この言葉についてどう思いますか?もちろんアイヌや蝦夷のことを考える上で
の題名なんですが・・・・。
自分的にはこう言い切ってしまってそんなに悪いことだとは思えません。世界
は征服の歴史の上に成り立っていることは明白です。別に迫害しようとかそん
な気はさらさらなく、むしろ彼らの自己主張をきいてみたいとすら思うのです
が。そのようなことがあるのを聞いたことがない(もちろん細かく探していけ
ばあるのでしょうが普段意識するレベルで)ので上記のような発言にいたりま
した。感情的にならずになぜそうなのか?を歴史的、政治的に説明してくれる
人を求めています。
また、この問題についてはあまり知らないので、できればアイヌや蝦夷につい
ての本(ルーツや今はどんな状況にあるのかナドナド)がありましたらお教え
ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

民族とは何なのか?


1・わかり易い例でユダヤ人は遺伝子的に同質ではなく、文化的(宗教)に同質な方々です。
2・現在とほぼ同様の遺伝子を獲得した人々
3・ある特定の遺伝子を持つ人たち。(日本人なら縄文系のD系統など)

質問者の意図からしておそらく2か3だと思います。ここでまず3の場合、アイヌも日本人も同民族となります。これは日本人もアイヌもD系統が高く両者を遡れば簡単に合流してまうためです。(日本人はアイヌ含め等質性が高い民族であるためです(台湾50、韓国70、日本80))

次に2ですが、ふだん民族と言う場合はこれであることが多いように思われます。
まず日本人であれ中国人であれ朝鮮・台湾人であれ他民族の影響を受けてない民族はありません。

日本民族については、まず縄文系の方々が北方または今の朝鮮半島辺りから入ってきました。これが日本人の基礎であることに反対の人はいないと思います。
現在半島に縄文系の遺伝子を持つといえる民族がいないことから、縄文人は北方から進入したか、半島からも進入したが半島に残った人は後発の民族に駆逐されたと考えられます。

次に紀元前10世紀頃(年々年代が古く更新されてますが)に弥生人と呼ばれた方々が合流したと考えられます(縄文=弥生説は他の方を参考にしてください)。この方々の特徴として、陸稲に変わって水稲を持ち込んだことや農耕中心・弥生土器にみられるよな特徴があります。昔から稲作の伝播が学会でも焦点になってきたのは、民族の成り立ちに直結するためです。水稲の伝来については、大きく分けて中国北部、中国南部、朝鮮半島の三つがありましたが現在は、半島の稲作が日本より後発だったことから、中国、特に中国南部からというのが定説に変わりました。
これらを踏まえ弥生人は南から来たというのが現在最も支持されています。遺伝子的には弥生系の遺伝子は日本・中国・朝鮮・台湾・タイなど多くに見られるものであり、漢族に圧迫され中国の中・北部から南下し分散した古中国人に当ります。タイ民族・日本民族・朝鮮民族などに強い影響が残っています。分散後は陸路タイ・ベトナムや海路日本・中国北東部・朝鮮半島に移動しました。以前は稲作にしたがって半島→列島に移動したと考える学者が多くいましたが、近年、それが逆転したため半島への流入は更に後年になってから大陸や列島から移動したと考えられています。

紀元元年頃になると、中国では後漢が成立し、半島では朝鮮民族が南下し4世紀中頃には新羅が中国系民族国家として高句麗・百済が成立します。この頃になると教科書でも詳しい年代つきで辛く余り興味のない暗記をしいられたのではないっでしょうか?

倭人についてはこの時期列島に引きこもっている感がありますが、実際には新羅の成立前後から半島に対し度々軍征をかけ勝利していました。朝鮮で作られた三国史記(中国の三国ではない、作られたのは後年になってからですが)では新羅地域に対し数十回にわたる遠征を行いその勝利の度に戦利品や利権を手に入れたとあります。また、任那や百済・新羅では支配層に倭人が多数おり、当地に帰化・定住しました。

当時の半島は多民族地域であり、現在の朝鮮民族だけ(厳密には少数民族含む)ではなく、倭人や中国系民族等人種のるつぼでした。このあたりも征服した民族がしだいにその地域で多数派を形成していきました。その後は、朝鮮人主体の新羅が半島を征服し現在イメージしやすい半島・民族に繋がります(ただし、朝鮮民族については一般的な2に従うと元などのモンゴルや他の中国系との混血後(13世紀頃)成立となります。)

主に百済を中心とする中国系の渡来人については、百済滅亡時に亡命者が列島に受け入れられました。現在の朝鮮人にD系統がわずかであることを考えると、当時半島にいた倭人は渡来人として再度日本に帰化したか半島で朝鮮人に殺されたかのどちらかになりますが、この時期の渡来人の影響は日本民族の遺伝子プール構成にほとんど影響を与えていないそうです。

参考までに、現在の漢民族と呼ばれ方々は、遺伝子の等質性が低く(他民族と合流を繰り返し地域により偏りが大きい)2よりむしろ3の概念に近い民族だと思われます。

答えとして正確性を求めるなら、現在の日本は周辺国家よりは単一民族国家的であると言えると思います。

(政治については、戦前の日本は民族主義的要素がありました。戦後はその反動として反日本人主義的な中国・韓国に迎合する要素があり、近年は更にその反動が現れている様に見受けられます。これは例えば、在日朝鮮人の自己アイデンティティ獲得のため主調であったり(帰化人→渡来人に修正させた)、日本人によるそれに対する忌避であるのだと思います。民族うんぬんは、考古学と遺伝子に任せておけと言うのが持論です)
    • good
    • 0

沖縄人は日本人ではない



参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/i/a-001/shoseki/shinok …
    • good
    • 0

本州日本人のミトコンドリアDNAタイプを調べると多民族の混血民族であるのは明白です。


ゆえに単一民族と主張するのは無意味かもしれませんね。(混血民族だから)
なぜなら旧(原)日本人である縄文人は中国、朝鮮からの移民と縄文人の混血である弥生人に戦に負けて政権を譲ってしまったようですから。
そして後の大和政権(=天皇の朝廷)となったという説があります。
DNAから考察するに、さもありなんと思えます。

http://www.kumanolife.com/History/dna.html
    • good
    • 0

#8で書き忘れましたが・・・


piyopiyo-zzzさんの質問に答えていませんでしたね。
>「日本は単一民族だ」この言葉についてどう思いますか?

についてですが、答えはNoです。

裁判所の判例でも認められていますし、新しい法律、アイヌ文化振興法により、それが認められているから、少なくとも、単一ではないと言えます。勿論、アイヌの人たち以外にも、色々、民族が存在しているといえますよ。

これから、更に増えるでしょう。
だって、海外からの流入を増やさないと、日本の人口が減る一方で国力を維持できないし。
    • good
    • 0

数年間ですがアイヌ語を勉強していました。


北海道にも足を運び、色々聞いてきたことが在ります。
正確なことは専門ではありませんし、今、手元に書籍がありませんので、ざっとの記憶で書きますので、正確ではありませんが、概ね間違ってもいないはずです。

おっしゃるとおり、人類の歴史は征服の繰り返しですが、だから良いとは言えないのが、今日の価値観ではないでしょうか。

アイヌ民族についてですが、明らかに別の価値観、言語、習慣を保持してきました。

和人とアイヌとの間で、幾度も戦いがありましたが、ゲリラ戦を得意とするアイヌ側に有利だったようですが、和睦の酒宴でアイヌ側の代表シャクシャインが毒殺されたと言われています。

明治政府の樹立のさいに、アイヌ側の了解なしに北海道も日本というこで、国境を宣言しました。
(細かいいきさつはロシアの影響を恐れた、幕府、明治政府の動きとも絡みますので、専門書をお読みください)
もちろん、アイヌに国という統一した基盤がありませんでしたので、誰に了解を取るという物でもありませんが、日本に組み入れられた際に、彼らの言語、文化も取り上げられました。
アイヌ語の使用も禁止され、名前も和風に改められました。また、彼らは狩猟採集生活がメインでしたが、その主たる食料でもある鮭の捕獲も禁止、山も土地などの生活圏も取り上げられ、強制的に稲作を押し付けられました。

また、相当に差別も酷く、公平な教育も国から受けさせてもらえず、いじめなんか当たり前でした。
故に、アイヌ民族であることを、自分の子供には伏せて育てた家も多かったようです。そうでなければ、生活が成り立たなかったでしょう。

そういう事実を多くのアイヌの人は口をつぐんで話そうとはしません。もちろん、反発した者も主張した者も居ましたが、piyopiyo-zzzさんのおっしゃるように、彼らの自己主張を聞いてみたいと言う、質問自体が礼を失していると言えてしまうぐらいの歴史だったと言えるかと思います。

旧土人保護法という、名前事態が差別用語であり、保護と証しながら権利を束縛する法律が数年前まで日本に存在していたことを知っていますでしょうか。
    • good
    • 0

No.6の補足です。



NHKの番組(日本人はるかな旅)について、既に放送されている分について
書籍が出ていました。

本の題名を忘れましたが、たぶん番組名と同じ内容かと。

本屋に行って新刊本をチェックしてみてください。
    • good
    • 0

明らかに誤解であり、幻想です。



「日本人が単一民族だ」という幻想がいつから始まったかはハッキリとは
知りませんが、おそらく太平洋戦争の前後かと推測しています。

資料名を忘れてしまいましたが、明治時代の学者は日本人が複数の民族が
混じり合って構成されているということを、認識していたようです。

最近では、遺伝子科学の発達により、日本人のルーツがよりハッキリして
きています。NHKの番組にもなっていますね。(参考URLを参照)

簡単にいうと、最初に日本列島に到達したのはシベリアから南下してきた
人たちです。それから、黒潮に乗って南方から沖縄経由で人がやってきて、
最後に大陸・朝鮮半島から来た人たちが混血して日本民族が形成された
ようです。

詳しくは、参考URLかNHKの番組(日本人はるかな旅)を見てください。

参考URL:http://www.inpaku.nhk.or.jp/nihonjin/schedule_1. …
    • good
    • 0

今年に入ってから、北海道出身の国会議員が御質問のようなことを


言って、アイヌの方々から抗議を受けましたね。

私が以前接する機会のあったおばあちゃんが、錯乱状態?になったとき、
「アイヌだからって馬鹿にするなっ!」と、叫んでいました。
とっても、穏やかな方だっただけにびっくりしました。
苦労された時期があったのだとあとで知りました。
差別されていた時期があったことは事実です。

少数民族であるアイヌの方たちの声は、なかなか隅々には聞こえないのでは
ないかと思います。
きっと、いろいろな意見を持っているのでは・・・
ウタリ協会のホームページがありましたので、見てください。
http://www.ainu-assn.or.jp/index.html
こんなページもありました。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8729/

私もよく知らないので、こんな回答になってしまいました。
回答になってませんね。ごめんなさい。
    • good
    • 0

> なぜそうなのか?を歴史的、政治的に説明



「アイヌの人々はなぜ、独立した民族としての強い自己主張を行わないのか?」
というご質問だと理解していいのでしょうか?

わたしも(?)そのことについて時折考えることがあります。
根本的な説明にはなりませんが、
古くは隼人のような人々や(苦笑)、アイヌ・琉球の人々が、
強い民族的自己主張を行わない(行わなかった)理由のひとつとして、
彼らが日本語を話す(=日本の文化に組み込まれる=民族として日本の内に吸収される)ことを、
「自ら選んだ」(望むべくしてそうしたのか、はたまた、
結果的にそうせざるを得なかったのかはともかく)から、
ということがあるのではないかと考えています。

(慎重に喋ってないとツッコまれそうな話題ですね(^^;)

>アイヌや蝦夷についての本(ルーツや今はどんな状況にあるのかナドナド)

わたしは蝦夷(えみし)のことを専門にやってる者ではないので、
ご紹介できるような書籍名を具体的に挙げることはできない(知らない)のですが、
アイヌをはじめ東北以北の "日本人" のルーツについては
未だに研究途上で、よく解明されていませんので、
もしこちらでどなたからも参考書籍のご紹介がなかったなら、
書店サイト等で「蝦夷」とか「アイヌ」を検索されて、
なるべく刊行年月の新しい本を選ばれることをお勧めします。


ところで(以下は雑談と思ってください)。
わたしはネオ・アイヌ説というのについてよく知らないんですが、
この説では、蝦夷(えみし=いまの東北地方に住んでいた "日本人"たち)の中に
アイヌ民族の祖先となった人々がいたと言っているようです。
(これはおそらく、少し前に奥州の藤原氏のお墓で、遺伝的なことを調べて
 出た結果を根拠としているのだと思っていますが、)
もしこの説が "正しいとすると" 、アイヌは、少なくとも人種的には、
古い時期に大和国家の人々とは異なる生活様式を取るようになった日本人、
て言えるんでしょうかね?
    • good
    • 0

>歴史的、政治的に説明してくれる人を求めています。


ネット上では意見交換できませんが、適材の人物がいます。
「民族文化映像研究所」(略称:民映研)の姫田氏が適任だと思われます。
この方は、学者ではなく、日本の民族文化を映像に撮り貯めている、日本の第一人者です。
アイヌに関する映像も多く撮っていますし、私も何本か見せていただきました。

アイヌの文化の伝承に努めている方々との交流も深いので、まじめにアイヌの研究をされたいのでしたら、
『生』のアイヌに触れてみるのが一番だと思います。

そこまではまだ踏み込めないという場合は、民映研の上映会で定期的にライブラリーを上映しているので、問い合わせて、映像で見てください。
民映研の上映会組織は各地にありますので、民映研でお近くの上映組織を紹介してもらうとよいでしょう。
民映研の所在地は新宿です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人の迫害について

第2次世界大戦でなぜドイツはユダヤ人を迫害したのでしょうか?

Aベストアンサー

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアックなまでに厳しく、例えば乳製品と肉を一緒に食べてはいけないからチーズバーガーはダメとか、安息日はなにがあっても働いちゃダメとかです(もし安息日に急病人が出たら?働いちゃいけないのでユダヤ人のお医者さんは何もしません。だって、働いちゃダメだって決まりですから)。
アキバ系もそうですが、極端なマニアは嫌われます。この律法マニア集団もそのマニアックさ加減が嫌われているところがあります。
ここらへんは在日朝鮮人の人たちも似ているところがあって、彼らは決して日本人に融合しようとせず、自分たちの文化アイデンティティをかたくなに守ろうとします。それがこっち側とすれば「こっちに住んで長くなるのにこっちの習慣に馴染もうとしない」と感じるのです。

中世のキリスト教は、基本的に「商売は穢れてるので禁止」でした。中でも、形のないものを商売とする金融、銀行業は禁じられました。しかし、ないと困るのでそれはキリスト教徒ではないユダヤ教徒にやらせました。ユダヤ教徒たちは軽蔑されながら商売に精を出して金持ちになりましたが、しばしば裁判で理不尽な判決を受けたりしました。突然財産が没収されたり、貸した金を返してもらえなくても裁判が取り合ってくれなかったりしたのです。このあたりのユダヤ人の心境はシェイクスピアの「ベニスの商人」がよく描かれています。

ユダヤ人を主に迫害しているのはキリスト教徒ですが、それはイエス・キリストを十字架にかけるようにユダヤ人たちが望んだからです。そもそも、そのイエス様じたいがユダヤ人のはずですが、イエス様は「神様の子」なのでユダヤ人ではない、という解釈のようです。

ユダヤ人はある特徴がありまして、それは「他人にどう思われようと独自の信仰を絶対捨てない」ところです(厳密にはユダヤ教徒がユダヤ人でありヘブライ人とことを指すわけではないのですが)。ユダヤ教は律法(その宗教の決まりごと)がマニアッ...続きを読む

Q歴史的に差別が続く根源的なものとは?

奴隷 人種差別
そういった歴史などから来る差別が
歴史的に続いている地域は、
どういう地域、文化、家族間などで差別が受け継がれているんでしょうか?
できる事ならば個人単位の話で教えて下さいますと幸いです。

また、どういう情報を見ればその現実的なものが見えてくるか?
というご回答も頂ければ助かります。

また、差別意識に飲み込まれる人と
それをおおむね克服してしまえる人には
どういう差が見受けられるものでしょうか?
親の価値観を受け入れた結果か、
はたまた親を反面に克服した結果なのか。
ご回答頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

 地域・文化・家族というレベルでの社会的差別はありますが、その根源にある個人の『差別する心』の在り方は、個人の劣等感や優越感と密接に関連しています。

 人間の成長は、子供の頃の「他人の真似をして育つ」時期と、「自分自身の価値観」を確立する思春期に大きく変わります。

 子供の頃は、他人の真似をして育つので、無意識に自分自身に対するの評価を、「他人」と比較によって行う傾向が強くなります。

 それに対して、第二反抗期を含む思春期には、人間として十分な社会経験や、周りの大人の配慮がのもとで、他人との比較ではない「自己完結する自分自身に対する絶対評価」を身につけていきます。

 人間が自己に対して行う評価は、「他人との比較」と「自己完結した絶対評価」の両方を加味した評価となりますが、「自己完結した絶対評価」の確立が十分でないと、他人との比較でしか自己の評価が出来なくなり、『自分よりレベルの低い人がいなければ、自己をプラス評価出来ない』という心の在り方の人間が出来上がります。

 このような心の在り方になってしまうと、無意識に「他人に対するマイナス評価を、自分個人の中のものではなく、隣人と共有することに努力を払う」行動を取ったり、「家族・出身地・国籍など、本人にはどうにもならない点にマイナス評価を求め、それを重視する」行動を取ったりします。

 それに対して、自分に対する絶対評価が確立している人間は、自分自身の行動自体に、自分自身が合格点を出している限り、その行動に対して他人が行う誹謗・中傷には、あまり傷つきません。
 自分の行動などに対して、評価を与えるのは、自分の中にある絶対的な価値観であって、他人からの評価ではないのです。
(ただし、自分の行動が社会的に認められ、それを通して自分の中の絶対的価値観が社会的に認められたと感じられるときは、深い満足感を感じるようです。)

 逆もしかりで、他人を誹謗・中傷することも少なく、他人に対しても、その個人その人の『人間としての絶対評価』はしても、その評価は自分自身以外の人に同意を求める性質のものではないということを、自覚しています。

 地域・文化・家族というレベルでの社会的差別はありますが、その根源にある個人の『差別する心』の在り方は、個人の劣等感や優越感と密接に関連しています。

 人間の成長は、子供の頃の「他人の真似をして育つ」時期と、「自分自身の価値観」を確立する思春期に大きく変わります。

 子供の頃は、他人の真似をして育つので、無意識に自分自身に対するの評価を、「他人」と比較によって行う傾向が強くなります。

 それに対して、第二反抗期を含む思春期には、人間として十分な社会経験や、周りの大人の配慮...続きを読む

Qユダヤ人は何故迫害されてきた?

表題どおりなんですが、最近ユダヤ人に学ぶ
ビジネス書を読んで興味を持ったのですが
そもそも2000年の間迫害されてきた理由と
現在でもいい顔しない人もいるようですが
それもなぜか知りたいです。

Aベストアンサー

ユダヤ人迫害に関しては、一般的な問題と、ユダヤ人固有の問題の双方を考える必要があります。

一般に、放浪民族は、差別の対象になりやすい傾向があります。
それは、定住せず、地域に溶け込まず、自分達だけの世界をつくるためです。
国を無くした民族は、放浪民族になるか、その地で被支配民族となるか、多民族と混合するかの、どれかとなります。
ユダヤ人は、放浪民族となり、ユダヤ教という独自の宗教を中心として、国を失った後も、アイデンティティを持ち続けます。

そのため、分散した地域とは別の社会を築き、自分たちの結束を強める事により、民族を維持してきました。

独自の社会システムをユダヤ教が持つため、地域社会との摩擦が多発し、迫害の対象となります。
同じような例として、ロマ人(ジプシー)、アルメニア人などがあげられます。
ユダヤ人は、たびたびの迫害のため、資産を不動産ではなく、現金で持つようになり、金融業を中心とした活躍をします。

当時キリスト教も、イスラム教も、金融を禁止していたため、そこにユダヤ人の活躍の場がありました。
しかし、その事が、高利貸しユダヤ人となり、一般住民の反発を買う事になります。

また、ユダヤ人は、自己の結束を強くした結果、自分達ユダヤ人意外を全く信用しない民族になってしまっています。
現在のイスラエル人は、極めて利己的、協調性の文字が、イスラエル人の辞書には無いほどの多民族との協調性の無さ、他人の言う事を、全く聞く耳持たない性格、非常識なほどのケチ、などの性格を持ってしまいました。
そのため、イスラエル人と係わった後、必ずいやな感情を相手に与えてしまいます。
この事が、現在まで続くユダヤ人、イスラエル人迫害の原因となっています。

ユダヤ人迫害に関しては、一般的な問題と、ユダヤ人固有の問題の双方を考える必要があります。

一般に、放浪民族は、差別の対象になりやすい傾向があります。
それは、定住せず、地域に溶け込まず、自分達だけの世界をつくるためです。
国を無くした民族は、放浪民族になるか、その地で被支配民族となるか、多民族と混合するかの、どれかとなります。
ユダヤ人は、放浪民族となり、ユダヤ教という独自の宗教を中心として、国を失った後も、アイデンティティを持ち続けます。

そのため、分散した地域とは...続きを読む

Qアイヌ民族について

今、大学のレポートを書いているんですが、どう探してもわからないので質問します。アイヌおよび北方民族の呼称の変化について何かわかれば教えてください。できれば詳しくお願いします。

Aベストアンサー

日本の古代、中世の記録によると、「蝦夷[エミシ]」が登場します。
平安時代末期になると蝦夷は“エミシ”ではなく“エゾ”とよばれるようになり、蝦夷はアイヌ民族を指し,擦文文化からアイヌ文化へ移行したようです。

詳細は、参考urlをご覧ください。
下記のページもご覧ください。
http://www.ryuhyo.com/annai/event/orocyon.html

http://homepage2.nifty.com/tkina/papers/19970630.html

参考URL:http://www.onitoge.org/nyumon/rekishi5.htm

Qアイヌさんについて

差別されてたとの話聞きますが理由を教えてください

Aベストアンサー

見た目や言葉・慣習・文化の違いからじゃないですか? 人間、異なる存在には生活や身を守るために警戒心を持つものです。

後の時代の人間が人種差別だと訴えても当時の日本人には「何それ?」的な話。


当時はジョン・レノンはいなかった。ラジオやテレビから「イマジン」が流れてくる時代ではなかった。

現代では混血が進み、純粋なアイヌは存在しないようですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報