外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

パートで働き始めて5ヶ月が過ぎ
慣れてきたせいで気が緩んでいたのか
(そういう自覚はないのですが・・・)
単純なミスをしてしまいました。
新入りの頃のような“知らなかった”というミスではなく
毎日繰り返しやっている“もうすっかり覚えている”ことでの
考えられないミスです。

先輩から
『そろそろ慣れてくる頃だから気を引き締めて。』と
注意を受けた矢先の出来事だったので
もう穴があったら入りたい・・・って感じで
落ち込みきっています。
入ったばかりの頃からいろいろ失敗したりしてますが
一度おかしたミスのお陰で気をつけるようになり
結果同じミスは繰り返す事はないのですが、
なんだか、全部一回ミスしてみないと覚えられないのかと
すっかり自信が無くなってきちゃいました。

皆さんはミスを無くすためにどんな工夫をしていますか?
経験談をお聞かせください。
それから
ミスのショックから立ち直る(自信を取り戻す)為の
自分を励ます言葉ってありませんか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

早朝に数分後同じ質問をしているようであなたの大変さが伝わってくる感じを受けました。

第三者が感じたままに書きますの逆効果になる場合もあるかもしれませんが参考になれば幸いです。

まずミスに対して生じた自然の感情(自己嫌悪、評価に対する不安など)に目を向けるより具体的対策たとえば失敗の記録ノートをつけるとか作業手順書をつくる、内容が古ければ訂正、間違いやすい操作箇所には何か目印や表示をつけるなど。この辺は具体的内容がわかりませんので一般的なことをあげました。

ミスの程度がわかりませんが会社や他人に大きな迷惑がかかるかによっても対応がちがってくるでしょう。

完全な人間はありません。そのときの体調などで失敗する場合もあるでしょう。ミスについて自分に目を向けるよりそれによって誰かに迷惑が生じたか、それは許される程度なのか客観的にながめることも落ち着くヒントになるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

fusigi8さんの仰るとおりこの質問を投稿した時の私の頭の中は

>自己嫌悪、評価に対する不安など・・・

で覆われていたということに
まざまざと気付かされました。
もっと冷静になって客観的に
起こしてしまったミスの原因について考察し
具体的対策に心を向けようと思います。

私の質問に関心を寄せてくださり
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/18 16:42

本日ついさっき、私もミスを犯しました・・・。

主任という指導する立場ですがそんな自分でも(自慢ではなく)ミスは犯します。(まったく同じミスを先月も↓・・・)私の場合は「自己訓示」戒め的なノートをつくり、色んなケースでも思い出す様メモ書きで防止策を取ってます。
ま、仕事のことなんて小さなことですよ!「ミスは自分の経験を作る」と思えば少しは楽ですよ!
がんばりましょう!!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

責任の思い立場ではプレッシャーがかかりますよね。
ミスを嫌な経験として忘れ去るのではなく
戒めとしてメモに残す・・・
これこそ経験として成長するために大切な意識ですね。

>「ミスは自分の経験を作る」

良い言葉をいただきました。
ぜひ自分にも生かしていきたいです。
励ましのお言葉ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/23 12:49

ミスは、誰でも、犯すものです。


だけど、できる限り、防ぎたいですよね。

私は、どんな簡単な作業でも、「集中して、きちんとやる!」と心がけています。他の誰がやるより、早く、正確で、きれいに仕上げよう、という気持ちで。簡単な仕事の方が、かえって、気を遣っているかもしれません。

仕事には、常に、気合というか、集中力というか、程よい緊張感が必要だと思います。(たとえパートであっても、自分がしている仕事の対価として、お給料がもらえる、ということを、私は、いつも、念頭に入れています。)

気合意外に、工夫していることとしては・・・
メモです。教わったこと、やるべきこと、注意点などなど、必ず、メモっておくようにしています。
人間、忘れる生き物ですから。(特に、私は!)
仕事の内容によっては、自分なりに使い易いチェックリストを作ってみるのも、良いかもしれませんね。

