屋上緑化があちこちで実施されており、何を目的としているのか自分なりに考えるのですが、
 1 緑化することで熱を貯めこむのを防ぐ(ヒートアイランドの緩和)
 2 CO2の吸収による温暖化防止

といったところでしょうか。そこで、2の目的はかないませんが、屋上を簡単な屋根で覆うことで同様の効果が得られないでしょうか。緑化ほどの経済負担もありませんし、世話もいらないとなれば根本対策とはならないまでも、応急処置として効果ありと考えますが、どうでしょう。専門家の方の意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>屋根で覆うことで同様の効果が得られないでしょうか



1の効果も難しいでしょう。

屋根を設置することで、ビルの内部への熱負荷は減少するでしょうが、熱を溜め込む能力はなく、結局排除された熱は、周囲へ放散されます。
このため、ヒートアイランド現象を緩和する対策とはなりえません。

あえて言えば、ビル内の冷房負荷が減少する分で、冷房機の室外へ排出する熱量も減少するので、効果がまったくないとも言えなくはないのですが。

ご指摘のポイントには含まれていませんが、屋上緑化の最も効果的な点は、そのビルへの空調負荷の減少効果です。
冷房だけにとどまらず、暖房時においても効果があります。
「放射冷却」という言葉をご存知でしょうか。
冬の早朝、晴天の場合に、空からの反射熱がなくなり、空に向かっている面の熱が奪われる現象です。
これを防止する効果がかなりあります。

屋上緑化は、天然の断絶材、遮熱材として見た場合の、省エネルギー効果は注目に値します。

屋上に屋根をつけた場合の、問題点としては

1.大きいビルでは空調の室外機置き場として屋上を使っているので、機器の廃熱の放散効率が下がる。

2.強風時に飛散した場合に、周囲へ多大な危害を加える恐れがある。

ですが、省エネの点から見れば望ましいので、屋上緑化とは関連付けなくても「遮熱効果」として「屋根構造」は検討に値するテーマではあります。

これでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よ~く分かりました。でも、ヒートアイランドは何とか解決してもらいたい問題の1つです。何かいい方法はないかといつも考えます。ありがとうございまいした。

お礼日時:2001/10/14 19:43

屋上を簡単な屋根で覆う。



やったことがあります。
その時は、雨漏りの原因箇所の特定が困難(既設が塗膜防水)だったために設計事務所と
相談して、「木構造の屋根なら構造強度に置いて問題は無いだろう」との判断で施工しました。

結果は雨漏りも止まり、夏場の屋上の焼けも緩和されて過ごしやすいとの評価を施主から頂戴しました。

この場合で気を付けたことは
:既設の構造上強度は大丈夫か
:新設する屋根自体の台風等に対する強度は十分か
:新設屋根裏の換気は十分か(熱や湿気がこもらないか)
:屋根を新設するにあたって、雨水排水系統の確保(樋が増える為)
この辺です。

結果としては、屋上の焼けによる暑さは緩和されましたので有効だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単な屋根といっても台風などの対策は確かに必要ですね。でも、新築のビルでは比較的容易なのではないかと思うのです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 23:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都市における屋上緑化について

こんにちは。
屋上緑化について質問させて頂きます。
屋上緑化は、実際に役に立つのですか?緑化といっても芝生のようです。壁面緑化は、ドレープのようで「いかにも」という感じなのですが。
効果は非常に微々たるもののように思えるのですが、塵も積もれば…なのでしょうか?
屋上緑化はどのくらいの地域で義務付けられているのでしょうか?
また、今後も義務付けは増加していくと思われますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

屋上緑化やビオトープは温室効果ガス削減以外にもその緑地を生息地とする昆虫や鳥の中継地になりますし、
壁面緑化は建物自体の吸収する熱を幾らか軽減してくれるので効果は微々たるものですが、ちきんと機能していると私は思います
またそれ以上に私が有用だと思うのは、それを見た人たちがそれを話題にして関心を持つと言う事ではないでしょうか?
地球温暖化に対する規範マニュアルのようなものはありませんし、作れないものだと思いますので、皆が少しずつ意識するような装置として役立ってくれればそれは意味のあるものではないかと私は思います
屋上緑化の義務化についてはあまり深く理解していません(ご免なさい)が政令指定都市では補助金が出る区もあるようなので補助金とランニングコストの調整具合で推移して行くのかなと私は思います
個人的感想ですが緑の多いところではゴミやタバコのポイ捨てが少ないように思います
少しでも綺麗になると良いですよね

