よろしくお願いします。
 うちの父の話しで、うちの父の兄弟は5人兄弟で、父は長男です。その下から3人は異母兄弟です。先に祖父が亡くなりその後後妻の祖母が亡くなりました。祖母が亡くなり財産(不動産)は後妻の長男の名義になってました。祖母が亡くなった後兄弟でうちの父が後を継ぐ事(不動産)約束になったのですが、後妻の長男が不動産の名義変更は1年くらい経たないと出来ないとらしいよって言ってたので後はそっちで手続きしてくれというので、とりあえず司法書士さんのところへいろいろと、うかがいに行ったんですが田畑は実績作りをしてからで他の宅地、山林なら所有権移転登記(贈与)できるよと言うので、その旨を後妻の長男へ伝えたところ、なんかまだ所有権移転(仮登記等)をしちゃだめだみたいな、ほんとに変な理由つけた返事が返ってきたり、周りからその後継ぎの約束を破るような事を言っていたとか・・・そうなるとうちの親がなんでだろ~と疑い始めて、こうゆう時は何か企んでたりするんでしょうか?
 それともおとなしく後妻の長男の言う事を聞いていたほうがいいのでしょうか?結局のところ贈与と言っても口約束で書面で約束してくれといってもだめで、仮登記もだめ。
 最初に父のすぐ下の弟(次男)も後継ぎになると言ってたけど結局金銭を貰って後継ぎやめたみたいです。うちの父も金銭貰って後継ぎ辞めたさせた方がいいのか、おとなしく言う事を聞いていたほうがいいのか、それとも父がいうように何か企んでいるのか・・みなさんのアドバイスや意見をおしえてください、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 a-kiさん、丁寧なお礼、ありがとうございます。



 私の見解はNo.4のアドバイスに尽きますが、Aさんの言動について、若干補足し忘れたことがありますので。

 「1番下の弟が当該不動産の一部をあげなければいけなくなるかも」、「所有権移転登記は兄弟全員の実印が必要だ」というAさんのご発言は、No.4でも申し上げた遺留分の問題と関係があると思います。
 要は、末弟の方が遺留分減殺の意向を示しておられることがAさんのご念頭にあって、遺留分放棄(民法1043条)の意思確認の書類に実印を押してもらおうとお考えだったのでしょう。遺留分をAさんの弟さん方が行使しないことが確定しなくても、Aさんから父上への所有権移転登記は可能ですので、悪意の有無はともかく、Aさんは法律を誤解しておられたのではないかと思います。

 「母が田舎にいないから」とのご発言は、お祖父様の相続の際に、農地に関して出たご発言であれば、相続による農地の所有権移転にも知事の許可が必要と誤解されたことに基づくのかもしれません(実際は、農地法3条1項ただし書7号により、許可不要とされています。)。

 よけいなお世話かとも思いますが、初めてのご質問のようですので、念のため。ご疑問がまだ残っておられれば、補足してください。ご疑問が解決されたのなら、回答を締め切ってくださいね。ご回答者の皆さんが、心配なさいますから(もしご存知のことなら、まことに失礼しました。お許しください。)。

 このサイトを利用して良かったとお考えなら、今度は、回答者として、悩みを抱えてらっしゃる皆さん方に協力してあげてくだされば幸いです。
    • good
    • 0

 詳細な補足をいただき、ありがとうございます。


 結論的には、Aさんが不動産の大半を取得しているという現状を覆すことは困難ではないかと思います。

1 お祖母様の遺産についての父上の相続分
 父上がお祖母様と法律上の(=市役所に届出済の)養子縁組をしておられない限り、父上には、お祖母様の遺産についての相続分はありません。
 Aさんは、お祖母様の相続人であるAさん以下の叔父様方3人での協議に基づき、移転登記を経由(=完了)されたのでしょう。父上に何の相談もなかったとしても、法的には何ら不当な点はありませんし、お祖母様の相続に関して、父上がAさんにお金を要求する権利もありません。
 お祖父様の相続の際に、弁護士は、「相続分を多くして欲しいと要求すべきだ」と父上に説明したのではないかと思いますが、上記の点をふまえてのことと思います。