気をつけていても、工夫していても、それでも、ミスをしてしまった時には・・・
「次回は、絶対に、同じ間違いを繰り返さない!」と心に誓い、また、「気をつける+工夫」を、地道に続けていくこと。その際、迷惑をかけた方には、潔く侘びること。
潔く詫びることで、自分の気持ちも、切り替えられた、という経験があります。

くよくよしながら、仕事をするのは、質問者さんにとっても、雇っている人にとっても、良いこと無いです。次から、また、ガンバロッ!と、気持ちを新たに、前向きに頑張って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅れてしまって申し訳ございませんでした。

salmiyanousagiさんの仕事に対する意識・心がけは
本当に素晴らしいですね。
私はちょっと気合いが足りなかったのかなぁと反省してます。
心がけももちろんですがメモ・チェックシートも
もっと活用できるように考えました。

>潔く詫びることで、自分の気持ちも、切り替えられた・・・

そうですね。気持ちの切替は大切だなぁと
今回のことで思い知らされています。
きっかけをいただけたことに感謝しています。

お礼日時:2005/07/23 12:44

大前提ですが、人間はミスを犯すものなのです。


ミスしないようにしていても人間である限り必ずミスります。
私はこのように考えて、できるだけミスをチェックする体制をとろうと努めています。 具体的には「指呼点検」みたいなものや、チェックシートの応用です。

仕事ではモノを書いたり、プレゼンを作ったりするのですが、いつも最終稿を出すときには不安になります。 いつまでも心配していてもしょうがないので最後は開き直っていますが…

落ち込むことはないですよ。 最初にも書きましたが、ミスはあたりまえなんです。 後はご自身にあった「ポカ避け」を工夫されることですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>大前提ですが、人間はミスを犯すものなのです。

この言葉を読んで心が落ち着きました。
評価や失った信頼を考えたり後悔に苦しんでしまいましたが
冷静になって今後の対策に目を向けるようにします。
「ポカ避け」←ぴったりの表現ですね!

お礼日時:2005/07/19 16:56

人間ですから、当然ですよ。

落ち込むのは仕方ないですけどね。

私も単純なミスをしやすい傾向にあります。普段からきちんと仕事をしたい
と思っているので、そういうミスをしたときは、メチャクチャ悔しいですよ。

どういう時にミスし易いかを、周りの状況や、自分の精神面、仕事の流れ
時刻、等‥考え、また、どういう時にミスしたのかは、忘れないようにし
気をつけるしか無いですよね。
検証するのは、大事かと思います。

>全部一回ミスしてみないと覚えられないのかと
そうかもしれません。私の場合、結果的には同じミスであっても
ミスの仕方や内容が違うって事もありました。

それぞれ、その場では考えられないような事でしたが、
自分の犯したミスを経験として生かすしかないと開き直っています。

すべてが経験であり、それを絶対に自分のものにしてやろうと
前向きに取り組むことで、冷静に、計画的に
仕事をするしかないと考えています。
こんな感じでいかがでしょうか。

頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私も自分自身が情けないし悔しい気持ちで一杯です。
せっかく築きはじめた先輩や同僚たちからの信用を
一発で失ったように感じてしまって・・・。

最後のセンテンスが心に残りました。

また振り出しからかもしれませんが
反省を生かし前向きさや対策そのものを
態度で示せるように頑張ります。

励ましのお言葉嬉しかったです。

お礼日時:2005/07/18 17:09

自分もミスが多いので、偉そうなことは言えないのですが。

。。

ミスした原因は何なのでしょうか?
原因を考えて、対処方法を考えて、実行する。
・・・それができればいいんですけど(笑)

私の場合、自分は完璧な人間じゃなくて、ミスをする人間なんだ、と受け入れて、自分を許すように努めています。(なかなか許せないんですけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今回のミスはいわゆる『ポカ』とでもいいましょうか
うっかりして間違えた、勘違いという感じなのです。
幸い、周囲の人に大きな影響を与えることは無かったのですが・・・。