Q壁面緑化について

学校の研究で壁面緑化を探しています。
探してるものの条件は
自然にツタが生えたものではなく
人工的に施工されたもので、
デザイン的に優れている(もしくは、きちんと管理されている状態)ものです。
場所は都内、神奈川県内です。
どなたか知っている方がいらっしゃいましたら
ご一報よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.mlit.go.jp/crd/city/park/ryokuka_tebiki/pdf_file/shiryo1.pdf
に、次の写真がのっています。
世田谷環境共生住宅(世田谷区)
ヤクルト本社ビル(港区)
銀座ギャラリーセンタービル(中央区)

施工方法の例でしたら、墨田区の壁面緑化見本コーナーが見れるようです。
http://www.city.sumida.tokyo.jp/~kankyou/ryokuka/okujo/hekimen/hekimen.htm

参考URL:http://www.mlit.go.jp/crd/city/park/ryokuka_tebiki/pdf_file/shiryo1.pdf

Q砂漠緑化の番組放送について

先日どちらかのテレビで、砂漠緑化の番組が放送されていたようです。過去にもいろんな特集があったかと思いますが、番組の中で緑化を防ぐ手立てとして「小さな土の塊」を日本から持っていき植えていたとのことです。この「土の塊」の詳細をご存知の方教えて下さい。
番組でもけっこうですので何か手がかりがいただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

自然農法研究家、福岡正信さんの考えた「種の粘土団子」という方法がとられています。
【種の団子】
身の周りにある木種子、生ゴミとして捨てられているスイカやかぼちゃなど、
野菜や果物の種を、粘土に入れて小さなお団子をつくり、
それを大地にまいていきます。
何百、何千という団子を大地に撒きます。

【自然に芽を吹く】
団子には土をかぶせることも、水をやることも必要がありません。
粘土に守られた種は、虫や鳥に食べられることもなく、
やがて根をのばし、根が地中の湿り気のあるところまで到達すると芽吹くということです。

【砂漠の緑化】
いろいろな種子を撒くことで、その大地にあった種子が芽を吹くという発想です。
中国砂漠、ゴビ砂漠でこの方法の緑化活動が続けられています。

【問題点】
現地の貴重な植物が絶滅するなどの植物の生態系が崩れること、
すぐに効果が現れないことが問題点としてあげられますね。
もっとも福岡氏は生態系よりも砂漠の緑化のほうが大事といっていますが。

余談ですが、我が家の庭に栴檀の大きい木があります。
この木は15年ほど前に鳥が運んできた種から大きくなったものです。
その木を見ていると鳥の運んだ木の種も環境がいいと、
大きく育つという自然の恵みをいつも感じますね。
福岡氏の取り組みの効果が早く出るといいでしょうね。

参考URL:http://structure.cande.iwate-u.ac.jp/china/silkroad/clayball.htm

自然農法研究家、福岡正信さんの考えた「種の粘土団子」という方法がとられています。
【種の団子】
身の周りにある木種子、生ゴミとして捨てられているスイカやかぼちゃなど、
野菜や果物の種を、粘土に入れて小さなお団子をつくり、
それを大地にまいていきます。
何百、何千という団子を大地に撒きます。

【自然に芽を吹く】
団子には土をかぶせることも、水をやることも必要がありません。
粘土に守られた種は、虫や鳥に食べられることもなく、
やがて根をのばし、根が地中の湿り気のあるところま...続きを読む

Qヒートアイランドの解決法

ヒートアイランドの解決法として、費用が掛からない対策法・経済利益のある解決法はないでしょうか。

ヒートアイランドの解決策として、
・都市の緑化
・モーダルシフト(車両運搬から鉄道・海上運輸へのシフト)
・省エネ設備の完備
・水辺の整備
・打ち水
などが挙がりますが、単に緑化したりするだけでは費用ばかりかさみ、経済発展の妨げになると思います。
根本的な解決法として、行政単位(打ち水・自転車を使うなど以外の事業的な取り組み)で、「都市開発を妨げない形」でなにかいい案はないでしょうか?