2 「脅された」との点について
 強迫されてした意思表示は、5年以内であれば取り消すことができます(民法96条3項、126条)。
 ですから、お祖父様の相続の際に、父上が脅されて遺産分割に同意なさったのであれば、この同意を取り消せば、お祖父様が亡くなられた時点に遡って、遺産分割協議をやり直すことになります。この場合、お祖父様の遺産のうち、父上と「次男」さんはそれぞれ10分の1、その他の叔父様方はそれぞれ15分の4を相続分として持っておられることになります。
 ただ、「強迫」ありと認定されることは、まずないとお考えください。ご質問や補足にご記載の事実経過を拝見する限り、民法96条3項にいう「強迫」があったことをうかがわせる事実は見いだしがたいと思います。

3 「後継ぎの約束」の法的意味
 「後継ぎの約束」は、法的には、Aさんから父上への不動産の贈与(民法549条)にあたると思われます。
 口約束での贈与契約は、いつでも取り消すことができます(民法550条)から、Aさんが贈与を反故にしても、法的には何の問題もないわけです。

 ただ、口約束であろうと、贈与契約に基づき移転登記を経由すれば、履行が「終ハリタル」(民法550条但書)ことになり、取り消すことはできません。
 また、司法書士が「農地は実績作りが必要」と説明したのは、農地を贈与するには農地法3条1項に基づく知事の許可を取るのに必要だからだと思います。

4 今後の対応
 Aさんが、父上に、移転登記に必要な書類を送付してこられたのであれば、移転登記(仮登記ではなく本登記の)申請をされればよいと思います。
 ご説明いただいた「変な理由」を、Aさんの贈与取消の意思表示と評価できるかは微妙なのですが、贈与取消の意思表示はないと仮定すれば、宅地と山林について移転登記の法的障害はありません。「ダメもとで」というa-kiさんのご意見は、おっしゃるとおりだと思います。
 1年たたないと、とAさんがおっしゃる理由は、私にはよく分かりません。遺留分減殺請求(民法1031条)の制限期間が1年間(同法1042条)ですので、この1年間が経過し、Aさんがお祖母様の遺産を確定的に取得してからでないと、父上への移転登記ができない、と誤解してらっしゃるのかもしれません。しかし、遺留分の問題は、Aさんの弟さん方が問題とされてから考慮すれば足ります。現段階では、父上への移転登記の障害にはなりません。

 以上は、ご質問と補足を拝見した限りでの回答です。父上が今回の相続に納得のいかない思いを持っていらっしゃるのなら、弁護士に相談されるべきです。
 私の回答が何かのお役に立てば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

justinianiさん、詳しい説明をいただき、本当にありがとうございました。私達家族がどうゆう状況に置かれてるかが理解できてこれからやるべき事が見え、気持ち的にもスッキリしました。本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/15 00:35

 「後妻の長男」さん(Aさん、とします。

)が「何か企んで」らっしゃるかどうかは、現段階では判じかねます。補足をお願いします。

1 お祖父様とお祖母様が亡くなられたのは、それぞれいつか(昭和55年前後であれば、何月かまで補足をお願いします。)。
2 お祖父様が亡くなられた後、お祖母様及び父上のご兄弟で、遺産分割協議をなさったのか。その協議は合意に達して、移転登記を完了したのか。
3 今回問題となっている不動産は、すべて元々お祖父様の名義の不動産だったのか、それとも、中にはお祖母様がお祖父様からの相続とは別に取得された不動産があるのか。
4 Aさんがおっしゃった「変な理由」とは何か。