【現実を受け入れて、自分を許す・・・】

良い言葉をいただきました。
早く意識の転換を図り、対策を実行しようと思います。

お礼日時:2005/07/18 16:57

それがどんなミスなのか不明ですが、


QCでいうチェックシートがよいかも。
http://flower.gs.niigata-u.ac.jp/~kimlab/lecture …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

具体的対策についてヒントをいただきました。
チェックシート、いいですね。

早速、業務について項目の洗い出しをしてみようと思います。

お礼日時:2005/07/18 16:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事ミス防止のための"確認作業"について

最近仕事でヒューマンエラーによるミスを犯しました。

それはデスクワークで、ある資料の体裁チェックを行うために、
先輩から見本となる一例を作成いただいて、
それを私自身が印刷し、それを見ながら行えば上手くいったのですが、
"見なかった"ために、大量のミスをしてしまいました。
結果、リカバリが大変なことに。

その先輩からの指摘では、以下が問題のようです。
・確認が甘すぎる
・覚えたと思い込んで作業している。

とのことです。

改善策は確認すればいいわけですが、

私の言い訳としては、
私は自信があったので、見ることを怠った。
正確には、"適当に見た"ということになります。
ざっくり見ればわかるだろう。あまり見ることに時間をかけると、
仕事で結果を出せない。仕事が遅いのも問題なので。と

ところが、その先輩は、自信があるにも拘らず、確認するそうです。
それでも私より早い!!

品質が悪くて、結果仕事が遅い私と、
品質が良くて仕事も速い先輩、

評価は歴然です。

そこで改善策を考える上で私が思ったのは、
自信のある人が確認作業を怠らない理由とは、
何が考えられますでしょうか?

その先輩いわく、自信があっても確認するのが普通だそうですが、
私に言わせれば、自信があるなら見ないほうが仕事が早いのでは。
と考えてしまいます。

皆さんは、たとえ自信がある作業でも、確認作業を怠りませんか?
確認を怠ったために仕事でミスを犯した場合、
その後に行った改善策でどのようなものがありましたか?

結果的に効果がなかった改善策も、その後どうやって改善したのか、
ご教授下さい。

ちなみに、既に実行していた対策としては、
・自ら体裁チェック用の作業チェックシートを作成し、
自分が行うことを書いてから作業を行う。
ただし、チェック結果を予測で書いてしまうことが多々あります。
確認するポイントが同じなので、発生する修正内容も同じため。

・その先輩とのダブルチェック、
これは最後の手段ですが、このやりかたは、私自身のためにならないとのこと。
あくまで私自身の改善が求められています。

・大量にある作業の一例を自らやってみせ、
その一枚のみ、先輩に確認して頂き、OKなら、あとは流れ作業のように行う。
しかしこれも、人任せなんですよね。

う~ん、何か良い改善策は無いものか悩んでいます。

是非ともご教授を!

最近仕事でヒューマンエラーによるミスを犯しました。

それはデスクワークで、ある資料の体裁チェックを行うために、
先輩から見本となる一例を作成いただいて、
それを私自身が印刷し、それを見ながら行えば上手くいったのですが、
"見なかった"ために、大量のミスをしてしまいました。
結果、リカバリが大変なことに。

その先輩からの指摘では、以下が問題のようです。
・確認が甘すぎる
・覚えたと思い込んで作業している。

とのことです。

改善策は確認すればいいわけですが、

私の言い訳としては、
私は...続きを読む

Aベストアンサー

 根拠のない自信を、過信と呼びます。
 質問者さんは、失礼ながら自信と過信の区別がついていないように感じます。

 自信を持つことができる分野と、そうでない分野があります。
 仕事の手順や、大まかな流れを考えて仕事をすることなどは、自信の範疇ですが、必要事項は何かとか、リストを網羅していくような、事務的な勤勉さを要する分野では、自信があっても細かい抜かりが生じやすいもの。
 先輩方はそういう、自信を持っていい部分と、リストや作成例などと照合して確認すべき部分とを明確に分けて考えているのでしょう。

