前から気になっていたのですけど、竜宮城のお姫様はどうして浦島太郎に帰るときにあんな危険なものを手渡したのでしょうか?
いろいろ考えるんですが実際は何か理由があったんですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

遊んでばかりいると月日の経つのはあっという間で、たちまちに人は老いてしまう・・・そういう格言にも取れるお話ですが、面白い時間概念がふくまれている物語に思えます。





助けてくれたお礼に乙姫様が踊りやご馳走でもてなし、たのしい「一時」をプレゼントしました。

でも、竜宮城の「一時」は人間界の「何十年」もの時間だったのです。

乙姫様は太郎が人間界に帰った時に、(太郎は自分がどんなに長いく楽しい時間を過ごしていたのか全くわからないはず。では、時間に遅れをとらないように“老いる「玉手箱」”を)と手渡したのではないでしょうか。

人間界に帰った太郎は周りの様子がだいぶ違っていることで、その時間差に気がつきますが、玉手箱のお陰でおじいさんになること(現在の時間とのつじつまあわせ)ができたのです。・・・そう考えると何となく納得できませんか?

本当の意味はわかりませんが、私は個人的に1,000年生きるといわれる亀が竜宮城への案内人であることからも、時間の概念をうまく使った物語と捉えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間とのつじつま合わせるために太郎は老いるどころか死んでしまいますよね・・・。
どうしてそんな危険なものを乙姫は恩人に渡したのか??とずっとわからなかったのですが、帰るためにその箱を持って帰ることが必要だったと思って今は納得しています。
でも、太郎は本望だったんでしょうかね?まさか亀を助けてこんなことになるなんて思っていなかったはずですし・・・なんてことをかんがえてしまいます。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/14 00:24

太宰治の「御伽草子」にある「浦島さん」を読んでみて下さい。

何か答えがあるような気がします。抜粋すると

★つまり、私たちは、浦島の三百歳が、浦島にとつて不幸であつたといふ先入感に依つて誤られて来たのである。絵本にも、浦島は三百歳になつて、それから、「実に、悲惨な身の上になつたものさ。気の毒だ。」などといふやうな事は書かれてゐない。
タチマチ シラガノ オヂイサン
 それでおしまひである。気の毒だ、馬鹿だ、などといふのは、私たち俗人の勝手な盲断に過ぎない。三百歳になつたのは、浦島にとつて、決して不幸ではなかつたのだ。~

~~年月は、人間の救ひである。
  忘却は、人間の救ひである。~~

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/307_1 …
    • good
    • 0

ちょっとだけ異説・・・



浦島太郎がもらった箱の中身は、実は鏡だったという
異説もあります。
つまり、時が流れるのを忘れるほど居た・・・らしいというのを箱の中に入っていた鏡で彼は己の姿を見て思い知ったという・・・

でも、鏡なら土産として納得いくかもです。
今でこそ鏡はリーズナブルですが、昔は高級品ですよね。祭事にも使うものだし・・・
物語の成立したといわれる奈良時代だと・・・玉か黒曜石を磨いたりものだったら金銭的にも価値がありそうだし・・・
    • good
    • 0

えっと、浦島太郎さんは、恩人だから、おもてなししたけども、人間の世界で、何百年とか過ぎたので、人間の世界に戻っても、浦島太郎さんの知り合いが居ない。

で、悲しい思いで何年も行き続けるよりも、取り残されてしまった浦島太郎さんが可愛そうなので、いっそ・・と言う事だと聞いた事がありますが・・・
    • good
    • 0

想像でもいいですか?



浦島太郎の身の上に流れた実際年月じゃないかなって。

地上に戻ると、300年くらいの年が流れていたけれど、浦島太郎は若いまま。乙姫様は、実は300年間の時間を玉手箱に閉じ込めておいたんじゃないかなぁ。
それを浦島太郎に渡したのは、それは浦島太郎の時間だから、所有権は彼にあると判断したからかな?