 なお、結論的には、おそらく、Aさんが、父上との「後継ぎの約束を破るような事を言って」おられたとしても、法的責任を追及するのは難しいと思います。上記の補足をいただければ、併せてご説明いたします。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
1 祖父が4年前で、祖母が3年前です
2 祖父が亡くなった時、父は弁護士に頼むとか言っていたんですが、Aさんから連絡がきて手続きはやるからって言ってきて、父は弁護士さんに一応は相談しに行ったんですが、結局のところはAさんが1人でしきって不動産は全部祖母に、金銭は半分は祖母に後は全員で割ったみたいでした、その時父は弁護士さんから祖母が死んだ時に相続の権利はなくなるから多少は多めに貰えるような事を聞いていたらしく、そしてAさんから色々書類が届き実印を押すところがあって、納得いかなかったらしく押印しないでいたところ、Aさんから連絡がきて何を言われたかわかりませんが、脅されて押印して返送したみたいでした。だから多分それで協議は合意に達して移転登記したものと思います。
3 不動産は代々のものなのですべて祖父の前からのものなので登記簿も閲覧したのですが祖父→祖母→Aになってました。
4 まずは私自身が民法の本を読んだことがあったので相続に関して相続税がちょうどかからない位の遺産があったのに、相続税取られたんですか?うかがったところ結構取られたと返事が返ってきたのでちょっと疑問に思ったところから始まり、後継ぐ条件には夫婦同居条件がありそのとうりにして所有権移転の請求をしたんですが、祖母が亡くなって兄弟で後を継ぐ人は不動産を受け継ぐという約束なのに、もしかしたら、1番下の弟が当該不動産の1部をあげなければいけなくなるかもとか、田舎の周辺の人からAが当該不動産に別荘建てるとか言ってたよ、と言う言葉が父の耳に入ったり、母も正式に名義変更したわけじゃないからたまには田舎を空ける事があったんですが、今度はその事で毎日(毎日ですよ)母が田舎にいないから名義変更はダメだとか、所有権はAの名義になっていたのに所有権移転登記は兄弟全員の実印が必要だとか、なんか段々話しがおかしくなってきてるような気がして、このような場合の父は法律的にも弱いたちばなのでしょうか?。おとなしく言う事を聞いていたほうがいいのか、変な事が起こるような可能性があれば父に後継ぎ辞めた方がいいよと言ってあげた方がいいのか、こうゆう事はめったに経験するものでもないし、経験豊富な人に意見をうかがってみようと・・また必要ならば早急に補足いたしますので、よろしくおねがいします。
 それと今現在司法書士さんに頼み不動産の1部の所有権移転の委任状を作成してもらい送ったところ、委任状は押印されて返ってきたのですが、それに毎日母が田舎にいないから名義変更はダメという手紙が入っていたんですが、それでも司法書士さんに移転の書類を作成してもらい、ダメもとでAさんに送ってみたらと父に言ってはみたんですが、どう思われますか?

補足日時:2001/10/14 03:13
    • good
    • 0

その財産がどのような経緯で、お祖母さんが亡くなられて後妻さんの長男の名義になったのかがよく分かりませんが、おそらく相続を原因とする所有権の移転登記を行われたのだろうと思います。

後妻さんの長男さんが、その田畑を耕しておられるのでしょうか。そうであっても、登記上の所有者は、後妻さんの長男なので、勝手に売却される恐れもあります。文面からすると、売却しないまでも、自分のものにしようとしておられるかもしれません。そのあたりは、事情がはっきりしないので分かりませんが、法律上の問題ですので、弁護士さんなどに相談されるといいと思われます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。やっぱり勝手に売却されるとか、そうゆうケースもあるんですね。弁護士さんに相談した方が良いいですね。もう少し皆さんの意見を待ってからそうします。ありがとうございました。

補足日時:2001/10/14 03:27
    • good
    • 0

こんにちは。



文面で見る限りは、後妻の長男さんがあやしいんじゃないですか?
>結局のところ贈与と言っても口約束で書面で約束してくれといってもだめで、
書面にできないっていうのは普通に考えればおかしいと思います。

その不動産はa-kiさんのお父様にとってどうしても欲しい(思い入れがある)
物ですか?
もしそうでないなら、さっさと遺産の取り分を後妻の長男さんに請求して
金銭でもらった方がいいのではないでしょうか?

