アパート/木造
アパート/軽量鉄骨
マンション/鉄筋コン
マンション/気泡コン

これらの物件の良し悪しがイマイチよくわかりません。
木造<軽量鉄骨<鉄筋コンの順に耐震度が強くなるのでしょうか?
また、気泡コンとは何なのでしょう?
保温性が優れているのは木造?鉄筋?
古い鉄筋コンのマンションよりも新しい木造アパートのほうが良い?
などなどわからないことが色々あります。

それぞれの建築についての短所,長所を教えていただけると有り難いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

関係ないかもしれませんが、木造の利点



たぶん、安い、押入が使いやすい


軽量鉄骨 いわゆるプレハブ?
これの欠点、壁が薄いことが多く(どこでもじゃないかも)音が伝わりやすい。
湿気やすい、

木造以外は押入が使いにくいことが多い

天袋が別になっておらず、半端な寸法が多かった。今まで私が見る限りですから・・あくまでも地域などのよるものかもわかりません。

保温性は木造の方があると思いますが・・他の方の意見も参考にされてください。

あと、マンションは、上の方に出っ張っていたりして、高さの高いものは置けなかったという例もあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアコン選び:よく木造和室と鉄筋洋室と書かれていますが、木造洋室や鉄筋和室はどうなる

こんにちは

エアコン選びでわからないことがあります。
よく、木造和室や鉄筋洋室での広さの目安が書かれていますが、木造の洋室、鉄筋の和室の場合はどうなるのでしょうか。木造であれば和室も洋室も木造の目安になるのでしょうか?

Aベストアンサー

構造的な面で、木造洋室と木造和室では壁圧が違います。
(和室は薄い)。
それから和室の出入り口は普通なら襖で、洋室はドアです。
一般的な襖であれば、ドアより襖の方が隙間は大きいと考えて良いと思います。

鉄筋の場合は、コンクリートの躯体の内側に部屋を作るので、大きな差はないと考えてよろしいと思います。

木造・鉄筋共に、最下階なのか中間階なのか最上階なのか、鉄筋の場合は妻側住戸であるか無しかということも冷暖房負荷に影響します。
簡単に言うと、外気に晒されている面が大きいほど、当然ながら外気の影響を受けやすいと言うことです。

実際にはその他当該建物の日射時間、地域性(寒い場所か、暖かい場所なのか)等も影響はありますが、あまり細かく考えてもきりがないですし、カタログ値は大まかな目安としてそれなりに正確ですから、そのように考えて購入されるのが良いと思います。

Qマンションの鉄筋と鉄骨鉄筋はどう違う?

新築マンションで同じ敷地内に2棟建ちます。1つは15階建て鉄筋コンクリート造りでもう1つは19階建て鉄骨鉄筋コンクリートなのですがど、もし住むとしたら何がどう違うのでしょうか?値段は19階建ての方が高いです。

Aベストアンサー

鉄筋コンクリートというのはコンクリートの中に鉄筋といわれる細い材料でコンクリートを補強した構造です。

鉄骨鉄筋コンクリートというのは鉄筋コンクリートの中央部分にさらに鉄骨が入っている構造で、鉄筋コンクリート造よりも高い建物に利用されることが多いです。
構造的には鉄筋コンクリート造と鉄骨構造の中間的な性質です。
鉄筋コンクリート構造よりスパンをとばせるので、幅広い間取りが作りやすいです。
鉄骨のサイズにもよりますが、同じ断面サイズなら鉄骨鉄筋コンクリート増の方が耐震性が優れることが多いので、断面が小さいことがあります。これは柱・梁の出っ張りが少ないということになり、同じ間取りならわずかですが空間を有効利用できます。

構造的な観点からするとすみごごちについてはそれほど差はないと思います。むしろ各種仕様の差の方が大きいです。

遮音性能も同じ仕様(主に壁・床の厚さ)ならほぼ同程度です。

安全性についていえば、耐震基準をクリアしているなら同程度です。品確法の住宅性能表示を受けている物件なら耐震等級がいい方が耐震性はあるといえます。

鉄筋コンクリートというのはコンクリートの中に鉄筋といわれる細い材料でコンクリートを補強した構造です。

鉄骨鉄筋コンクリートというのは鉄筋コンクリートの中央部分にさらに鉄骨が入っている構造で、鉄筋コンクリート造よりも高い建物に利用されることが多いです。
構造的には鉄筋コンクリート造と鉄骨構造の中間的な性質です。
鉄筋コンクリート構造よりスパンをとばせるので、幅広い間取りが作りやすいです。
鉄骨のサイズにもよりますが、同じ断面サイズなら鉄骨鉄筋コンクリート増の方が耐震性が優...続きを読む

Q鉄筋コンク造 鉄筋鉄骨コンク造 鉄骨造?

鉄筋コンク造 鉄筋鉄骨コンク造 鉄骨造 では
どれが防音に優れているのでしょうか?
一概には言えないと思いますが個人の意見でよろしいのでお願い致します。
まだ引越していませんが不安です。(初めての一人暮らしなので)
私は鉄筋コンク造です。

Aベストアンサー

 引っ越されるということなので、賃借されるものと思いますが、鉄骨造(通称S造)、鉄筋コンクリート造(通称RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(通称SRC造)でいえば、防音に関してはRCとSRCとが体感するほどは違わず、内外壁材断熱材等にもよりますが一般的にはS造は劣るといえると思います。
 ただ、実はもっと気をつけなくてはいけないのは、間仕切壁の中に何が入っているか、という点で、例え躯体がSRCやRCであっても、部屋と部屋との間仕切が実はブロックであるとか、軽鉄、木造という場合があり、この場合実質的には構造体と部屋同士の防音性は躯体に関係なくなってしまいます。
 部屋を下見する際に、隣室方面の壁をノックしてみて、堅固であればそこにはく体が回っており、ボンボンと音がする場合は、躯体ではなく造作材で間仕切られていることもありますので(そうとは限りませんが)、その点注意していただけれはよかったのですが、今からでも確認してみてください。とくにブロックが入っている場合で隣室の音が手にとるように入ってきたことがあります。

Q軽量鉄骨と鉄筋コンクリートの遮音性

現在の住まい(築13年の鉄筋コンクリート造、1DKの賃貸マンション)
の遮音性が悪く、(隣の人のセキ、電気をつける音まで聞こえる)、
引越しを考えているのですが、
軽量鉄骨の物件と鉄筋コンクリートの物件とで迷っています。

軽量鉄骨の方は、築2年、ダイワハウス施行の軽量鉄骨3階建て、最上階の角部屋。
鉄筋コンクリートの方は、築13年、5階建て全16戸の、3階角部屋です。

ハウスメーカーに勤めていた人に聞くと、音が気になるなら軽量鉄骨は
やめたほうが良い、というのですが、やはりかなり聞こえるのでしょうか?

一応鉄筋コンクリートの部屋は内見し、隣との壁をあちこち叩いてみたのですが、
コンコンと軽い音がするところ、
硬い物(鉄筋?)がつまった感じの音がするところ、両方ありました。
これは遮音性は良いと考えて良いのでしょうか?
(ちなみに今の部屋の壁は、どこをたたいてもコンコンと軽い音がします)。

軽量鉄骨に住んだ経験のある方、
壁の構造等に詳しい方、どうぞご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず一般的な事を。
軽量鉄骨造の場合外壁・床スラブはALCが定番です。ただしセキスイなどは外壁に自社開発のコンクリート系のパネルを使っている様です。又、住戸の境の壁を界壁と言うのですが、これはセッコウボードが多いと思います。(多分)。
次に、鉄筋コンクリート造は外壁・床スラブ・界壁共に鉄筋コンクリートです。
では、コンクリートとALC等との違いですが、大きな違いは比重です。数字は他の人に譲るとして、重くてかたい物程比重が高く、遮音性能が有ります。と言う事でコンクリートが良いですよね。分譲マンションには重量鉄骨造の物件も見当たりません。断然コンクリートです。
補足として、軽量鉄骨造の床スラブ・両方の構造の界壁は御自分で確認してください。建物によって違います。
内見した物件について。
軽い音がするところは外壁側ではないでしょうか。これはコンクリートに断熱材を吹き付けその上にセッコウボードを張ってあり15ミリ前後の空気層が有るからです。
硬い物(鉄筋?)がつまった感じの音がするところは、界壁ではないでしょうか。これは遮音性能を下げないためにコンクリートに直にクロスを貼ります。(空気層が有ると遮音性能が下がります。)”張る”と”貼る”の違いなんとなく分かりますか?難しいでしょうか。とにかく悪くない物件だと思います。
以上 これが全てでは有りませんが、参考にして下さい。

まず一般的な事を。
軽量鉄骨造の場合外壁・床スラブはALCが定番です。ただしセキスイなどは外壁に自社開発のコンクリート系のパネルを使っている様です。又、住戸の境の壁を界壁と言うのですが、これはセッコウボードが多いと思います。(多分)。
次に、鉄筋コンクリート造は外壁・床スラブ・界壁共に鉄筋コンクリートです。
では、コンクリートとALC等との違いですが、大きな違いは比重です。数字は他の人に譲るとして、重くてかたい物程比重が高く、遮音性能が有ります。と言う事でコンクリートが良いです...続きを読む

Q木造2階と軽量鉄骨1階 選ぶなら?