例として、モーダルシフトは排熱・排気ガスの軽減や渋滞緩和、事故減少などの観点から経済的にプラスになると考えたのですが、ほかの解決法に経済的利益も期待できるものはないでしょうか。

Aベストアンサー

「費用がかからない」と「経済発展」は、二律背反で同時に解決できるものではありません。極論しますが、経済発展とは無駄遣いをすることで実現します。節電や節水も経済を縮小する動きです。売り上げが減少する、デフレのようなものです。

費用をかけずにヒートアイランドを解決するのは、国民の大半が高地に移住し、そこで自給自足の原始的な生活をするしかありません。貧しくて、質素な生活に満足できる心を取り戻す必要があります。

「モーダルシフト」では、各家庭への配送が不可能なので、結局鉄道や港のない所へはトラックで輸送することになり、現状を変えることはできません。江戸時代のように、全国どこに行くにも歩くしかなかった時代に逆戻りする覚悟があれば、ヒートアイランドを解消できるでしょう。

Q都市の緑化計画は?

二酸化炭素を減少させる為に、都市を緑化する計画はあると思いますが、実際あまり動いてるように見えません。
所々ビルの外壁や屋上に設置している所もあるようですが、どなたかどれくらい計画が進んでるのか知ってらっしゃる方がいたら教えていただけないでしょうか?
また屋上などできる箇所すべて緑化してもあまり効果は期待できないのでしょうか?私としては、土地一画を丸ごと緑地にする等大規模な変革をして欲しいのですが、そのような計画はないのでしょうか?
興味はあるのですが、無知でお恥ずかしいです。
地球規模で今まで田舎だったところもどんどん発展していってビルが建ち並び、これからも増えていくと思うと地球から緑が減っていってとても息苦しいです。みなさんはどう感じますか?

Aベストアンサー

「屋上緑化」に限って話しますと、たとえば東京都では義務化されたりもしていますし、国も動いていると先日講演で聞きました。(無論、ある程度以上の建築で、ですが)

屋上緑化の場合、緑化そのものによる地球環境への効果は正直、微々たる物でしょう。ですが、屋上緑化の効果は、日光をさえぎり、建物の冷房効率を上昇させたり、植物の蒸散効果による冷却作用などで、空調に必要なエネルギーを大きく低減させることが知られています。これが、大きなポイントです。ある意味、緑地1haとビル街1haより、屋上緑化されたビル街2haのほうが、地球環境には良いかもしれません。(計算したわけではないのですが。)

実のところ、都市と緑の問題というのは今までもある程度問題視されているので、行政は公園などの都市の緑をこれまでも結構保護されてきましたし、最近は増やす方向で努力しているようです。むしろ、民間のほうが、規制が無いところを片っ端から「開発」して、緑を失わせている側面があります。(地価対策のために皇居をなくせ、なんていう人さえいました。)

都市の緑化については、行政がわりとがんばっていると思いますが、おっしゃるとおり、郊外の開発には何らかの歯止めが必要そうな気がしますね。

参考URL:http://www.eco-journal.com/ecoreport/04_ecoreport01.html

「屋上緑化」に限って話しますと、たとえば東京都では義務化されたりもしていますし、国も動いていると先日講演で聞きました。(無論、ある程度以上の建築で、ですが)

屋上緑化の場合、緑化そのものによる地球環境への効果は正直、微々たる物でしょう。ですが、屋上緑化の効果は、日光をさえぎり、建物の冷房効率を上昇させたり、植物の蒸散効果による冷却作用などで、空調に必要なエネルギーを大きく低減させることが知られています。これが、大きなポイントです。ある意味、緑地1haとビル街1haより、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報