医療保険の見直しを検討しています。
現在加入しているのは、夫の終身医療保険(60歳払込)の妻型なのですか、入院日額が\3000-で心もとない状況です。この保険は、夫に万一のことがあった場合、保険料の支払いが免除され、保障がそのまま続くというものなので、加入した当初はこれで十分と思っていたのですが、今後医療費の個人負担が増えることが予想され、見直すべきかなと思っています。検討中の見直し案は、下記の4つです。

(1)今の保険は継続し、共済などの保険料が抑えられたものに新規加入し、入院日額\2000~\3000程度上乗せする。
保険の種類が多くなると、保険金を請求するときに面倒かなと思っています。

(2)今の保険の妻の部分を解約し、共済などに新規加入する。
このプランが一番保険料の負担が少ないと思うのですが、共済だと60~70歳くらいで保険が切れてしまうので、老後のことが心配です。

(3)今の保険の妻の部分を解約し、終身型(60歳払込)の医療保険に自分の名義で加入しなおす。
本来ならこのプランが最良だと思うのですが、保険料の負担が厳しいです。ただ、最近割安なものも出てきているので、探せば良いものが見つかるかもしれません。

(4)今の保険は継続し、医療費の備えとして、月々\3000程度貯蓄をしておく。

4つのプランのどれが最良か、あるいは他に何かよいプランがありましたら、アドバイスをよろしくお願いします。
また、共済に加入する場合、老後の医療費負担をどのようにすればよいか、ご意見をいただけたらとてもうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。

2回目です。

さて、早速ですが私の個人的な考えで言うと、(1)(2)の案は
確かに保険料が安くすむと言う点では非常に良いと思います。実際
私もつい先月までは共済に加入してました。入院日額5,000円
で掛金が2,000円、その上、毎年の割戻金を考えると実質の保
険料は1,600円~1,700円程度、確かに魅力的でした。
ただ、補償が60歳までと言うのと、手術給付金が無いと言うのが
ちょっと難点ですかね。。。で、結局私は解約し終身医療にしてし
まいました。。。(^^ゞ

また、(4)に付いては確かに30年後には100万以上の蓄えに
なりますが、1年後にケガや急病ってこともあるでしょうし、将来
的に、もし手術や長期入院などがあった場合には、すぐに底をつい
てしまう場合もあるのでちょっと不安が。。。

(3)は確かに保険もすっきりして私は良いと思います。
まず、無いとは思いますが万一離婚された場合でも安心ですしね。(笑)
ただ、保険料的な問題が少しあるかもしれません。
ちなみに30歳前半の方の終身医療保険料は1泊2日から保障され
るタイプのものだと、入院日額5,000円で60歳払込満了だと
月々4,000円前後です。
また、(1)の案の変形で「現在の保障+共済」を「現在の保障+
終身医療保険」と言う形で、終身医療保険の日額2,000円~
3,000円のものに加入すると言う考えは如何でしょうか。
これだと保険料は2,000円~3,000円弱です。

最近では、生命保険会社のみならず損害保険会社からも医療保険が
発売されていますので、自動車保険でお付き合いのある代理店さん
や、現在加入されている生命保険の担当者の方などにご相談されて
みると良いかもしれませんよ。

それから、ご存知だとは思いますが一般的には1ヶ月の医療費が
63,600円を超えると高額療養費制度の対象となる事も忘れず
納得の良く保険を探してみてください。

長々と解りずらい話ですみませんでした。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご意見、とても参考になりました。やはり、(3)のプランが一番すっきりしていて良いかなという気持ちになってきました。
>>(1)の案の変形で「現在の保障+共済」を「現在の保障+終身医療保険」
ですが、終身医療保険が2つに分かれているよりも、一本にしておいたほうが、いざ保険料の請求のときに面倒がないかなとも思いまして、(3)で進めようと思っています。現在、オリックス生命の『終身医療』に資料を請求しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 12:18

こんにちは。



現在のご年齢が解らないので何とも申し上げられませんが、
ご年齢が40歳代位までであれば月々3,000円程度の
保険料で入院日額5,000円の終身医療保険へ加入するこ
とは可能ですよ。

また、共済は確かに保険料が安く良いと思います。ただし
共済の場合ですと、pochi523さんのおっしゃる通り70歳
ぐらいまでしか補償を得ることが出来ませんし、手術給付
金が支払われないものも多いので、加入される際は良くご
確認してください。

ご年齢と幾らぐらいの保険料負担で済ませたいのかで異な
りますが、これからの事を考えると、やはり終身医療保険
へ加入しておかれた方がよろしいかと思います。

また、ご差支えなければ年齢や希望保険料などを補足いた
だければ、他の方々からももっと具体的なアドバイスがい
ただけると思いますよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
年齢は30代前半で、保険料は\4000/月程度を希望しています。

補足日時:2001/10/16 15:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の学資保険と共済について教えてください

はじめまして2歳半の子供の学資保険と共済を検討しています。

これからかかる教育費の為に少しでもためて生きたいと思い、ソニー銀行の学資保険を、医療保険として県民共済を考えています。

学資保険にした方が良いのか、他で貯蓄した方が良いのか迷っています。

また共済で良いのか他の保険会社の物が良いのかも迷っています。

何か良い物がありましたら教えてください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

usagipanさん こんにちは

私には3人の娘がおりまして、上二人には県民共済を、3女には郵便局の学資保険に入っています。

理由ですが、長女は本当にバタバタ回りを見ないで動く子でしたので、他所のお子さんを怪我させるのではないかと心配で、損害補償の付いた県民共済を選び、貯蓄として月1万円郵便局に預けています。

3女は主人の年齢も上がって来てましたし、もしもの時を考えて、4,840円の保険料の学資保険に加入し5,160円を貯金しています。

usagipannさんの家庭の経済状態が安定しているのあれば、(途中解約の心配が無い) ソニー生命の学資保険を貯蓄代わりに、医療保障に県民共済を1口入られるのも、いいのではないでしょうか。
今、ソニー生命のように利率のよい商品もありませんし、県民共済も1口2,000円といっても、実際は50%近くは戻って来ますから、1,000円の掛け捨てと思えばそんな負担ではないですよ。

長女は目の上を3針縫って12,000円頂き、次女は手の小指にひびが入り、8000円頂きました。
県民共済は請求手続きも簡単ですから、助かってますよ。

ソニー銀行とソニー生命とは別の商品なのでしょうか?
もし違うのであればごめんなさいね。

参考になればと思い書かせていただきました。

usagipanさん こんにちは

私には3人の娘がおりまして、上二人には県民共済を、3女には郵便局の学資保険に入っています。

理由ですが、長女は本当にバタバタ回りを見ないで動く子でしたので、他所のお子さんを怪我させるのではないかと心配で、損害補償の付いた県民共済を選び、貯蓄として月1万円郵便局に預けています。

3女は主人の年齢も上がって来てましたし、もしもの時を考えて、4,840円の保険料の学資保険に加入し5,160円を貯金しています。

usagipannさんの家庭の経済状態が安定...続きを読む

Qこくみん共済の新総合医療共済の総合タイプか、 CO・OP共済たすけあいの医療コースか迷っています・・・

もしもの時の為に、医療保険に加入しようと
ここ数週間、こちらでも質問させて頂いたり
自分でも資料請求などして色々と調べた結果、
(金銭面の問題で安い共済系でとは決めていたのですが)
以下の2つで迷っております・・・


こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプ(日額5000円型)
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/tiryouplan.php

か、

CO・OP共済たすけあいの医療コース(月2000円コース)
http://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml




なのですが、
自分は死亡保障はそれほど重視していないので
入院・手術・通院などが充実している方が良く
その場合掛け金が安く、充実している
こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプに
ほぼ決定していたのですが

よく資料やHPを見直すと

CO・OP共済たすけあいの医療コースには
月々プラス100円で「個人賠償責任保険」
http://jccu.coop/kyosai/lineup/baisyou/index.shtml

というものが
付いて来ると書かれてありました。



これはコープ共済のみのサービス?なのでしょうか?
他の共済系の保険にはこのようなものは付いて来ませんよね・・・?

