昨年話題になったメル・ギブソン監督のパッションを見ました。キリストの残虐な拷問のシーンで賛否両論だったようですが、メル・ギブソン監督はなぜあの時期にパッションを作成、公開したのでしょうか?やはりアメリカのイラク攻撃に対する反戦のメッセージなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

やや幅広く、背景も含めて、


「9.11」のアメリカの衝撃と恐怖は大変なもので、なぜ世界の盟主ともいうべき自国が攻撃されねばいけないのか、なぜ宗教同士が争いあわねばならないのか、キリスト教とイスラム教、ユダヤ教、この対立軸の中で自分たちの信じるキリスト教とはどんなものであったのか、再確認また、問い直しているといっていいですね。最高であったという意見と最悪であったという意見が真っ二つだそうですから。
ダビンチコードなどが新たな答えを導き出すのでは、という別の期待感
などもあり、聖書に忠実なイエスと聖書にないイエスの二つのイエスに
世界的関心が集まってきているのですね。
世界の半分以上を巻き込んでいる文明の衝突の中で、多様な民族、
宗教が平和に共存していくためには、さまざまな違いを超えて、
教義や、価値観を統合していく新たな教え、あらたな法、世界共通の
普遍的価値観、が求められているし、その意味で世界の宗教は転換期を迎えているんです。この日本で大きな大きな胎動がすでに始まっていますが、
互いに異教徒として、排斥しあうのではなく、共通の真理価値を見出し理解し合える智慧と寛容の精神、智慧と慈悲によって、乗り越えていけるのです。
私はクリスチャンではありませんが、イエスを心より愛しているものです。
パッションは泣けましたね。世界の平和を願ったイエス、旧約の荒神ではなく、イエスの信じた主、エロヒムに帰依せよ!って言いたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とっても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/19 13:00

『パッション』が反戦のメッセージだなんて、キリスト教に無知すぎます。

受難で苦しむイエスの姿を見て、キリスト教徒は戦争はいけないと考えるどころか、いよいよ信仰心を固め、好戦的になります。
あの映画はアメリカでは非常にヒットしましたが、ブッシュ大統領の支持勢力であるキリスト教原理主義者たちが草の根的に宣伝したことがヒットに結びついたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の勉強不足で失礼いたしました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/19 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賛否両論の話題ってどうやって決着がつくんですか?

こんにちは。
ニュースや報道に詳しい方に質問です。

よくニュースやバラエティー等で「世間では賛否両論となっている」「意見が真っ二つ」という展開になったとき、その後って果たしてどのように決着がつくんですか?
実際、その後の展開が個人的に気になって仕方ありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本は民主主義国なので、基本は
・多数決的に決着するか?
・民主主義的な手続きで決められた、「リーダーの権限」で決定するか?
のいずれかです。

たとえば沖縄基地問題などは、賛否両論はあるものの、国会で過半数を持つ政権与党や、閣議決定とか担当閣僚の決定で、実務面は進みますので。

例外的には「官僚主導」なんてのもありますが・・。
これも建前は、議会の議決や閣僚の決定などに従っている形です。

コチラの例は、前民主党政権で、八ツ場ダムの建設中断が決定し、十字架みたいな架橋途中の映像は記憶に新しいところですが、現在はあの橋、完成してますから。
何でそんなコトになっているのか、不思議ですが、官僚が「違法ではない」形で進めているのでしょうね。

まあ官僚のトップ(事務次官)も、この国のリーダー格と言うところなのかも知れません。

一方では、そもそもメディアの言う「賛否両論」も、余りアテにはなりません。

Qでっち上げ専門誌 韓国する朝日新聞の国会招致 賛否

あなたは、自社紙面だけの謝罪で済まわそうとする、
朝日新聞の姿勢を許せますか?否か?

数々の朝日新聞の捏造記事の訂正を全世界に号外で
無料配布する必要までは有りませんか?

朝日新聞の国会招致は、報道の自由を束縛するのか?

Aベストアンサー

朝日新聞社長の国会招致は、弁明の機会を提供するものです。
それを避けようとするのは、弁明できないと白状しているようなものです。
尤も、朝日のこれまでの報道を振り返れば、弁明は如何に口達者な強者でも至難の業でしょうが。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11137067136?fr=rcmd_cate_chie_detail

Q残虐な尼崎事件を仔細に報道する必要はあるのか?

例の尼崎連続殺人事件ですが、ニュースで犯人の残虐な手口を
事細かに報道する必要はあるんでしょうか?(監禁して、娘に父を殴らせたetc)
簡単な概要だけでいいのでは?
こないだは夜9時のニュースで、詳しくやってて見てて気分が悪くなりました。
なんか悪い夢でも見そうでムカムカしました。
みなさんはどう思いますか?

Aベストアンサー

ご意見に賛同します。
犯人(容疑者)が誰で、どのような理由で逮捕したのかを明らかにする必要があります。秘密裏に逮捕して、裁判、判決、刑の執行となると、共産主義できな秘密警察の様相を呈してきます。その観点からの報道は必要ですが、昨今のマスコミは視聴率と売上を確保するため、ドラマのような仕立てで全社一斉に報道合戦に突入します。そしてこのことは、オリンピックのメダリストなど、栄誉として称えられる人に対しても、マスコミがよってたかってプライバシーを暴きたてます。このような報道のあり方には反対します。

Qイランの反戦

2/15に世界規模でイランへの反戦デモが起こりました。
いろいろなところでデモが起きて世界で約1000万人が参加しいます。
しかし日本でデモ(集会?)が行われたことは、ほとんど報道されていません。
その日に渋谷で反戦デモが行われました。
なぜ、メディアは日本でも反戦デモが行われたことを報道しないのですか?

Aベストアンサー

報道してますよ。1・18と2.15という世界規模のデモがあったんですが1.18と2・15を比べると2.15の方が大きく報道しています。産経以外は一面でした。ちなみに今日も大きなパレードなどが全国各地であるので明日の朝刊が楽しみです。

日本では報道されにくいです。しかし1年前に比べると何百倍も報道されてます。これは「報道せざるを得ない」状況まで非戦ムードが盛り上がっているということです。本当なら反政府の彼らは報道したくないんですが創価学会と一緒で多すぎて報道せざるを得ない状況をつくってるんです。今日は2.15より膨れ上がるはずですから、もっと報道されると思います。

デモに行けば「アメリカについて行かなければ仕方が無い論」や「北朝鮮の脅威があるから論」などを見事に論破してくれるおっちゃんもいますので暇なら行ってみたらいいと思います。地球市民として考えることが大事です。

リンクは今日のデモのHPと、昨日の毎日新聞の「ひと」です。

参考URL:http://www.worldpeacenow.jp/,http://www.mainichi.co.jp/news/article/200303/07m/019.html

報道してますよ。1・18と2.15という世界規模のデモがあったんですが1.18と2・15を比べると2.15の方が大きく報道しています。産経以外は一面でした。ちなみに今日も大きなパレードなどが全国各地であるので明日の朝刊が楽しみです。

日本では報道されにくいです。しかし1年前に比べると何百倍も報道されてます。これは「報道せざるを得ない」状況まで非戦ムードが盛り上がっているということです。本当なら反政府の彼らは報道したくないんですが創価学会と一緒で多すぎて報道せざるを得ない...続きを読む

Qなぜアメリカはイラクの大量破壊兵器保有をでっち上げないのか?

他国や歴史から糾弾されつづけるよりは、まだましだろうと思うんですが。
イラク国内はアメリカ支配下にあるし、旧イラク政府主要人物はほとんど
表舞台から消え去ったし、いくらでも証拠のでっち上げは出来そうです。
当然そんな選択オプションもアメリカは考慮に入れていたと思うんですが
今まで実行していないのはなぜでしょう。もう戦争の理由なんてウヤムヤだし
どうだっていいやということなんでしょうか?バレると致命的なのは確かですが。

Aベストアンサー

一般論として、アメリカは時として自分に都合の悪い事実を隠すことはあるものの、虚偽の事実をでっち上げることはめったにありません。姑息な手段を弄して超大国の威信を失墜することの愚をよく承知しているのです。

大量破壊兵器については、アメリカはそれなりの根拠に基いて保有を確信しているのでしょう。国家がその気になって隠した事実を暴くためには年単位の時間が必要です。わずか数ヶ月で結果を求めるせっかちな要求など耳を貸す価値もないことをよく承知しているのです。アメリカにどんな思惑があるにせよ、国際社会においてはでっち上げをしていない、という事実が重要です。アメリカは今後も粘り強く大量破壊兵器の捜索を続けるでしょう。そして、兵器発見の暁には、事実に基き、戦勝国としての正当な権利を行使して国益を実現していくはずです。

それにしてもアメリカによるイラクの戦後統治、さすがというほかありません。独裁国家崩壊時には避けられない混乱を巧みに捌いており、目立った失策は皆無です。利害の異なる国の批判にもかかわらず、アメリカによる統治が着実に成果を上げていることは明らかです(故に、露・仏も譲歩せざるを得ない)。さすが超大国、といわざるを得ません。

一般論として、アメリカは時として自分に都合の悪い事実を隠すことはあるものの、虚偽の事実をでっち上げることはめったにありません。姑息な手段を弄して超大国の威信を失墜することの愚をよく承知しているのです。

大量破壊兵器については、アメリカはそれなりの根拠に基いて保有を確信しているのでしょう。国家がその気になって隠した事実を暴くためには年単位の時間が必要です。わずか数ヶ月で結果を求めるせっかちな要求など耳を貸す価値もないことをよく承知しているのです。アメリカにどんな思惑がある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報