痔になりやすい生活習慣とは?

ドイツはイギリスと苦戦していたまさにそのとき
ソ連に攻め込んだようですが、なぜなのでしょうか?
通常、イギリスをたたいてからソ連に攻め込むものと思われますが、ここに何らかの戦略が隠されているのでしょうか?
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 難しい質問ですねえ これだけで何冊も本が書けちゃうくらい「脂っこい」


とこですもんねー! ヒトラーのこの辺の方針については1~3の方の回答、
ある意味でみんな違いますよね、そのくらい判断のわかれるところだと
思います。ご自分で本を読んでみようかな、と思われるなら集英社文庫の
「ヒトラーの戦争」、早川文庫の「アドルフ・ヒトラー」がお勧めです。
ニ正面戦争・日本への感情(同盟国ではありますが、ヒトラーは個人的には
日本人も卑下すべき黄色人種にすぎないと考えていたようです)・
徹底抗戦への理由(エクリプス作戦、三国によるベルリン分割案)ほか
以外と一般的には語られていない部分が描かれています。日本の真珠湾
攻撃も非常に不快だったようですよ(これで米国が参戦の理由ができて
しまいましたから)。

 基本的にはヒトラーにとって「倒すべきは共産主義国家ソ連であり、大ドイツ
繁栄のためには広大なロシアの土地と資源は必要であり、またスラブ人は
ユダヤ人同様抹殺してもよい劣等民族であった」ということでしょう。
独露戦は捕虜も認めぬ悲惨な戦いであった事は有名ですよね。ユダヤ人の
抹殺された方々の人数を最も多めに見積もった数字よりも、この戦争関連で
死亡したソ連人の方がはるかに多いと言われています。
 イギリスはあくまで「講和し、ともに繁栄できる国民」であったのです。
北アフリカ他で英軍と死闘を重ねていても、「戦後はもともとのイギリスの
既得植民地権には手をつけるつもりはなかった」ようです。また、その愛す
べきイギリスが、ソ連などといつまでも連合しているとは思えず、ソ連を
たたけばいずれ連合も解体し、イギリスと講和するなど(もしくはイギリスが
独側についてソ連と戦う)の目論見があったみたいですしね・・・
 このへんの細かい資料は今なお国家機密扱いとなっているものが多く、
「戦後50年後、戦後100年後」などの解禁日の指定がいまだ有効だそうです。
歴史の内幕早く読んでみたいのですが・・・かーなり散漫な文章ですみません。
それにしても二言目には独裁者呼ばわりされるヒトラーですが、多少の
政争だのテロだのがあったにしろ選挙で国民の信任を得た政治家です。
そういう政治家を育ててしまったという反省が戦後のドイツの姿勢に
現れているんでしょうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ご意見をうかがい、私が疑問を感じるのも無理がない
ことだったのかなと思いました。
ちなみに私が予備校で習ったときには、ドイツは戦争を続けなければならない国だったとかいう適当な説明だったのを記憶してます。
でもおおよそその理由がわかった気がします。

お礼日時:2001/10/18 16:40

No.6のものですがこれだけだと、イギリスの先にソ連に攻めた理由になってないですね。

ごめんなさい
 下の理由からどうしてもソ連を落としたかった。でももう直ぐ冬将軍がやってくる。来年にはもうやばいかもしれない。じゃあ今から攻めなくては・・・・ってことで(^◇^;)
 
    • good
    • 0

 ナポレオンの超えられなかった壁を超えたかったんじゃないないかな~・・・・・

    • good
    • 0

No.4の方も触れられていますが、対ソ戦に踏み切った理由として


ナチスとヒトラーの思想的な理由も考慮すべきかと思います。

ナチスの思想を一言で言うと「ゲルマン人優越思想」です。
それから「反共主義」

スラブ民族が多く、かつ共産主義国家のソ連とは、いずれ決別する仲でした。
独ソ不可侵条約も、西の宿敵フランスを片づけるまでの方便だったのでしょう。

それに反して、イギリスは同じゲルマン民族の国です。ゲルマン民族優位主義
を唱える以上、同じ同胞の国を征服することが思想的に難しかったのでしょう。
(実体はスコットランドやウェールズに多くのケルト民族を抱えていますが)