だとしたらそんな保障額に差が無いので
コープ共済に入ってプラス100円で個人賠償責任保険にも
加入した方が色々安心できるのか・・と迷っております。

ちなみに自分は今24歳ですので
掛け金はこくみん共済の方が安いので助かるのですが・・・

また、こくみん共済の方は先進医療保障があり、コープのほうはありません。
しかし、個人賠償責任保険はコープにはあってこくみん共済にはありません・・



あと、もし良ければ余剰金の変換率もどの共済が一番いいのか教えて欲しいです




周りに保険について詳しい人がおらず
聞く人もいないので質問が長くなってしまい申し訳御座いません。

どうぞ宜しくお願い致します。。

もしもの時の為に、医療保険に加入しようと
ここ数週間、こちらでも質問させて頂いたり
自分でも資料請求などして色々と調べた結果、
(金銭面の問題で安い共済系でとは決めていたのですが)
以下の2つで迷っております・・・


こくみん共済の新総合医療共済の総合タイプ(日額5000円型)
http://www.zenrosai.coop/kyousai/niryou/tiryouplan.php

か、

CO・OP共済たすけあいの医療コース(月2000円コース)
http://jccu.coop/kyosai/lineup/iryou/guarantee.shtml




なのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、自分自身がちょうど保険を見直していたので(コープ、全労済、民間生保)、分かる範囲でアドバイスできたら、と思います。
(全労済については十分、把握されていると思うので、あえてコープ共済をメインに話します。)

現役時代の保障でいえば、コープ共済はかなり優秀だと思います。
特に「たすけあい」は掛け金があがらず、それでいて疾病入院・ケガ入院とも同等の保険がおりるし、
おっしゃるとおり、個人賠償も100円でプラスできます。
安くて安心を買えるので、保険の理にかなっているかな?と思います。

また、これはコープ共済の方に実際に聞いて、ちょっと感心した話なのですが、
災害にたいするお見舞金も小額ながらあるようで、神戸の震災時には、
コープスタッフが現地に出向いてテントを張り、
証券が消失していても加入者であることが確認できれば、随時、その場でお見舞金の数万円を出したそうです。
6万円以下の保険金額なら診断書がなくとも領収書で支払い対応をしてくれるようですし、なかなか善良な経営をしているなあ、という印象を受けました。
支払いが早いことも重要課題ですよね。(すみません、全労済については詳しくを知りません。)

全労済に比べてのデメリットを言うならば、還元率が若干低いことでしょうか。
全労済が30%戻る場合でも、コープは20%どまりだったりするようです。
(これは、掛け金と保障のバランスあるので、一概に金額では判断できないと思いますが。)

あとはやはり、65歳以降の保障が少なくなることでしょうか。
もちろん、65歳までの間は保険料を安く済ませておいて、
あまったお金を自己管理にて貯金することができれば、さほどの不安は持たなくても良いのかも分かりませんが。

また、(余談ですが)もしもあと2000円程度よゆうがあれば、共済に加えてガン保険に入っておくと安心です。

とここまで褒めておいてなんですが、私は老後の保障を重視したため、
結局、たすけあいには加入しませんでした。
けれども、働き盛りの夫のプラスαの保険として、「たすけあい」あるいは「あいぷらす」の追加を検討してはいます。

最後に、既に30代、入院経験のある私の立場から申し上げますと、
人は年をとるほどに体調を崩しやすくなります。
なるべくであれば、目先の還元率よりも保障内容が自分にマッチしているものを選ばれることをオススメします。
(人様に助言できるほどの知識はないのですが、少しでもお役に立てれば幸いです。)

専門家ではありませんが、自分自身がちょうど保険を見直していたので(コープ、全労済、民間生保)、分かる範囲でアドバイスできたら、と思います。
(全労済については十分、把握されていると思うので、あえてコープ共済をメインに話します。)

現役時代の保障でいえば、コープ共済はかなり優秀だと思います。
特に「たすけあい」は掛け金があがらず、それでいて疾病入院・ケガ入院とも同等の保険がおりるし、
おっしゃるとおり、個人賠償も100円でプラスできます。
安くて安心を買えるので、保険の理...続きを読む

Q学資保険(貯蓄型と保障型)

学資保険(貯蓄型と保障型)

0歳児の子供がおります。
貯蓄性の高い学資保険+共済など手頃な医療保険の2つ入るか
入院等の医療保障が付いている保障型の学資保険のみに入るか
迷っています。

恐らくケガなど何もなければ、前者の方が得になると感じますが
保険は保険ですから、備えていて安心なのは承知しています。
みなさんはどのようなタイプの学資保険に入っていますか?
また、おすすめの入り方があったらアドバイスください。
おすすめの会社も教えて頂けると助かります。
(今はソニー生命と、アフラックを検討中です)

学資保険より、運用した方がいいというのは分かっていますが
何分知識がないので、学資保険に限り宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

0歳の子どもが入院したら保険金が必要ですか?
お住まいの市区町村の乳幼児医療制度を調べましたか?
おそらく小学生までは医療費がほとんどかからない、
またはかかっても十分実費で払える金額だと思います。
子どもに保険を掛けようとすると少なくても毎月1,000円はするでしょう。
そもそも入院するかどうかも分からないし、
入院してもほとんど医療費がかからないのに、
安心料とはいえ、年間12,000円も掛ける必要があるでしょうか。
共済などではケガで通院しただけでも保険金が支払われるものもありますが、
それにしても年間12,000円は高すぎます。
しかがって子どもに医療保険は不要です。

「子どもが入院したらお母さんのパート収入が減るから」
という理由で子どもに医療保険を掛けるケースもあるようですが、
お母さんのパート収入が数日ないだけで家計が困窮するような家庭は、
保険ではなく貯蓄をがんばるべきです。

学資保険でお金を貯めるなら全額貯蓄されるような商品でいいと思います。
返戻率で比べるとソニーですね。
アフラックは高校卒業後、4年間毎年受け取ってこそ返戻率がソニーより高いですが、
大学に行くかどうかも分からない現状では、
18歳時まとめて受け取れて返戻率が高いソニーでいいと思います。

0歳の子どもが入院したら保険金が必要ですか?
お住まいの市区町村の乳幼児医療制度を調べましたか?
おそらく小学生までは医療費がほとんどかからない、
またはかかっても十分実費で払える金額だと思います。
子どもに保険を掛けようとすると少なくても毎月1,000円はするでしょう。
そもそも入院するかどうかも分からないし、
入院してもほとんど医療費がかからないのに、
安心料とはいえ、年間12,000円も掛ける必要があるでしょうか。
共済などではケガで通院しただけでも保険金が支払われるものもありますが、
...続きを読む

QJA 終身共済 医療共済セットプラン

現在、医療保険の見直しをしています。

現在、JAとアフラックについて比べています。

JAの終身共済 医療共済のセットプランに加入している場合、医療共済を解約した場合は、終身共済の掛け金が上がってしまうことはないでしょうか?

Aベストアンサー

あがりません。

お手持ちの医療共済の方の証書に記載されている掛け金の額だけ下がります。

Q学資保険の切替えを検討中です

満9才の男児の学資保険について質問です。今月中に損害保障のある県民共済に加入しようと思い色々見直し中です。

現在学資保険は0才からJAの子供共済にじ200に加入中です。中途祝金は受け取ってません。調べるとニッセイが一番良いそうですが途中で切り替えた場合のメリットデメリットを教えて下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも県民共済に学資保険はないですよね?
掛け捨ての医療保険という意味合いの方が強くなると思います。

JAのにじは教育資金の貯蓄と、保険がひとつになっているものですから、実際の掛け金より満期でもらえる金額が少なくなるのが特徴です。
契約者はもちろん、被保険者のお子さんにも死亡保障がつきますから、その分余分に掛け金が掛かります。
保障が厚い分、貯蓄性が低くなっているわけです。
中途解約しても解約払戻金は掛け金よりも大幅に少なくなります。
当然それはご存知ですよね?

例えばかんぽの学資保険なら9才でも加入できますが、貯蓄性が高いので、掛けた分以上しっかり戻ってきます。
契約者の死亡保障はあっても被保険者のお子さんに対する保障は一切ありません。
こういう貯蓄のみの学資保険を掛けているなら、医療保険として県民共済を同時に掛ける、という考えができるのかと思います。

学資保険の見直しをするなら、保険を掛ける目的を明確にする必要はあります。
メリット、デメリットに関してはそれぞれの保険の考え方で変わると思いますから、しっかりご自身の目的に沿った保険であるかどうか見比べる必要があるでしょう。

そもそも県民共済に学資保険はないですよね?
掛け捨ての医療保険という意味合いの方が強くなると思います。

JAのにじは教育資金の貯蓄と、保険がひとつになっているものですから、実際の掛け金より満期でもらえる金額が少なくなるのが特徴です。
契約者はもちろん、被保険者のお子さんにも死亡保障がつきますから、その分余分に掛け金が掛かります。
保障が厚い分、貯蓄性が低くなっているわけです。
中途解約しても解約払戻金は掛け金よりも大幅に少なくなります。
当然それはご存知ですよね?

例えばかんぽの...続きを読む

Q妊娠・出産の期間だけ医療保険を増やしたいと思いますが…定期医療保険?共済?

28歳主婦です。これから妊娠・出産を希望しています。
その時期だけ医療保険を増やしたいと考えています。というのは、終身医療保険(こちらも今から加入予定です)を60日5000円と最小限にしようと思っており、妊娠・出産時のいろいろなリスクを考えると、その時期だけでももう少し日数と日額を増やしておいた方がいいかなぁと思いました。(よっぽどのことがない限り60日5000円で充分でしょうか??)
一応子供は2人欲しいと考えており、歳も離れても2~4歳くらいにしたいので5~6年くらいの期間を想定しています。(もしくは、1人目妊娠・出産時何もなければ、一度解約して2人目計画前にまた保険に入り直す?)(でもこればっかりは希望なのでそのように産めるかはわかりませんよね…。あくまで希望です)

そこで定期医療保険や共済などをプラスするとしたら、どのようなものがオススメでしょうか?
日額は5000円で日数も120日以上は欲しいかなぁと思います。もちろん保険料はなるべく安い方がいいです。

あと共済についてですが、共済の1年更新のものだと、1人目が帝王切開で給付を受けたら2人目が帝王切開の時は給付されないのでしょうか?

このように考える私にぴったりな保険を教えてください!おねがいします!

また、別の質問ですが…
生まれてくる子供のもしもの時の保険ってありますよね?何かで見たことがあるのですが…。興味があるので知っている方がいれば教えてください。

28歳主婦です。これから妊娠・出産を希望しています。
その時期だけ医療保険を増やしたいと考えています。というのは、終身医療保険(こちらも今から加入予定です)を60日5000円と最小限にしようと思っており、妊娠・出産時のいろいろなリスクを考えると、その時期だけでももう少し日数と日額を増やしておいた方がいいかなぁと思いました。(よっぽどのことがない限り60日5000円で充分でしょうか??)
一応子供は2人欲しいと考えており、歳も離れても2~4歳くらいにしたいので5~6年くらいの期間を想定して...続きを読む

Aベストアンサー

これから医療保険をお考えでしたら、基礎となる終身保障は、がん保険+120日以上の医療保障、とすべきです。

で、妊娠、出産期間中だけ積み増すなら、10年更新とか、共済でも充分でしょう。(共済の場合、手術給付があるかチェックしてください。)

なお、1年更新でも、自動継続なので、健康状態の告知ありませんから、1人目で帝王切開の場合も、2人目で出ない事はありません。(解約・新規または他社で新たに加入の際は、子宮だけ5年くらい保障除外でしょう。)

なお、お子様の保険ですが、県民共済とかの、こどもの商品に入っておけば、割安で充分ではないでしょうか?一生の医療保障を、安く掛けたいなら、0歳から加入できる終身医療保険もありますのでご検討ください。

Q保険料控除申告書に子供の学資保険?

いつもお世話になっております。

この季節になると毎年書いている扶養控除申告書、給与所得者の保険料控除申告書、給与所得者の配偶者特別控除申告書。。。

今まで親に頼りっきりで自分1人で書くことなかったため今回記入するのに困っています。
給与所得者の保険料控除申告書の欄に旦那の加入している生命保険と県民共済は記入したのですが子供の学資保険や子供の県民共済も記入できるのでしょうか?
保険契約者は旦那です。


学資保険はかんぽ生命で郵便局に問い合わせたところ記入できます。との答えが・・・
でも一体どこに記入をしたらいいのかわかりません。

旦那の生命保険、県民共済
子供の学資保険、県民共済(子供2人分)
そんなに記入できる行数もありませんよね?


なんか情けないですが記入せず提出するとどうなるかもよくわかっていない状態です。

2地の母親として本当になさけないですよね。。。

これからは自分で書けるようにしたいので
教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願します。

Aベストアンサー

各社から「払込証明書」というものが送られてきます(もうそろそろです)。その証明書に記載方法の説明があるはずですからそれらが届いてから確認してください。

申告には証明書の添付が必須です。

記入せずに提出したら年明けに確定申告で再提出できます(面倒ですよ)。それもしなかったら控除を受けられないだけです。

なお、行数が足らない場合は適当な紙に同じような記入欄を作成して記入して糊付けしたらよろしいです。

Q医療保険:共済に加入して後々後悔した人はいますか?

医療保険:共済に加入して後々後悔した人はいますか?


医療保険は全労済に加入しています。
※こくみん共済医療タイプ。
1入院60日、入院日額5千円の終身医療保険に入るくらいなら共済に入りながら
医療貯金をしたほうがいいのでは・・・と損得勘定で考えてしまいます。

共済に加入して後悔した経験談・後悔しているのを見聞きした等の話があれば、教えていただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

共済の方がいいかもしれません。保険は万が一の時の経済的負担を転嫁するものです。しかし、医療保険に限っては万が一の場合でも、それまでに払った保険料よりもらえる保険金の方が少なくなる可能性があります。(特に60歳払込)こくみん共済の場合は1入院180日あるので万が一の際は超える場合が多いでしょうが、60日型の終身はかけた分だけもらえる人のほうが少ないですね。これをかける意味があると考えるかどうかです。同じ経済的損失100万円を供えるにも火災保険であれば月60円ぐらいです。こういった掛金が安く、万が一の際の保険金が必ず保険料を越えるような保険を優先的にかけるべきでしょうね。医療保険だともらえてもしれてますよ。

Q学資保険は、親の気持ちにつけ込んだ商品?何かメリットがある?

朝日新聞に、

●「学資保険」が、さほど優れた商品だとは思えない
http://www.asahi.com/health/seiho/TKY200903190101.html

という記事がありました。

実際、学資保険の機能は、他で十分以上にカバーできてしまうような気がします。
●傷害保険と賠償責任保険は、他の保険会社でカバーした方が割安だと思います(共済など)。
●扶養者死亡時の教育資金確保や、進学にあわせた一時金も、同じ額を預貯金した方が良いように思います。

こう考えると、学資保険は、子を思う親の気持ちにつけ込んだ商品と思えるのですが、何か勘違いしているでしょうか?

少し過激な書き方をしましたが、つまり、何か学資保険ならではのメリットってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険でも学資保険と同じ役割を果たしますね。
学資保険に付帯させる特約は、別途で加入した方が安い場合が多いです。
バブルがはじける前までに加入していた場合は、
学資保険は、とっても配当率のよい保険だったため、
貯金するより学資保険だったのです。
18年間の総支払額350万円で、満期金500万円(万一の時500万円)
子供が生まれたら学資保険。
孫が生まれたら、名義借りて祖父母が貯金変りに学資保険。
(金融機関が個人情報にうるさくない時代は↑もできました)
そういう風潮が、まだ残っているだけですね。

預貯金と違う保険のメリットは他の方の書かれているとおりですね。

Q医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は

医療保険について。現在、掛け捨ての医療保険に加入しています。その保険は『成人病特約』とかで、指定された成人病の場合は入院1日当たり2万円が支払われます。ただし他の病気の場合は1万円です。この場合、例えば…糖尿病(指定の成人病です)と他の成人病意外の病気を併発しての入院では支払われる金額は幾らになるのでしょう?

Aベストアンサー

基本は約款に書いてありますが、
複数の傷病で同時に入院していた場合は最も高い入院給付金となる1件分だけ支払います。
本件では一般の給付金日額1万円と成人病給付金の日額2万円を比較し、2万円だけ出ます。
免責日数は一般と成人病でしょうか。
免責日数が違う場合、「日々の入院において」最も高いものを支払うため、一般が免責無し、成人病は免責5日の場合には最初の5日に一般で支払います。(これが重複入院の効果)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報