心筋酸素消費量の主な決定因子といったら何がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

脈拍数が上昇したり心筋の収縮力が強くなること(運動、薬剤、貧血や甲状腺機能亢進症などの疾患)。



末梢の血管抵抗が増加したり肺の血管抵抗が増加し、その結果として体血圧が上昇したり肺高血圧になったりすること(高血圧などの心臓の後負荷が増大する疾患、寒冷刺激、低酸素状態、肺疾患など)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。それではまた!!

お礼日時:2001/10/14 10:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人の薬の消費量

「日本人の薬の消費量は世界と比べて多い」とこの前TVで聞いたのですが、どうしてでしょうか?
どなたかご存知の方教えてください!!

Aベストアンサー

日本は外国(経済的に貧しい国)に比べ医療を受けやすい環境にある事。
また、薬局などで薬が比較的に安価で容易に購入できる事。
医療現場では高齢者の多くが、一つの病気だけではなく、いくつもの病気を抱えているため使用される薬が増える事。(老人人口が外国と比較して多い)
が外国と比べ薬の消費が多くなる原因だと思います。

Q関節リウマチの危険因子について教えてください。

関節リウマチの危険因子について教えてください。

糖尿病の危険因子は肥満などだと思います。
同様に脳梗塞の危険因子は高血圧などだと思います。

そこで関節リウマチの危険因子を知りたいのですが、
もしご存知でしたら、教えて頂けませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

危険因子とは発症の原因となるものという意味でしょうか?
リウマチは遺伝でリウマチになりやすい体質が受け継がれることがわかっています。ただしなりやすい体質であったとしてもすべての人が発症するわけではありません。
その体質を持っているひとがストレスや過労、感染症などの後的な要因が加わって発症します。

Q酸素解離曲線について

酸素解離曲線の概要がなかなか理解することができません。参考書を読んでも結構難しく、困っております。簡単に説明して頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

横軸がPO2(酸素分圧),縦軸がSaO2(酸素飽和度)のグラフですね。例えばPO2とSaO2が正比例のグラフだと、元々PO2が100mmHgでSaO2 100%からPO2が80mmHgに下がったとしたら、SaO2は80%に下がってしまいます。SaO2 80%というのは酸素5l位必要なことですので、そんなことでは困りますよね。それで、PO2が少しくらい下がってもSaO2は急には下がらないようにS字のようになっています。CO2が貯まったり、アシドーシスになると、右方偏位しますがS字のカーブ全体が右側に行くと、PO2が少し下がっただけでSaO2が下がりやすくなる=ヘモグロビンと酸素が離れやすくなる、と言うことです。

Q在宅酸素療法について

私の母親(89歳)が1年位前に肺気腫&慢性呼吸不全と地元の市立病院で診断
され在宅酸素療法を進められましたが、その時は母が拒否しました(私もその時の
医師の説明には立会いましたが)その後は登山用の携帯酸素を時々吸ってます
医師にもその事は話してあります先月あたりから母が酸素療法の事で医師から
話がしたいとの事でしたが今月医師の書いたメモ書きを母が見せてくれました
今度の受診日から酸素療法を始めますとの事が書いてあり説明しますので息子さん
も来て下さいとの事ですが、やっぱり受けた方がいいのでしょうか医療関係者並びに家族、知り合いで受けている方がおりましたらアドバイス等お願い致します

Aベストアンサー

在宅酸素療法(HOT)は、当り前ですが必要のない方には行いません。
以前受けられた際、酸素カニューラがお母様のお鼻に合わなかったようですが、鼻孔間サイズを変えてもらうとか、マスク式のものに変更して貰うとか、そういった対策も取れたのではないかと思います。(その痛みがあったことはDr.や看護師にきちんと伝えたのでしょうか?)

いろいろなメーカーが酸素鼻孔カニューラを作っていますが、各メーカーで形状が結構異なります。
私見としては、アトムメディカル株式会社製のもの(OX-20など)が違和感が少ないように思います。

現在、連続ではなくて スポットでの酸素療法で大丈夫のようですし、どうしても違和感があるようでしたら、酸素出口近くで呼吸するだけでも良いのです。

酸素が足りないと、身体の機能が低下しますし、他の病気にもなり易くなります。

普通に考えた場合、お母様は是非HOTを受けて頂いて、健やかに過ごして貰いたいです。
どうぞお大事になさってください。

Q高気圧酸素治療装置について

1つ目→圧力が上がると温度が上がるのはなぜ?できれば一般の人でもわかるような説明でお願いします。ボイル・シャルルの法則ではよくわからなくって…

2つ目→第二種装置のなかでどんな手術ができるんですか?できるだけ詳しくお願いします。

Aベストアンサー

通常、私達がが呼吸して取り込んだ酸素は、血液の中にあるヘモグロビンという物質と結合して体の各部位に運ばれ、そこで消費されます。このため、ヘモグロビン量に相当するそれ以上の酸素を運ぶことはできないので、体全体、あるいは体の一部分に酸素が不足した状態になっても、通常取り込んでいる量より多くの酸素を送り込むことはできません。この結合型酸素の他、血液そのものにも酸素は溶け込みます。この酸素も体の各部位で消費することができますが、通常の場合、溶解型酸素の量は結合型酸素の量と比べるとかなり少ないのです。しかし、液体に溶け込む気体の量は、その気体の気圧に比例して増えるという法則(ヘンリーの法則)があります。
人体の場合ですと、たとえば100%酸素の環境で3気圧まで気圧を上げたときの溶解型酸素量は、ヘモグロビンがなくても生命維持が可能な量だと言われています。
高気圧酸素治療は、治療装置内の圧力を2気圧~2.8気圧に上昇させ、その中で患者さんに酸素呼吸していただくだけで、患者さんの体の中には通常より多くの酸素が取り込まれ、いろいろな低酸素症を改善することができます。どの様な治療が出来るかですが、一酸化炭素中毒その他のガス中毒、脳梗塞や心筋梗塞、火傷や凍傷、腸閉塞、突発性難聴、脊髄疾患など、数多くあります。また潜水病などの血行障害や圧力障害などに起因する様々な病気の酸素治療を行います。以上、外科医からでした。

通常、私達がが呼吸して取り込んだ酸素は、血液の中にあるヘモグロビンという物質と結合して体の各部位に運ばれ、そこで消費されます。このため、ヘモグロビン量に相当するそれ以上の酸素を運ぶことはできないので、体全体、あるいは体の一部分に酸素が不足した状態になっても、通常取り込んでいる量より多くの酸素を送り込むことはできません。この結合型酸素の他、血液そのものにも酸素は溶け込みます。この酸素も体の各部位で消費することができますが、通常の場合、溶解型酸素の量は結合型酸素の量と比べると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報