出産前後の痔にはご注意!

 自分は今後、何らかの形で、労働者保護ができる職業に尽きたいと考えています。労働者を取り巻く法律や社会状況について話をしたり、時には、代理として労使交渉などをしたり、サービス残業、パワーハラスメントなどで困っている方へアドバイスをしたり、ストレス解消法を助言したり、といったことをしていきたいのです。
 それで、以前に質問させていただき、法律系分野へ進学することをすすめられました。
 そして、いろいろその方面について調べたのですが、おそらく、自分は、社会保険労務士あるいは弁護士を目指したいのかなーと思いました。で、労務管理において、両者の権限の違いや仕事内容の違いは具体的にどのようになるのでしょうか?調べたのですが、はっきりわかりません。
 また、自分の調べたい以外に適切な職業・資格があるのでしょうか?ご指導よろしくおねがいします。
 ちなみにすでにカウンセリングの勉強は開始しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

わたしの経験からだけですが。


仕事をする、仕事をしてもらう、仕事をさせる、仕事をさせられる、仕事をもらう、仕事をさがす、、いろんな立場や主体性がありますね。
人を使って仕事をする場合、安い人件費で成果を挙げてほしいという願望がありますし、使われる立場であれば楽な仕事でいっぱい給料をもらいたいということを考えるでしょう。仕事をもらう立場なら仕事がほしければ無理をしてでも値引きして取ってくるでしょうし、悪い環境で安い給料しか払っていなければ人が集まらず業績も伸びないでしょう。
会社とともに成長したい人もいれば介護などで最低限の生活が維持できるだけの給料がほしい人もいます。

こういった問題に絡む人たちは、人事部、労働組合、弁護士、社労士、監督署、労働委員会、コンサルタントなどです。
一番労働者に近い立場で仕事をするなら人事部を目指すというのも答えかもしれません。なぜなら、会社で人を使う場合はまず人事をルールを決め、魅力的な職場環境にするために日々努力し、最低限の法律だけでなく市場で評価される会社であるための施策をする主体は各企業の人事の人間だからです。たとえば、成果評価を上司がした場合に部下が不満であれば上司の上司である部長や他の部長を巻き込んで個人的に悪い査定をしていないかチェックしますが、そこに人事が同席してアドバイスをします。それでも不満があれば人事が面談したり、組合や外部の専門家を紹介したりします。解決策として配置転換や異動をするのも人事が決めることなので、もしあなたが人事の人間ならあなたの判断の結果が直接的に労働者の利害に影響を与えることになります。
人事部は会社の意向に沿い勝ちなので、組合側が独自に対抗策をとることもあります。組合の執行部や専従職員は現場から選挙で選ばれますが人事労務を専門に日々取り組んでいます。会社と組合が対立した場合は、役所の出番です。自治体の労働委員会とそれをサポートする公務員たちも絡みます。法律系の公務員はトラブルの窓口業務を担っています。社労士は労働保険などの役所への手続きのプロであることが本業であって、労働基準法や安全衛生法はその業務のなかで使います。いわゆる「合法的な首切りの方法」を伝授するのはこの人たちです。仕事をもらう先は企業の人事部だからです。困っている労働者と契約して解決に動くということは法的には弁護士の仕事になってしまいます。
監督署は事件、事故が起きたときに動いてくれますが、人員と体制から個別対応は不可能な状況です。
JRのような事故や工場の爆発を起こせば労働者が死傷しますし近日問題のアスベストやJOCの放射線なども有害です。こういった問題への対策、対応は高度に専門的な技術を要するため技術系のコンサルタント(安全、衛生コンサルタント)がいます。
技術的な中身は幅が広いため業種ごとに災害防止協会といった専門団体があります。安全に仕事をするには技能の研修が必要です。職業訓練指導員とか
幅広く現場に近い仕事をしたいのであればあえて人事部という進路をお勧めします。(上場企業の人事部には社労士や衛生管理者資格くらいいますし、大企業ともなれば、弁護士、産業医、コーチング、産業カウンセラーを持っているところがほとんどです。)また日本の大学教育は実践的でないため、どんな仕事であっても大学を出てすぐにプロのコンサルタントになれるわけではありません。企業で実際の人事経験を積む必要があると思います。法律をしっかり学んで(おまけで社労士とか司法書士くらいとって)自分の希望をはっきり持てば、希望する仕事をすることができるはずです。


このなかに希望する仕事があるかもしれません。
http://www.roudoukyoku.go.jp/link/index.html
http://osaka-rodo.go.jp/
http://www.sangyokoyo.or.jp/
http://www.javada.or.jp/
http://www.zenkiren.com/
http://www.jisha.or.jp/
http://www.toroui.metro.tokyo.jp/
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/
http://www.jisha.or.jp/link/index.html

http://www.ehdo.go.jp/link/index.html

あと、言い忘れましたが日本では個人商店、業務請負、経営者と農業などの1次産業にはこういったサポートがありません。(完全成果主義、自分の身は自分で守る)
こういった立場の人が増えてますし、これからサポートが必要になるかもしれません。(その仕事であなたが食べていけるかどうかわかりませんが)
たとえば飛脚マークのトラックのドライバーは個人商店です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4539718 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく回答いただき光栄です。また、ご意見参考になりました。やはり一筋縄ではいかないと再認識いたしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 23:04

>労務管理において、両者の権限の違いや仕事内容の違いは具体的にどのようになるのでしょうか?



「弁護士」と「社会保険労務士」とは、そもそもの目的が異なります。
「弁護士」は、あくまで法との整合性を第一に判断して、依頼者に有利な答えを考え出し、法的手続きの下に解決を図るのが役割です。
「社会保険労務士」は、会社の人事労務業務の専門的な事項に関して、業務支援をするのが役割です。

どちらも、労働関係の法律に詳しいことから、「労働者の相談にも乗れる」という、副次的な仕事も可能だろうということです。本来業務は別の目的にあります。

むしろ、あなたの希望にストレートにこたえられる仕事は、「労働基準監督署」の監督官でしょう。公務員試験にチャレンジして、労働行政の方を目指す方が、「大きな人助け」が可能かも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無知で大きなこといってすみません。目的そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険労務士とのダブルライセンス

現在社会保険労務士合格に向けて勉強しています。
その後もダブルライセンスをめざして他資格を取ろうと思っていますが、次に狙う資格として、社労士とのダブルライセンスで仕事の可能性が広がる資格はなんでしょうか。
理由なども教えていただけるとありがたいです。
現在は企業の一般職に努めていますが、将来はこの企業の人事部、もしくは独立を考えています。
もちろんまず社労士に合格しないことには・・・というところですが。

Aベストアンサー

non-hope8982さん、こんばんは。

社労士とのダブルライセンスで仕事の可能性が広がる資格と言いますと既にアドバイス
にありますように税理士が一番よいと思います。理由は、顧問先の中小企業において
まず税務申告の需要があって、次に社会保険や労働保険の手続きの需要があるからです。
ただし、税理士は最短でも5科目合格までに2年はかかりますし(完全に試験勉強に
専念した場合です)、社労士と違って登録の際には実務経験が2年以上必要ですので、
時間・労力・費用(独学で合格はほとんど無理なので、大手専門学校への通学もしく
は通信教育が必要)を考えますとあまりお勧めできません。

ですので、コストパフォーマンスを考えますと行政書士でしょうか。現実に私の知人
の開業社労士さん達も行政書士とのダブルライセンスが多いです。ただ、どちらか
と言いますと先に行政書士を取得して、行政書士だけだと独立開業には厳しいからと
次に社労士を取得しているという感じです。そして、社労士と行政書士の双方を活かして
いる方はあまり多くなく、やはり社労士をメインにしてお仕事をされています。

個人的には、今お勤めの会社の人事部において企業内社労士としてお仕事をされること
が可能なのでしたら、それが一番安定していると思います。独立開業は既にアドバイス
にあるように営業力が必要です。

non-hope8982さん、こんばんは。

社労士とのダブルライセンスで仕事の可能性が広がる資格と言いますと既にアドバイス
にありますように税理士が一番よいと思います。理由は、顧問先の中小企業において
まず税務申告の需要があって、次に社会保険や労働保険の手続きの需要があるからです。
ただし、税理士は最短でも5科目合格までに2年はかかりますし(完全に試験勉強に
専念した場合です)、社労士と違って登録の際には実務経験が2年以上必要ですので、
時間・労力・費用(独学で合格はほとんど無理なので、...続きを読む

Q社会保険労務士資格を取った後は・・・

この夏に社会保険労務士資格の取得を目指している者ですが、もし資格が取れた場合の仕事の仕方について、独立開業の目処、一般企業での需要など、具体的に可能な働き方についてご教示ください。

