親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

よろしくお願いします。

103万までだと配偶者控除?が受けられ、130万までだと夫の扶養として社会保険に入れる?ということでいいのでしょうか。
間違って考えているなら訂正お願いします。

また、実際のところ、103万までと130万までにはどのくらいの違いがあるのでしょうか。

言葉が足りなくて申し訳ありません。どなたか教えて頂ければ嬉しいです。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

また?同じ方ですよね


前回のHPで判り辛かったのかな、では、もう少し判りやすいHPをご紹介します
http://www.campus.ne.jp/~labor/parttai.html
このHPの下の方の表を見てください
第一の壁の103万の場合、配偶者控除と配偶者特別控除を足した控除金額は、
実は同じなんです・・・計算方法が異なるだけですね。
つまり、控除だけを考えた場合は103万にこだわる必要が無く、
140万を上限に控除額が減っていくと考えてください。
※控除と収入を足すとほとんど同じ金額なんて、働く人の事を考えていない税制ですね。
※103万より100万で住民税の支払い義務が発生する方が、家計に影響あります。

130万を超えると、約20万程度の保険料の支払い義務が発生しますので、
実収入は130万の場合110万とほぼ同じになってしまうので、
130万以上で収入を増やしたい場合は、最低でも150万以上もらわないと、
実収入が下がってしまいます。
今度は、わかりましたでしょうか?
    • good
    • 0

まず、同様の質問をするならば前の質問を締めましょう。

最低限のマナーと感じます。

>今のところ、計算すると今年は130万を超えることはないですし・・・
基本的な所で勘違いをされています。

税金は課税対象所得によって決まりますので、100万、103万の壁と呼ばれるものは1月~12月の課税対象所得に対するものです。
御主人が今年の年末に源泉徴収する時に、御質問者の所得を申告します。そこで今年の控除金に対する税金の還付があるのです。

**壁を越えた場合、御主人の税金の扶養控除への影響は今年分ですよ**


また、政府管掌保険を例に出し説明しますが、
社会保険上の扶養や3号認定についての壁130万は所得で計算しません。御質問者が月給として108334円以上収入を得たとき即時、扶養対象解除及び、3号認定解除するための申請をしなければいけません。
130万というのは年間収入見込みであり、年間の合計収入とは異なるので注意してください。
(同じように日収3612円以上の日給を貰った時点でアウトです)

**月給で11万位貰った月は社会保険の扶養対象外ですよ**


*付きの2行抑えてください。

実際のところ、どのくらい違うのかという質問に対しては

1.所得税、住民税の場合、御主人の税率による
 控除額×税率分違いがあります。

2.健康保険料は、加入する健康保険による
 国民健康保険に加入するのか?政府管掌保険か?組合管掌か?です。更に国保ならどこの自治体か?組合ならどこの組合か?によって全然違います。

3.年金保険料は、国民年金か、厚生(共済)年金かによる
国民年金の場合は月13000程度、厚生年金は標準報酬月額による

結局のところ所謂130万(月収10.8万)までに抑えた場合と、課税対象所得103万に抑えた場合での違いは項1だけです。
    • good
    • 0

パートなどの給与収入が100万円を超えると住民税がかかり、


103万円以上で所得税を支払うことに。
また配偶者控除、家族手当もなくなり夫の手取りもダウン。
さらに130万円以上では健康保険料や年金保険料など社会保険料の負担も発生します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?

主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?
7月からパートを始めることになりました。

会社の要望通りに働くと、年収120万位になると思われます。
しかし103万を超えているので所得税と住民税がかかり、
さらに夫の税金もあがりますよね?

夫の年収は400万位。
私が年収120万稼ぐことによって
実際どのくらいの金額をプラスで払わないといけないのでしょうか?
お金と労力を考えればやはり103万以下にするのがいいのかな…。

ちなみに103万以内なら0円ですよね?

そしてこの場合「配偶者特別控除」が適用になりますよね?
これがあるから103以上でも130以内ならお得ってことになるのでしょうか?

すみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万円が家計に入るわけです。
でも103万を超えると妻の自身の税金や、夫の配偶者控除がなくなったり配偶者特別控除が減ることによって、1万円収入が増えても1万円が家計に入るというわけではないということです。
妻の収入が増えるに連れて1万円収入が増えても、家計に入る金額は9千円になったり8千円になったりという具合に減ってしまうということです。
そういう意味で損だということで、決して働くと収入自体が減るという意味で損ということではありません。
ですから単純に損得というならば、実際には働けば働くほど収入の絶対的金額は増えるから得だということになります。

妻の収入が103万をオーバーして120万になったらどうなるか。
所得税の場合は夫の配偶者控除の38万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の17万が夫の給与にどのように反映するかというと、所得税は課税所得によって税率が変わりますが、一般的なサラリーマンとして税率10%とすると

170000×10%=17000・・・夫の今年の所得税増

ということで17000円所得税が増えます。
一方来年の住民税(住民税は今年の所得に対して来年課税される)の場合は夫の配偶者控除の33万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の12万が夫の給与にどのように反映するかというと、住民税は税率が一律10%なので

120000×10%=12000・・・夫の来年の住民税増

ということで12000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

17000+12000=29000・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで29000円増える訳です。
妻は収入が103万から120万へ17万増えるのですから、所得税は5%なので

170000×5%=8500・・・妻の今年の所得税増

ということで8500円所得税が増えます。
一方住民税は一律10%なので

170000×10%=17000・・・妻の来年の住民税増

ということで17000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、妻の今年の所得税と来年の住民税との合計で

8500+17000=25500・・・妻の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで25500円増える訳です。
ということで二人合わせると

29000+25500=54500

今年の所得税と来年の住民税で54500円増えるわけです。
しかし収入は17万増えているので

170000-54500=115500

ということで確かに夫の税金は増えていますし妻も課税されるということで税金は増えますが、収入はそれ以上増えているので差し引きでは115500円増えているということで、家計全体の絶対的金額は増えるから損ということはないということです。
これが例えば70万から77万に7万増えたのだったら、夫の控除金額も変わらずに妻の税金もゼロのままなので、増えた70000はそのままそっくり家計に入りますが、103万から120万に17万増えると115500と7割弱程度に減ってしまうということです。
でもマイナスになるわけではないので損にはならないということです。

2について言うと。
手当はそもそも法律で決まっているものではないので、その会社の規定によります、ですからどういう規定になっているかを会社に確かめなければ確実なことはわかりません。
ですが例えば妻の収入が夫が配偶者控除を受けられる103万以下という規定であるならばその手当はなくなるでしょうし、場合によっては1月まで遡って返却させる会社もあるので、そうなるとやはり影響は大きいでしょうね。

3について言うと。
たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

<字数制限により続く>

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万...続きを読む


人気Q&Aランキング