数学教育に関する雑誌の見出しです。

Assessing Geometric and Measurement
Understanding Using Manipulatives

assess 算定する・評価する
geometric 幾何学的に 幾何の
measurement 測量(測ること)
manipulative 操作的(なぜ形容詞なのにsがついているの?)

文法もよくわからないし、andが何をつなぐのかも
よくわかりません。
どなたか訳していただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

数学教育については全くの素人ですが,とりあえず文法的な構造は,


「geometricな理解度と,measurementの理解度を,manipulativesを用いて評価する(こと)」
と思われます。
andは,「図形分野の理解度」and「量の分野の理解度」ということでしょう。
「幾何」という分野そのものは名詞でgeometryですが,形容詞のgeometricになっているのは,understandingにかかるからでしょうね。
タイトルからして,小学校の算数かなあと思ったのですが,算数ではよく,扱う分野を「数と計算」「量と測定(長さ,面積,体積など)」「図形」「数量関係(比,比例,関数など)」の4つに分けるようです。
manipulativesは,manipulative methods(操作的な方法)でしょう。見出しなので省略されたのかもしれません。
従来は,理解度を評価するためにはペーパーテストをしていたけれど,そうじゃない方法もあるよ,という論文ではないでしょうか。
自信はありませんので,このへんで専門家に席を譲りたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文法ばっちりそうですね!
2行にわたっているので勘違いしていました。
記事の中身もそんな感じです。
(操作は大切!という感じの話でした)
本当に本当にありがとうございました!

ちなみに本文のほうは数学の調査を行った話なのですが
対象学年はアメリカの第4・8・12学年だそうです。
小4中2高3くらいでしょうか。

お礼日時:2001/10/15 04:41

manupilatives = manupilate する物s/的な物s





----------------------------------------
幾何(学)(図形)的理解と数量(かず)的理解の評価
  ─ 教育道具の使用を理解する事 ─
----------------------------------------

 いろいろな教育道具をどう使うと、いかに、幾何と数量を理解させ得るのかを評価する記事かと。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本文を読んだところ、下の方の題がどちらかというと
適しているようです。
教材の話より、操作という活動を通して
幾何と測量?を学習する話だったので・・。
(多角形の面積や周の長さ)
夜中に本当にありがとうございました。
iveは形容詞なので「~的」とつい思ったのですが
そういうことなのですね!勉強になりました!

お礼日時:2001/10/15 04:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBETWEEN A and B, and BETWEEN A and C

BETWEEN A and B, and BETWEEN A and C
このような英文を書きたいのですが何か簡潔に書く方法はないか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何についてかによりますが、例えば
A's relationship between B or C
とかね。

QA and B and C/A, B and C

ネイテブが参加するフォーラム(http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=2909649
)を覗いていたら、

I enjoy traveling, going to museums and theaters.という英文を
I enjoy traveling and going to museums and theaters.と、直されていました。


要するに、A and B and Cにするか、A, B and Cにするかの違いなのですが、何故この場合は、A and B and Cにしなければならなかったのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

I enjoy traveling, going to museums and theaters.は
「旅行をよくします。ミュージアムに行ったり、シアターに行ったりしてね」
と解釈するのが自然です。
つまり、この人の趣味はあくまでも「traveling」であって、その旅先で何をするかというと博物館巡りや観劇を楽しむ、というわけです。

一方で、
I enjoy traveling and going to museums and theaters
と書いてあれば、
この人は旅行が好きだし、博物館や劇場へ行くのも好きなのだな、と解釈するのが自然です。

昔の私は旅先でしか博物館や劇場に行かなかったので、完全に前者でした。ですが、たとえ旅ができなくても、地元で博物館や劇場に行く、という人は後者です。質問者さんは後者だと解釈されて訂正されたのです。

Qsafe and sound は形容詞句?それとも副詞句?

safe and soundの用例として、1) He returned safe and sound.
(彼は無事に戻った。)と 2)All are safe and sound.(全員無事です。)のように2つの言い方が見られます。
2)の場合はbe動詞のあとに補語として置かれる形容詞句でSVCの第2文型をとなると考えられるのですが、1)の場合も補語扱いの形容詞句でSVCの第2文型となるのでしょうか?それともsafe and sound全体を副詞句と考えS+Vの第1文型とかんがえるべきなのでしょうか?
どなたかご存じの方がおられましたら宜しくご教示のほどお願い致します。

Aベストアンサー

safe も sound も形容詞ですので,基本的には SVC と考えた方がいいです。

確かに return という動詞は通常,補語をとりませんが,「~の状態で戻る」という意味合いで,補語に準じて考えることができます。

marry young「若くして結婚する」
die happy「幸せな死に方をする」
のような形や
come running,sit surrounded のような分詞でも用いられますが,専門的には準補語とか,擬似補語と言われています。

He = safe and sound という関係が成り立つことには違いありません。

Q形容詞+名詞+前置詞+動名詞and動名詞…

the confused thought processes that are the hallmark of disorder seem to stem from a general difficultly in focusing attention and filtering out irrelevant stimuli.
障害の顕著な特徴である、その混乱に満ちた思考過程は、注意を行う中で、そして無関係な刺激を選別する中での、一般的な問題から生じるように見える。

特に後半部分(general difficultly in focusing attention and filtering outあたり)
がおかしいと思うのですが、具体的に、どの部分の解釈が及ばなくて、こうなってしまったのか断定できません。どこがおかしいのか判別できないと以後の改善も出来ず、堂々巡りで悩んでいます。
文の構造が読めていないからだと思うのですが、どういった解釈を行い、どういう点に留意して訳していけばよかったのでしょうか。

Aベストアンサー

1)複雑な構文ですが、貴訳は、しっかりそれを捉えておられます。うまく訳せないのは、意味のつながりを見いだせないところにあります。

2)The confused thought processes that are the hallmark of disorder が主部ですね。that は関係代名詞。

「その混乱に満ちた思考過程」と訳しておられますが、the は、that節に規定されていますので、訳さないのがふつうです。訳すと分かりにくくなります。「混乱に満ちた」も複雑ですので「混乱した」と単純化しましょう。

 「混乱した思考過程は」となりますが、こうした抽象表現の場合、時に、ひっくり返すと、日本語として分かりやすくなることがあります。「思考過程の混乱は」のほうが(訳者にも)分かりやすいでしょう。

 他の回答者の方が指摘されているように、that節は、長いですので、継続的に(補足説明的に)訳すとすっきりします。

 ●「思考過程の混乱は、精神の不調の現れであって、」

3)seem to stem from は、「から生じるように見える」 

 これは、とても自然な訳です。

4)a general difficultly in 「一般的な問題」

 このgeneral は、多くの場合、意訳が必要になる言葉です。「一般的な問題」だと、何の事だかぼんやりしますね。general は、細かい点でいろんな例外はあるかもしれないが、全体としてみると次のような傾向がある、というニュアンスです。

 また、difficulty in は、「~するのに困難がある」ということですので、やはり意訳される場合が多いです。でもこの場合は、

 ●「~することが困難になる傾向」と、直訳調で十分です。少しやわらかくして、「~するのが困難になりがちなこと」

5)focusing attention and filtering out irrelevant stimuli「注意を行う中で、そして無関係な刺激を選別する中での」

 ここがずれています。in ~ing を「~する中で」と訳しておられますが、difficulty in ~ing のイディオム性を生かさねばまりません。4の訳とつなげますと、focus できず、filter out できない、ということになりますね。filter out は(フィルターにかけて)取り除く、ということですので、「選別する」だけだと、少し誤解を招きかねません。

 ●「注意を集中し、無関係な刺激を排除する」ですが、よく考えると、内容的には同時進行の過程ですね。そうすると、「必要のない刺激を無視して、注意を集中する」と言ってもいいことになります。

6)2~5をつなげますと、

 思考過程の混乱は、精神の不調の現れであって、必要のない刺激を無視して注意を集中するのが困難になりがちなことから生じるように見える。

 となります。これだと、意味の流れがある程度伝わってくるように思います。

 翻訳に直訳というものはありません。実は全部意訳なのです。

1)複雑な構文ですが、貴訳は、しっかりそれを捉えておられます。うまく訳せないのは、意味のつながりを見いだせないところにあります。

2)The confused thought processes that are the hallmark of disorder が主部ですね。that は関係代名詞。

「その混乱に満ちた思考過程」と訳しておられますが、the は、that節に規定されていますので、訳さないのがふつうです。訳すと分かりにくくなります。「混乱に満ちた」も複雑ですので「混乱した」と単純化しましょう。

 「混乱した思考過程は」となりますが、...続きを読む

Q形容詞+再帰代名詞?:『Dark herself』, she admired men with golden hair and light eyes.

こんにちは、いつもお世話になります。

Colleen McCulloughのAnthony and Cleopataraを読んでいて、初めて「形容詞+再帰代名詞」という組み合わせを見たような気がします。(もしかしたら以前にも見たことが有るのかも知れませんが。)

背景:父親に勝手にネロと結婚させられた女性の心情描写シーン。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『Dark herself』, she admired men with golden hair and light eyes. 『Intelligent herself』, she admired men with great intelligence. On neither count could Nero qualify.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(『』内が形容詞+再帰代名詞の部分です。『』はぼくが挿入しました)

試訳:『Dark herself』, 彼女は金髪で淡い色の瞳を持つ男性を崇拝していた。『Intelligent herself』, 彼女は卓越した知性を持った男性を崇拝していた。 ネロは、そのどちらともみなすことができなかった。

旺文社の「ロイヤル英文法」の2009年版再帰代名詞の用法を復習しましたが、

(1)再帰用法
(2)強調用法
(3)代名詞の所有格+own

しか見当たらず、「形容詞+再帰代名詞」が良く分かりませんでした。

教えていただけないでしょうか? よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

Colleen McCulloughのAnthony and Cleopataraを読んでいて、初めて「形容詞+再帰代名詞」という組み合わせを見たような気がします。(もしかしたら以前にも見たことが有るのかも知れませんが。)

背景:父親に勝手にネロと結婚させられた女性の心情描写シーン。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『Dark herself』, she admired men with golden hair and light eyes. 『Intelligent herself』, she admired men with great intelli...続きを読む

Aベストアンサー

being dark herself
being intelligent herself
ということでしょうが、分詞構文はwhenよりは理由の意味で取る方が
いいのでは?

「彼女自身色黒なので~」
「彼女自身知性があるので~」

という意味に。
再帰代名詞の用法としては(2)の強調の用法ですね。

ごく一部の例外を除いて形容詞は目的語を取れないので、
再帰代名詞を取ることもできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報