以前の経理担当者に聞けず悩んでいます。労災・(雇用保険)の支払い時、社員より通常給与から預かった分(雇用保険)を差し引き、残りを法定福利費で払いを起票するのは理解できるのですが、ここへ立替金の発生と決済がからんでくるのです
例)1 法定福利費/諸口 1と2は前年の確定労災請求額
    2 立替金 /諸口  1と2はどのように計算されたか?
    3 預り金 /諸口  前年の社員よりの預かり
    4 諸口  /現金  今年の1期めの支払い額
    5 諸口  /立替金  ?
    6 諸口  /雑収入 今期充当額

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

具体的な金額が分からないのではっきりしたことは言えませんが、勘定科目の並び方だけから推測するに以下のようなことではないでしょうか。


(以下の事を前提にしています)
 1+2が充当前の一期分請求額(労災+雇用)
 今期充当額は5+6-3

1は一期分のうち労災保険と雇用保険の会社負担分の金額です。
2は同じく雇用保険の個人負担分の金額です。
雇用保険の会社負担と個人負担は比率が決められているので簡単に計算できます。

5は多分前年に支払った雇用保険個人負担分です。
従業員から給料控除した保険料は預り金(3)に、会社が支払った保険料は立替金に計上していたのではないでしょうか。
おそらく金額は5>3でしょうから、5-3が前年の雇用保険個人負担分の過払い金額で、今期の保険料に充当されます。

つまり1+2の請求額から充当額の6(会社負担)と5-3(個人負担)を差し引いた金額4を納付したということでしょう。
(1+2)-{6+(5-3)}=4
この式は1+2+3=4+5+6になりますよね。

強引につじつまだけ合わせましたが、私の勝手な推測ですので金額をちゃんと確認してみてください。

この回答への補足

早々にご回答頂きありがとうございます。回答にあった雇用保険の会社負担と個人負担の比率ですが社労士さんに聞くとわかりますか?
労災(雇用)のしくみもはっきり理解していないもので確認なんですが、5月に労働保険から請求がくるのは、あくまでの概算なんですよね?その概算金を3期に分けて支払い翌期に調整して過払い・不足を充当するんですよね?
初歩的な質問ですみません。

補足日時:2001/10/14 15:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

grandさんへ
金額をいれて比率を調べた結果、grandさんのご推測通りでした。
理解するのに、勉強不足なもので少し時間がかかりましたが
お陰様で処理終了する事ができました。
ただ、参考仕訳で諸口/未払費用がぬけていたのですが、これは
今期概算保険の2・3期分ということで理解でき、grandさんには
とても感謝しております。
仕訳の処理に困り、初めてgooに登録して本当に良かったと思っています。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/15 17:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報