痔になりやすい生活習慣とは?

お世話になります。
支払督促(売買代金請求事件)後、相手より異議申立が行なわれました。
異議申立後は、通常訴訟へ移行と聞き及んでおりますが、どの様な流れ(手続き)になりますでしょうか・・・?
申立を受理した簡裁が、通常裁判案件?として自動的に取り扱うのでしょうか・・・?
それとも、再度通常裁判としての申立を行なうのでしょうか?
出来る限り自分で処理したいと考えておりますが、通常裁判となれば弁護士を入れた方が宜しいでしょうか・・・?
ご経験がある方がいらっしゃいましたら、ご指導賜れば幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 督促意義によって,督促手続は自動的に訴訟に移行します。

その段階では債権者は何もする必要はありません。

 しばらくすると,簡裁か地裁(請求金額によって違う)から,補正命令というものが送達されてきます。これに従って,手数料不足分の印紙を納付し,あわせて,訴状に代わる準備書面という書面を出します。これは,支払督促申立書の「請求の理由」を詳しく書いて出すものですが,支払督促申立書に詳しく書いてあれば,出さなくても問題ありません。この訴状に代わる準備書面には,証拠の写しを付けて出すことができます。例えば,借用証があれば,その写し(コピー)を,「甲第1号証」などとして提出します。

 これが済むと,口頭弁論期日呼出状が送達されてきますので,口頭弁論期日に裁判所に出頭することになります。

 弁護士を委任するかどうかは自由ですが,相手方の争う理由によって違ってくるところがあります。督促意義は,請求に争いはないが,裁判所で話し合いをしたい(和解したい)という意味で出されることもあります。それなら弁護士を委任する必要はあまりありません。しかし,証人尋問までして徹底して争うということになれば,弁護士を委任する方が賢明です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

law_amateur様、お礼が遅くなり申し訳ございません。
ご丁寧なご回答有り難うございます。
>督促意義は,請求に争いはないが,裁判所で話し合いをしたい(和解したい)という意味で出されることもあります。
そうなれば、お互い手間が省けますね・・・願うばかりです。
有り難うございました。

お礼日時:2005/07/19 19:27

 ちょっと補足しておきます。



 支払督促が訴訟に移行した後には,必ず手数料の印紙を納付するようにとの補正命令が来ます。訴額によって来たり来なかったりするものではありません。

 というのは,支払督促の手数料は,訴訟の手数料の半額とされている(民事訴訟費用法別表第1の10項)からで,訴訟に移行したからには,その差額分(したがって支払督促申立てのときに納付したのと同額)の手数料を納付しなければ,訴えの提起自体が不適法になるからです。

 それと,この前は言い忘れましたが,郵便切手の予納も求められます。これがないと相手方に期日呼出状を送達することができません。

 この辺のことは司法書士であれば,当然に知っていることです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

law_amateur様、度々恐縮です。
裁判所からの連絡を待つ事に致します。
心の準備が出来ました。有り難うございました。

お礼日時:2005/07/19 19:33

民事訴訟法395条をみますと「適法な督促異議があったときは・・・簡易裁判所又は地方裁判所に訴えの提起があったものとみなす。

」となっています。
従って、訴額によっては貼用印紙の追加もあるでしようが、その先は、「口頭弁論期日通知書」がきます。
あとは攻撃防御の方法で主張と立証すればいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tk-kubota様、何時もご回答有り難うございます。
先ずは、裁判所からの通知を待つ事に致します。
その間に、やり取りしたドキュメントや請求書等を、整理して置いた方が良いですね・・・。
有り難うございました。

お礼日時:2005/07/19 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払督促で裁判をしましたが無駄になりました。

今年7月にオークションで詐欺に合ってしまいました。
加害者は司法の場で戦いましょうと言ってきたので、
支払督促の裁判を行い債権者である私は出廷、債務者は欠席でした。

裁判官が下した内容は「和解に代わる決定」でした。
毎月2万円を5か月間で債権者に返金する旨。
1日でも遅れれば強制執行でき、年利5%の追加税があるというものです。

しかし、この期に及んで債務者は生活保護者である為、保護金からは支払えない為、支払うためには神奈川県知事に依頼書を書いてくれと文書を送ってきました。

そして債務者はこの裁判結果に対する異議申立書を出して結局裁判の振り出し。

この後再度裁判をするべきか、少額訴訟に切り替えるか悩んでいます。

債務者本人は精神障害3級を患っており生活保護者であります。
しかしオークションで2次的な高額副収入を得ているにもかかわらず、生活保護金だけでぎりぎりの生活をしているという。

債権者の私は東海地方に住んでおり 今回の支払督促で債務者の住む横浜まで行ってケリをつけようと思いましたが、無駄に終わってしまいました。

再度裁判をしてもまた債務者に(身勝手な)異議申し立てや控訴されるとこちらの労力と時間が無駄になってしまいます。

今後の労力を考えると、確実な返金(約10万円)を得るにはどうしたら良いでしょうか?

債権者(私)が住んでいる地域で少額訴訟をした方が良いのでしょうか?

今年7月にオークションで詐欺に合ってしまいました。
加害者は司法の場で戦いましょうと言ってきたので、
支払督促の裁判を行い債権者である私は出廷、債務者は欠席でした。

裁判官が下した内容は「和解に代わる決定」でした。
毎月2万円を5か月間で債権者に返金する旨。
1日でも遅れれば強制執行でき、年利5%の追加税があるというものです。

しかし、この期に及んで債務者は生活保護者である為、保護金からは支払えない為、支払うためには神奈川県知事に依頼書を書いてくれと文書を送ってきました。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

支払督促に対して相手が異議を申し立てしたため通常裁判に移行した。
裁判に相手が欠席しそのまま支払い命令が出た。
それに対して相手は更に異議申し立てをして再審になる運びである。

小額訴訟も基本は一回で結審するのですが異議の申し立ては可能ですのでまた一から説明し直し‥というよりは一度は結審した裁判を継続する方が間違いなく良いと思います。

>今後の労力を考えると
>債権者(私)が住んでいる地域で少額訴訟をした方が良いのでしょうか?

手間?労力とか言っているようでは相手は絶対に逃れる気持ちでいるので回収は不可能です。
基本的には相手側の居住地域での裁判になりますが債権者の申し立てが認められれば管轄裁判所を改める(前回の続きの裁判は不可)こともできます。
移動経費などの裁判費用を相手の支払い金額に付加する請求も可能ですが距離が遠いだのという意識では更に銀行差押以降の回収段階は困難を伴う相手と想像されるので今のうちに断念した方が良いのかもしれません。

判決が確定してからはオークションで使用している口座を差押するわけですが現金を移して隠蔽する可能性があるのでスピードが決め手となります。
生活保護費は差押できませんが銀行に入ってしまえば手段はあるのです、がそこまでゴネられると素人の手に負えないかもしれません。
相手を潰すか諦めるかのいずれかです。

小生は同様の詐欺販売手口を相手に北海道から埼玉まで3往復して飛行機、地下鉄代金の果てまで全て8ケ月かけて回収した経験があります。相手は諦めるのを狙って引き伸ばし作戦をしてくるのです。

支払督促に対して相手が異議を申し立てしたため通常裁判に移行した。
裁判に相手が欠席しそのまま支払い命令が出た。
それに対して相手は更に異議申し立てをして再審になる運びである。

小額訴訟も基本は一回で結審するのですが異議の申し立ては可能ですのでまた一から説明し直し‥というよりは一度は結審した裁判を継続する方が間違いなく良いと思います。

>今後の労力を考えると
>債権者(私)が住んでいる地域で少額訴訟をした方が良いのでしょうか?

