鮭は淡水の中で生まれ、海で育ち、また産卵のために淡水の中を泳いできます。鰻は海水の中でも淡水の中でも生きているようですし、鮎も海水と淡水を行ったり来たりしますが、どのようにして生きているのでしょうか?
体液の塩分濃度が変化するのでしょうか。産卵のため上ってきた鮭を海に戻すと死んでしまうのでしょうか?
人も体液の塩分濃度を変化できれば、海水を飲んで生きられる?
こういう話が出て、疑問のまま終わってしまいました。ご存じの方教えてください。

A 回答 (2件)

残念ながら、体液の濃度を変化させて対応するのではない様です。

体内で起るほとんどの現象が、一定の体液の濃度を前提に成り立っているので、濃度が変わると、すべての反応がみな影響を受けてしまう訳で、それは致命的なのかもしれません。

そのかわり、サケやウナギは周囲の浸透圧の劇的な変化に、塩類や水の出し入れのレベルでいろいろ組み合わせて対処しているみたいです。例えば、淡水中にいるときと海水中にいる時とをくらべると、
・水やイオンをどのぐらいのスピードで取り込んだり排出したりするかを調節するためのホルモンの量が変化する、またそのホルモンの作用で、
・塩類を排出する細胞(エラ等にある)が増加したり減少したり、
・水を飲む等の行動がどのぐらい起きるか、
などなどが影響を受ける様です。
そういう魚は、川を上ったり降りたり、あるいは汽水中にいる間に段々と準備が行われるのですが、一方、完全な海水魚や淡水魚では、そういった環境適応は起らないそうです。

人の場合、尿の濃度が海水よりずっと薄いのがネックになっていますから、スーパー腎臓を持っていて、尿を海水より濃くできる人がいればきっと海水だけを飲んで生きられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体に取り入れる入り口で調節する機能があるということですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/16 12:08

体液の濃度を変えても、個々の細胞の浸透圧がネックですから、対応できないと思います。



サケとウナギは、川で産卵と、海で産卵と、順番が逆ですが、やはり、排尿の段階で塩分調節しているのでしょう。

生物進化の順番から行くと、サケよりマグロなどのほうが「進んだ」方だということを聴いたことがありますが、サケの能力を捨てて進化したみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、サケでもウナギでも川から海に戻ってもすぐに対応できそうですね。
わかりました。

お礼日時:2001/10/16 12:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハゼと手長えび

今、3、4センチのハゼと、3センチ前後の手長えびらしきえびを、とってきました。他の汽水魚(熱帯魚)の飼育の仕方は大丈夫なのですが、エビとハゼ共存できるのかどうなのかわかりません。
今は、ハゼとえびは隔離しています。
えさは、手長えびはコリドラス用の沈むえさでいいでしょうか?
ハゼのえさはよくわからないので教えていただきたいです。
後、飼育方法についてですが、ヒーターは必要でいいでしょうか?

Aベストアンサー

手長エビ・ハゼともに食性は肉食性の強い雑食です。
・ハゼは、慣れてくれば一般的な熱帯魚の餌を食べるようになりますが、捕まえてきたものならば、しばらくはアカムシ、クリル、アルテミアなどが主食になると思います。(ハゼの種類が分からないので、一般的なハゼの好む餌を書いています)
・手長エビはアカムシや肉食魚用の人口飼料を好んで食べます。コケはほとんど食べません。コリ餌も厳しいと思います。
・手長エビは自分より小さな魚やエビを夜間に襲うことがあります。
ハゼがエビよりも極端に小さくなければ混泳は可能と思われます。
ハゼは種類により、縄張りを強く主張します。
ハゼを複数飼育する場合は、流木、岩、植木鉢などアクセサリをたくさん入れて立体的なレイアウトを作り、ハゼ同士の視線が合わないようにするのが良いでしょう。

Q海中に住む鮭が、なぜ淡水の川を遡上し、産卵するので

魚類は、当初海中に住んでいたが、進化の過程により、淡水の川に住む種類ができたのですね。ただし、ご先祖の面影に導かれ、産卵・受精・成長の段階では、海中に戻るのもありますね。(これは「個体発生は系統発生を繰り返す」風ですね。)
ところで、日頃は海中に住んでいる鮭が、産卵などの状況で、なぜ、わざわざ淡水の川を遡上するのですか?(もちろん、鮭は自分の成長した川を選んでいるのでしょうが)