結婚のため新居を探しています。
次の2件が候補になっているのですが、どちらのほうがいいのか迷っています。
ご意見聞かせていただけるとうれしいです。

1、木造アパート 2階 2DK
  地元の工務店が今年の7月に立てたそうです。
  4世帯入居型の2階部分です。
  2階ですが、1階に玄関が有り階段を上って部屋に入るつくりになっています。
  10月中旬退去予定なので、中は下見できていません。
  1階は2歳くらいのお子さんがいるようで、木造ということもあり騒音などが気になります。
  昨夜見に行ったときにもお子さんのむずがる声が外まで聞こえていました。

2.軽量鉄骨(積水) 1階 1LDK
  10月末仕上がりの新築で6世帯入居の1階角です。
  敷地の南側が駐車場になっており、布団などは干しにくいです。
  相手が夜勤のある仕事なので1階というところが心配です。
  また、1階ですが窓にシャッターがつかないようです。


他の質問を検索したのですが、木造は音が筒抜けと書込みがしてあり心配です。ほぼ新築のアパートでも音は覚悟しなければならないのでしょうか?
また、軽量鉄骨も木造と同じくらい音がすると書込みがあったのですが本当でしょうか?
不動産屋は積水は天井と床の間にコンクリートが入っているから、よほど重いものを落とさなければ大丈夫といっていましたが・・・

私としては騒音トラブルが怖いので、1階であることより木造のほうを避けたいのですが、相手は「2階のほうがいい」と考えており意見が割れて困っています。

長文になってしまい申し訳ありませんが、皆さんのご意見聞かせていただけるとありがたいです。 

結婚のため新居を探しています。
次の2件が候補になっているのですが、どちらのほうがいいのか迷っています。
ご意見聞かせていただけるとうれしいです。

1、木造アパート 2階 2DK
  地元の工務店が今年の7月に立てたそうです。
  4世帯入居型の2階部分です。
  2階ですが、1階に玄関が有り階段を上って部屋に入るつくりになっています。
  10月中旬退去予定なので、中は下見できていません。
  1階は2歳くらいのお子さんがいるようで、木造ということもあり騒音などが気になります。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

積水とか大和とかは、最近賃貸用の集合住宅に力を入れているように思います。集合住宅の場合騒音は気になる所だと思いますので、床は標準でALC(軽量コンクリート板)で、壁などにも防音対策がされているようです。

http://www.sekisuihouse.co.jp/tintai/product/pro02.html#anchor002

私は積水の戸建に住んでいますが、ALCはオプションで使っていません。物を落とすと響きますが、話声が聞こえることはありません。静音性については、ノウハウとある程度のレベルが保たれる積水の方が安心できると思います。ただ、窓が開いているとだいたいの声は届いてきます。

木造と軽量鉄骨の差については、#6の方のいわれるよう
、静音性は壁や床の問題で、基本的には差は無いともいます。

シャッターは防犯性があるものでないと、ついていてもあまり役に立たないこともあるそうです。少し前の普通のシャッターは、数十秒で壊されるものもあるそうです。防犯性のあるシャッターは衝撃に何回耐えるとか、こじ開けに5分間耐えるとかをパスしています。これでないとあまり意味はないのではと思います。

シャッターはあるに越したことはないですが、ガラス自体にも防犯性能があります。防犯性があるものは、シャッター同様、5分間こじ開けられないとかが基準になっています。今建設中の物件であれば、シャッターが無くて人が入れそうは窓は防犯ガラスになっているのではと思うのですが。

こんにちは。

積水とか大和とかは、最近賃貸用の集合住宅に力を入れているように思います。集合住宅の場合騒音は気になる所だと思いますので、床は標準でALC(軽量コンクリート板)で、壁などにも防音対策がされているようです。

http://www.sekisuihouse.co.jp/tintai/product/pro02.html#anchor002

私は積水の戸建に住んでいますが、ALCはオプションで使っていません。物を落とすと響きますが、話声が聞こえることはありません。静音性については、ノウハウとある程度のレベルが保たれる積水の方が安心...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報