先月末,車対車の接触事故を起こしました.これについて,2つほど質問がございます.よろしくお願いします.今回の事故では,幸いお互いにけがもなく,それぞれの車の修理費もそれほどかからなそうなので,私は保険を使用しないつもりです(警察と保険会社には事故の連絡はしました).しかし,相手は70歳くらいのおじいさんだったのですが,どうやらその車はおじいさんのものではなく,家族のものとのことでした.また,その持ち主は任意保険に加入していなかったため,交渉は私と相手とで,直接行なうことになりそうです.しかし相手は,自分の車は修理に出さなくても良い,と言っています.私の車は,すでに修理に出し,修理も完了しました(代金は自分で立て替えてあります).一つ目の質問です.相手は自分の車の修理費見積もりも出していないのですが,このようなケースでは,事故の総損害額はどのように計算したら良いのでしょうか.総損害額と過失割合からお互いの負担を決めたいのですが・・・.また,二つ目の質問ですが,相手の車は修理しないと言う方向で示談をした場合,あとから相手の気が変わって修理代を請求されても困るので,その旨を示談書に記載して,双方(おじいさんと持ち主&私)のサインをしておけば,今後問題はないでしょうか.ご回答をお待ちしています.よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちわ。


 保険を使わないというのには何か理由があるのでしょうか?他の方も書いてるように、交渉そのものは任せてしまうのも手です。
保険は使わないけど交渉宜しく、では保険会社も難色示しますから、損害額が低いと使わないかもしれないので、分かったら教えて、みたいに少し濁す所がポイントです。
 相手の損害額ですが、保険会社側に動いてもらえば確認します。(それを教えて貰う方が楽です。)
 後々のために示談書の取り交わしはすべきだと思います。示談書の効力は判決と同等ですから、それを覆そうと相手方が考えるなら訴訟するしかないです。(また、訴訟したから覆る物でもないですし、ほぼ覆すのは無理です。)

ちょっと気になったので補足します。
>この場合は「示談書」よりも「免責証書」のほうが好ましいと思います

 免責証書とは示談書に代わり便宜上使用しているものです。過失のある案件では物損事故でも免責証書はそぐいません。過失の割合や各々の負担額を明記してそれぞれが署名捺印する示談書を取り交わすことが重要です。(免責証書は100:0の物損事故位でしょうか。使うのは。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます.今回保険を使用しないことについては,以前,事故で一度保険を使用したことがあり,今回また使用すると等級がさらに上がってしまい,その分の保険料の増額と今回の修理費(相手の損害額はわかりませんが,それほど大きくはないと思います)とを比較した結果,使用しない方が良いだろうと判断しました.他の皆さんのご意見も参考にしましたが,相手方との交渉は保険会社にお願いしてみることにします.また,示談書についてもよくわかりました.ありがとうございました.

お礼日時:2001/10/16 22:12

任意保険は、最終的に保険を使用するかしないかを決定すればよく、示談交渉は、保険会社に任せ、決定してから保険を使わずに自腹で支払いをしてもいいのです。


初めから保険を使用せずに個人で事故処理をすることは、労力がかなりいると思います。加えて、何のために保険に加入しているかわかりません。

代理店の方が、どのような説明をされて保険を使わずに処理をすることになったかはわかりませんが、一度、代理店や保険会社に連絡をされて助言を受けられたらどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます.他の方のアドバイスも参考にし,もう一度保険会社に問い合わせてみることにします.

お礼日時:2001/10/16 22:10

 通常の任意保険であれば、保険を適用する・しないに関わらず示談交渉は代行してくれるはずです。

j-kichi さんがこの類の交渉に長けておられるのならばともかく、ここは保険屋さんにおまかせしてはどうですか? 第一、素人同士では過失の割合を決めることも困難だと思いますが・・・。最終的に保険を適用しなければ、等級が上昇することはありません。

 さて、一つ目のご質問ですが、おそらく、事故の総損害額は j-kichi さんの車の修理費のみということになると思います。

 次に、二つ目のご質問について。これも保険屋さんが書式を持っているはずですので、相談されるのがよろしいのでは?

 結局、「保険屋さんに任せる方がよいですよ」という頼りないアドバイスになりましたが、その方が賢明だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます.他の方のアドバイスも拝見しましたが,交渉は保険屋さんにお願いした方が良さそうですね.保険会社の方も相手方と連絡を取ろうとして下さったのですが,なかなか相手と連絡がつかないようで,もうしばらくして連絡が取れなかった場合,私が直接相手方を訪問してみて下さい,とお願いされました.それなら,今回は保険を使用するつもりもないし,私が相手方に赴いて直接示談してしまっても良いかな?と安易に考えてしまいました.ですが,やはり交渉はプロに任せた方が良さそうですね.もう一度保険会社に相談してみます.ありがとうございました.

お礼日時:2001/10/16 22:09

まず、最初の質問ですが…


>相手は自分の車の修理費見積もりも出していないのですが,このようなケースでは,事故の総損害額はどのように計算したら良いのでしょうか…

直す、直さないに係わらず「損害額」の算定はしなければなりませんね…
相手が車を直さないと言っているのでしたら、「仮に修理したらいくらかかるのか?」
この額を出せばいいわけです。
こちらから、修理工場の人、あるいはディーラーの人を連れていって、相手の車を見てもらうしかないでしょう、
その場で査定してくれるはずです。
ただし、この際注意することが2点あります…
(1)見積もりが出ても修理をしないのが前提ですので「見積もり料」を請求される場合があります、
ディーラーですと、だいたい修理代の10%くらいは請求するようです(直さなかった場合)。
(2)その車の「残存価格(時価)」よりも、修理代の方が上回ってしまった場合は、
残存価格が損害額となります、つまり「時価以上の修理代は出さなくても良い」と言うことです。

2つ目の質問ですが…
>あとから相手の気が変わって修理代を請求されても困るので,その旨を示談書に記載して…

この場合は「示談書」よりも「免責証書」のほうが好ましいと思います、
示談書とは主に人身事故の場合に使うもので、今回のような物損のみの場合は、
免責証書と言って「今回の事故に起因する賠償は、今後一切行わない(免責である)」という書式があります。
ご自身の加入されている保険は使わないとのことですが、保険会社に行けば「免責証書」の用紙はもらえます。

さらに…、補足ですが、
「過失割合」は、どのように決めるのでしょうか?
過去の判例を参照されるのでしたら、「判例タイムズ社」というところから、
「民事交通訴訟における過失相殺等の認定基準」という本が出ていますので参照されれば良いかと思います。

短い説明しか出来ませんが、これでおわかりになりますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます.詳しい情報を教えて下さり,とてもわかりやすかったです.特に,ディーラーについては,大変参考になりました.ありがとうございました.

お礼日時:2001/10/16 22:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽い接触交通事故後の相手車の修理費用について

8月、車で駐車場から出ようとしたときに、私の不注意で道路を走っていた(止まっていたかもしれません。未確認です…。)車と接触してしまいました。接触したのに気づかず走り去ろうとして相手車に追いかけられて停車。「何で逃げるんですか!修理費用は後で請求しますからね!」と一方的に言われ、反論したかったのですが気が動転し何も言えませんでした。キズを確認すると確かに擦った跡がありましたが大きなものではなく、凹みもなかったため大した金額にはならないだろうと思い、出社時間が迫っていたため連絡先を渡して仕事へ行きました。それから2ヶ月後、相手から修理費用見積書と請求書が届きました。金額を見て唖然、なんと18万円弱も請求されていました。車の知識がなかったので後から知りましたが、相手車はベンツだったようです。見積書には修理ペイントと記載されています。(ペイントでこんなにかかるものでしょうか…?)事故自体は私のほうに過失があったと思うので支払い義務はあると思うのすが、金額が不当ではないでしょうか?もっと金額のかからない修理はあるはずです。この場合、やはり見積りどうりの金額を支払わなければいけないのでしょうか?
それ以前に警察に届け出なかったのは愚かでした…。出社時で初めての交通事故だったため気が動転してしまっていました。事故後の処置に問題があったことは分かっています。レベルの低い質問で申し訳ありませんが、金額に驚き本当に困っています。詳しい方々回答をよろしくお願いします。

8月、車で駐車場から出ようとしたときに、私の不注意で道路を走っていた(止まっていたかもしれません。未確認です…。)車と接触してしまいました。接触したのに気づかず走り去ろうとして相手車に追いかけられて停車。「何で逃げるんですか!修理費用は後で請求しますからね!」と一方的に言われ、反論したかったのですが気が動転し何も言えませんでした。キズを確認すると確かに擦った跡がありましたが大きなものではなく、凹みもなかったため大した金額にはならないだろうと思い、出社時間が迫っていたため連絡...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の事例では、相手車が完全に停止していたという確定証拠があれば
過失割合は100対0で相手方の過失は問えない場合がありますが、多少でも動いていたか、停止とほぼ同時くらいでしたら、過失割合は100対0にならず相手方にも過失があることになります。保険会社の査定では、このような事例では、まず、過失割合がでますので、相手方の請求どおり支払うことはありません。警察に事故届けを早急に出し---届けておかないと保険請求のときに必要な事故証明が出ません。----かつ、加入されている保険会社へ事故報告を出し相手方と示談交渉を依頼すべきです。最近の自動車保険には、示談代行サービスがついていることが多いですので保険会社もしくはその代理店にご相談された方がよろしいと思います。
とにかく、相手から何か言ってきたら、保険を使うので、保険会社から連絡させると伝え、性急にあいての要求をのんではいけません。そうして、相手が何か強い手段にて出くればそれは相手のダメージになるだけです。ただし、保険会社にまかせっぱなしてはなく、相手方には、こちらが誠意つくしているという印象をもたせるのも必要です。
相手の見積書ですが、こういう物損事故の見積書、とくにベンツなど高額車で被害者意識の強い相手の場合、通常の修理よりオーバーに表示してくる場合が多々あります。--立場を逆転させて考えればおわかりになると思います。---部品代はたかかしれてますが、脱着等工賃が馬鹿高いです。わたしも、保険代理店やってますがこういう水増し?請求でもめることは日常的にあります。裁判沙汰までなったことは幸いにしてあまりありませんが、保険会社のサービスセンターの担当者はその道の専門家ですので、すべてまかせたほうがよろしいとおもいます。だれでも交通事故の当事者になれば気が動転してその場ではあたふたしてしまうものです。質問者さんのご質問はけっして低レベルの質問ではないと思います。自信を持って
対処された方がよろしいとおもいます。僭越なことかきつらねました。行き過ぎがあればお許し下さい。平穏無事な御解決をおいのりしています。

ご質問の事例では、相手車が完全に停止していたという確定証拠があれば
過失割合は100対0で相手方の過失は問えない場合がありますが、多少でも動いていたか、停止とほぼ同時くらいでしたら、過失割合は100対0にならず相手方にも過失があることになります。保険会社の査定では、このような事例では、まず、過失割合がでますので、相手方の請求どおり支払うことはありません。警察に事故届けを早急に出し---届けておかないと保険請求のときに必要な事故証明が出ません。----かつ、加入されている保険会社へ事故報告...続きを読む

Q車両交通事故、10:0(相手方100%過失)、修理費の示談前の立て替え払いについて

質問したいのは3点です
1)物損の示談について、修理費と、格落ち補償(減価額補償)の請求が有る場合、修理費については、ディーラー提示の額で当方も先方も納得している場合、その部分のみを支払ってもらう手段は全く無いのか。
(保険会社は「全ての額が確定しない限り、修理工場への支払いはしない」と言っています」)。
2)全額確定後でなければ、示談が成立しないのであれば、一旦立て替え払いをする必要がありますか?
3)立て替え払いをした場合に、修理費の返還を盾にされてその他の交渉が不利になる可能性はありますか?

 車両同士の事故です。10:0で相手方は過失を認め、保険会社も「100%補償する」と言ったため、当方(当方側保険会社は関与せず)が相手方保険会社と直接交渉中です。ドイツ車で修理費が115万掛かっただけでなく、事故車として格落ちが発生するため、人身事故の慰謝料も含めて、事故車による減額分も査定書を添えて請求する予定です。
 相手方が保険会社に連絡するまで事故後5日も経過し、保険会社が修理工場へ支払いする旨の連絡をしたのがその5日後、その後、修理工場が修理代金の請求見積書(修理後)を保険会社に提示後こちらへ連絡してくるのが、さらに1週間後であったり(全て営業日換算)、時間がかかりすぎています。そうこうしているうちに、修理工場側が「支払いが遅れると困る」と言ってきました。立て替えられないことはないのですが、双方支払先も金額も異存の無い部分についても他の部分が確定されないなら支払わないとするのは、納得いかないのですが、法律上「示談」とはそういうものなのでしょうか?

質問したいのは3点です
1)物損の示談について、修理費と、格落ち補償(減価額補償)の請求が有る場合、修理費については、ディーラー提示の額で当方も先方も納得している場合、その部分のみを支払ってもらう手段は全く無いのか。
(保険会社は「全ての額が確定しない限り、修理工場への支払いはしない」と言っています」)。
2)全額確定後でなければ、示談が成立しないのであれば、一旦立て替え払いをする必要がありますか?
3)立て替え払いをした場合に、修理費の返還を盾にされてその他の交渉が不利...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、
自分や家族の事故を含め何度も事故処理経験がある主婦です。
外国車ということもあるでしょうが、修理費が115万はかなり大きな事故を想像させます、お怪我の方は大丈夫でしょうか。

(1)まずお尋ねしたいんですが、事故のあと直ぐに警察に事故届を出していますか?。もしまだならあなたご自身も直ぐに届けなければなりません。そうしないと保険が降りない場合があります。

(2)ご自身は任意保険に加入していますか?。
加入している場合、過失割合に関係なく事故届を直ぐにご自分の加入している保険会社に届出て下さい。この場合電話でもいいです。
そうすれば、あとは双方の保険会社が担当の人を通じて話し合いをしてくれます。自分が個人で交渉する必要など全くありません。そのための自動車保険ですから自分の要望を自分が加入している保険会社に伝えれば、その旨を相手の保険会社を通じて加害者に伝えられます。保険会社対個人の話し合いですと何かと不利な事は確かです。

大手損保ですと、裁判を匂わせる発言も平気でしますから精神的なダメージも大きいです。ですから絶対個人では対応せずに、自分の保険会社を通した方がストレスが少ないですよ。我が家も2回、100対0の事故で、散々な目に遭いましたので良く分かります。

車の請求に関してもあなたが支払いを心配する必要は全くありません。相手の保険会社と整備工場の問題ですから心配いりません。自分が直接整備工場と話すのではなくて、整備工場が相手の保険担当の人と直接話すのです。あなたは相手の保険会社の担当員に話せばいいのです。何でも保険会社の担当員を通して話すのです。

ご質問の『格落ち』に関しては、当然査定して保障があります。しかしご自身が満足できる金額かどうかはまた別ですが、修理が終えた時点で、査定額が出るはずですから、示談成立後に一括払いされます。

>(保険会社は「全ての額が確定しない限り、修理工場への支払いはしない」と言っています」)。

心配はいりません。支払うのはあくまでも保険会社ですから、修理工場には保険会社に請求して下さいと言えば済む事です。建て替える必要はありません。「自分にはそんなお金はないと言えばいいんです。」(たとえお金があったとしても)整備工場もそれ位の事は十分承知しているはずです。素人ではないですからね。これは被害者が建て替える必要は全くありませんので心配しないでください。もしどうしても立替えが必要なら、加害者が建て替えるべきものですから、相手の保険担当員に伝え要求すればいいことです。そうすれば保険会社も考えるでしょう。事故処理はすべて相手方の保険員にしてもらうのです。そのための保険員ですから。

>人身事故の慰謝料も含めて、事故車による減額分も査定書を添えて請求する予定です。

こうした事はすべての事を含め損保保険の担当の方がやる仕事です。当然そうなるでしょうし、加害者のやる事ではありません。もしご自分で既に治療費を支払ってしまっているなら、その分は保険会社に提出して請求しますが、普通は病院に事故で怪我しましたと言えば保険会社の方に請求してもらえるはずです。実費で支払った分は領収書を提示すれば、示談成立後に一括で通帳に入金されます。その中には精神的な苦痛に対する保証や休業補償もも含んでいます。もし、何かそのほかに要求があれば保険担当員に言えばいいんですよ。

『示談』とは全ての事故処理を終えて怪我の治療も終えてから、もうこれですべて解決しましたという事であなたがサインし印鑑を押した時点で示談が成立ということになります。それで初めて、保険会社の支払許可が出るのです。

ですから、怪我が完治するまでは示談書にサインしてはいけません。
一旦示談者にサインしてしまうとそれ以降の治療費や、休業分の保障は全くありません。
被害者にとっては長期に渡ると会社を首になるのではないかという心配もありますが、わざと痛い振りをしているのではないかなど、保険会社からそれとなく圧力があるかもしれません、でも完治するまでは通院が必要な場合も示談に応じてはいけません。

事故は被害者にとっても加害者にとっても相当のストレスとなりますので、そのストレスに負けて早く示談したいと思うものですが、結構後になってから後遺症が来たりする事もよくありますので焦らないで、納得して示談する事をお勧めします。

それと、ご自身の加入保険の内容によっては、保険を使う使わないは関係なく、等級落ちも無く傷害補償がセットされている場合があります。その場合は、怪我に対する傷害補償がもらえますので、どちらにしても、ご自分の損保会社に連絡した方が良いと思います。

長くなりましたが、どうぞお体を大事になさって下さい。そして無事に解決出来ますよう祈っています。

こんにちは、
自分や家族の事故を含め何度も事故処理経験がある主婦です。
外国車ということもあるでしょうが、修理費が115万はかなり大きな事故を想像させます、お怪我の方は大丈夫でしょうか。

(1)まずお尋ねしたいんですが、事故のあと直ぐに警察に事故届を出していますか?。もしまだならあなたご自身も直ぐに届けなければなりません。そうしないと保険が降りない場合があります。

(2)ご自身は任意保険に加入していますか?。
加入している場合、過失割合に関係なく事故届を直ぐにご自分の加入してい...続きを読む

Q交通事故賠償での事故車保障(売却時事故車は不利)は?

信号で停車時に後ろの車のミスで追突され、ムチ打ちと車の後部破損(バンパー交換・周囲板金修理)でした。まだムチ打ちの治療中ですが、修理は完了したので物損のみの示談をしたいのですが、事故車保障のようなものはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

>まだムチ打ちの治療中ですが、修理は完了したので物損のみの示談をしたいのです

とりあえず物損のみ示談をしたいと言うことか?

たいした事故でなければ評価損としての補償は不可能と思った方がよいでしょう。
しかし、人身が絡んできていますので
慰謝料などの部分で譲歩してくれる可能性はありますね。
だが、昨今の保険会社の厳しさは訴えてやりたいくらいですからあまり期待しないように。

よく調べて人身事故の部分で正当な請求をして損のないようにすることも大切ですね。

通信費用の請求ができますから
少しうるさいくらいに保険会社に言えば+αが期待できるかもしれません。

Q交通事故の示談後、相手からの支払いが無い

物損事故で、警察に事故の届け出をし、その後、電話で相手9割、こちら1割ということで示談しました。
修理金額はこちらの車が約5万円で相手は0円です。
車の修理が終わり、ディーラーから請求書を送ってもらって1ヶ月近く経ちますが、まだ入金がありません。
電話しても出ません。
相手は保険は使わないということです。
私も相手車の修理金額が0円なので、保険屋さんには連絡していません。
また電話しようとは思いますが、このような場合、どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 電話しても,あいまいな答えで,誠意がないようでしたら,簡易裁判所で取り扱っている,「小額訴訟」や「支払催促」の手続きをされたらどうでしょうか。相手に対してのプレッシャーになると思いますよ。
 両方とも手続きは簡単で,短期間で審理が終わるのが特徴です。

(小額訴訟)
http://home.att.ne.jp/banana/ikeda/prg/saiban/syougaku.htm

(支払催促)
http://courtdomino2.courts.go.jp/K_kani.nsf

参考URL:http://home.att.ne.jp/banana/ikeda/prg/saiban/syougaku.htm,http://courtdomino2.courts.go.jp/K_kani.nsf

Q交通事故の示談終了後の相手からのお金の請求について

どうも、初めまして。SINといいます。

タイトルにもありますが、
「交通事故の示談終了後の相手からのお金の請求について」
は犯罪行為と聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか?

もし、犯罪だとしたら警察などに相談すればいいのでしょうか?

皆様の知恵をかしてください。

この質問の経緯についてですが、
友達が事故を起こし、相手にかまをほってしまいました。
ちなみにバイクどうしです。
それで、最近になって示談の話がつきそうだと
いう話しを保険屋さんか聞いたらしいのですが、
その時に修理代などの足らないお金は
その友達に請求するようなことを言っていたらしいのです。

そこで、示談が成立した後に請求がきたらどうしよう?と
僕に相談があったのですが、
なにぶん僕も法律のどは何も知らない素人なので
ここで質問させていただきました。

Aベストアンサー

示談が成立したら物損事故であれば請求する権利は消滅していますので
請求があっても相手にしないことです。
万が一請求があった場合はご自分の保険会社に相談されたほうが良いと思います。

人身事故の場合には示談が成立しても
後遺障害については請求する権利があります。

上記のいずれのことは示談書に明記されています。

犯罪云々については
請求するだけでしたら犯罪にならないと思いますが、
嫌がらせなどであればそれなりの刑罰を与えることができるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報