 私が仕事を覚えるときに先輩から言われたのは、「記憶で仕事をするな、記録で仕事をしろ」ということでした。
 自信がある、というのは記憶、確認するというのは記録だと思います。
 レベルの高い、できる人間ほど、基本や確認を怠らない、だからこそ「できる」のだと思います。 

 よって改善策は、「自分を過信しない」、「素早くやる部分とじっくり確認する部分とを自分の中で明確に分ける」、「速さを求めようとあせらない」ことではないでしょうか。
 心に余裕があれば、きっと冷静に的確にミスも発見できるでしょう。
 作業の要所要所に、定期的な確認の時間・手順を入れる、というのもいいかもしれません。

 根拠のない自信を、過信と呼びます。
 質問者さんは、失礼ながら自信と過信の区別がついていないように感じます。

 自信を持つことができる分野と、そうでない分野があります。
 仕事の手順や、大まかな流れを考えて仕事をすることなどは、自信の範疇ですが、必要事項は何かとか、リストを網羅していくような、事務的な勤勉さを要する分野では、自信があっても細かい抜かりが生じやすいもの。
 先輩方はそういう、自信を持っていい部分と、リストや作成例などと照合して確認すべき部分とを明確に分けて考え...続きを読む

Q厳しくキツイ言い方の人のかわし方

入社して1ヶ月が過ぎて、少し慣れてきました。入社当時より私を指導してくださる社員さんには「言い方がキツイ人だなー」とは感じていましたが、初めは忙しい中、私に指導しなくてはいけないから仕方ないと思えていました。1ヶ月経った今でも、新しい仕事を教えていただいているのでまだまだ手がかかると思います。

しかし何もミスをしていない時に、あたかも取り返しのつかないことを私がしでかしたかのようなキツイ、とても嫌な言い方で指導されると、気分が悪くなります。ミスをしてからでは遅いというのも分かりますが、何で相手が嫌な気分になるような言い方をわざわざするんだろうと思うと、もう返事も出来なくなりますし、間違っていないのに、間違っているように言われるのでやっている仕事に自信がなくなります。

彼女はこの辺の店舗でも敏腕で業務ミスがないことで表彰されたりしているようなので、私が入ったことでその座を失うとか思っているのかなと思うと厳しいのも分かるのですが、こう嫌な言い方を毎日されるとウンザリします。仕事は長く続けたいし彼女もそろそろ定年か異動になるので数年の我慢と思っていますが、めげずに頑張るにはどう気持ちを切り替えるようにしたらいいのでしょう?

よその店の私と同じ立場の方からは、この社員さんは「この辺の店で1,2を争う怖い人」と聞きました。私だけにではなく、他の社員さんにも同じようにキツイ言い方です。仕事に厳しいのは良いと思いますが、聞いていてとても胸が痛くなります。

入社して1ヶ月が過ぎて、少し慣れてきました。入社当時より私を指導してくださる社員さんには「言い方がキツイ人だなー」とは感じていましたが、初めは忙しい中、私に指導しなくてはいけないから仕方ないと思えていました。1ヶ月経った今でも、新しい仕事を教えていただいているのでまだまだ手がかかると思います。

しかし何もミスをしていない時に、あたかも取り返しのつかないことを私がしでかしたかのようなキツイ、とても嫌な言い方で指導されると、気分が悪くなります。ミスをしてからでは遅いというのも...続きを読む

Aベストアンサー

確かにちょっとキツイですね。
仕事に対して厳しいということは必要なことですが、いくら部下とはいえ相手が嫌な気分になるような言い方をするものではないと思います。仕事の上下関係はもちろんありますが、同じ社員として社会人として後輩にも敬意を払うべきだと私は思います。その人は仕事はできる人かもしれませんが人間的にはちょっと問題あるかもしれませんね。

ここは辛いところですが現時点では我慢するしかないと思います。下手に反発でもしたらその後の関係がギクシャクしてしまい、あなた自身にとって損になります。仕事を覚えて、それなりに一人前になるまでは黙って従っていましょう。人付き合いも仕事の一つです。そういう難しい人との付き合いを乗り越えれば人間関係の面でも精神的な面でも強くなれると思います。プラス思考で考えましょう。

