交通事故(父が死亡被害者)加害者から自賠責請求の為死亡診断書が必要。加害者が死亡診断書の発行を依頼するに当って私の同意書が必要との依頼がありました。
文面を加害者にワープロで作成してもらおうと思いますが、法律では署名以外の本文に付いても私の自筆でなければならないという制約があるのでしょうか?
距離的な問題があり被害者の親族である私自身が病院へ出向けない為、同意書が必要になっています。どうか宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一般的には、ワープロとか自筆での同意書、契約書作成の規定はないと思います。



* 加害者側にワープロ作成してもらい、送付された文書に署名捺印する。
* 自分で、手書きなり、ワープロで作成して、署名捺印して、簡易書留で(念のため)送付する。

被害者側の保険会社からの特定の記入書類がなければ、

* 病院名御中に対し、
* 加害者(の名前、住所、電話番号などを記載し、)へ、
* 加害者の自賠責保険請求の目的のため、(保険会社の名前、住所なども記載するといいかもしれません)
* 被害者の死亡診断書を発行して下さい。とい旨を書き
* 本人naarndeさんの名前、死亡被害者との続き柄、住所、
* 署名・捺印

上記の項目が網羅されていれば、同意書として、通じるはずだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にしかも具体的内容でご教示頂き有り難うございました。

お礼日時:2001/10/14 16:27

この場合は、法的に、自筆でなければということは有りません。


署名も必要なく、押印だけでも有効です。
極端な場合、あなたが了承すれば、相手が既製品の印鑑を買って押しても有効です。
ただし、この方法はあまりお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございました。
「極端な場合」は私も避けたいと思います。

お礼日時:2001/10/14 16:36

 自筆でなければダメということはありません。

ワープロで作成した文章に署名押印で、何ら問題はありませんし有効です。自分の住所、氏名までワープロで印鑑だけ押印でも通用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き有り難うございました。

お礼日時:2001/10/14 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソフトバンクの松田選手は癖でよく目をつぶっていますが照明等がまぶしいか

ソフトバンクの松田選手は癖でよく目をつぶっていますが照明等がまぶしいからでしょうか?

わかるかたお願いします。

Aベストアンサー

照明に関係なく、まばたきはご本人の癖みたいですよ。
緊張すると出やすいタイプなのかもしれませんよね☆

Q死亡事故の被害者側ですが、加害者が弁護士を立てて・・・

死亡事故の被害者側ですが、加害者側が弁護士を立てて示談の相談を申し立ててきました。すでに郵送で賠償額は提示してきており、それに対する内容について話し合いをしたいと通知してきました。こちら側としては、どのように対応すればよいのでしょうか?  とりあえず話し合いに応じ、不服があれば申し立てをし、加害者側が不服を受け入れなければ、こちらも弁護士に相談すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

相手はプロですから、質問者様も信頼できる弁護士を探して相談されてください。
私も交通事故被害者の遺族です。
経験上、保険会社は最低の金額しか提示してきません。
それは何故かと言いますと、下記のとおりです。
『任意保険会社も無限に支払原資があるわけではありませんから、なるべく支払を抑えようとします。そこで、任意保険基準が裁判基準よりも低額になるのです。任意保険会社から提示された金額を公正なものと安易に考えないことが大切です。』

加害者の刑事処分は決まったのでしょうか。
被害者が示談すると民事で和解済みということになりますから、相手の処罰が減刑されることになります。
ですから、くれぐれも簡単に示談されませんように。

慰謝料や逸失利益の算定方法など、素人には難しく非常にわかりにくいですから、専門家である弁護士に依頼されることです。

※逸失利益とは「被害者が交通事故に遭わなければ得ることができたはずの利益」です。
 当人がいつからいつまで働くことができたか、その間にどれだけの所得を得ることができたか、その所得を現時点でまとめて受け取るとどれだけの金額になるかを算定し、そこから生きていたら必要とされた生活費を控除して利益を出すのです。

死亡事故の場合、弁護士報酬がおよそ一割程度かかりますが、それを差し引いても保険会社が提示した金額より高額になります。

「過失相殺」も重要です。
例えば、加害者側が「被害者に二割の過失がある」、過失割合が「加害者8:被害者2」の事故であると主張した場合、損害賠償金の総額から二割の金額が差し引かれることになります。
私の場合ですが、加害者側保険会社は最初、9:1を主張してきましたが、民事裁判を起こし、10:0にしました。

亡くなられたご家族のためにも、正当な権利を主張して適正な賠償金を受け取ることです。

相手はプロですから、質問者様も信頼できる弁護士を探して相談されてください。
私も交通事故被害者の遺族です。
経験上、保険会社は最低の金額しか提示してきません。
それは何故かと言いますと、下記のとおりです。
『任意保険会社も無限に支払原資があるわけではありませんから、なるべく支払を抑えようとします。そこで、任意保険基準が裁判基準よりも低額になるのです。任意保険会社から提示された金額を公正なものと安易に考えないことが大切です。』

加害者の刑事処分は決まったのでしょうか。
被...続きを読む

Qパソコンの画面がまぶしい どこをいじればよいのでしょうか?

