二次関数の傾きと切片はどう考えるか。というレポートがでたんですが、いまいちわかりません。誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

察するにあなたは中学3年生でしょうか。


(間違っていたらすみません)
たしか中学3年のこのころに二次関数の導入に入ったと思ったので…。

手っ取り早いのでまずは切片について。
切片はy軸上(x=0)の点なので、x=0を代入してしまえば、求められます。

*** / は「割る」という意味です。***
傾きと言うのは(yの変化量)/(xの変化量)のことですよね。
つまり、(4,3)という点と(7,9)という点を通るグラフがあったとすると、
その区間での傾きは(9-3)/(7-4)=2となります。

一次関数ではグラフのどの二点をとっても、傾きは変わりませんよね。
しかし、二次関数では、試しに計算すれば分かりますが、傾きは常に一定ではありません。
だからある一点をきめても、次のもうひとつの点によって、傾きがかわったりします。
いちおう、点Aと点Bといった2つの点の区間での傾きなら(yの変化量)/(xの変化量)でいいと思います。
もし、点Aにおける傾きということを要求してレポートを出されているなら、高校の微分なのですが…。
まあ、レポートというからには、そうなのでしょうか。

一応説明しておきます。
点A(x1,y1)と点B(x2,y2)という二次関数のグラフ上の二点をとります。(x1<x2)
この区間での傾きはさっき言ったとおり、(y2-y1)/(x2-x1)となります。
点Aにおける傾きを求めたいなら、点Aから点Bまでの区間といわず、
点Aから点Aまでの区間での傾きを求めてしまおう、というのが
微分による傾きの考え方です。
「点Aから点A」というのがつまり、「点Aにおける」ということなのです。

試しにy=x^2(xの2乗)上の点A(2,4)における傾きを求めてみます。
点Bを都合上、x=2+hというふうにおいて
点B(2+h,4+4h+h^2)とします。
(yの変化量)/(xの変化量)より、
(4+4h+h^2-4)/(2+h-2)=4h+h^2/h=4+hとなります。
だから4+hというのが点Aから点Bまでの区間における傾きです。
しかし、点Aにおける傾きにするには点Aから点A、つまり点Bを点Aと同じ点にする必要があります。
点Bは(2+h,4+4h+h^2)でした。だから、h=0とすればいいのです。
したがって4+hにh=0を代入して点Aにおける傾きは4と求められるのです。
まあ、こんなところです。

説明が長くて下手ですみませんでした。
    • good
    • 0

「傾き」というのは、二次関数のグラフで放物線の接線の傾き、ということでしょう。

「どう考えるか」という言葉の解釈にもなりますが、
これは微積分の単元ですか?

「切片」は一時関数でも同じ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最尤法で回帰直線の傾きと切片を求めるには?

今回、業務で初めて回帰直線を扱うことになりました。

大昔に最小二乗法で回帰直線を描くプログラムを書いたのですが、今回はお客様より最尤法を適用できませんか?と言われています。
インターネットで調べてみたのですが、中々思うような情報を得ることが出来ません。

最尤法で回帰直線の傾きと切片を求める方法又は、プログラムが説明されているwebサイトや書籍はありませんでしょうか?
ちなみに、最尤法自身もあまり理解できていませんので、こちらの参考文献も教えていただけるとうれしいです。
統計については、初心者ですので、的外れであればご指摘ください。

Aベストアンサー

最尤法とは最も尤もらしいパラメータを求める方法です。
尤もらしい度合いを尤度といい、確率分布で表します。

簡単な例で、正規分布の場合

p=Aexp((f(x)-y)^2/2σ)
 Aは規格化定数、σは分散 f(x)は回帰式

あるyが与えられた時、その値が尤もらしいためには
回帰式f(x)のパラメータはなんですか?ということです。

与えられたデータの尤度が最大になるようにパラメータ
を計算しますが、通常は対数を取って対数尤度を最大化
します。この対数尤度は

 Σlog(p)=Σlog(A)-Σ(f(x)-y)^2/2σ
 Σはデータに対して取る

となり、定数項を除き、σが一定(データに依存しない)とすると
これを最大化するのは第二項を最小化することになり、通常の
最小二乗法と同じになります。

正規分布以外の場合にはこの限りではありません。これは
想定している確率分布に依存します。正規の場合には線形方程式
として解けますが通常は非線形の最適化を行ないます。

参考サイトを以下に挙げて起きます
http://hosho.ees.hokudai.ac.jp/~kubo/ce/IntroductionMle.html
http://www.is.titech.ac.jp/~shimo/class/doc/lec20021121.pdf
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc013/168.html

最尤法 回帰でググレば他にも色々でてきますよ。

最尤法とは最も尤もらしいパラメータを求める方法です。
尤もらしい度合いを尤度といい、確率分布で表します。

簡単な例で、正規分布の場合

p=Aexp((f(x)-y)^2/2σ)
 Aは規格化定数、σは分散 f(x)は回帰式

あるyが与えられた時、その値が尤もらしいためには
回帰式f(x)のパラメータはなんですか?ということです。

与えられたデータの尤度が最大になるようにパラメータ
を計算しますが、通常は対数を取って対数尤度を最大化
します。この対数尤度は

 Σlog(p)=Σlog(A)-Σ(f(x)-y)^2/2σ
 Σ...続きを読む

Q一次関数と一次方程式、二次関数と二次方程式の違い

ってなんですか?式の形だけの違いですか?


一次関数も一次方程式もどちらもグラフが直線になりますよね?

Aベストアンサー

一次でも、二次でも、関数 f(x) に対して
等式 f(x)=0 が(一元)方程式です。
文字を増やして y=f(x) とすると、
(二元)方程式になります。
普段「関数 f(x) のグラフ」と呼んでいるものは。
実は、方程式 y=f(x) の解集合をグラフで表示
したものです。

Q元の関数を区間[a,b]での傾きで割ると傾きが1?

長ったらしいタイトルで申し訳ありません。

f(x)という関数を考えたときに、この関数の区間[a,b]での両端を結ぶ直線の傾きはf(b)-f(a)/b-aです
ここで元の関数f(x)を[a,b]で両端を結ぶ直線の傾きで割る・・・つまりf(x)/f(b)-f(a)/b-aという式を考えると両端を結ぶ直線の傾きが1になるらしいのですが
いまいちよく分かりません

これはどんな関数でも言えることなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しまった、ミスプリ。
関数 f(x)/k の [a,b] での平均変化率は { (f(b) - f(a))/(b - a) }/k、
でした。

Q傾きと切片

初歩的な問題なんですが、傾きと切片はどうやって求めるのですか?
例)y=-2x+3
だったら切片はそのまま後ろの「3」ですよね。傾きはどうやって・・・?
お願いします。

Aベストアンサー

-2です。
y=ax+b のaを傾き、bを切片(正確にはy切片)といいます。
傾きとは、xが1増加するときのyの増加量のことを言います。
y切片とは、x=0のときのyの値を言います。
(いずれも一次関数の場合です)
求める前に、その言葉の定義を理解されたほうがよろしいかと思います。

Q回帰直線の傾きと切片の誤差

 エクセルで散布図を作成した後、近似直線(y=ax+b)を作りました。R-2値は0.999以上で非常に高い相関がみられたのですが、この直線の傾きと切片はどの程度の誤差を有しているのか知りたいです。傾きaと切片bの誤差の導き方を教えてください (それぞれの誤差をc,dとすると、a±c, b±dのような表現の仕方がしたいと思ってます)。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ごめんなさい、まちがいを見つけました。

誤:
r <- lm(V2 ~ V1,as.data.frame(xy))

正:
d <- as.data.frame(xy)
r <- lm(V2 ~ V1,d)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報