ヒトラーは軍事指揮官として無能力であったとは考えにくいのですが、現実よりも
思想を優先させてしまったとすると、それが彼の限界だったのでしょう。

この回答への補足

みなさん、ありがとうございます。
ソ連とドイツが腹のうちでは警戒しあっていたという事情が良く理解できました。
またドイツとイギリスのゲルマン民族であるという共通点というのもとても説得的でした。
ドイツがソ連を攻めた理由が私なりに理解できたような気がします。

補足日時:2001/10/18 16:43
    • good
    • 0

これは対イギリス戦を打開するためにいろいろやった結果ソ連に攻め込んだということで問題ないと思います。

ヒトラーはイギリスの空軍力の前に制空権を取れず上陸作戦を断念していた。しかしイギリスも結構やられていました。それでもイギリスが抗戦を続けたのはソ連と特にアメリカに期待していたからこそです。当初中立の立場を取っていたアメリカをなんとか参戦させるためにチャーチルは日本をハメて真珠湾攻撃を踏み切らせる作戦に出ました。アメリカが参戦することでチャーチルは「これで勝ち」と見たわけです。イギリスはアメリカの強力な援助のおかげで体制を保っていたんです。ヒトラーはこれを打開するため日本との同盟を求めた。アメリカのヨーロッパ参戦をはばむためですね。
一方ソ連はフランス降伏後、バルト3国を併合するなど領土を回復していました。ヒトラーの背後が危うくなってきたんです。この時ヒトラーはソ連と手を組んでイギリス・アメリカの打倒をもくろんだ。しかしヒトラーが提示した世界分割案よりもソ連は東ヨーロッパの勢力圏がためを示した。もくろみは失敗。ソ連の考えを知るや、背後の不安を除くため対ソ連開戦を始めました。もちろんイギリスのもう一つの希望であったソ連を叩くことでイギリスの戦意喪失もねらっていたでしょう。ヒトラーの背後の不安がなくなったらそれこそイギリスはビビッたはず。そんなことになれば今度は西方だけを全力攻撃してくるからです。こんなとこでしょうか。
    • good
    • 0

バルバロッサ作戦ですね。



西方での作戦に手間取り、ソ連との挟撃の可能性ありと判断し、
あえて、奇襲攻撃をかけたようです。

参考URL:http://www.jda.go.jp/j/library/secur/1997/08/hiy …
    • good
    • 0

独ソ不可侵条約は締結されていましたが、ソ連が一番の脅威だったから、先につぶしたいという意向があったのではないでしょうか。



ミュンヘン会談のことを考えてみてください。イギリスもフランスも弱腰だったではないですか。アメリカは不干渉の立場をとっている。今不可侵条約があっても、社会主義の波がドイツに刻々と迫ってくるやもしれない。そう考えると、イギリスをさしおいてソ連を攻めるのが手だと思います。

また、電撃戦という言葉の通り、すばやく戦況を有利に導いて、ドイツ領の拡大を狙ったものと思います。

僕の専門がポーランドなもんで、少しこのへんは半可通なところがありますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独ソ戦はなぜ必要だったんでしょうか?

第2次大戦でドイツがソ連を攻めたわけというのはどういうことだったのでしょうか?そんな必要があったのでしょうか。防衛的な構想から発したのでしょうか?