パソコンの画面がまぶしくて仕方ありません。
XPなのですが、どこをいじればまぶしくなくなりますか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は、Fnを押しながら、 F6を トントントン と叩いて調節してます。

Q交通事故(業務上過失致死)を起こし加害者が被害者を死亡させてしまった場

交通事故(業務上過失致死)を起こし加害者が被害者を死亡させてしまった場合、
民事上においての損害賠償・逸失利益の実際の判例や、
刑事上においての実際下された量刑を知りたいのですが、
どこで知ることができるでしょうか?

サイトなどご存じでしたら、教えていただきたいです!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、裁判所のHPがあげられます。
これは無料ですが、直近三ヶ月の裁判例限定となります。
なので、目的の事件がヒットしない可能性があります。
http://www.courts.go.jp/saisinhanrei.html

次に、有料サービスとして「TKCローライブラリー」や「LLI」があります
利用には月額1万円くらい必要ですが、TKCは無料トライアル期間(10日間)があります。
なので質問にある情報だけが欲しいなら、これを利用してみてはどうでしょうか。
http://www.lawlibrary.jp/index.html

あと、法学部のある大学の図書館に行けばジュリストDVDなどで判例検索ができることがあります。

Q目が痛い、しみる、まぶしい オススメ目薬

ここ1~2ヶ月前から目の奥の方が痛かったり、外に出ると眩しくて風に当たるとしみたりします。右目だけです。最近は時々だった痛みがずっと続くようになり、先日眼科に行ったのですが何の問題もなく特に薬も出なかったのですが、しみるのと痛みでまぶたが開いてるような空いてないような違和感が出てきました。
市販の目薬でオススメがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

違う眼科で見てもらう方がいいですよ

Q交通事故加害者から診断書証明書を軽くする様頼まれましたが…

先日、自転車に乗っていた折に停車していたタクシーの横を通過しようとして、そのタクシーが開けたドアにタイミング悪くぶつかってしまい交通事故となりました。その場で警察に通報、救急車で病院に搬送されて処置を受けました。
翌日、知り合いの接骨院に通院先を変更してもらい、そこでの診断・整復の結果、怪我の程度は『指2本の骨折・全治3ヶ月』とのことでした。が、加害者本人からの「(免許証の点数の関係で)免許失効になるから加療期間を短くしてほしい」という希望により、加害者側へ提出する診断書の内容を『指1本の骨折・約3週間の安静加療』に変えてもらいました。
事故発生直後の相手の運転手さんの対応に誠意を十分に感じた(また、心情的にも少々同情してしまいます)ので言われた通りの診断書を作成してもらったものの、加害者側の保険会社に提出する段になって本当にこのまま出してしまってよいのか躊躇ってます。

実際の怪我より軽度に見積もって診断書を作成してもらった場合、慰謝料や治療費・休業損害の請求で不利になることはあるのでしょうか?
私は勤労学生なのですが、3ヶ月を経て完治するまではアルバイトを休むことになり無収入になります。もし3週間分の休業損害しか請求できないということになってしまってはさすがに困ります。不利になるのであれば提出前に書き直してもらうか、後日書き直したものを再提出しようかと思うのですが、再提出は可能でしょうか?

また、もう一つ質問ですが、私の勤めるアルバイト先は希望スケジュールを任意提出するシステムなので月によって勤務時間・収入に変動があります。事故前3ヶ月は収入が低く、今月から年末にかけて労働時間を増やそうと思っていました。この場合、事故3ヶ月前の平均値程度しか休業損害を請求できないのでしょうか? 可能ならば今後働く予定だった分(一月辺り11~13万円程度であり、常識的な範囲と思われます)を請求したいのですが…

ご回答を宜しくお願い致します。

先日、自転車に乗っていた折に停車していたタクシーの横を通過しようとして、そのタクシーが開けたドアにタイミング悪くぶつかってしまい交通事故となりました。その場で警察に通報、救急車で病院に搬送されて処置を受けました。
翌日、知り合いの接骨院に通院先を変更してもらい、そこでの診断・整復の結果、怪我の程度は『指2本の骨折・全治3ヶ月』とのことでした。が、加害者本人からの「(免許証の点数の関係で)免許失効になるから加療期間を短くしてほしい」という希望により、加害者側へ提出する診断書...続きを読む

Aベストアンサー

警察提出用の診断書と保険会社提出用の診断書は違うのが普通です。
警察提出用はあくまで見込み診断書なので、実際には毎月病院から発行される診療報酬明細書の内容を保険会社で精査して支払って行くことになりますから、ご質問者の懸念するようなことは起きません。

休業補償については、あくまで過去の実績に基づくものです。
今後働く予定だったというのはまず認められません。
これが認められては、いくらでも請求できてしまいます。
アルバイト先に何年も勤めていて、毎年のサイクルがあるのであれば、過去3ヵ月ではなく、一年の実績で考慮してもらえるように保険会社に依頼することはできます。(認められるかどうかはわかりません)

Q光 脱毛 目 まぶしい

光脱毛ですごくまぶしさを感じます。
そこでは、顔にタオルを掛けた上からサングラスをして施術をします。
私は、顔とサングラスの間のタオル部分から光が入り込んでくるんだと思っています。タオルなんて強い光を遮るほど遮光性があるとは思えません。
やるならむしろ顔にサングラスをかけ(目と顔の隙間をなくす)、その上からタオル(サングラスと顔のあいてる部分対策)をした方が、余計な光を遮ってくれると思うのです。
他のお店でも顔にタオルをかけサングラスをつけるのでしょうか?
あんな強い光を受けて、目が悪くならないか心配ですが、他の脱毛をしている皆さんはあまり気にしないのでしょうか?
お店で聞いたら、アイマスクを持ってくる人もいるということですが、対策はそれくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

以前から私も光を照射する脱毛を受けています

私が通う店舗ではタオルの上から遮光性のあるゴーグルをかけます
ゴーグルなので目の周辺に密着します
なので照射時には一切光を感じる事がありません
たしかにあれだけの光ですからサングラスでは隙間から光を感じてしまいますよね…

人それぞれに光の感じ方は異なります
質問者様がその光を不快に感じるようであるならアイマスクの持ち込みが最も簡単に出来る対応策かもしれませんね

回答というより意見になってしまいました
お互いスムーズに脱毛が進と良いですね~

Q傷害罪で罰金刑に処せられた後、その傷害が元で被害者が死亡した場合、加害

傷害罪で罰金刑に処せられた後、その傷害が元で被害者が死亡した場合、加害者はどうなりますか?

法定刑が懲役しかない以上、罰金を返金された上で、改めて刑事裁判を受けるのでしょうか。
それとも一事不再理でお咎めなし?

Aベストアンサー

すいませんが、問題文の前提として、罰金刑が確定している事が前提ですよね?

その場合、現在日本の刑事手続きでは再起訴は不可能です。

文献を参照します
※ここから※
また、傷害事件の被害者が判決後に死亡した場合、傷害致死で再起訴ができるかなど、審判の法的な可能性がなかった場合をどうするか。(中略)現に、わが国では、右のような場合、いずれも再起訴はできないというのが通説である
(刑事訴訟法新版 田宮 454頁参照)
※ここまで※

刑事訴訟法を学ぶ方なら田宮先生の文献は読んでおられると思いますが、一応。立法問題としては別として、再逮捕、再起訴はあり得ません。

Q眼科で光がまぶしいという症状を訴えることについて。

恐らく精神的なことが原因で光がまぶしいと感じる目の症状を眼科で訴えることに意味はあるのでしょうか。
精神的なことが原因だと思うのは、生理期間中に普段、精神的不安定なのがさらに悪化する体質なのですが、そうなると必ず目がまぶしい症状も酷くなるからです。(そういうとき、スマートフォンの画面を一番暗い設定にしてもまぶしくて辛いです。サングラスをかけてやっているくらいです。)



最近、目が悪くなり、メガネを購入するために眼科に行こうと考えていて、ついでにこの症状も訴えようと思いますが、どうでしょうか。

現在、私は10代です。

Aベストアンサー

光視症、角膜炎など、眩しいと感じてしまう病気があります。
早めに眼科に行って検査してください。
お大事に。

↓はまぶしいと感じる症状の病気の一覧です。
http://www.kyoya-ganka.jp/disease/list_15.shtml

Q加害者(被害者)とは?

例えば私(A)が、前方を注視して低速で車を運転していたとします。
そこに自転車に乗った人(B)が飛び出してきて、車にぶつかったとします。
損傷程度はA=車に軽い擦り傷のみ。B=重傷。

この場合、Aに安全運転義務違反がないと認定されたとして、法的にはどちらが加害者(被害者)とされるのでしょうか?
車が飛び出してきて、自転車の人が重傷を負ったなら立場は明白ですが。。

被害者Aの「被害」程度は僅か、加害者Bは自傷?により重傷。
こんな認識が成立すると思っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

加害者・被害者というのは民法と刑法では考え方が若干違います。

民法で考えると、過失相殺というのが前提になりますので、双方に過失があれば、どちらも加害者でどちらも被害者です。
たとえば、自転車が赤信号で飛び出して、自動車と接触した場合は、基本割合として、自転車80:車20となりますが、自転車は8割責任の加害者であり、2割責任の被害者です。
自動車からみれば、その逆になりますから、当然自動車側は8割分の被害を自転車側に請求できます。

しかし、刑法としては自転車側に怪我があった場合は、自動車側を自動車運転過失傷害罪の加害者として処罰の対象とします。
実際に処罰があるかどうかは、事故状況やその他によって、処罰を受けないこともありますが、加害者というのは変わりません。

もう一つ特殊なのは、自賠法です。
これは被害者救済を目的としたもので、怪我をしたほうを被害者、怪我をさせた方を加害者と法律で位置づけしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報