マンガでよめる痔のこと・薬のこと

映画を撮影する際に、ロールの頭にカラーチャートのテスト撮影します。カラー撮影の場合はグレーチャートを用いるのですが、なぜ濃度の異なるいくつかのグレーチャートを用いるのでしょうか?また、逆にモノクロ撮影の場合は、さまざまな色のテストチャートが用いられるのはどうしてなのでしょうか?

照明の勉強をしているのですが、わからないことばかりなので、回答の方よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

映像の事は素人ですので「自信のなし」の「アドバイス」です。

その点はご了承下さい。

スチルカメラ(写真)の場合露出は標準反射率18%グレーの反射板で露出を測定します。質問のグレーチャートも恐らく18%反射率を中心にグレーパターンが構成されているのではないでしょうか。18%というのは人間の肌の反射率が18%に近いということからきています。したがってカメラの自動露出やフイルムの再現性も18%の人間の肌がもっとも綺麗に映像表現されるように設計されています。

もちろんフレーミング内には反射率18%以外の物質がありますが、これをどこまで適正露出に近く再現させるかが映像表現や露出設定のキーになります。映像表現によっては意図的にローキー、ハイキー、若しくはシルエットや不快暗黒や非現実的まぶしさを表現することがあります。そのケースのように一概になにもかも適正露出に持っていく場合ばかりではないようです。

ラチチュードというのがありまして、これは画面中の最明部から最暗部のどこまでが適正に色調や濃度が再現されているかということなのですが、このラチチュードと照明は深く関係します。例えば顔の右からだけ照明をあてると左は黒くなり、この時の左右の最明部と最暗部の範囲がフイルムの許容を超えていた場合は顔のどこかの部分は適性に再現されません。それを照明で補います。左からも弱い照明をあてることで暗部の明度をすこしだけアップさせます。そうすることで顔全体がラチチュードの範囲内に収まるということになります。意図的に顔半分をシルエットにしたいという時はこのラチチュードの範囲からわざと露出をはずすと言うことになるかと思います。この時にカメラの露出設定と照明の調整が関わってくるのです。

モノクロでカラーチャートを使うのは恐らく現実世界はフルカラーなのに映像はモノクロだからということに関係します。フルカラーの現実が適正にグレー階層へと変換されているかをチェックしなければならないからです。モノクロを見慣れていない現代人にとってモノクロ画像から情報を取得しようとするとフルカラー映像に比べて精神的労力が必要です。集中力を持ってモノクロ画面を見みないといけません。理由はフルカラーは物質を「形状+色」で判断しますが、モノクロでは色が消失しているので「形状」だけで物質を識別しなければならないからです。

現代人にとってモノクロ映像はレトロ感覚やカッコイイ感覚を除けば大方退屈なものです。それはフルカラーに慣れてしまった刺激の慢性化だけではなく、先述の「形状」の情報だけで認識しなければならないから疲れるということも理由として大きいと思います。

随分話しがそれてしまいましたが、質問の内容はとても映像の深い部分と関わる問題と感じます。大変難しい質問だったと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Qカメラの露出計のお約束ごと 18%グレーの意味

一眼レフで全自動で撮影したら十分明るい屋内で撮ったのに被写体が暗く、グレーっぽくうつりました。調べてみたところ、下記のサイトにある、

http://www24.big.or.jp/~antares/photo_gallery/camera/camera42.html

すべての物は18%グレーの反射率を持つという前提の元に、明るさを計ってるのです
ですから、撮るものが、白い物のように高い反射率の物だと 
カメラは「グレーの物が えらく明るいところにある」 と判断してしまい暗く写ってしまいます
逆に 黒い物のように低い反射率の物だと
カメラは「グレーの物が えらく暗いところにある」 と判断して明るく写ってしまう という問題点があります。

と、書かれていました。いまいち意味がわかりません。もっとかみくだいて(十分噛み砕かれているとは思いますが・・・)、週刊こどもニュースなみにわかりやすく、どういった意味か教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

自分のHPのURLでぐぐっていたら、たまたま見つけたもので
まず、色には固有の反射率があります
ちょっと想像してほしいのですが
全面真っ白な壁紙の部屋と真っ黒な壁紙の部屋の二つがあったとします
で、同じ強さのライトで照らされていても
感じる明るさは全然異なりますよね
(壁紙を白にしたら、部屋が明るくなったように感じますが
これは実際に明るくなるのです)
白はとても反射率が高い色のためライトの光を強く反射します
黒は反射率が低く、光を吸収するので相当くらい部屋になります
白と黒は極端な例ですが
黄色 赤 青・・それぞれ反射率が違います
見ていただいたページに色をグレースケールに変換したものもありますが
白っぽいグレーになった色は反射率が高く
黒っぽいグレーの色になった色は反射率が低いことを意味しています

このように、色によって反射率が全て異なるのですが
カメラのセンサーは、すでに回答されてる方が書いてあるように
(部屋全体の)明るさしか計れません
(カメラ内蔵の物では、ライト自体の明るさをはかることはできない)
部屋の明るさは、壁紙の色に左右される上に、色も判断できないため
このままでは、絶対的な明るさ(ライトの明るさ)を算出できません
そこで、壁紙の色は18%グレーだと決めつけます
壁紙の色が決まれば、反射光の強さで、おおよそのライトの明るさを決めて
露出を決めることができるからです
そのため、白い壁紙の部屋の場合、18%グレーの部屋より実際に明るくなるので
カメラは、ライトが強いと勘違いし、
(本当は白いのに)グレーの壁紙が白くなっちゃうから
露出を抑えて、グレーになるように写そうとします
黒い壁紙の場合は、その逆でライトが弱く、壁紙が黒く写っちゃうから
露出を多めにして、グレーになるように写そうとします

実際は、白いのだから白く写るのが正解ですし
黒なら黒く写るのが正解です
なので、色のわかる人間がカメラに教えてあげる必要が出てきます
それが、露出補正という話に繋がっていきます

こんなシステムで、うまくいくことが多い理由は
すでに回答されてるみなさんの言うように、いろんな色を混ぜ合わせると
だいたい18%グレーあたりで落ち着くので、極端に色が偏ってない通常のシーンでは18%グレーって決めうちして問題ないためです

自分のHPのURLでぐぐっていたら、たまたま見つけたもので
まず、色には固有の反射率があります
ちょっと想像してほしいのですが
全面真っ白な壁紙の部屋と真っ黒な壁紙の部屋の二つがあったとします
で、同じ強さのライトで照らされていても
感じる明るさは全然異なりますよね
(壁紙を白にしたら、部屋が明るくなったように感じますが
これは実際に明るくなるのです)
白はとても反射率が高い色のためライトの光を強く反射します
黒は反射率が低く、光を吸収するので相当くらい部屋になります
白と黒は...続きを読む


人気Q&Aランキング