ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

実父が6月9日に交通事故で急逝しました。母と嫁いだ姉2人、そして長男で喪主の自分が相続人と思います。そこで相続の相談ですが・・・・
1)遺産は不動産も含めて6000万円程度と思います。どなたに相談したら良いですか? 司法書士ですか? 行政書士ですか? 費用はどのくらいが相場で、どちらが安いですか? 
2)母は寝たきりの要介護5でほぼ植物状態であるため、私が後見人となっております。この場合、遺産相続手続き上どうなりますか? 私が代わりに務め、遺産は母の口座ということになるのでしょうか?
3)姉2人のうち、一人は遺産相続放棄、一人は相続意思不明です。遺産相続協議書はどうしたら良いですか? また、いつまでに意思をはっきりさせ、手続きを行わなければいけませんか?
4)父の口座に振り込まれる配当などは、口座が凍結された場合どうなりますか?
何も分からない素人です。分かりやすく、御回答願えたら幸いです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずお父様のご冥福をお祈りいたします。



1)について
不動産の登記だけを依頼するのであれば司法書士さん、総合的な相続のサポートを依頼するのであれば行政書士さん(行政書士さんの専門外は各士業の方に依頼してくれます)が、いいのかなと思います。

2)について
お母様のために特別代理人を選任することが必要かと思います。司法書士さんや行政書士さんでも、特別代理人になってもらえます。

3)について
遺産分割はいつまでにしなければならない、という決まりはありませんが、銀行や郵便局の預貯金は相続の手続きをしないと凍結されたままになりますので、3~4ヶ月して少し落ち着かれた頃に、名義換えや払戻の手続きをなされば良いと思います。
預貯金の場合、金融機関にそのための用紙がありますので、それに全ての相続人が署名捺印すれば手続きはできます。どう分けるが話し合ったうえで、一人の人が代表して払戻を受けて分配する、というのが面倒ではない手続きかと思います。(分配する内容は書面で残しておかれた方が後々のトラブルにはなりませんね)

4)について
凍結されると原則として入金も出金もできません。配当金の振込依頼があっても、銀行は受け付けることができませんので、先方に一度戻します。先方からの連絡を待っていれば良いと思いますが、振り込まれるのが分かっていれば、振込先に連絡をして受取り方法を変えることも可能かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧にどうもありがとうございました。
良く分かりました。

お礼日時:2005/07/12 03:13

相続税について


5000万円+相続人の数×1000万円の非課税枠があります。
ご質問のケースでは非課税枠内の相続財産となりそうですので相続税はかかりません。

相続手続きについて
「相続放棄」と書いてありますが、家庭裁判所に相続放棄の申述を行うのでしょうか。
それとも単に「財産はいらない」という意思表示をしているだけでしょうか。
こちらならば「相続放棄」ではありません。

遺産(正の財産も負の負債も)は相続人全員の共有状態にあると考えてください。
これを法定相続分と異なるわけ方をするということであるならば、相続人全員での遺産分割協議が必要となります。

「後見人」というのは家庭裁判所に選任を受けて就任しているのでしょうか。
この場合には、成年被後見人である「母」と成年後見人である「質問者」との利益相反行為となりますので、別途家庭裁判所に申し立てを行って遺産分割協議のための特別代理人の選任を受けることとなります。
なお、この申し立ての際には遺産分割協議の案文が求められます。
「母」に不利となるような案文では認められないことがあると言えます。


さて、どうしたらいいか余計にわからなくなったかも知れませんが、一言で言えば、「司法書士に相談してください」ということになります。
不動産の登記は司法書士(弁護士も可能)しかできませんし、家庭裁判所への申し立ての書面等も作成してもらえます。

相談に行く場合には、
・権利書or登記簿謄本(登記事項証明書)
・市町村役場で発行してもらえる不動産の評価証明書
・わかる範囲内の自分たちの戸籍
これらを用意して訪問してください。

その上で、費用の見積もりを依頼すれば概算がわかります。
費用には登録免許税等の実費及び司法書士の報酬がありますので、それぞれ説明してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました。
司法書士に相談いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 03:16

概ねNO.1の方のとおりですが、



 5000+3人分3000万が、(つまり8000万円が)基本控除ですし、母の取り分50%には、全く課税されませんので、この相続には、全然課税されません。

 ですので、家裁に行って、協議書をだしたらいいと思います。

  あなたが、お母さんの面倒を見る約束で全部もらうという協議書をだしたらいかがでしょ。

  お金を凍結するのは、銀行です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/12 03:23

母が二分の一で 3000万円


貴方と姉一人で 3000万円ですから、1500万円が貴方の分です。

ただ 母が要介護5で誰かが責任を取るか、兄弟共同では物理的に無理があります。

もう一人にも相続放棄の話し合いをされて、責任を持って最後まで見る事が、お父様の心だと思います。

1 手続きは簡単ですから、協議書を作成して家庭裁判所に提出で済むと思います。裁判所を訪ねてください。

2 貴方が後見人ですから母の利益を(二分の一)損なわなければ、代理人としての義務があります。母の口座になります。

3 母二分の一 貴方と一人の姉に四分の一づつ。
父の死よりも一年以内

4 凍結される何か問題があるのですか。誰がするのですか。

相続税が子供にはかかります。20%
住宅には評価額に対して(約半分)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
姉に相談します。
しかし、姉ゆえに話しにくいですねー。

お礼日時:2005/07/12 03:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む


人気Q&Aランキング