この回答への補足

ご返事ありがとうございます。確かに自分自信もあやしいとは思うんですが、父にとっては会社も定年退職し、その場所が生まれたところでもあるので多少なりとも思い入れがあるみたいで・・良きアドバイスは無いものかと・・最後のご意見大変参考になりました。ありがとうございました。

補足日時:2001/10/13 17:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先妻の長男と後妻の長男の法的違い

子供5人(男2人女3人)を残して母がなくなり、その後、父が再婚して男の子が生まれました。後妻の子供が結婚するとき、父は長男として結婚式を行い、その時出席した先妻の子供たちは「兄弟」ではなく「親戚」という扱いでした。私(先妻の長男)はそれに疑問を感じて結婚式には出ませんでした。後に父親に正したら両方とも長男だといいます。後妻の子供は兄弟全体でみれば三男ともいえるのですが、法的な扱い(位置づけ)はどうなるのでしょう。例えば父親が亡くなった場合の相続権などの順位はどうなっているのでしょう。

Aベストアンサー

>その時出席した先妻の子供たちは「兄弟」ではなく「親戚」という扱いでした…

父は、現在の妻 (あなたの継母) に遠慮したのでしょうね。

>法的な扱い(位置づけ)はどうなるのでしょう…

父から見たら三男に間違いありません。

>例えば父親が亡くなった場合の相続権などの順位はどうなっているの…

父からの相続に関しては、先妻の子も後妻の子も父の実子であることに違いはなく、相続順位は全く同列です。

強いて違いを探すとしたら、先妻の子 5人のうち誰かがもし子も孫もいないまま亡くなって兄弟間で相続が発生したときは、半血兄弟 (後妻の子) は全血兄弟 (前妻の子) の半分しか相続割合がないことです。

Q親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とありますが、相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?



(2)遺留分の放棄と相続放棄の違いの理解

教えてもらったり調べたりした中でまとめました。
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。


遺留分の放棄というのはAが生きてる時に、A以外の人(相続人?であってる??)が、「俺はめんどくさいことには関わりたくないし、正も負の財産も全ていらん!!!」っていう時に家庭裁判所に申し立てればできるってことで、理解はあってますか?

これは何人か相続人が存在する場合のみに「遺留分の放棄」をしておくと上の例では、Dは受け取らない意思があるので、拒否できるってことなんでしょうか?

どういう時に「遺留分の放棄」をしておく必要があるんでしょうか?


(3)そもそも、相続人とはどういう基準で決まるんでしょうか?

 現在、親(母・父・子)の3人暮らしです。
 母方 → 叔母のみ
 父方 → 叔父・叔母とも他界
 こういう状態ですが、子である自分は父・母が亡くなった時に相続人が自分になるってことで理解はOKですか?


(4)父や母の負の支払いなどは子が面倒みないといけないのか?
 現在、父は破産宣告をして「弁護士費用・県民税や市民税などの住民税の延滞・他の人の借金」
 母は友人から借りた借金などがある(実際にあるのかどうかは何も話さないので不透明な部分がある)
 仮に、母も父も亡くなってしまう或いは亡くなる前でも、このような自分に一切関係の無い負の支払い の面倒をみないといけないのでしょうか?
 亡くなった時や、亡くなる前に面倒を見なくてもいいようにする方法はありますか?


■■■要するに自分が望んでいること■■■
1.誰が亡くなった時でも、その人に正や負の財産があろうとも「自分は一切受け取りたくない」
2.(4)にでもあるように父・母にはお金に纏わる事柄がたくさんあり、自分に一切何も降りかからないよ  うにしておきたい。
3.「遺留分の放棄」というのがあることを知ってから、「とにかく親であろうと自分と関係ない正や負  の財産」のことで、「遺留分の放棄」をすることで自分を守ることが出来るのであれば、即にでもし  ようと思ってますが、「遺留分の放棄」はどういう時にすればいいのでしょうか?
4.難しいことを考えなくても、亡くなった時を知ってから相続放棄をすればOK!なだけなんでしょう   か?
  この相続放棄は、亡くなった人が「自分(質問者)に○○を上げます」などの遺言があった場合のみ  すればいいんでしょうか?
  それでも、遺言などが無くても、現在3人暮らしなので、父・母が亡くなった時に相続放棄すればい  いだけなんでしょうか?



