教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

世界には貧困にあえぐおよそ国家とはいえないようなところがたくさんありますけど、そういうところは、先進国に身売りしないのですか?
どうせ自分達ではまともな国家を作れないのだから、いっそのこと身売りして面倒見てもらおう的発想。
例えばアメリカさん、うちの国買ってください。そしてココをアメリカにして面倒見てチョ!てな感じで。
先進国側が荷物背負い込みたくないから買わないかな?

教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

#6です。


自分の回答は現代ではありえないということです。確かに他の方が回答したように、近代では実例がありました。1867年のアメリカのアラスカ買収は、ロシアがアメリカに持ちかけたものです。当時はほとんど不毛の地だったアラスカを、アメリカが安く手に入れたわけです。その後に金鉱が発見され、アラスカは不毛の地ではなくなりました。この例は質問者さんの、「お願いだから引き取ってくれ~」に近いです。

#10さんへのお礼を見ていると、純粋に現代社会で国家の買収があるかを聞きたいということが感じられたので、その点について再度解答します。
それなら尚更ありえません。昔と違い国家の概念がきちんと決められています。たとえアフリカのA国がアメリカに国を買ってくれと言っても、その周りの国や、アメリカと利害の対立する国によって反対されてしまうでしょう。アメリカも国際社会の批判や疑惑を向けられてまではしないでしょう。他の国でもそうです。近代の帝国主義ならありえないこともないですが、植民地がほとんどなくなり、国連の機能も加盟国の中で存在する以上、国家の身売りは現実的にないものだと思います。もちろん国際法上では可能かもしれないけど、アメリカと当事国の2国間ですむ問題では治まらないでしょうね。これを認めたら、表向き国家を売り渡す意思を表明しても、裏では買う側の国が売る側に傀儡政権をつくる可能性もあるために、簡単には国の売買は認められず、国際問題に発展すると思います。

これはアメリカがいきなり関係のないアフリカなどの貧困の国家を買収することに回答しましたが、領有権があいまいな植民地の住民が、住民投票によって宗主国の庇護下にあることはあります。アフリカのフランス領のレユニオン島はフランスの海外県の道を選んでいますし、コモロ諸島マヨット島のこともそうです。ここは4つの主要の島のうち3つはコモロの領土ですけど、マヨット島だけ住民投票でフランス領のままでいます。
つまり領土の一部が買われる可能性は少ないけどありますが、国自体が身売りすることは現実と離れています。
    • good
    • 0

あります。


自国での権利を他の国の企業に売り、その見返りをもらう。そういう権力者は世界に五萬といます。
自分の国の民よりも、自分の富。
日本もそうではないとは、いいきれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは観念的に売国だけど、物理的に国を売ったわけではないんですよね。
具体的に言うと、A国があったとします。利権だけをアメリカに渡してしまうが、A国はA国。
というものではなく、
アフリカの真ん中にあったA国がアメリカ合衆国そのものになるんです。A国民はアメリカ国民となり。ハワイみたい名感じですね。

お礼日時:2005/07/14 06:51

>世界には貧困にあえぐおよそ国家とはいえないようなところがたくさんありますけど、そういうところは、先進国に身売りしないのですか?



当該国の適正な『所有者』が名実共に存在していれば、理論上当該国の売買は可能な筈です。基本的に企業の売買と変わりないと思います。

でも、その所有者って一体誰がどうやれば決められるんでしょうね?
そもそも国の所有権自体、定義不能だと思いませんか?株主がいるわけじゃなし。逆に、自然人にせよ法人にせよある人格が所有者である不動産を『国家』と定義することはないんじゃないですか?

それと、ご質問の中の『...貧困にあえぐおよそ国家とはいえない...』という部分の意味がわかりません。財政的に貧困だと『国家』ではないんでしょうか? できることなら補足説明をお願いいたしします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハワイ王国がアメリカに吸収されたように、琉球王国が日本に吸収されたように。しかし、これらはほとんど無理から吸収しましたよね。
ではなく、自ら望んで吸収してくれ~って感じです。

>できることなら補足説明をお願いいたしします。

アフリカに多いですが、あの辺では利権争いで内戦が耐えません。政権を握る=利権を握るパターンが多いです。そんな中特にひどいところでは頻繁に政権交代が起きています。さらに、現在いくつかの国では暫定政権さえないまさに無政府状態のところがあります。
1法律などない。だから何やってもつかまる事もない。自らのみは銃で守るしかない。
2政府がない。だから政権奪取に内戦だらけでどうしようもない。国連が介入に動いてるようですが。
3軍隊らしきものは全て民兵で政権奪取のため破壊と殺戮の限りを尽くしている
4平然とジェノサイドが起こる。
この全てを満たすところが現実にあるわけですが、こんなところはとても国家とは思えません。

お礼日時:2005/07/14 07:02

「国を売る」とき、チョットニアンスが違いますが、かつての東ドイツなどが、感覚的に近いかと思います。



当時の西ドイツへの統合は、豊かな西ドイツに併合を望んだ、東ドイツ人の総意だったでしよう。
(実際の統合がはじまってからは、総意とは言えない面も有りましたが)


一方、「独立したくない」という考え方も、けっこうあります。

プエルトリコは、現在アメリカ保護下の自治領です。
独立派1/3、アメリカへの統合派1/3、現状維持派1/3で、何回か住民投票しても、どれも多数派になれず、現状の自治領のままです。

アフリカのコモロ諸島の一つマヨット島は、コモロ独立時、住民投票の結果、独立を拒否して、フランス植民地のままでいます。
そのため、コモロ共和国と、帰属問題を抱えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば東ドイツは併合を望んでいた人多かったみたいですね。
何せ貧しかったですし。
しかしあれは、もともとひとつの国でしたし、元に戻った感じですね。

独立したくないのですか。確かに何もナイト独立してもやってけませんからね。

さんこうになりました

お礼日時:2005/07/14 07:07

ありえない、という回答が多いようですが、かつて韓国の指導者・李完用らは、実際に日本に国の身売りをしました。

これが日韓併合です。

貧困からというより、近代的な政治や資本主義、まともな軍事力などを、確立し列強の干渉を排して近代国家を樹立する事は不可能で、この際日本にやってもらう、という判断です。

一進会といった政治結社も以前からこれを支持し、日露戦争時には日本軍に協力していました。まあ実際は「対等な合邦」という虫のいいことを考えていたようで、後に日本当局に解散させられますが・・・

日本はこの荷物をまじめに背負い込んで、必死で近代化に尽くしました。もちろん自国の利益にもなることだったのでそうしたのですが。


現在でも、国民の総意と李完用のような立派な指導者が伴えば、そういったことはあるかもしれませんね。他の回答にあるように独裁者がいると無理でしょうが。

例えば、グアムやハワイなど、何故アメリカから独立したいと思わないのかといえば、独立を失ってもアメリカの一部であった方がいい、と大多数の住民が満足しているからでしょう。軍事拠点なので、いまさら独立したいといってもアメリカも困るでしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

歴史はもうトンとご無沙汰なのでそんなことあったかな~くらいしか覚えておりませんので、ちょっとWikipediaで読んでみます。
ありがとうございました

お礼日時:2005/07/14 07:13

世界中の国の指導者の中で貧乏な人がいるという話は聞いたことがありません。

つまり、GDPが世界で最低の貧困レベルの国でも、そこの指導者は貧しくはないのです。貧しい国になればなるほど独裁の傾向があり、民主主義は無いように思います。そういった国の指導者は国民の貧困などあまり気にせずに、自分の利権を守ることに固執するでしょう。仮に自分の国を裕福な国に売ったとしたら、その指導者の利権も失ってしまうのでありえないことだと思います。「将軍様」の近くにある国や、アフリカ諸国ではそのことが顕著ですね。当然良いことではないけど、大国の資源の利権や国家の安全体制に協力的な国であれば、それらを援助する国もあり、その結果ますます貧富の格差が広がってしまいます。何故なら、援助されたものが末端の貧困層の国民にいきわたる前に、政治家や有力者が自分たちで分配してしまうからです。アフリカ諸国はまさにそういった国ばかりだし、「将軍様」の国も援助物資が軍部に流れたり、闇市で高値で取引されています。
こういったことから、貧しい国でも国を売り渡すことなんてないでしょう。トップの人間にとってみれば、国民を食い物にしても利権を守ります。先進国側にも問題が無いわけではないけど、大国間の利権争いをうまく利用して大金持ちになる貧しい国の指導者たちには困ったものです。
質問の回答になっていないかもしれませんが、国を売ることはありえないということで、こういった例を挙げてみました。
    • good
    • 0

よほど良い指導者がドップに立たない限り無理ですね・・・


いくら貧困の国でも 独立国家の中の権利者は有る程度のお金は有りますからね
逆に 先進国からの支援で個人資産を増やす事を考えるのでは・・・
例えば 水不足で農地が危険なら 先進国は、ダムや用水路の建設資金を出しますよね。勿論 ダム・用水路は作りますが 作る会社等は権力者の会社とかで資金が流れます・・・
某北の国の人より国の為には成っていますが 結局 自己の繁栄の為にかな?
    • good
    • 0

委任統治・信託統治が一番近そうな現象ですが、たいていの国は独立することを好みます。


もし、どっかに国に統合したいというような政治家が現れたら、たいていは失脚します。
    • good
    • 0

その国の国民を無視してそんなことをすれば、


「民主的でない」と言われますよw

マジレスをさせていただきますと、
国家の要件は領土以外にも主権、国民がありますから、
お金だけで国家そのものを単純に「売買」することは出来ないでしょう(領土の一部だけならともかく)。
しかし、開発援助や軍事的、政治的な支援などの見返りを狙って、その国の政策を変えてしまう(売ってしまう)ことはあると思います。
例えば、太平洋の小国トンガが、数十人しかいない兵力のうち44名をイラクに派遣したりとか・・・
    • good
    • 0

アメリカはロシアからアラスカを買いましたよ。



参考URL:http://www.japanspecialist.com/japanese/jtour/co …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング