最新閲覧日:

採用試験ではどのような問題がだされるのでしょうか.
どのような勉強・対策をつめばいいでしょうか.

A 回答 (1件)

 野鳥の会が職員採用試験をしているなんて知りませんでした。

でも、決して冷やかしで書いているつもりはないので・・・

 10年くらい前、友人が野鳥の会に勤めたいといっていたのですが、当時は、野鳥の会の本部や施設で見習いをし、推薦を受けなければならないと聞いたことがあります。
 日本野鳥の会は、趣味の団体とか自然保護団体と見られがちですが、各地で自然教育施設(ビジターセンター等)の運営委託を受けて活動しています。試験勉強をする際には、そういったことを前提にしておく必要があると思います。

 (1)一般教養(公務員試験用の問題集で十分)
 (2)各地の自然環境保全に関する問題を整理し、自らの意見明確にし、理由と共に述べられるようにしておく。(これには、日本野鳥の会が発行している機関誌が役に立つと思います。また、日本自然保護協会や日本野鳥連盟が出している機関誌、新聞のスクラップも重要です。)
 (3)自然保護の制度を覚えておく。(鳥獣保護法、絶滅の恐れのある種の保存に関する法律、ワシントン条約、生物多様性条約、RDBなど)

 最近は、環境教育にも力を入れていたと思います。単なる知識ではなく、体験学習法を主体とした学びを中心にしています。日本野鳥の会や日本環境教育フォーラムや清里キープ協会などが主催する講座を受けて体験されると良いでしょう。
 なお、恐らく、個別野鳥の知識などは、ないよりはあった方が良いと思いますが、あまり深く問われることは少ないのではないかという気がします。

 日本野鳥の会の関係者の方、受験された方、間違っていたら、どしどし指摘してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答,ありがとうございます.
難しそうな試験ですが,頑張ろうと思います.
ありがとうございました.
 

お礼日時:2001/10/15 19:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