Aベストアンサー

以前にも回答した覚えがあるのですが・・・

一口に社会保険労務士と言っても、開業と勤務ではまったく違います。

勤務社労士の仕事は地味な総務の仕事です。
定型的な仕事も多いですから
資格が無ければどうしても困るというものではありません。

社労士事務所にとって本当に欲しい人材は、
すでに社労士としてのスキルを持っていて教えなくても何でもでき、
開業に色気のない典型的サラリーマンタイプのまじめ人間か、
社労士の業務は少々わからなくても営業のセンスがある人間です。
つまりどちらも開業にはつながらないであろう人間です。

社会保険労務士の主要な業務は地味な総務の仕事ですから、
その仕事の延長として社会保険労務士を捉えれば、
開業・起業という賭けに出ることとの間には相当な乖離があります。
まず自分がそのあたりのバランスが取れているのか
見つめ直してみることが必要でしょう。

日常の地味な業務も黙々とこなせる忍耐力があり、
海千山千の中小企業の社長とも渡り合えるセンスもあるのなら、
資格取得即開業もありです。

Q本当に困った人を助ける仕事がしたい

今の仕事(顧客は主に富裕層です)に嫌気がさしてきました。
子供が生まれてから特にです。

なにかもっと、ほんとうに助けを必要としている人に役立つような仕事がしたいです、どうせするなら。ならばボランティアと行きたいところですが、
収入がなくては食っていけません。
NPOは?と思いましたが、就業の門戸は限られるようですし、特にこれといったスキルもないと思います。(今は事務的な仕事です)

緒方貞子さんは、人道的救助に人道的解決はなし。というようなことをおっしゃっていましたので、甘い考えかもしれませんが、最近頭から離れません。

辛口でも結構ですので助言お願いします。

Aベストアンサー

> なにかもっと、ほんとうに助けを必要としている人に役立つような仕事がしたいです、どうせするなら。

残念ながら、そう思って転職先を探しているうちは無理だと思います。
本当に人を救えるのは、自らも命懸けになったときだけです。お給料をもらいながら、ぬくぬくと活動していて、どうして本当に助けを必要としている人を救えますか?

確かに、今困っている目先のことだけを何とかすることならできるでしょう。病気や怪我を治したり、身体の不自由な方の世話をしたり、お金や物を恵んだりです。
しかし、本当にその人を助けるのなら、自分の力で立ち上がり、自分の足で人生を歩めるようにしてあげることが不可欠です。

本当に困った人を助けるのではなく、人助け気分に浸りたいだけなら、ボランティアにでも福祉活動にでも従事すればよいでしょう。けれども、やがては本当にやりたかった仕事はそんなものではないことに気付き、また矛盾に悩むことになると思います。

ところで、今の仕事に就いている間は、経済的にはそれなりに恵まれているのではないですか?それなら、その状況を活かすことを考えてください。本当に困っている人を助けるには、お金も時間も無制限に費やすことになります。決して綺麗ごとだけではすまないのです。

まずは、仕事云々は抜きにして、目の前で助けを求めている人に、真剣に救いの手を差し伸べてみてください。それができるようになったときには、そのための仕事が嫌でも回ってきます。それは、あなたが本当に必要とされる人間になったからです。そして、何が本当に必要かつ効果的かを、あなた自身が実感できたからでもあるでしょう。

厳しいことを書きましたが、人の役に立ちたいというのは、多かれ少なかれ誰でも持っていますが、それを実践できるかどうかが重要です。どうか、今の気持ちを大切に、どんなに小さなことからでもよいので、自発的に動いてみてください。結果は後から付いてきます。

> なにかもっと、ほんとうに助けを必要としている人に役立つような仕事がしたいです、どうせするなら。

残念ながら、そう思って転職先を探しているうちは無理だと思います。
本当に人を救えるのは、自らも命懸けになったときだけです。お給料をもらいながら、ぬくぬくと活動していて、どうして本当に助けを必要としている人を救えますか?

確かに、今困っている目先のことだけを何とかすることならできるでしょう。病気や怪我を治したり、身体の不自由な方の世話をしたり、お金や物を恵んだりです。
しか...続きを読む

Q生理前にHをして妊娠しますか?