とても仕事のできる上司のようですから、仕事面のことはきちんと見習いましょうね。他の人間性の部分は反面教師のような感じで考えればいいと思います。「私が上司になったらこういう接し方だけはしないようにしよう」と考えればいいと思います。

自分にとって都合のいいところだけを上司から吸収すればいいのです。上司といっても普通の人です。長所もあれば欠点もあります。すべてを見習う必要はもちろんありません。

上司に言われたことにあまり敏感になったり感情的になったりせずに「こういう人なんだ」と割り切って、クールに対応しましょう。嫌味な言い方しかできないかわいそうな人なんですよ。

確かにちょっとキツイですね。
仕事に対して厳しいということは必要なことですが、いくら部下とはいえ相手が嫌な気分になるような言い方をするものではないと思います。仕事の上下関係はもちろんありますが、同じ社員として社会人として後輩にも敬意を払うべきだと私は思います。その人は仕事はできる人かもしれませんが人間的にはちょっと問題あるかもしれませんね。

ここは辛いところですが現時点では我慢するしかないと思います。下手に反発でもしたらその後の関係がギクシャクしてしまい、あなた自身にと...続きを読む

Q低レベルなミスの多い新人は見捨てられてしまうのでしょうか。

低レベルなミスの多い新人は見捨てられてしまうのでしょうか。

こんばんは。
今年の4月に某金融機関に入社した者です。
入社して三ヶ月経ちますが、 本当に自分のふがいなさにあきれ返ると言いますか、
本当にありえないミスを毎日のようにしてしまい、
正直、内心先輩達も心底困っているのではないかというような事態です。

ミスの内容を具体的にはいえませんが、本当に小学生並の低レベルなミスです。
提出しろと言われた課題を出し忘れたり、
必要だと言われたものを捨ててしまったり、なくしてしまったり です。

まだ、業務の中でわからなくて よく知らなくて ミスをした。 ならば仕方がない部分もあると思います。(勿論ミスないのが一番ですが)

しかし、どうも私のしてるミスはそれ以前の、人間としてダメなミスが多いのです。


とあるところで「新人が使えるか使えないかは3ヶ月で決まる」と聞いたことがあります。
もうすぐ入社して3ヶ月経ってしまいます。
私の他に二人いる同期とは、職種もまったく違うので、一概比べることもできませんが、
同じように失敗はいっぱいしてても、私みたいな低レベルな失敗をしたとは聞いたこともありません。
それこそ入社したての頃に一回くらいはあったかもしれませんが・・・

私のようにいつまでも幼稚な どうしようもないミスばかり続けているような新人は見捨てられてしまうのでしょうか。


自分では、同じようなミスをしないようにメモを残したり、管理に注意したりと再発防止には力を入れてるつもりです。
それでも同じようなミスが起こってしまうことがあります。
きっとまだまだ甘えがあり、自己管理ができていないんだと思います。

一度見捨てられてしまっても、信頼を取り戻したりすることは出来るのでしょうか。

「あの人新人時代はすごく問題児だったけれど、成長したなぁ」というように言われている方が、
ご自身でも周りの方でもいらっしゃらないでしょうか。
もし、いらっしゃったらどういう風に自分を高めていかれましたか。

逆に、成長が見られない、本当に駄目な新人とはどういう人なんでしょうか。

長々とまとまりのない文章で申し訳ありません。
ご意見お願いします。

低レベルなミスの多い新人は見捨てられてしまうのでしょうか。

こんばんは。
今年の4月に某金融機関に入社した者です。
入社して三ヶ月経ちますが、 本当に自分のふがいなさにあきれ返ると言いますか、
本当にありえないミスを毎日のようにしてしまい、
正直、内心先輩達も心底困っているのではないかというような事態です。

ミスの内容を具体的にはいえませんが、本当に小学生並の低レベルなミスです。
提出しろと言われた課題を出し忘れたり、
必要だと言われたものを捨ててしまったり、なくしてし...続きを読む