Aベストアンサー

中世初期のドイツ領は、現在のオランダ・ベルギーから、カレーやアルザス・ロレーヌなどもドイツ領でした。
一方東部は、ベルリンなどは、ドイツとポーランドとの国境でした。
西部国境は、常にドイツより国力、軍事力、文化で勝るフランスの圧力を受け、後退する一方でした。
また、ドイツ国内は、森林が多く、農作業に適した地域が少なく、すぐに人口過剰や飢饉などに陥りました。
そのためにドイツ人は、ドイツよりも国力に劣る東の国々を圧迫する一方積極的な殖民活動を行いました。
これが、「ドイツ東方殖民」と言い、ドイツ騎士団がひの先方を勤めました。(ドイツ騎士団は、ドイツ東方殖民のために創られた騎士団とも言えます)
ドイツ騎士団の徽章は、白地に黒の十字で、鉄十字とも呼ばれ、ドイツのマークとして現在も使用されています。
そのため、ドイツでは、ドイツ東方はドイツの勢力圏とする考え方が古くからあり、ヒトラーもそれを利用したにすぎません。
これは、日本が戦前「満州は日本の生命線」と主張した事と同じで、ドイツ国内の強硬派を味方につけるために主張したため、対フランス戦線が安定化したため、何らかの手を打つ必要に迫られたのだと思います。
ヒトラーとしては、対イギリス戦のけりをつけてからと思っていたようですが、ドイツの世論が、ヒトラーの思惑を超えて暴走しかねない状況を作り出したように思えます。
このへんは、日本が中国との戦争に突入してゆく状況と似ています。

中世初期のドイツ領は、現在のオランダ・ベルギーから、カレーやアルザス・ロレーヌなどもドイツ領でした。
一方東部は、ベルリンなどは、ドイツとポーランドとの国境でした。
西部国境は、常にドイツより国力、軍事力、文化で勝るフランスの圧力を受け、後退する一方でした。
また、ドイツ国内は、森林が多く、農作業に適した地域が少なく、すぐに人口過剰や飢饉などに陥りました。
そのためにドイツ人は、ドイツよりも国力に劣る東の国々を圧迫する一方積極的な殖民活動を行いました。
これが、「ドイツ東...続きを読む

Qソ連がナチスドイツに勝てた理由

第二次世界大戦で日本がアメリカに負けた理由は資源や兵器の物量の差が理由だったというのは、そう言われたら確かにそうだろうと思うのですが、ナチスドイツに国土を蹂躙され、生産設備をほとんど破壊されたはずのソ連がドイツに侵攻し、最終的にベルリンを占領できるほどの力を蓄えることができた理由がよくわかりません。焦土と化した国内でどうやって兵士を訓練し、兵器を増産できたのでしょうか。
普通に考えたら、独ソ戦は日中戦争のヨーロッパ版みたいなもので、ソ連は最終的にドイツを追い出すことには成功するでしょうが、相手方の国土に攻め込むほどの余力はとても持てないのではないかと思うのですが。

Aベストアンサー

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0     0     22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

それからイギリスが受け取ったレンドリースは、大戦を通じてソ連の3倍にも及ぶ。

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html

 だが、現実は違った。ヒトラーは、対ソ侵攻開始直前の四一年六月十一日に発令した総統指令第32号「バルバロッサ以後の事態の準備について」の中で、対ソ戦が終結した後の四一年から四二年にかけての冬の期間に、陸軍の60個師団をロシアに駐留させるとの計画を立て、この駐留で必要となる冬季用装備についても陸軍側で手配が完了していた。
 ところが、四一年十月以降、ソ連国内での鉄道輸送網がパンク状態に陥っていたことから、用意された冬季用装備は、輸送手段がないためポーランドのワルシャワで山積みになったまま放置されてしまう。
http://wau.private.coocan.jp/wwtef/gaso/kampfe_vor_moskau.pdf

「終戦までのドイツ国防軍全体の損失は1348万8000人を数えた。このうち1075万8000人が東部戦線で戦死するか捕虜になった」
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784059011736

 ユーリー・レヴァダ分析センターが実施した世論調査の結果によると、ロシア人の60パーセントが、ソ連は第二次世界大戦で同盟国の援助なしに勝利できたはずだとの確信を示している。なお、回答者の32パーセントが、それに反対の見解をとっている。
http://japanese.ruvr.ru/2011/06/22/52225119/


戦線別ドイツ軍戦死者統計
Losses per theater
Theater      Dead      %
Africa       16.066     0,3   ←アフリカ戦線ww
Balkans      103.693    1,9
 North      30.165     0,6
 West       339.957    6,4
 Italy       150.660    2,8
Eastern Front
(- Dec 1944)  2.742.909    51,6   ←ソヴィエト赤軍は
Germany (1945) 1.230.045   23,1   ←頼もしいよなぁ♪
Various       245.561   4,6
 Total       4.859.056
http://www.axishistory.com/axis-nations/germany-a-austria/144-germany-unsorted/statistics/2461-german-losses-per-theater


<各戦線のドイツ軍機損失 GRUのデータ3476号>
En frente sovietico-aleman(独ソ戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 4 200
Durante 1942 11 550
Durante 1943 15 200
Durante 1944 17 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 400
En frente occidental(西部戦線)
Durante 1941 (desde 22.6) 500
Durante 1942 800
Durante 1943 1 800
Durante 1944 14 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 4 200
En Alemania y en los paises ocupados {2}(ドイツ国内)
Durante 1941 (desde 22.6) 800
Durante 1942 1 300
Durante 1943 4 850
Durante 1944 2 500
Durante 1945 (hasta 9.5) 1 500
Total aviones perdidos
Durante 1941 (desde 22.6) 5 500
Durante 1942 13 650
Durante 1943 21 850
Durante 1944 34 550
Durante 1945 (hasta 9.5) 10 100
http://www.rkka.es/Estadisticas/VVS_stat/01/01_10.htm

 ソ連側資料によれば、11月14日から12月5日までの期間、赤軍航空隊は西部方面戦区で15903回の出撃を行ったが、これとまったく同じ期間に同じ地区で確認されたドイツ機の上空通過は3500回であった。もちろん、すべての上空通過が確認されたわけではない。後に押収されたドイツ軍の参謀資料からすると、ドイツ軍のパイロットたちは11月末に平均して1日240回発進していたと推察できる(これに対してソ連軍パイロットたちは760回の出撃で応え、敵の約2倍の航空機を有していた)ドイツ軍の対ソ侵攻後初めて、赤軍航空隊はルフトバッフェよりも稼働率を上げて活動するようになっていた。ドイツ第4戦車集団の戦闘行動日誌は上空の様子を何とか説明付けようと試みている。
―「赤い首都はその多数の幹線道路・鉄道とともに前線のすぐ後方にある。敵は『地の利』に恵まれている。ソ連空軍は格納庫や修理所、モスクワの飛行場を持っているが、ドイツ機は野戦飛行場の雪原に立ち、悪天候の影響をすべて耐えねばならぬのである」
 11月18日に西部方面軍戦区の右翼に第6戦闘航空軍団の主力が基地を移し、さらに1日おいてそこに長距離爆撃航空軍の1個師団が投入された。上空ではソ連空軍が明らかに優位にあったことをドイツ第9野戦軍の戦闘活動日誌も認めている。
―「敵空軍再び我が軍進撃部隊を爆撃し、銃撃しているが、ドイツ戦闘機部隊は今にいたるも地上部隊の上空援護を保障できないでいる」
<モスクワ上空の戦い 知られざる首都航空戦1941~1942年
ドミートリィ・ハザーノフ/著 アレクサンドル・ペレヴォースチコフ/監修 小松徳仁/訳>

ノルマンディー上陸作戦
▼フランス展開部隊の実状
 ・フランスは東部戦線で疲弊した師団の休養・再編成地
 ・歩兵師団の多くは沿岸警備用師団か訓練師団
 ・第709師団の平均年齢36歳。対するアメリカの歩兵は平均年齢25歳
  →第一線の軍隊にとっては大きな差。
http://members.jcom.home.ne.jp/hartmann/page008.html

ちなみに米軍死者は欧州戦線で25万二千、太平洋戦線で15万6千人。

MILITARY      HOSTILE               NON-HOSTILE
ACTION       DEATHS      WOUNDED    DEATHS              
World War II
(1941-45)
Total          293,1216       670,846       115,185
European Theater  185,179        498,948       66,805
Pacific Theater    107,903        171,898       48,380
http://www.vfw.org/PR/Media%20Room/AmericasWarDead1775_2009.pdf  

1942年6月当時、ドイツ軍が北アフリカ戦線に投入したのは3個師団。これに対し東部戦線は171個師団。

Location Of German Divisions In June Of Each Year
Country      1941   1942   1943  1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0       0  ...続きを読む


人気Q&Aランキング