教えてください。

胸が張り出して「あ~もうすぐ生理がくるなぁ~」と思った時に中出ししたのですが、その5日後位に生理がきて、ちょっとガックリしてしまいました。
でもその生理は3日程で終わってしまいました。

元々生理の量が多い方ではないのですが、今回は普通より少し量が少ないかな?って程度の出血量でした。
生理直前にHして生理も予定通りきたのに妊娠している可能性ってあるんでしょうか?

後、中出しした日から今日で10日目なんですが、妊娠検査はいつ頃が適していますか?

Aベストアンサー

>生理直前にHして生理も予定通りきたのに妊娠している可能性ってあるんでしょうか?

有りませんよ。
生理直前はとっくに排卵が終わっていますので、妊娠はしません。

その5日後くらいに来た生理がいつもより経血期間が短くて経血量が若干少なかったみたいですが、たぶん生理だと思います。
それが不正出血(生理以外の出血)だったとしたら、出血量が多すぎませんか。
ほぼ予想通りの日程で起こった出血がナプキンを何枚か替えるような量でしたら、不正出血ではなくて予定通りの生理だと思われます。


>中出しした日から今日で10日目なんですが、妊娠検査はいつ頃が適していますか?

性交に対して確実に妊娠の有無を調べるには、性交した日から3週間後に検査してください。
妊娠すれば確実に陽性になる時期ですし、3週間後に陰性ならば確実に妊娠してません。

Q40代からでは無意味か…

司法書士資格を取りたいと思っているのですが、今から勉強しても、合格するのは40代になっていると思います。

40代から司法書士資格を取得しても無意味でしょうか?

数年事務所で経験を積んで、独立したいのですが…

Aベストアンサー

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾーン金利などの訴訟で賑わっていますが、これから目指すのであれば関係ないでしょう。であれば、今までの経験を生かした特化した法務などもよいと思います。

知っている司法書士法人の代表なんて、資格を多く持っていて、経営ノウハウも持っているため、司法書士法人・土地家屋調査士法人・行政書士法人・測量会社などを運営し、社会保険労務士事務所や弁護士事務所を傘下に置いていますね。さらに介護施設まで立ち上げています。司法書士資格をとっかかりにして多角経営もよいかもしれませんからね。

ただ、年齢からしても、保険は掛けておきましょう。国家資格は絶対合格できるとはいえない試験です。何年も受験し続けて合格できない人も多いですし、1年で合格できるような人もいます。合格できなかったときのことを考えて、定職は失わない方が良いと思いますね。

司法書士であれば、弁護士事務所などで下働きするのも経験ですし、合格後は何とか就職できるのではないですかね。最悪、未経験のまま開業してしまうのもありではないですかね。

ありだと思いますね。

私は30代半ばですが、時間とお金があれば挑戦したいですね。

私自身補助者として税理士業界にいましたので、士業人脈を大切にしています。
私の知っている事務所は、司法書士の随時募集を常にやっていますね。
その事務所で特に仲の良い司法書士から聞きましたが、独立する前に司法書士法人に就職することで、住宅ローンなどを組みやすくし、経験とローンのほとぼりが冷めたころに独立する人が多いため、若手の先生は入れ替わりが多いと言っていましたね。

現在司法書士業界はグレーゾ...続きを読む

Q労働局で働くには

現在、公務員志望の大学生です。

私は将来的には労働局に勤めたいと考えています。
労働基準監督官としてではなく一般職員としてです。

そこで質問なのですが

 1 労働局は厚生労働省管轄の組織ですよね?なので労働基準監督官の試験ではなく国家一般の試験を受けて、厚生労働省の職員として就職することになるのですか?

 2 労働基準監督官でなくとも、労働基準監督署で働くことはできますか?

お願いします。

Aベストアンサー

>1.
 ・試験は、国家公務員採用試験(一般職試験「大卒程度試験」「高卒者試験」)を受験し合格
 ・希望ブロック(労働局は全国で10ブロックに分かれています)の面接を受けて合格・・厚生労働事務官として採用
 ・厚生労働事務官として地方出先機関での勤務(都道府県労働局・ハローワーク・労働基準監督署)
>2.
 ・厚生労働事務官として労働基準監督署での勤務は可能

・詳しくは、下記をご覧下さい(上:北関東ブロックのご案内、下:東京労働局の採用案内)
http://ibaraki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/ibaraki-roudoukyoku/soumu/recruit/h2602_together.pdf
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/roudoukyoku/saiyouannnai.html


人気Q&Aランキング