Aベストアンサー

 教育に関する仕事をしているものです。自分を含め、人間のミスについて、分かっていることを書かせていただきますね。
 まず、私の経験からです。私も、新人時代もとても多くミスをしていました。それどころか、年齢的にはベテランの仲間入りをしてからも、仕事の配置が変わったり、転勤したりしたときに、考えられないようなミスを繰り返したりもしました。
  
 ミスというのは、個人の性格にも左右され、私のような「不注意型」の人間は、どんなに気をつけていても、必ずミスをしてしまいます。
 
 ただ、分かっているのに、同じようなミスを繰り返すというのは、ストレスが原因であることも多いのです。小さなミスを執拗に責める上司がいたり、或いは自分自身がそのミスを責めて悩んだり…ということが続くと、脳が通常の判断ができなくなり、(余計なことに神経が行ったり、過度の緊張感から、逆に集中力がなくなったり)余計にミスを繰り返すということがあるようです。これは悪い悪循環を生みます。

 このような新人の人が、見捨てられるか、それともしっかりと励まされ立ち直らせてもらえるか…は、職場の周りの先輩たちの心の広さ次第です。私も、転勤が伴う仕事なので、たくさんの仕事仲間や上司と接してきましたが、多くの人は、仲間のミスを笑顔で許してくれたし、励ましてくれました。そのおかげで、自分としては、気持ちよく仕事を続けてこれたと思っています。(ごくたまに、すごく意地悪な上司もいて、そのときは、それこそ、ウツになりそうでしたが…。)

 さて、ミスの多い私が、見捨てられずに仕事を続けてこられたことを振り返り、大切なことをまとめてみました。
(1)ミスをしたときの対処・解決方法を探すこと。
(例えば、すぐに電話。ちゃんと謝る。頼りになる人に相談…など)
(2)日ごろから「本当に忘れっぽいので、声をかけてください。」といろんな人に言っておく。声をかけてもらったら、感謝の言葉を忘れずに…。
(3)人の嫌がる仕事を引き受ける、雑用も進んで行う、作業などやっている人を見たら積極的に手伝う…など、一生懸命さをアピールする。
→周りの人は、「この人はうっかり者だけど、いいところがあるから助けてあげたい!」と思ってくれる。
(4)自分自身を責めない。→悪いことが続くときは、「今はトンネルの中だけど、必ず出るときが来る…」と、自分に言い聞かせて、ジタバタせずに平常心で過ごしましょう。やけくそになったり、あきらめたりしたら負けですから。
(5)他の人のミスも絶対に責めない。→人間はミスをして当たり前。いつも人を責めていると、ミスをしたとき、「ほれ見たか…」といわれますよね。人のミスを見たら、「私なんて、そんなことしょっちゅうですよ。気にしないでください」ぐらいのフォローができるといいですね。

参考になるといいですが。

 教育に関する仕事をしているものです。自分を含め、人間のミスについて、分かっていることを書かせていただきますね。
 まず、私の経験からです。私も、新人時代もとても多くミスをしていました。それどころか、年齢的にはベテランの仲間入りをしてからも、仕事の配置が変わったり、転勤したりしたときに、考えられないようなミスを繰り返したりもしました。
  
 ミスというのは、個人の性格にも左右され、私のような「不注意型」の人間は、どんなに気をつけていても、必ずミスをしてしまいます。
 
 ただ...続きを読む

Q仕事でミスを連発、憂鬱です

一昨日、朝からミスを連発しました。
習慣になっている朝の仕事をいくつか忘れたことから始まり、
その後、小さなミス、人に迷惑をかける大きなミスを繰り返しました。
結果、私のせいで全員に残業させることとなってしまいました。
一日の中でこんなにミスを連発したのは初めてです。
しかも普通ならしないような、本当にひどいミスの連続でした。

特に寝不足でもなく、体調が悪かったわけでもなく。
自分に何があったのかわかりません。

昨日は、自分の仕事だけ黙々と作業しているだけで良かったので特にミスはしませんでした。
ですが、前日に多大な迷惑をかけてしまったので、一日中気を張り詰め、
家に帰ったときにはぐったりし具合が悪くなりました。