わかんないけど。すいません、なんか意見っぽくなっちゃいましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
箱の謎はNO1サンの回答で、そんなかんじじゃないかなと自分なりに少しなっとくできました。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/14 00:18

下記サイトに詳しく一説が書いてあります。



私の想像では、お姫様が浦島太郎が自分の
言いつけを守るかどうか試したかったんでは
ないでしょうか。「決して開けてはいけない」
と言って玉手箱を渡したはずです。
そういう約束を守れないほど人間は愚かだと
作者は言いたかったのでは。

参考URL:http://enkan.fc2web.com/minwa/urasima/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全部読んでみましたが、いくつか結末があるんですね。
玉手箱を渡した理由はなんとなくわかりました。
自分なりに解釈したら、何百年と時間の過ぎた世界にそのままの姿で戻るためにはその箱が必要だったということ、なんですかね。
でも、浦島太郎が助けた亀が乙姫で、乙姫自身が竜宮城に太郎を案内したのだとしたら、乙姫が太郎を「御礼をする」といってさらったように思うんです。
だって、竜宮城でのひと時はすごい時間なんだし、そんなことを連れてくる前に太郎に説明してないし・・・。
乙姫は本当はお礼をしたかったのではなく、太郎を自分のものにしたかったんじゃないかな・・・とか思ってしまいました。
長くなりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/14 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浦島太郎の玉手箱の意味は?

浦島太郎の玉手箱の意味は?
タイトル通りですが、亀を助けて竜宮城で歓待を受け、玉手箱をお土産にもらいます。
「開けてはダメ」と忠告されますが、浦島太郎にしてみれば「そう言われると開けたくなる」
みたいな感じになりますよね(笑)

本題はここからなんですが、開けたら駄目なら最初から渡さなければ良いですよね。
これはつまり「人の忠告は素直に受け止めよう」とか「言いつけは守らないといけない」
というよくある子供向けの教訓話ということなんでしょうかね。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1483256.html

Q浦島太郎の西洋バージョンのような絵本の題名

小さい頃に読んで、とても絵がきれいで、心に残っている絵本があるのですが、題名がわからず、探し出せません。
題名を教えてください。

おぼろげな記憶では、
外国の原作で、けっこう大判。
内容は、

お母さんと女の子が幸せに暮らしていたけれど、戦争が始まって、お母さんは女の子を森(山?)に逃がしました。
女の子は、森の中で老人に会って、老人の身の回りの世話をしながら暮らします。
老人は、バラ(?)の花びらが全部落ちたとき、女の子にもときたところへ帰るように言って、道を教えて送り出します。
女の子が帰ると、年月が経って、ボロボロになった家で、女の子が帰るのをずっと待ちわびて、老婆になってしまったお母さんが待っていました。

という話だったと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グリム童話「ミリー ―天使にであった女の子のお話―」
ヴィルヘルム・グリム原作、モーリス・センダック絵

ではないでしょうか。
私もこの絵本、大好きです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4593502195/250-9562138-9726606

Q自立したお姫様の冒険話は?

何日か前にテレビでどなたか有名人の女性が
ご自分の娘さんに読んであげている本として紹介していました。
「何とか姫の冒険???」みたいなタイトルです。
助けられてばかりのお姫様像ではなくて、自分で考えて人生を切り開いていくお姫様だそうです。
表紙はお姫様が馬に乗っている姿でした。
ご存知の方は教えてください

Aベストアンサー

たぶんあっていると思うのですが
「アリーテ姫の冒険」かと思います。
http://www.bk1.co.jp/product/624270

わたしも好きで持っています。

まだ観ていないのですがアニメーションにもなっています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000075AVK/250-5420248-6033049

あっていますでしょうか。

Qお姫様・魔女愉快なお話絵本

お姫様が出てくる物、魔女が出てくる物で愉快な絵本をご存じないですか。

Aベストアンサー

とりあえず魔女で。
「しつれいですが魔女さんですか」は愉快というか、暖かくなる本です。
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=12941
たまにはこういう絵本もいいよねと感じさせられると思います。未読でしたらぜひどうぞ。

Q本当は頭がいい王子、ガラスの心臓を持つお姫様の童話のタイトル

子供の頃に読んだ本のタイトルが思い出せず数十年もんもんとしています。読んだのは30年近く前ですが、その本は親戚からいただいたおさがりで、私の手元に来た時点ですでにかなり古いものでしたので、40~50年近く前のものの可能性があります。