Aベストアンサー

サケは,元が淡水魚です。そう判断出来る理由は,サケの卵は淡水性卵です。海水で産卵しますと,浮遊卵になります。多くの海産魚が浮遊卵ですが,ほとんど食べられてしまいますので,膨大な産卵数が必要です。サケ程度の産卵数では,食べられまして絶滅してしまいます。また,サケの卵は,溶存酸素の多い冷水でないと育ちません。海水では溶存酸素量が少なすぎで発生出来ないのです。この事が,サケが産卵は河川で行う理由です。

次に何故海に下るのかですが,これには理由が二つあります。一つは,大きく成長するためには,ミネラルが必要ですが,時間をかけて流れる大河でないと,ミネラルが不足します。ですからミネラルの少ない河川の地域では,海に下ることが原則になります。日本の河川水は,軟水ですから,下ることが当然なのですが,河口の水温が高くなり,海に下れなくなった一部のものだけが,陸封型になります。日本は陸封型の種が少ない国です。

次に餌の問題です。海域の方が圧倒的に餌は多くなります。サケは外洋に出ますが,マスノスケのようなものは,外洋に出ませんで,汽水域で成長するものもあります。

蛇足ですが,サケの卵は,溶存酸素の多い冷水域でないと成長出来ませんが,このような水域は栄養も少ないのです。ですから全てではないですが,親魚は,産卵後に死にまして,翌春孵化した稚魚の栄養になるのです。このようにして運ばれた栄養が森を豊にし,豊かな森は,豊かな海を作ると言った,栄養の循環が生じます。サケの果たす役割は,極めて大きなものです。

サケは,元が淡水魚です。そう判断出来る理由は,サケの卵は淡水性卵です。海水で産卵しますと,浮遊卵になります。多くの海産魚が浮遊卵ですが,ほとんど食べられてしまいますので,膨大な産卵数が必要です。サケ程度の産卵数では,食べられまして絶滅してしまいます。また,サケの卵は,溶存酸素の多い冷水でないと育ちません。海水では溶存酸素量が少なすぎで発生出来ないのです。この事が,サケが産卵は河川で行う理由です。

次に何故海に下るのかですが,これには理由が二つあります。一つは,大きく成長す...続きを読む

Qハゼの種名を知りたい。

 小学生の息子が夏休みの自由研究で、夏休み中に釣った魚を調べております。
 しかし、
 1、東京湾で釣った5~15cmぐらいの白っぽいハゼ
 2、東京湾で釣った7cmぐらいの黒いハゼ
 3、福井県敦賀の磯で釣った5~10cmほどのハゼ(形状は東京湾のハゼと似ています。色は黒に近い緑。ギンポの類ではありません。)
 以上が、正確な種名がわかりません。わかる方、教えてください。

Aベストアンサー

WEB魚図鑑のURLです
和名-科名 ハゼ科 を見てください

参考URL:http://ffish.nifty.com/zukan/

Q塩分濃度の濃い所でも生きれる生物

ピロリ菌は濃い塩酸の中でも生きれるそうで、驚きでしたけれども、濃い塩分濃度の所でも生きれる生物ってどんなのがありますか?死海では魚も生きれないと聞いたことがありますが、細菌はどうでしょう?世界の砂漠化が進行するなか、塩分濃度の濃い河川が多いと聞きます。

Aベストアンサー

飽和食塩溶液の塩田等には,特殊な古細菌が生息することが知られています。下記URLの「三角菌」もその一つです。岩塩は赤みがかつて居ますが,これら古細菌が持つ赤いロドプシン様色素による物です。

参考URL:http://www.nakamura.bio.titech.ac.jp/halo/halo.html

Q飛び出しによるハゼの出血

白点病の治療をしている際に、
治療用のバケツからハゼが飛び出してしまいました。
近くの磯で捕まえてきたのでハゼの種類は分かりません。
結構長い間外に出ていたので弱ってしまった様に見えたのですが、
今は元気に泳いでいます。
しかし、飛び出した跡には血痕が見られ、
エラ周辺で内出血をしているようです。
果たしてこのハゼは今後回復するのでしょうか、
また、ハゼに施すべき治療を教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