いろいろと家庭の事情から焦っている現状です。
あまり法律に関しては理解力も浅い方なので、出来るだけ簡単にご回答いただければ幸いです。

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とあり...続きを読む

Aベストアンサー

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるような形で贈与や遺言がなされた場合に、遺留分減殺請求権の行使という形で遺留分を相続することになると思います。
 遺留分の放棄は、遺留分減殺請求の対象となる贈与や相続分の指定等があっても、遺留分減殺請求権が行使できなくなる、というだけです。相続自体は通常通り生じます。したがって、遺留分を放棄していても、相続人となり、遺言などで相続分の指定がなければ法定相続による相続が発生します。
 遺留分の放棄は、相続開始(被相続人の死亡)の前であれば、家庭裁判所の許可を受けることにより、放棄ができます(民法1043条1項)。相続開始後であれば、遺留分減殺請求権を行使しないのであれば、遺留分放棄となんら変わりません。

 相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った日(自分が相続人であると知った日。同居の親であれば、亡くなった日でしょう)から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をします(民法915条1項、938条)。遺言が無くても、ご両親のどちらかが亡くなった場合には質問主さんは相続人になると思うので、相続したくないのであれば、相続放棄をする必要があります。

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるよ...続きを読む

Q父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟

父が養子縁組した人と兄弟関係を解消する方法。父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。どのような法的手続きを行えばよいでしょうか?私(独身)の遺産の五分の一を見ず知らずの他人に渡るのが理解できないので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>父が養子縁組をした方と兄弟関係を解消したいと思います。

 兄弟関係を解消する法的手続はありません。しかし、兄弟姉妹がご相談者の相続人になった場合において、その半血兄弟に相続をさせたくないと言うことでしたら、例えば、全財産を全血兄弟に相続させる旨の遺言をすればよいです。兄弟姉妹には遺留分がありませんから、その半血兄弟が相続をした全血兄弟に対して遺留分減殺請求をすることはできません。

Q自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くな

自宅として使用している場合は優先的な権利がありますか?先月に父が亡くなり、相続についてこどもである私たち兄弟全員で全て母が相続するという意見で一致しました。税金についても全額母が相続したとしてもかからない程度で、その点に関しても問題ありません。しかし、この先いつか母が亡くなった時、母の遺言などはなかった場合、自宅については同居しているこどもが持つ権利とその他のこどもが持つ権利については違ってくるのでしょうか。
実家は私の兄と母の二人暮らしです。わたしも含め、その他の兄弟は結婚して別の場所に住んでいます。長年の居住によって発生する権利もあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

共有物につては、当事者間で合意ができなければ裁判所に「共有物分割」を申し立てます。
この場合、物理的に分割できれば、分筆してそれぞれの権利になりますが、マンションとか分筆できない土地であれば競売にかけて代金をそれぞれに配当します。

共有物分割までは、占有している立場上占有者(質問の場合兄)が有利ですが裁判になれば皆等しく権利者です。

Q亡くなった母親が連帯保証をしていた弟の借金を長男の私が返済する義務があるか?

弟の借金の連帯保証を、亡くなった母親と弟と親しい友人がしていました。私は母や弟と遠く離れて住んでいたためそのことを知りませんでした。母親が亡くなって弟は商売に失敗し夜逃げをしてしまいました。弟と親しかったという友人がある日突然訪ねてきて、リース会社から厳しく取り立てられているから相続人である私に残債を支払えと要求します。実家の家と土地は弟が継いで私は外に出たため何も相続しなかったのですが支払う義務があるでしょうか。なお父親は母親より10年ほど前に亡くなっています。

Aベストアンサー

連帯保証債務は負債として相続されていきます。
母親の遺産を相続放棄をされていたなら払う必要はありませんが、
手続をしていないなら保証債務は引き継がれています。
債権者は取立の遣り易い所(資産がある)から請求していきます。

子々孫々まで引き継がれる連帯保証人制度は日本くらいではないでしょうか。
封建時代のひどい制度ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報