文庫本より少し大きめで、段ボール紙のカバーに入れられていました。中身は黒一色の印刷で、ザラ紙のような質の悪い紙でした。挿絵はペン画で上下2段の上段に挿入されていました。
全何巻だったかは分かりませんが、うちには3冊程度同様の装丁のものがあったので複数巻にわたった全集だったかもしれません。

1話が5p~10p程度の外国の昔話ばかりが収録されていましたが、話の内容がかなりかわっていて、子供向けとはいえ、高年齢対象の話だったかもしれません。読んでいたのは幼稚園から小学校低学年の頃でしたので、ふりがななどは打ってあったと思います。

特に印象深く記憶に残っているお話が「本当は頭がいい王子の話」と、「ガラスの心臓を持つお姫様の話」の二つです。
かなり変わった話で、作者の推測すらつきません。検索してもこれまで見つかったことがなく、知っている人に会ったこともないので、一縷の望みを託して質問させていただきます。どんな小さな手がかりでも御存知の方がいらっしゃると嬉しいです。

「本当は頭がいい王子の話」
ある国の王子は非常に頭が良かったが、あまりに賢すぎる為に大臣や王様からもうとまれ、嫌われていた。ある時山にソドムとゴモラ(この名称はこの絵本で初めて覚えました)がやってきて大暴れし、誰も退治できないでいて困っていたのを、王子様はその知略であっさりと退治して帰ってくる。けれど、王様はそういう王子をかわいくないと感じ、せっかく良いことをしたのに周りの誰も感謝すらしてくれない。

ある時、王子は町で魔法使いに出会い、恩を売った御礼に1つだけ魔法をかけてやろうと言われる。そこで王子は「実際には今まで通り頭がいいままなのだが、周りの人には今よりもうちょっと頭が悪く見えるようになる」魔法をかけてもらう。

天才ではなく、普通程度に賢く見えるようになった王子様はそのおかげで周りの人に好かれるようになる。

その後王子様は隣国の美しいけれども頭の悪いお姫様と結婚するのだが、お姫様だけが時々「不思議ですわ、私時々あなたがものすごく頭のいい人なんじゃないかと思うんですの」と言うのだった。

「ガラスの心臓を持つお姫様の話」
・ある国にガラスの心臓を持つ3人のお姫様がいた。ガラスの心臓は壊れやすい為、王様は3人のお姫様を大事に育てていたが、ある時一番上のお姫様が階段でつまづいた拍子に心臓にヒビが入ってしまう。
王様はそれがきっかけで、あと二人のお姫様も同様な目に遭わないように、お姫様を守ってくれる結婚相手を探す。
真ん中のお姫様と末のお姫様はそれぞれ全く違ったタイプの結婚相手をその中から選ぶ。
が、真ん中のお姫様は不幸にもガラスの心臓が壊れて死んでしまう。
3人目のお姫様が選んだ相手はさえない男だったがお姫様を一生大事にし、お姫様は幸せに暮らした。

お話のオチは、一番目のお姫様で、
「1番目のお姫様はその後どうしたって?
彼女はひびの入った心臓をかかえたまま何事もなくおだやかに年をとり長生きした。ヒビの入ったコップほど、長持ちしたりするものでしょう?」
というような言葉で締めくくられていました。

子供の頃に読んだ本のタイトルが思い出せず数十年もんもんとしています。読んだのは30年近く前ですが、その本は親戚からいただいたおさがりで、私の手元に来た時点ですでにかなり古いものでしたので、40~50年近く前のものの可能性があります。

文庫本より少し大きめで、段ボール紙のカバーに入れられていました。中身は黒一色の印刷で、ザラ紙のような質の悪い紙でした。挿絵はペン画で上下2段の上段に挿入されていました。
全何巻だったかは分かりませんが、うちには3冊程度同様の装丁のものがあったので...続きを読む

Aベストアンサー

王子様の話は、アンドリュー・ラングの
「りこうすぎた王子」ではないでしょうか?
これも岩波少年文庫に入っていました。

私が昔読んでいたのは「かしこすぎる王子プリジオ」という題で
別の出版社から出ていたもので、細かい点は違いますが、
化け物を退治する話はありましたし、最後の落ちも同じです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報