どの位のダメージを受けたのか分かりませんが、ハゼの仲間は、魚類の中では乾燥に強い生物です。
一週間生きれば、マズ、大丈夫。
エラ(呼吸器)に傷を受けた可能性がある場合は、兎にも角にも、エアリング(ブクブク)の強化。
エラの機能低下は、水中の残有酸素量を増やす事によりカバー出来ます。
1~2週間ほど通常の2倍(エアポンプ2台体制?)よるエアリングが、今ハゼに施せる手当です。

Q鮭の産卵

鮭はほんとうに生れた川に帰つて、産卵するのですか。

もしそれが正しいならば、
海で鮭を捕獲して、生れた川に戻れないやうに、池などで飼育すると、産卵はどうなるのですか。

*** *** *** *** ***

下記の記述を読んで気になつて、質問してみました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B1#.E9.AE.AD.E5.85.90

「鮭児」の遺伝子の解析結果より、日本の河川で生まれたものではなく、アムール川系のものであることが判明している。

Aベストアンサー

《通常は降海する魚種でも何らかの原因で陸封(河川残留)された場合は、淡水中でも成熟し産卵を行う。》 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B1%E9%A1%9E

道に迷うのは人間だけではない。 渡り鳥でも全部がルートをちゃんととるとは限らない。
多くの個体が母川に戻るのであれば、サケは生れた川に帰つて産卵するといって構わない。
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/room/ueda/salmon_homing.html

Qシモフリシマハゼは淡水で飼育できるでしょうか

数日前、隅田川の溜まり(東京都荒川区と足立区に挟まれた場所)で
「シモフリシマハゼ」と思われる2cm程度の魚を捕まえました。

金魚や比較的簡単に飼える小型の熱帯魚の飼育経験はありますが、この魚は見たのも初めてです。
調べましたら汽水で飼育するのが望ましいようで…。

ただ東京都建設局の河川水辺の国勢調査というページを眺めておりましたら、捕まえた辺りは
汽水魚(ボラ、マハゼ、スズキ)の確認もありましたが、同時に淡水魚(コイ、ギンブナ、モツゴ、ウグイ、
ドジョウ、ハス、ニゴイ)も棲む場所らしいのです。

つまり中途半端な場所で、塩分濃度は薄めでさらに変わりやすい?と考えています。
淡水固定では厳しいでしょうか。

飼育する水槽は60cm幅の57Lの物で、水あわせをし、とりあえずハゼは入れてしまいました。

そこには3匹ほど、数年来飼い続けている魚(グリーンネオン、クーリーローチ、ミナミヌマエビの生き残り)が
すでに居ますので、できればこのままの環境で同居させたいのですがどんなものでしょうか。

Aベストアンサー

確信は持てませんが、おそらく完全淡水の長期飼育はムリと
思います。

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/ikimono2/Shu_pages/500527.html
↑主に汽水域に生息し、海水の影響のない淡水域に侵入する
ことはまれです。と書かれています。

http://fishing-forum.org/zukan/trhtml/000018.htm
↑こちらでは湖沼生息と書かれていますが、同定が完璧では
無い様子です。

http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/whole/illustrated_book/fish/f_052.htm
↑では、汽水・海遊魚とはっきり書かれています。

http://www.zukan-bouz.com/haze/titibu/simofurisimahaze.html
↑また、2種に分けられたようですが、どちらも汽水域生息の
記述が多い様子です。

同居魚が純淡水のため、捕獲(採集)した水域の水で飼育と
言う事も危険な予感がします、とりあえず別容器で飼育して、
徐々に淡水適応するか試してみて、調子を崩すようなら・・・
放流ではいかがでしょう?

確信は持てませんが、おそらく完全淡水の長期飼育はムリと
思います。

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/ikimono2/Shu_pages/500527.html
↑主に汽水域に生息し、海水の影響のない淡水域に侵入する
ことはまれです。と書かれています。

http://fishing-forum.org/zukan/trhtml/000018.htm
↑こちらでは湖沼生息と書かれていますが、同定が完璧では
無い様子です。

http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/whole/illustrated_book/fish/f_052.htm
↑では、汽水・海遊魚とはっきり書かれています。

htt...続きを読む

Qイルカの淡水・海水

疑問があるので教えてください。
食生活や水温・水深などは抜きにして、
ハンドウイルカなど海水に棲んでいるイルカは淡水で生きることが出来るのでしょうか??
逆に、カワイルカは海水でも生きれますか?