手間?労力とか言っているようでは相手は絶対に逃れる...続きを読む

Q東京簡易裁判所からの特別送達

東京簡易裁判所からの特別送達

本日帰宅したら、東京簡易裁判所からの特別送達の不在票が投函されていました。

携帯代がたまり、しばらく払っていなく、なんども督促されていて、それでも払えずにいるため、訴えられてしまったのでしょうか。

明日郵便局に取りに行きますが、不安です。

Aベストアンサー

東京簡易裁判所からは1回目の送達でしょうか?
1回目であれば支払督促だと思います。
恐らく、その書類に同封されている答弁書にいつから支払えるか記入する欄があります。
一括では無理だが分割なら支払える、月々いくらなら支払える等と記入をして裁判所に送り返します。
異議は申し立てないと相手側の言い分で判決が出てしまいますから気を付けて下さい。

参考になりそうなURLを添付しておきますね。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1421393509

Q裁判所への答弁書の提出は遅れても大丈夫でしょうか?

損害賠償の訴訟を起こされております。裁判は初めてなのでよろしくご教示頂ければ幸いです。
【経緯】
近隣の方から、不当と思われる賠償を請求されたので先方に必要と思うなら裁判を起こしてもいいと(弁護士を通して)回答いたしました。
その後、裁判所より当方に訴状が届き、口頭弁論期日(第1回)に出頭するよう呼出がありました。現在、(郵送にて)弁護士に訴状等を渡し、一切の処理をお願いしております。
口頭弁論期日の6日前に弁護士とは対応方針の打ち合わせをする予定になっております(→下記(2)の1日あとです)。
裁判所からは以下の要求があります。
(1)意見書の提出(期限:早急に)・・・これまでの経緯、連絡先等を訪ねるアンケートのようなもの
(2)答弁書催告状(期限:口頭弁論期日の1週間前までに提出)
(3)口頭弁論呼出(当日裁判所に出頭)
【教えて頂きたいこと】
弁護士(事務所の事務の方)は、上記(1)、(2)の書類は、期限に遅れても問題ない。弁論期日当日に持参すればいいとのことで、弁護士と当方との打ち合わせ期日は、前述のように答弁書提出期限後に設定されました。
2度、期限に遅れても大丈夫ですかと弁護士事務所の事務の方には念を押したのですが、大丈夫とのことです(電話をすると事務の方が出て対応され、直接弁護士とは話をしておりません)。
弁護士(事務所)のきげんを損ねてはまずいと思い、それ以上の確認(打ち合わせ期日の前倒しの依頼)はしておりませんが、裁判は初めてで答弁書の提出が裁判所の指定期日に遅れても大丈夫か非常に心配しております。
なお、事務所の方からは第1回目は答弁書の提出程度で終わる(当方の出席は必要ない)と言われております。
よろしくご教示頂ければ幸いです。

損害賠償の訴訟を起こされております。裁判は初めてなのでよろしくご教示頂ければ幸いです。
【経緯】
近隣の方から、不当と思われる賠償を請求されたので先方に必要と思うなら裁判を起こしてもいいと(弁護士を通して)回答いたしました。
その後、裁判所より当方に訴状が届き、口頭弁論期日(第1回)に出頭するよう呼出がありました。現在、(郵送にて)弁護士に訴状等を渡し、一切の処理をお願いしております。
口頭弁論期日の6日前に弁護士とは対応方針の打ち合わせをする予定になっております(→下記(...続きを読む

Aベストアンサー

期限を遅れても何ら問題ありません。

第1会口頭弁論期日は被告の都合を聞かずに勝手に決められているの
で、この期日までに被告の準備が間に合わないことはよくあります。
その場合、答弁書は、「詳しいことは後で主張します」というだけの数
行で済ませることすらあります。

また、口頭弁論期日の前日に答弁書を出す弁護士も珍しくはないです。

もっとも、期日1週間前に詳しい答弁書を出せれば、それにこしたこと
はないですがね・・・

第1回期日は、双方が訴状と答弁書を出すだけの期日ですので、大した
審理は行われません。
裁判所が、「被告の方の準備が十分でないようだな」と判断すれば、
「じゃあ、次回被告の方で詳しい反論をお願いします。」ということに
なるでしょう。

Q(民事)訴訟の取下げについて

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取下げを撤回し、訴訟を維持することが可能ですか?
現在、民事で提訴されており、原告から取り下げるとの連絡を受けました。(第一回期日前です。)
しかし、取り下げ書が提出され、取り下げの送達が来るまでは安心出来ないと思うのですが、送達が来た後ならば、もはやその訴訟は取り下げられたもので、原告が再度提訴に至らない限りは既に訴訟は消滅していると解して良いものか、それとも提出後、または送達後、原告には撤回する猶予が与えられているものなのかが分からず、困っています。
ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

民事訴訟(控訴も含む)で、期日前に原告が訴えを取り下げた場合の流れを教えて下さい。
まず、原告(代理人)が取り下げ書を提出した場合、裁判所がそれを受け取ってから、取下げが確定するまでにはどのような過程を経ますか?
受け取り、書面に不備が無く、受理された時点で確定でしょうか?
民事訴訟法では、被告に送達しなくてはならないとあるようですが、この送達と、その後の2週間の条文は、取り下げが確定するかどうかに関係していますか?
また、裁判所が受理=取り下げ確定、でない場合、原告はその取...続きを読む

Aベストアンサー

第一回口頭弁論開始前であれば、取下げに被告の同意は不要なので、手続といっても、取下書を裁判所に出すだけです。取下げ書が提出されると、裁判所はこれを被告に送達し、送達が終れば、裁判所の手続は終わりです。

送達されなくても、取下げの効果は取下げ書の提出で、既に生じており、送達は、被告を手続的に保護する意味合いしかありません。

再度の訴え提起の可能性について述べておられますが、弁論前に取り下げられた場合、既判力は生じておらず、再度、同じ訴えを起こすことも禁じられてはいません。

しかし、何度も同じ訴えを起こしてくることは、将来、同じ訴えを起こされたら証拠として出し、訴えの濫用に基く損害賠償を求める根拠となると思います。

また、取下げの撤回はできません。
取下げには、確定と言う観念はなく、2週間で確定というようなことも考えておられるようですが、これも考える必要のないことです。

裁判所に、取下げ書が出ているか聞かれたら、答えてくれますよ。問い合わせの際には、事件番号を伝えることをお忘れなく。

Q支払い督促→通常訴訟後の手続き、「補正」とは何

マンションの管理費滞納で相手から督促異議申し立てがありました。

異議の内容は根拠がなく、訴訟で勝てると相談した弁護士からは電話で言われましたが、具体的にはどのようになるのでしょうか?

裁判所の諸費用の支払いは問題ありませんが、弁護士無しで理事長(私)と管理会社で実施しようと思っています。

既回答に「大抵,地裁では,訴状に代わる準備書面を提出すること,を補正命令をもって,命じ,その期間は,該命令書の到達の日から2週間以内」という記述がありましたが、「補正」とは具体的にどのようなことでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判所が「手続き上の不足や不備を補って正す」のを目的に「○○をしなさい」と命令するのが「補正命令」です。

具体的な命令の内容は、その時々により異なります。

例えば、裁判所が「いきなり訴状を出すんじゃなく、準備書面の提出が必要だろう」と判断した場合、訴状を出そうとした原告に対し「訴状じゃなく準備書面を出しなさい」と「補正命令」を出します。

例えば、裁判所が「提出された準備書面に、原告側の電話番号が記載されてない。記載の必要があるだろう」と判断した場合、準備書面を提出した原告に対し「準備書面に電話番号を記載して再提出しなさい」と「補正命令」を出します。

「準備書面を出しなさい」と言う単純な命令も「補正命令」な訳です。原告側が何かを補正せねばならない、と言う訳じゃありません。

「補正命令」と言う名称が素人には判りづらいですね。「ここを補正しろって命令される」と勘違いしますよね。

Q支払督促からの通常訴訟は強制?

支払督促を送ろうと思っているのですが一点疑問があります。
支払督促を送って相手が異議を申し立てた場合通常訴訟にうつりますよね?この通常訴訟は絶対行わなければいけないのでしょうか?

手頃に行える支払督促で相手がすぐ支払ってくれれば良いのですがもし支払らわなければ少額訴訟を行おうと考えていたのですがもし通常訴訟が絶対なら支払督促は控えようかなと思っているのですが実際のところどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

先の回答は先月の話で、私が支払督促を申立て、相手方が異議申立をしたので、裁判所書記官から電話があり、通常訴訟を行うか、取り下げるか問われました。なので取り下げも可能です。(私は通常訴訟をしましたが・・)

Q裁判所からの特別送達を受け取るか否か?困ってます!

今日帰宅すると、郵便局からの不在票があり、特別送達がきているとのことで、驚きました。
私には、相手が薄々分かり、訴えられた可能性があります。
このまま無視していたら、不利になるのでしょうか?
今後どうなるかを教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公示送達にしろ特別送達にしろ、
送達というのは受け取りを拒否できない
通知のことです。
公示送達の場合、30日を過ぎれば相手側がそれを
見ていなくても、法律上はそれが相手側に通知
されたという効果を持つのと同じで、
特別送達も送達日が差出人に報告され
この送達日に通知が行われたと
法律上みなされるんです。


 特別送達は民事訴訟に関して
裁判所から訴訟関係者に送られる
書類で、送達日を基準として
何かが書かれているはずです。
 受け取っていなくても、
見ていないとか、知らないとは
言えないということです。

 出廷を求める書状とは限りませんが、
法律上そんな郵便物は知らないとは
言えないものです。
 
>このまま無視していたら、不利になるのでしょうか?

 特別送達日を基準に、何日以内に回答しろとか
書類を出せなどという内容のはずですから、
期間が過ぎれば何らかの法律的手続きが
行われると考えていいでしょう。
 欠席裁判に繋がるかわかりませんが、
とにかく無視していてそのまま終わる事
ではないはずです。

公示送達にしろ特別送達にしろ、
送達というのは受け取りを拒否できない
通知のことです。
公示送達の場合、30日を過ぎれば相手側がそれを
見ていなくても、法律上はそれが相手側に通知
されたという効果を持つのと同じで、
特別送達も送達日が差出人に報告され
この送達日に通知が行われたと
法律上みなされるんです。


 特別送達は民事訴訟に関して
裁判所から訴訟関係者に送られる
書類で、送達日を基準として
何かが書かれているはずです。
 受け取っていなくても、
見ていないとか、知...続きを読む

Q支払督促で通常訴訟

支払督促を申し立てたところ、異議申し立てされた段階です。

10万円以下の金額なので、おそらく債務者は異議申し立てすれば、こちらが取り下げると考えたのかと推測します。

異議の内容は「資金繰りが大変なので、お時間をいただければ」とだけ書いてあるようです。

・この異議内容でどういう裁判になるのでしょう?

・この債務者は、一昨年末に資金繰り悪化のため、発券不能になった旅行会社です。よって相当数の支払督促がされていると思うのですが、他もみな通常訴訟になっているのでしょうか?

・この旅行会社と債権者との状況を把握している組織はありますか?全国旅行業協会に聞いたところ、情報は得られませんでした。法テラスで他の債権者が相談していれば、その状況等教えてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

ロコスケです。

最終的には判事の判断となるという前提でお答えします。

ここで言う異議とは、債務の存在を否定する合理的理由です。
内容からして、それは異議ではなくて現在は支払いに応じられないと
いう単なる釈明に過ぎません。
債務の存在について争う主旨ではありません。
払えないというのは異議にはなりません。

出頭日に、相手に裁判官は債務を認めるのか認めないか確認するのでは
ないかと思います。
認めない理由は考えられません。
屁理屈を言ったとしても、それは支払う意思なきものと扱われる
可能性が大です。

法廷で相手が支払い拒否すれば、その日はそれで終了。
後日、強制執行の謄本が貴方に送付されるでしょう。

分割で支払いに相手が応じる姿勢を取ったときは、別室で相手と
裁判所から依頼されて、貴方と相手の間に入って話をまとめて
くれる人との3者で分割回数や支払い金額が決められます。

それがまとまると再び裁判官と4者で会って、裁判官がまとめられた
内容を双方に確認して、相手に対してこの内容は判決と同等の効力が
あり、それを履行しないと強制執行を受けると相手に告げます。

後日、内容が書かれた謄本が両者に送付されます。

流れは、そんなものでしょうね。

仮に通常裁判となっても貴方は勝ちますので恐れることは
ありません。

他の債務に関して調べるのは困難です。
被害者の会でも作られたら別ですが。

営業を現在でも続けているならば、差し押さえ出来るものが
ある可能性が大です。

ロコスケです。

最終的には判事の判断となるという前提でお答えします。

ここで言う異議とは、債務の存在を否定する合理的理由です。
内容からして、それは異議ではなくて現在は支払いに応じられないと
いう単なる釈明に過ぎません。
債務の存在について争う主旨ではありません。
払えないというのは異議にはなりません。

出頭日に、相手に裁判官は債務を認めるのか認めないか確認するのでは
ないかと思います。
認めない理由は考えられません。
屁理屈を言ったとしても、それは支払う意思なきも...続きを読む

Q訴状にかわる準備書面とは何?

 簡易裁判所に敷金返還の支払督促を出しましたが相手方から異議が申し立てられ地裁にまわされました。地裁から訴状にかわる準備書面を2週間以内に提出して欲しいと連絡がありました。私は素人で訴状にかわる準備書面の意味が良く分かりません。訴状、準備書面は何度か作成したことがあります。どのような内容を書くものなのか分かりやすく教えていただけないでしょうか?お待ちしています。相手の異議の内容は敷金から一部原状回復の費用を差し引きたいのと、100回の分割で返金したいという趣旨のものでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

細かいことは省きますが、訴状と考えて書面を作成されればよいと思います。
当事者、請求の趣旨、請求の原因・・・等。

原告が一番最初に提出する準備書面のことを、訴状といい、
被告が一番最初に提出する準備書面のことを、答弁書という
、と捉えてみると分かりやすいと思います。

簡易裁判所への支払督促申立て

異議申立て

地裁への通常訴訟へ

原告は、初めに支払督促申立書を提出しているので、
通常訴訟となり、次に提出する書面は2通目ですので、
「訴状」とは言えず、準備書面になります。
一方、地裁に提出する書面としては1通目であり、
かつ、記載内容も訴状と同程度のものとなるため、
「訴状に代わる準備書面」となります。

なお、訴状に代わる準備書面の提出に必要な印紙代については、
支払督促で収めた印紙代が控除されます。
通常、支払督促申立時と同金額の印紙を収めることになります。

Q異議申立書と答弁書の違いについて

支払督促における、異議申立書と答弁書の違いについて教えてください。

例えば、異議申立書は擬制陳述することができないが、答弁書はできる等、法律的な違いについてできれば条文等根拠も示していただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 異議申立書は督促手続を訴訟に移行させるためだけの書面で,移行した訴訟において陳述されません。

 督促異議訴訟では,訴訟への移行と同時に,原告(支払督促の債権者)に,手数料の差額を納付すること(収入印紙を貼って出すこと)の補正命令と,訴状に代わる準備書面というものを提出するように催促されます。印紙の納付があると,口頭弁論期日を決めて,被告(支払督促の債務者)を呼び出すとともに,答弁書の提出を促すことになります。

 第1回口頭弁論期日においては,原告は,この「訴状に代わる準備書面」を訴状の代わりに陳述します。これを提出していないときは支払督促申立書を陳述します。被告は答弁書を陳述します。この2つの書面については擬制陳述が可能です。

 被告が答弁書を提出せず,第1回口頭弁論期日にも欠席したときは,欠席判決になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング