初歩的な質問で恐縮です。自分でも調べたのですがなかなか難しくわかりません。どうか噛み砕いて教えてください。レーザープリンターとインクジェットプリンターそれぞれの特徴と、お互い比較して勝っている点、劣っている点教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。



 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが、その分一回の交換で大量印刷が可能です(大抵A4版で6000枚程度)。
 欠点は機体が大きいことと、消費電力でしょうか。もっともコスト計算には含まれていますが、原則としてアースが必要になりますので、場合によっては設置費がかかることもあり得ます。
 トナー+普通紙の組合わせと云うことで、耐水性はありませんが屋内で保存する分にはかなり長い期間の保存が可能でしょう。

 インクジェットの場合は、基本的に専用紙、または専用に加工された用紙を使いますので、どうしてもランニングコストがかかります。ただ、用紙のバリエーションは豊富です(顔料系インクを除く)。
 総じて小型ですが、インクの耐用期間が比較的短く(大抵半年程度)、一回の交換で印刷できる枚数もレーザーほど多くないので、印刷枚数が多い場合は頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなります。
 インクの種類によって耐候性や耐水性に差がありますが、写真レベルの印刷には向いています。
    • good
    • 17

しくみの違いについては既出なので・・・



私は6~7年前に当時は高価だったレーザーを買いました。(約10万円!で今ならカラーレーザーが買えますね)
理由として
・テキスト印刷がほとんど
→カラーは無用の長物

・使わないときは2ヶ月くらい使わない
→インクジェットはたまに使わないと詰まる

・一気に100枚くらい印刷するときもある
印刷中に一回はインク交換が必要

結局このような使い方の人にインクジェットは向いていないのです。
    • good
    • 13

レーザープリンター:


レーザー光を利用して感光体にトナー(黒炭の粉)を
付着させ、それを熱と圧力で紙に転写して印刷を
行なうプリンタ。
原理は複写機(コピー機)とほとんど同じ。

 コンピュータから送られてくるデータをページ単位で
画像イメージに組み立て、そのイメージに従って
ドラムと呼ばれる感光体にレーザーを照射、
トナーを付着させる。
これを熱してトナーを溶かし、紙に押し付けて印刷を行なう。

・高品質で高速に印刷することができ、動作音も静か

・装置が大きくて重く、発熱量や消費電力が大きい、
トナーやドラムなどの消耗品が高い

インクジェットプリンター:
 インクの微細な粒子を紙に吹き付けることにより印刷を
行なうプリンター。
 セイコーエプソンのマッハジェット方式は圧電素子に
よって、
キヤノンのバブルジェット方式やHewlett Packerd社の
サーマルインクジェット方式はインクに熱を加えて生じる
気泡によってインクを射出している。
    • good
    • 10

レーザープリンタは、いわゆるコピーと同じ原理です。


静電気でトナー(微粒子状の粉ですね)を紙に貼りつけて固めます。
インクジェットプリンタは、インクを紙に吹き付けて着色すると思って下さい。

印字の速さでは、圧倒的にレーザーだと思います。
きれいさはどうでしょうね。最近はレーザーでも高画質のものが出回っていますが、写真並みの画質を期待するならインクジェットでしょうね。でも紙質によってはインクジェットはにじみますから、使い分けが重要になると思います。
本体価格やインク代はインクジェットの方が安いですね。
    • good
    • 11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザープリンターとインクジェットプリンター

レーザープリンターとインクジェットプリンター

レーザープリンターとインクジェットプリンターの両者の現状での比較で意見をいただきたいとおもいます。トナー、インクのランニングコストとか白黒とカラーの使い分け(ランニングコストに関係するものをふくめて)、不満不平、、、使い勝手
最近の現状に疎いので何でもいいですからコメントください。個人、会社、、そのたいろんな立場、観点からのコメントお待ちしてます。

Aベストアンサー

>これはトナーとインクのひかくでしょうか?


トナーだけでなくドラムの交換が必要な機種もあります。要するに消耗部品全てを比較します。

Q一番インクコストが安いインクジェットプリンターは何ですか?

エプソンのプリンターが一番綺麗でインクのコストがキャノンより安いと聞いてましたが、いざ使ってみるとA4サイズで20枚位しか刷れませんでした。インクジェットはこれでもコストが安いのですか?それとも初期不良でしょうか?丁度友達も今度買い換えるので一番綺麗でコストが安いプリンターを教えて下さい。特にエプソンとキャノンはどちらがいいプリンターなのか本当の事が知りたいです。僕は店の人に騙されたんでしょうか?なんか悔しいです、、、

Aベストアンサー

Q/初期不良でしょうか?

A/それは、どうでしょうね。エプソンのプリンタで多いのは目詰まりがおきやすいヘッド構造であるため、クリーニングが多く、クリーニングに掛かるインクが結構多いことですね。そのため、利用率が低い場合はエプソンのプリンタはどこよりも高く付くことがありますね。まあ、型番によりますけどね。
あと、ドットカウント方式ですから、インク切れと出ても、エプソンのインクカートリッジはまだ20%以上ぐらい中に残っていて、非経済的というのも実際にある。
Q/インクジェットはこれでもコストが安いのですか?
A/A3のPM-4000PXはコストが高いですね。後は、それほど大差ないでしょう。ただ、この場合は高いでしょうね。エプソンでは、結構この手の話多いですよね。まあ、20枚は極端な点もあるかも知れませんが、印刷枚数が極端に他社より少なくなることがあるという話ですね。一体型インクは特にそういう場合が多いようです。

ただ、総合的なコストは
エプソン、キャノン、HPの3社ならどこも同等ですね。後は利用目的次第で、何とでもなります。重要なのはその目的にあった製品を選んでいるかですね。

Q/一番綺麗でコストが安いプリンターを教えて下さい。特にエプソンとキャノンはどちらがいいプリンターなのか本当の事が知りたいです。

A/画質の頂点はエプソンではなく既にHPの方が強いですね。見てびっくりのDeskJet5551/5550がエプソンを越えたのは、間違いないですね。ただし、写真印刷のインクコストはかなり高いですけどね。まあ、インクの実売価格は多少安いので、場合によっては逆転することも。

主に、画像印刷よりテキスト、カラー印刷が多い方なら、強く推奨できますね。何せ、インクの交換頻度はキャノンやエプソンなど比にならないほど少なくて済みますからね。カートリッジ本体はただし高いですが、実売で考えると場合によってどこよりも安いです。(6色写真印刷を除く4色印刷のみ)
この機種は黒は全機種顔料、染料系カラー印刷。
まあ、参考までに・・・

キャノンとエプソンでは、万人向けする画質はエプソンですよね。原色ベースではなく、NaturalColorを使いますから、見た目派手で一般受けする画質ですね。特に繊細なドットです。インクは、上位なら独立インクでしかも安いのでまあ、低コストですね。ただし、写真印刷を主にすること、定期で良く印刷をする場合に向きます。
年に数えるほどの数回程度であれば、維持費は高くなる傾向にあります。

ちなみに、PM4000PXを除き全機種が染料系インクを利用しており、はがき印刷などで表面を印刷するときなどに色ニジミがおきやすい傾向にあるのでご注意を・・・

キャノンは、一般には好まれない画質ですね。ただ、原色に極めて近いのがこれですね。(私はこれが好きですけどね)デジカメなどから出力すると気づかないことが多いですが、そのままの思った色合いを出すならベストでしょう。Fタイプが写真専用の6色インクジェット(全色染料系)とSシリーズの4色インクジェット(黒のみ顔料)がある。
前者が主に写真印刷をする場合で、写真印刷でエプソンの2~3倍以上の速度で写真印刷できます。
後者が、主に文章を印刷する場合で、世界最速の印刷エンジンを搭載。色ニジミはおきにくい。一方はHPに対抗したもの、一方はエプソンに対抗となり、HPとエプソンの中間に当たる。

こちらは、全機種独立インクを利用しており、なくなった色だけを交換できます。また、インクカートリッジにプリズム機能を搭載しており、エプソンのようにインクがカートリッジに残ることがまずないです。無駄はないですね。インクコストは、独立であるため、使えば使うほど安くなるのは確かです。この理由はなくなった色だけを交換するため、総合カートリッジより結果的に安く上がります。短期で結果は出ないです。

<用語>

顔料系インク=顔料を利用したインクで耐光性に優れたインクで、経年劣化が極めて低いインク。
ただ、浸透性が低いため、にじみが少なく用紙を選ばず印刷できる。反面、色のりが染料系より悪い。
ニジミが少ないためHPやキャノンではブラックインクのみに、顔料を用いていることが多い。黒を顔料にすると黒が本当に「黒」で出力され見栄えが良い。
エプソンでは、PM-400PXでのみ全色顔料を利用。ただし、インクはまだ高い。
染料系インク=主成分に染料を用いたもの。
浸透性が高く、鮮やかな発色が可能。その反面、専用紙以外では、にじみが起きやすいなどの問題がある。特にブラックの色が顔料に比べ灰色っぽくなる傾向にある。
顔料に比べ、耐光性などが低く劣化しやすい。

用語以外は、あくまで私の評価ですけど・・・
いかがでしょう。

Q/初期不良でしょうか?