今日は休みなので、気持ちを切り替えなければと思っていましたが、
朝から気が重く、何もする気になれません。
昨日も、よく仕事に行けたなという感じです。

また無意識のうちに何かしでかすのではと、自分が怖いのです。
明日、仕事に行くのが不安で涙が出ます。

こんなときは、どうやって立ち直ればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

習慣になっている朝の仕事については、やるべき事を箇条書きにした紙を いつでも見れる所に貼っておく(持っておく)と、やり忘れなどのミスは防ぐことができます。

ミスが続くとヘコむ・・というより絶望感に近い何かに襲われたり、仕事に行くのが億劫になる気持ち、すごく分かります。

でも引きずっていると注意力散漫になり更にミスを引き起こしてしまいますよ。
気持ち新たに、一から積み直すつもりで前を向きましょう。

仕事で失敗したことがない人間なんて そういません。
みんな大なり小なりミスはしてしまうものです。

そのぶん自分以外がミスしてしまった時にフォローしてあげればいいのです。持ちつ持たれつ(^^)


今日は折角のお休みなんですからアタマから仕事のことは切り離して、思いっきり気分転換してみては?

ある程度は開き直ってしまうと気持ち楽ですよ!(悪い意味ではなく)

Q仕事でミスをしていないか不安で仕方ない

20代女性、事務職です。

私は元々とてもおっちょこちょいなため、仕事でのミスを防ぐために必ず確認をするようにしています。

そのせいか段々とミスは減ってきたのですが、今度は何度確認しても間違っているのではないかと不安が拭えなくなりました。

確認した時に指差し確認してこれで大丈夫だと思っても、時間が経つと確認した時の自分の記憶が信用できません。
逆に作業に没頭しすぎて、その時の記憶がぷつんと抜けていることさえあります。
実際、たまにミスをした時にその時の行動を振り返っても、なぜミスをしたか全く思い出せないのです。

一時期は、自分がした行動「この書類を誰に渡した、この作業をしたなど」を、小さなメモ帳に逐一書いていたことさえありました。

最近は仕事を任されるようになって忙しくなり、それはさすがに出来くなりましたが…

休みの前の日にバタバタと忙しかったりすると、特に問題もなかったのに、家に帰って「あの書類はちゃんとあそこに入れただろうか、あのメールはちゃんと届いただろうか」と不安で眠れなくなり、
次の日に同僚に「私のした仕事で何かトラブルが起きたりしていないか?」とメールで聞いたりする時もあります。


事実、減ったとはいえたまにミスがあるわけですから、自分のことが信用出来ません。

上司からは、「確かに時折ミスはあるが、物覚えがよくてすぐにこなせるから重宝している」と評価を頂いています。

しかし自分では自信がなく、
自分のいないところで、自分のミスで周りの人が少しでも困ったり、手間取ったりするのが怖くて仕方ありません。
自分で失敗して、その責を全て自分で背負って自分だけ苦労するのは構わないのですが…

仕事中も仕事の後も、休みの日でさえ「なにかミスはなかったか?」という重いに囚われて苦しいです。

ミスは誰でもある、と周りの人に言われても、同じミスの重さが他人と私では全く違う気がするのです。
それどころか、「小さなミスなんか気にするなってー」とか言われしまうと、
「実際ミスをしてしまったら、評価(査定とは違います)を下げられ責任を取らされルのは私なのに、そんな無責任なことを言って!」
と、怒りすら感じます。

とても苦しいです。
確認行為の仕方など、アドバイスをお願い致します。

20代女性、事務職です。

私は元々とてもおっちょこちょいなため、仕事でのミスを防ぐために必ず確認をするようにしています。

そのせいか段々とミスは減ってきたのですが、今度は何度確認しても間違っているのではないかと不安が拭えなくなりました。

確認した時に指差し確認してこれで大丈夫だと思っても、時間が経つと確認した時の自分の記憶が信用できません。
逆に作業に没頭しすