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そう考えると意味が通りますね。確かにその通りですね。ちなみにこのセリフは源氏物語の光源氏のセリフです。

お礼日時:2001/10/13 12:14

be動詞は基本的に「=(イコール)」の意味なので、high-rank(


身分を示す概念)とshe(人、物)はbe動詞ではつなげない、だから of を使うんだと思います。あえて書くなら、
She must be a person of high-rank.
でしょう。high-rank を「高い身分の人」と解釈するのも可能かも知れないけど、ちょっときついですね。
「of + 名詞」で形容詞的用法が可能になります。口語的ではないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどなるほど、よくわかりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 12:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYou must be a good athlete to have run a mile in s

You must be a good athlete to have run a mile in such a short time.
この文の訳を教えてください。
なぜそうなるのか詳しく教えてくださると助かります!
特にto have runやin suchがよくわかりません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「あなたは、1マイルをそんな短時間で走っているほどのよい陸上選手に違いない。」

 「to have run ~」はその前の「a good athlete」を修飾しています。
  It is a train to take me home. (それは、私を故郷に連れて行ってくれる列車です)
  → It is a train which would take me home.

 これと同じように
 You must be a good athlete to have run a mile in such a short time.
 → You must be a good athlete who could have run a mile in such a short time.
と考えればよいでしょう。
 現在完了になっているのは、「過去に経験がある」(そういったよい記録を出したことがある)という「経験」か、「以前から(そして今でも)ずっと速く走っている」という「継続」を表わしているのでしょう。おそらく「継続」の意味が強いと思います。

「in such」は、「run a mile in a short time」(1マイルを短時間で走る)に対して、「これほどの短時間で」と強調するために「such」を付加しただけです。

「あなたは、1マイルをそんな短時間で走っているほどのよい陸上選手に違いない。」

 「to have run ~」はその前の「a good athlete」を修飾しています。
  It is a train to take me home. (それは、私を故郷に連れて行ってくれる列車です)
  → It is a train which would take me home.

 これと同じように
 You must be a good athlete to have run a mile in such a short time.
 → You must be a good athlete who could have run a mile in such a short time.
と考えればよいでしょう。
 現...続きを読む

Q和訳:There can be no man of worth but has a piece of singularity.

こんにちは、いつもお世話になります。

「原仙作 著:英文法標準問題精講」より、

There can be no man of worth but has a piece of singularity.
(P224)

語の品詞・用法のページに出てきた英文なので、butが関係代名詞という事が載っているだけで、和訳が載っていません。

興味深い英文なので、和訳を考えてみました。

piece of singularityだけは、「一風かわったところ、奇癖」と載っていました。

「一風かわったところはあっても、人するだけの価値はないだろう。」

で良いでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

man of worth=立派な人物

関係代名詞のbutは通常否定文のあと主格としてもちいられます
who dose not haveとおきかえるとわかりやすいです

There can be no man of worth who dose not have a piece of singularity.

canは可能性の意味です

つまり

一風かわったところがない立派な人物が存在する可能性はない
=立派な人はみな一風かわったところを持っている。

Qhave a high opinion of her の of

はどういう意味の of なのかわかりません。a opinion of her own のofとは違うような気がするのですが。

Aベストアンサー

NO.2です。

前回書き忘れましたが、have a high opinion of~は、「~を高く評価する」という意味の慣用表現ですので、今回の場合は、このまま of~の形で用いたほうが良いと思います(ただし、aboutの用例も見られます)。

my opinion of herの形でしたら、my opinion about、on、concerningなどが可能です。

QPlease be noted that to submit the test report is a part of ...

この文って文法的に間違ってますか?to submitではなくてsubmittingに直せと指摘されたのですが、私はどちらでもOKだと思ってたので、間違っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

bo notedを調べました。確かにbe advisedが主流であるものの、be notedも使われています。

please noteとplease be notedの差は、英語特有の謙譲表現である「相手の靴を履く=(相手の立場を中心に考える)」によるものと推測します。
例えば、日本語で「貴方のところへ行きます。」を直訳すれば「I will go to you」ですが、実際には「I will come to you」になり、相手が中心でそこへ自分が行く形になります。

これと同様にPlease noteであれば、この文章は自分が中心で他人に注意を喚起するもの。一方、Please be notedであれば、相手が中心で注意を喚起させられるという形になります。

That以下に関する部分で、もう少し詳しい解説を加えると、that to不定詞とした場合、thatが節を形成する接続詞であるものが指示代名詞と誤解され、さらにto不定詞が主語(名詞句の)ではなくthatを修飾する不定詞として誤解される可能性があります。
例えばPlease make sure that to be secured.(それが確保されていることを注意してください)という文章と構造的に紛らわしいと言えます。

しかし、添付HPの最終パラグラフ冒頭の文章にsaying that to....とでますので、完全にthat to不定詞は無いと否定出来ないと思います。但し、この文章でもto need god in to sink into a dreaming admirationと比喩による両者の対比を際立たせる文章なので、若干特殊な使い方と思います。

参考URL:http://www.bruderhof.com/articles/ToNeedGod.htm

bo notedを調べました。確かにbe advisedが主流であるものの、be notedも使われています。

please noteとplease be notedの差は、英語特有の謙譲表現である「相手の靴を履く=(相手の立場を中心に考える)」によるものと推測します。
例えば、日本語で「貴方のところへ行きます。」を直訳すれば「I will go to you」ですが、実際には「I will come to you」になり、相手が中心でそこへ自分が行く形になります。

これと同様にPlease noteであれば、この文章は自分が中心で他人に注意を喚起するもの。一方、...続きを読む

Qaccuse A of B の of と inform A of B の of は同じ

accuse A of B の of と inform A of B の of は同じですか? 同じような働きをしていますか?

Aベストアンサー

exordiaさんのお考えが正しいですよ。
accuse A of B の of と inform A of B の of は異なるものです。
前者は、いわゆる主格や目的格を表す用法のof で、the rise of the sun などと同じ。
後者は、単に、いわゆる関連性を示すだけで、I hear of it.と同じ。

ただ、GINIUSを見ると、ofの説明で、accuse A of B も、 inform A of B も同じものとしていますね。

実を言うと、これに関しては、今まで色々言われている説明よりも、ずっと分かりやすい、そして、本質的な説明が出来る。ただ、どうも色々な問題があり、ここでは書けません。本当は、結構簡単な区別なので、exordiaさんがご自分で考えられたら、分かるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報