A/それは、どうでしょうね。エプソンのプリンタで多いのは目詰まりがおきやすいヘッド構造であるため、クリーニングが多く、クリーニングに掛かるインクが結構多いことですね。そのため、利用率が低い場合はエプソンのプリンタはどこよりも高く付くことがありますね。まあ、型番によりますけどね。
あと、ドットカウント方式ですから、インク切れと出ても、エプソンのインクカートリッジはまだ20%以上ぐらい中に残っていて、非経済的というのも実際にある。
Q/インクジェッ...続きを読む

Qインクジェットプリンター買い換えに際しての、インクカートリッジの扱いは?

プリンターの故障で修理するより買い換えた方が得なようなので買い換えを考えています。しかし予備の新品のインクカートリッジがあります。この不使用のインクカートリッジを下取りしてくれるような所はあるのでしょうか?新規にプリンターを購入する時に、お店で交渉すべきでしょうか。みなさんは、通常、買い換えなどで余ったインクカートリッジはどうされているのでしょうか。何かアドバイスがあればお願い致します。

Aベストアンサー

HARD OFFなどの家電リサイクル店にでも持ち込めば買い取ってもらえると思います。

Qインクジェット方式のプリンターと昇華型のプリンターの違い

近くに、キャノンのコンパクトフォトプリンターを買おうと思いますが、DS700はインクジェット方式インクはイエロー、マゼンタ、シアンの一体型インクでCP330は昇華型です。この2つのプリンターを比べてインクジェット方式と昇華型のプリンターは印刷したときにどちらの方がきれいに見えるのですか?

Aベストアンサー

両者では昇華型の方がきれいです。

解像度の表記は紛らわしいんですよ。
インクジェットプリンタはドットによって階調を表していますが
昇華型はピクセルによって階調表現をしています。
ドットは一つの点で色があるかないかの2階調しかもてませんが
ピクセルは一つの点で様々な階調を出すことが可能で
1ppiは16dpiに相当します。

昇華型のCP300は正確に言うと300×300ppiで
dpiに換算すると4800×4800dpi相当の解像度を持っていることになるんです。

昇華型が1粒で256階調出せるところをインクジェットでは16×16の粒が必要となるので
粒状感を出さないためにライトマゼンダなど中間色を採用して6色や7色使うことでその欠点を補っています。

6色以上のインクを採用している機種では昇華型との画質の差はあまり分からなくなってきていますが
4色機のインクジェットでは昇華型とは差ははっきりと分かると思います。
まして3色のDS700ではとても昇華型にはかなわないでしょう。

コストはインクジェットの方が安いと思いますがは
高いプロフォトペーパーでのプリントが前提になるでしょうし
インクも一体型でインクのコストもすごく安くはないような気もします。

両者では昇華型の方がきれいです。

解像度の表記は紛らわしいんですよ。
インクジェットプリンタはドットによって階調を表していますが
昇華型はピクセルによって階調表現をしています。
ドットは一つの点で色があるかないかの2階調しかもてませんが
ピクセルは一つの点で様々な階調を出すことが可能で
1ppiは16dpiに相当します。

昇華型のCP300は正確に言うと300×300ppiで
dpiに換算すると4800×4800dpi相当の解像度を持っていることになるんです。

昇華型...続きを読む

Qインクジェットプリンターの補充インク

インクジェットプリンターの補充インクについて教えてください。
NETショップや100均に売ってる補充インクは同じ染料インクでもキャノンとエプソン用で別れています。
性質とかどのへんが一番違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ物、あたかもメーカー専用品の如く販売しているだけです。
(以前、ヤフオクで販売業者に問い合わせた経験有り。あっさり「全く同一品、箱が違うだけ」と回答が来ました)
安価な商品なのに、メーカーによって成分を変えるなんて面倒なことをしていたら利益は出ませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報