永遠の命がどうのこうのという話をすると、多くの人が火の鳥を薦めてくれます。
ただ、火の鳥で検索すると、物凄くたくさん出てきて、言ったい、どれを読めばいいのか分かりません。
手塚治らしいというのは、なんとなくは分かるのですがいったいどの本が火の鳥なのやら・・・
これを、読めば、火の鳥については、キッチリしゃべられるよって言うものを教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。



私もPCでは読みません(w
ただお試し版を見るだけでも雰囲気はわかるかな~と思いまして。

アニメは1話25分もなかったと思うので楽に見れます。

私は高校の図書室で読みました。

現在では手塚作品は良書ということになっているので
お近くの図書館でも全巻揃っている可能性がありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
確かに、図書館という手もありますね。思いつきませんでした。

お礼日時:2005/07/16 16:33

No3の補足に対する回答。


私は、手塚治虫氏の存命中(20年ほど前)に、確かに全編読みました。それも特別編集された上製本で、17冊を読んだのではなく、七巻ぐらいだったと記憶しています。このような特別編集はそれ以前にもあり、「少年マガジン」誌サイズの体裁で発行されたこともあります。分厚かったです。
現在は17巻が一万円超のようですが、これは手塚治虫氏の死去とともに、プレミアムがついてしまったように思いますが、内容的には同じものと思います。
このような大巻をモニターを通して読み切るのは目に良くないので、本の形で読むことを勧めます。価格の面でご心配なら、BookOffを当ってみるといいでしょう。
最近は全国に出店しており、検索もできるようになりましたので、こちらで検索を試みられるのも一方法ですね。"BOOKOFF"または"eBOOKOFF"で検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。
中古もさがしてみます。

お礼日時:2005/07/16 16:32

「火の鳥」といえば鉄腕アトムに次ぐ手塚治虫の代表作品。


医者だった手塚治虫が、壮大なスケールで「生命」をテーマにしている物語ですが、私は全編の登場人物を通して「輪廻」というものを感じました。
お茶ノ水博士のご先祖が猿多彦という描き方をみるにつけ、物語の底辺に流れる仏教思想に感じ入ったものです。
もちろん、全巻読みましたよ。

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。
全巻というのは、#2様が教えてくださっているように、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4069353 …
で間違いないものでしょうか?それとも、ほかにも、出版されているものでしょうか?思いのほか、値がはり、間違えて買うと手痛いのでご返答、いただけますととても幸いです。
宜しくお願い致します。

補足日時:2005/07/13 08:01
    • good
    • 0

同じ内容のものがいろいろな出版社(角川文庫、講談社など)から出版されているようです。



火の鳥は1つの話というよりは火の鳥シリーズと言ったほうがよく、火の鳥~編というように古代から未来まで舞台を変えていろいろなストーリーが展開されています。
講談社の手塚治虫漫画全集では全17巻のようです。

ほんとにキッチリしゃべるには全部読むしかないのでは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E3%81%AE% …

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4069353 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速、いろいろな本屋を当たってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/13 08:04

読んでもキッチリとはしゃべりにくい作品だと思います(w





NHKでアニメ化もされています。

http://www3.nhk.or.jp/anime/hinotori/

DVDもでています。

PCで読むなら下記のサイトがあります。

お試し版もあるそうですよ。

参考URL:http://www.ebookjapan.jp/cpgoogle/title.asp?titl …

この回答への補足

回答いただきありがとうございます。
アニメやDVDでも全然O.K.なのですが、何が一番、手塚さんの言いたかったことを正確に理解できますかね?
もし、ご存知でしたら、教えていただけると幸いです。
それと、折角教えていただいて、恐縮なのですが、PCで読むのはさすがに目が疲れますので、今回は遠慮させていただきます。

補足日時:2005/07/13 08:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火の鳥 -鳳凰編

主人公は我王ですが、モデルはいるのでしょうか?
良弁は実在していたらしいですし、
太陽編の主人公も余豊ショウですから。

大宅世継・夏山繁樹みたいな架空のモデルでもいいんですけど。

Aベストアンサー

良弁僧正はおっしゃるとおり歴史上実在の人物とされていますが、我王は完全に手塚治虫が描き出した人物で、モデルに当たる人はいません。

シリーズを通してお読みであればご存知かと思いますが、この人物は黎明編の猿田彦で、永遠の生命を生きる火の鳥とは対照的な存在として登場します。あるときは生命の美しさを苦悩の中から見出し、またあるときには生命を軽んじたため罰を受けるというように、ある意味では限りある生を生きる人間の代表選手といえるでしょう。

なお、「猿田彦」という人物は古事記にも登場し、こちらのほうはモデルありといえます(確か黎明編に説明があったように記憶しています)。

さらに脱線すると、このキャラクターのおおもとは「鉄腕アトム」の育ての親、お茶の水博士です(手塚キャラを見ていくと途中で別キャラに進化(?)したようです)。さらに、お茶の水博士のモデルとなったのは、手塚治虫が卒業した高校の化学担当教師であったKさんという方だといわれています。

以上、ご参考になれば幸いです。

Q「どことなく」、「なんとなく」、「どうやら」、「どうも」

「どことなく」、「なんとなく」、「どうやら」、「どうも」

 日本語を勉強中の中国人です。「どことなく」、「なんとなく」、「どうやら」、「どうも」の違いは何でしょうか。よく「どことなく」と「なんとなく」とセットで使うのは「ような気がする」でしょうか。よく「どうやら」と「どうも」とセットで使うのは「らしい」、「ようだ」でしょうか。似ている意味のほかの表現をご存知でしたら、それも教えていただければ大変嬉しいです。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.
「どことなく」は、
「場所は、はっきりとは指摘できないが~」

「なんとなく」は、
「理由は、はっきりとは表現できないが~」

という意味の違いがあります。
因みに、「場所」の意味は広義で捉えてください。
「物質的な場所」という意味だけではなく、たとえば「視点の対象としての位置」「心の場所」なども含んでいます。
(ex1)
外出先から帰ってきたとき、部屋の中の様子が出かけた時の状態と違うように感じたとします。

「どことなくおかしい」と言う場合、
「本の位置や、椅子の場所、ティッシュが置かれた位置、カーテンの開き具合などなど、[どの場所がおかしい]と指摘することはできないが、どうも誰かが動かしたような気がして、怪しい感じを受ける」
という意味になるでしょう。

「なんとなくおかしい」と言う場合は、
「理由ははっきりとは表現できないが、部屋全体の様子が、出かけたときの状態と違っているように感じて、怪しい雰囲気を感じる」
という意味。

(ex2)
「彼はどことなく淋しそうだ」は、
「目の色、声音、仕草、歩き方、[体のどの場所を見て、そのように感じるのか]と指摘(特定)することはできないが、淋しそうに見える」
というニュアンス。

「彼はなんとなく淋しそうだ」は、
「理由ははっきりとは表現できないが、全体的に、淋しそうな雰囲気が漂っている」
というニュアンス。

それぞれのシチュエーションにおける感覚の違い、ということになると思いますが、
「なんとなく」のほうが漠然性が強いと言えそうです。


2.
「どうやら」は、#2さんも触れていらっしゃいますが、
『「時間的経過を伴なう判断の結果」と捉えた推量』というニュアンスがあります。
そのような「時間的吟味を経た結果としての推量」なので、#3さんがおっしゃるような「>実はほぼ断定」に近い結果になる場合が多いということになります。

「どうも」は、これと逆で、
『「時間的経過を伴なう判断の結果」と捉えない推量』と言えるでしょう。

(ex1)
容疑者の家宅捜査に来た2人の刑事。

a.
ノックしても返事が無いので、ドアを蹴破って家の中に入り、各部屋をくまなく念入りに探します。
しかし、猫の子一匹いません。もぬけの殻です。
「(念入りに家中探したという)時間的経過を伴なう判断の結果」を踏まえて、
「どうやら逃げられたらしい」
とお互いの顔を見合わせます。

b.
車で家の前に着くと、家のドアは開け放たれたままで、玄関前には仲間の死体が2つ3っつ転がっています。
犯人の車も見当たりません。それらの状況を見た瞬間に、
「どうも逃げられたらしい」
とお互いの顔を見合わせます。

ただ、「時間的経過が伴なっているか否か」は、あくまで話者の主観に委ねられます。
実際に時間的経過があったとしても、それを重視しない場合もあります。

(ex2)
友人と二人で散歩しています。
向こうから可愛い犬が歩いてきたので淡雪さんはしゃがんで抱き上げます。
友人は少し離れたまま黙って立っています。
またしばらく行くと、別の犬がこちらに向かって歩いてきます。
友人は、道路の反対側に渡ってしまいました。

この2つの経験から、「友人は犬を嫌いだ」という結論を淡雪さんは導くわけですが、
この場合、
『「時間的経過を伴なう判断の結果」と捉えて推量する』のであれば、
「どうやら彼女は犬が嫌いなようだ」
と考えるでしょう。
しかし、
『「時間的経過を伴なう判断の結果」と捉えない心理で推量する』のであれば、つまり、
これら2つの経験を『ひとつの同じ要素を持つもの』として捉えるならば、たとえ時間的経過があったとしても、
「どうも彼女は犬が嫌いなようだ」
という認識(推量)形態をとるでしょう。

3.
a.
「どことなく」と「なんとなく」は、【自分自身の感覚に対する曖昧性】に着目した表現です。
自身に関することなので、「らしい」「ようだ」という客観的推量表現は基本的には使えないでしょう。
「ような気がする」と組み合わせることも可能ですが、常にセットで明示する必然性はありません。

b.
それに対し、
「どうやら」と「どうも」は、【確信的推量】です。
おっしゃるように、「らしい」、「ようだ」がよく続くことになります。
「ような気がする」も使用可能です。

4.
文法的な分類はよくわからないのですが、
曖昧性としての「どことなく/なんとなく」と、確信的推量としての「どうやら/どうも」は似ていますが、分けてお考えになったほうがいいように思われます。

曖昧表現としては「なにか(なんか)~」「なにやら~」「妙に~」など。
確定的推量としては「おそらく」「たぶん」が該当するように思います。
  

1.
「どことなく」は、
「場所は、はっきりとは指摘できないが~」

「なんとなく」は、
「理由は、はっきりとは表現できないが~」

という意味の違いがあります。
因みに、「場所」の意味は広義で捉えてください。
「物質的な場所」という意味だけではなく、たとえば「視点の対象としての位置」「心の場所」なども含んでいます。
(ex1)
外出先から帰ってきたとき、部屋の中の様子が出かけた時の状態と違うように感じたとします。

「どことなくおかしい」と言う場合、
「本の位置や、椅子の場所、ティッシュが...続きを読む

Qファミコンソフト「火の鳥我王の冒険」の音楽について

すごく昔に発売された、ファミコンソフトの『火の鳥我王の冒険』というのがあるのですが、
そのゲームの音楽が好きで聴きたくなって探してます。
そこで質問です。

1・火の鳥のゲームサントラ集みたいなCDはあるのでしょうか?
プレイ中の各場面の音楽がどれも好きで、特にお気に入りなのが、クリア後の最後のエンディング曲なのですが、確か『火の鳥鳳凰編』というアニメでも流れてた記憶があります。(その曲は歌付き)
ですが、題名もわからずで、困ってます。

ネットで探して、『火の鳥鳳凰編-音楽集』というのを見つけたのですが、視聴ができないので、確認できなかたのですが、
2・その中にゲームのクリア後のエンディング曲は入ってるのでしょうか?

どなたか知ってる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

火の鳥、懐かしいですね^^。
私も大好きでしたよ。

直接の回答では無いのですが、昔のファミコン等の曲を探す場合、大抵はMIDIで誰かが作成してくれてますよ。
「ゲーム名 MIDI」で検索すればHITすると思います。

ちなみに火の鳥を例にすれば、

http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori

http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

で、ダウンロードできます。

参考URL:http://www.din.or.jp/~koryan/midi/mid-g.htm#fc_hinotori,http://www2.ttcn.ne.jp/~ktslomidi/gamepsg.html

Q「いったいどうなってるんだ」の”いったい”について

よく疑問を強調する表現として「いったい」という言葉が使われますよね?
例えば

「一体どのようになっているのか分からない」

この「一体」という言葉を 次の文のように用いることも出来ますか?

「それがいったいどのようなものだとしても、実行してみせる」

疑問文でしか使えないのであれば、上記の文では使えないと思うのですが…。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

補足への回答です。

「私は それがいったいどのようなものか 知っている」

例えば、この文章の意味をどう考えますか?

質問の真意がよく分からないので適切な言葉使いを考えにくいですが、そもそも「いったい」という言葉は自分がそのことをよく知らないケースで使われますよね!?

ということは、「知っている」という言葉と同じ文章内で使うのはおかしいと思いますが・・・。

「知っている」ことを言いたいのであれば、「私はそれがいかに大変であるものか知っている」とか、また、「いったい」を言いたければ「私はそれがいったい何であるのかを知りたい」等では無いでしょうか!?

Qあなたが一番好きな「火の鳥」は何編ですか?

手塚治虫氏のライフワーク作品、「火の鳥」。
何度読み返しても、どの作品も素晴らしいです。
あなたが一番好きなお話は、どれですか?あなたの年齢・性別、理由もお願いします。
選びきれないファンの方はベスト3まで挙げて頂いて結構です。
年齢やその時生きている状況によって自分は好きな作品が変わるのですが、他の方はどうなのかな?というのも興味深いので、昔と今で好きな作品が変わった方はそのことも書いて頂けると嬉しいです。

黎明編
エジプト編
ギリシャ編
ローマ編
未来編
ヤマト編
宇宙編
鳳凰編
復活編
羽衣編
望郷編
乱世編
生命編
異形編
太陽編

自分は今、2~3年前から鳳凰編がヘビロテです。
小学生の頃初めて読んだヤマト編も風刺の効いたギャグ満載で面白かったし、異形編は短いお話ですが身につまされるホラー感覚もあり好きでした。
ロビタやチヒロの優しさが切なかったり、ムーピーの優しさに感涙したこともありますが、鳳凰編や生命編のように悪人然とした主人公が変わっていくお話が今はマイブームです(^^)

皆さんは今、どうですか?
漫画・コミックのカテゴリーと迷いましたが、あまり読まない人でも印象に残っている作品があれば教えて頂きたいのでアンケートにしました。
難しく考えずたくさんのご回答があれば幸いです。
よろしくお願いします。

手塚治虫氏のライフワーク作品、「火の鳥」。
何度読み返しても、どの作品も素晴らしいです。
あなたが一番好きなお話は、どれですか?あなたの年齢・性別、理由もお願いします。
選びきれないファンの方はベスト3まで挙げて頂いて結構です。
年齢やその時生きている状況によって自分は好きな作品が変わるのですが、他の方はどうなのかな?というのも興味深いので、昔と今で好きな作品が変わった方はそのことも書いて頂けると嬉しいです。

黎明編
エジプト編
ギリシャ編
ローマ編
未来編
ヤマト編
宇宙編
鳳凰編
...続きを読む

Aベストアンサー

43歳男性です

私はヤマト編が好きですね
親の命により、川上タケル抹殺を命じられるも、カジカと恋に落ち
父の命に従うか、カジカを取るかとで悩む心の葛藤

国に帰ってからは殉死を止めさせる為に、自らの命をなげうっての抵抗
そして最後、力尽きる寸前でのカジカとの儚い恋
どれも素晴らしい内容です

ただ、ヤマト編はアニメ版、コミック版、両方見たのですが
超シリアスなアニメ版に対し、所々ギャグが入るコミック版とのギャップに違和感が…

もっとも、コミック版がダメと言っている訳では無く、あくまでギャップについてです
(私もコミック版のギャグは好きです)

Q「火を見るよりも明らか」の「火」とは何か

gooの辞書によると上記の言葉は「極めて明らかのこと」を指すらしいのですがなぜこのようにいうのでしょうか。
ここでの「火」はどんな火のことなのでしょうか。

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

このような表現は各民族に広がるので語源探しは難しくなりますね。中国語の表現が分かれば参考にはなると思いますが、古い言い回し必ずしも中国ではない場合もあります。メソポタミア古代文明からエジプト、ギリシャ、ローマと伝わり、東へは中国、朝鮮半島、日本へと伝わるもの、インドが発信地で東西に広まったものもあります。日本への文字による中国文明の伝播以前は、
日本も相当メソポタミア文明の影響を受けていた
とする言語学者もいます。

英語のdayは日(昼間)という意味ではなく第二義のdaylightのことでしょう。スペイン語(como la luz del dia昼の光りのように)やイタリア語(come la luce del sole,陽の光りのように)ではずばり太陽の光りと表現します。陽がいつの間にか火に変わったのではないかと思われます。漢字が伝わってから大和言葉の表記は時代によって変化し、混乱も見られます。

地球上に住む人間にとって疑いようのない明白なもの(存在)は太陽です。

Q火の鳥?

最近、手塚治虫の火の鳥というアニメを見たのですが、どうやら私が過去に知り合いから聞いてた話が違うようで驚きました。

私が見た火の鳥は話しが「○○編」とその話ごとに区切られていてそれぞれ主人公、年代なども変わり火の鳥は神様(?)のような存在で人間世界を傍観してる感じなのですが、知り合いから過去に聞いた火の鳥はうろおぼえですが、主人公と火の鳥(?)が恋におちて主人公は最終的にその火の鳥(?)を裏切ってしまい、怒った火の鳥(?)は主人公に永遠の命を与えて一生しねない孤独な体にしてしまうという話だと聞いたと思うのですが、私の勘違いっぽいようで、火の鳥と知り合いの言ってたことがぴんときません。
知りあいのいってたアニメは火の鳥ではないとおもうのですが、何のアニメなのか心当たりがある方は教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

火の鳥 宇宙編ではないですか?
僕も子供の頃見てしばらくトラウマになって肉食ができなくなった作品で、再見していないのでうろ覚えですが、

鳥が進化した知性体が住む惑星に不時着した主人公が、その星の住人と恋仲になります。しかし地球に焦がれる主人公を引きとめようと通信機を破壊したヒロインを撃ち殺しその肉を食べ、惑星の住人を次々と皆殺しにしてしまいます。その主人公に火の鳥が与えた罰がが永遠に死ねない体にしてしまうことです。

子供の頃一度っきり見ただけなので細部は間違ってるかもしれません。

Q(シエ鳥)って何て読みますか?

さんずいにカタカナのェに鳥で何て読むのか教えてください。
地名のようで、この漢字のあとに池って続きます。何池と読むのでしょうか??

Aベストアンサー

鴻池で、こうのいけ と読みます。

IMEをお使いなら手書き入力で検索できますよ。

Q火の鳥の存在について

世界にそれらしい存在の伝奇がありますよね。

不死鳥(ヨーロッパ?)だったり、
鳳凰(中国?)だったり、
火の鳥(ロシア、日本?)だったり。

日本だと他に、ガッチャ・・・これは違いますね。


これらは、すべて本当に火の鳥を指すのでしょうか?
それぞれ、違う何かなのでしょうか?

手塚治虫氏の火の鳥は日本では有名ですし、その物語の中には、
世界各国での火の鳥が登場します。

火の鳥(または、違う何かであってもその名称を使うもの)は、
存在するのでしょうか?存在したのでしょうか?
また、それは何でしょうか?

Aベストアンサー

不死鳥(フェニックス)はギリシャ神話ですね。
鳳凰、朱雀などとも同一視されています。
不死鳥のルーツはエジプト神話のベンヌに由来しているそうです。
ベンヌの姿はエジプトの壁画や書物に残されていて、鷺や朱鷺のような姿で描かれています。
ベンヌはエジプトの神話上での古代王にして死者の世界の王:オシリスの魂の姿とも言われ、またオシリスの息子ホルスは頭部がハヤブサになっています。

その他、巨鳥伝説・伝承はアジアを中心に様々な姿になって世界中に分布しています。
ガルーダやシムルグ(インド)、ロック鳥やルフ(マダガスカルなど)など。
ちなみにガルーダは仏教に取り込まれ、八部衆の迦楼羅天として日本にも伝わっています。
また南米では、ナスカの地上絵が有名ですが、ケツァールコアトルなど蛇や竜も、翼は龍であったりします。
ですので、巨鳥・蛇・龍の伝承などには、一定の共通性が見られるかもしれません。

どれがルーツ、と定めることはできないと思いますが、特に太陽崇拝が強い国・地方では、珍しい鳥を神格化して祀るような習慣があったのでしょう。
特に、鳥は空を飛びますし、世界には鳥葬(亡骸を鳥に食べさせる)の風習や生贄の儀式もあるので、鳥に、天高くにいる神とのメッセンジャーのような意味合いを持たせていたのかもしれません。


火の鳥はさすがに実在しない、または実在の鳥を誇張したものと思いますが、鳥を神格化する人の心理は世界中にある、ということでしょう。
日本で、ガッチャマンというヒーローが生まれるのも正しい…かどうかは分かりませんが、空を飛ぶ、というのは、人にとって憧れや畏怖の対象であったのは確かでしょう。


ちなみに、姿形は火の鳥とまったく違い、空を飛べない地上性のダチョウに近い鳥ですが、インドネシアやパプアニューギニア、ニュージーランドに「ヒクイドリ(火食い鳥、食火鶏)」という鳥が分布しています。
本当に火を食べるわけではなく、果物が主食のようですが、全長2m弱にも達する巨体で、時速50kmで走り、肉食動物などを相手に戦ってしまうほど気性の荒い、世界で一番危険な鳥と言われています。
世界で一番危険…なのは、ある意味で、手塚治虫の火の鳥と似ているかもしれませんね。

不死鳥(フェニックス)はギリシャ神話ですね。
鳳凰、朱雀などとも同一視されています。
不死鳥のルーツはエジプト神話のベンヌに由来しているそうです。
ベンヌの姿はエジプトの壁画や書物に残されていて、鷺や朱鷺のような姿で描かれています。
ベンヌはエジプトの神話上での古代王にして死者の世界の王:オシリスの魂の姿とも言われ、またオシリスの息子ホルスは頭部がハヤブサになっています。

その他、巨鳥伝説・伝承はアジアを中心に様々な姿になって世界中に分布しています。
ガルーダやシムルグ(インド...続きを読む

Q山頭火のあるけばかつこうの「かつこう」は季語?

種田山頭火の「あるけばかつこういそげばかつこう」という俳句ですが、国語の資料集では無季俳句となっていますが、それ以外のネットの俳句データベースや、別の参考書では「季語かつこう、季節夏」とあります。自由律俳句は、無季がメインと聞いたのですが…どちらの方が正しいか教えていただきたいです。解釈の違いでしょうか?

Aベストアンサー

俳句に季語が必要とされるようになったのは、その成立と関係があります。中世の頃から「連歌」というものが出てきました。それは、五七五・七七・五七五……と続けて七七で終わります。
 これが「有心(うしん)連歌」「無心連歌」「俳諧の連歌」等の変遷を経て(このあたり、かなり強引に並べています)江戸時代初期に「俳諧」が成立しました。形式的には連歌の規則を受け継いでいます。
 その特徴の一つに、最初の「五七五」(発句という)の中に、必ず季節を表す語句を読み込まなければなりません。その発句がだんだん独立して作られるようになりました。『初しぐれ猿も小蓑をほしげ也』は芭蕉が「奥の細道」の旅の直後に故郷の伊賀に赴く途中作ったものですが、後にこれを発句とした「猿蓑」という俳諧が作られました。(別掲のサイト参照)
 その後この伝統を踏まえて、長い期間にわたり、「定形・有季」の発句がつくられました。明治になり正岡子規(多分)が、発句に変えて「俳句」という名称を与えました。子規以後も「ホトトギス派」を中心として「定形・有季」の俳句は現在に至っています。
 しかし、その伝統の中で「非定型俳句」の運動が行われました。その一人で優れた俳人が「種田山頭火」です。非定型を目指した人には「季語」をも無視した人が多く、ほとんど問題にしなかったでしょう。
 定形有季の俳句の中にも、むりやり季語だとしている例も多く(たとえば一茶)、山頭火の句も「季語」だと言えば言えるでしょうね。

参考URL:http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/basho/shitibusyu/sarumino10.htm

俳句に季語が必要とされるようになったのは、その成立と関係があります。中世の頃から「連歌」というものが出てきました。それは、五七五・七七・五七五……と続けて七七で終わります。
 これが「有心(うしん)連歌」「無心連歌」「俳諧の連歌」等の変遷を経て(このあたり、かなり強引に並べています)江戸時代初期に「俳諧」が成立しました。形式的には連歌の規則を受け継いでいます。
 その特徴の一つに、最初の「五七五」(発句という)の中に、必ず季節を表す語句を読み込まなければなりません。その発句...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報