解る人、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

マイルカの一種であるコビトイルカは沿岸部および河川に生息しますし、カワイルカであるラプラタカワイルカは沿岸部および河口部に生息します。

こういう例があるので大丈夫だと思います。


質問とは直接関係内のですが
オオメジロザメという雑食性の鮫は世界三大人食い鮫として知られますが、その生息域は海だけでなく河や湖に及ぶそうで、汽水域で1週間程度体を慣らしてから生息域を変えるらしいです。

それとイリエワニやアメリカワニなんかも河だけでなく海でも活動したりしますね
参考までに・・・

Q芦ノ湖のハゼ

先日箱根の芦ノ湖畔でハゼを手に入れたのですが、種類すら分かりません。茶色い小さなハゼで、濃茶のまだらの模様が背中に入ってます、としか記述できません。
重要なのは、何を餌として与えたらよいのかが分からないことです。
どなたか、ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ハゼ類は、ほとんどの種類は直ぐに餌付きます。痩せ始める前に、生きたイトミミズや赤虫を与えれば栄養失調で死んでしまうということもあまりありません。
観賞魚店、ホームセンターなどで冷凍した赤虫も販売されておりますのでこちらを使用しても便利です。同様に冷凍ミジンコ、冷凍ブラインシュリンプもあげても良いです。
但し、生きイトミミズや赤虫は、細菌など混入の恐れや、あまり長期保存が利かず、夏場に日持ちがしませんので慣れていない方は冷凍物をお勧めします。
落ち着いてきましたら、観賞魚用人工飼料も口にするようになると思います。最初から食べるものも多く居ますが・・・。
ハゼは大食漢が多いので、あげ過ぎにもご注意を。食べ残しは水質悪化→病気の原因となりますので、残ったら早めに取り除いてあげてください。

参考URLのたろうさんのHPでは、淡水ハゼの飼育を判りやすく書いていらっしゃいますので是非参考にされてみてはいかがでしょうか。
また、掲示板もありますので写真があれば一緒に投稿してみるとより詳しい説明もいただけると思います。

是非頑張って飼育してください。

参考URL:http://www17.tok2.com/home2/tarogoby/

ハゼ類は、ほとんどの種類は直ぐに餌付きます。痩せ始める前に、生きたイトミミズや赤虫を与えれば栄養失調で死んでしまうということもあまりありません。
観賞魚店、ホームセンターなどで冷凍した赤虫も販売されておりますのでこちらを使用しても便利です。同様に冷凍ミジンコ、冷凍ブラインシュリンプもあげても良いです。
但し、生きイトミミズや赤虫は、細菌など混入の恐れや、あまり長期保存が利かず、夏場に日持ちがしませんので慣れていない方は冷凍物をお勧めします。
落ち着いてきましたら、観賞魚用...続きを読む

Qコンブはナゼ海に? 淡水にワカメは生えないの?

大型の藻類(コンブやワカメ、ヒジキとか)は海ばかりのようですが、なぜでしょうか?
川や湖沼にだって 生えててもいいような気がします。
(「川海苔」とかありますが、海の「ノリ」に近いモノでしょうか?
TVで見た感じでは「アオミドロ」に似たようなものでした・・・。)

ウィキペディアによると、「淡水では種子植物が旺盛だから・・・」みたいなことが書いてありましたが、
それが理由になり得るのでしょうか?

私は、「海水」「淡水」の、塩分濃度が何か関係してるのでは?とニランでいるのですが・・・。
(説明はできません。ただ漠然と。)

すみません、とりとめなくて。 要は
「淡水にはナゼ、大型の藻類が生えないのか?」
を教えてください。

Aベストアンサー

養分の含有率が低いから大きくなれない
栄養失調ですな
熱帯の海よりも亜寒帯の海の方が栄養塩類が多いので亜寒帯の海藻はムチャンコ大きくなります


人気Q&Aランキング

おすすめ情報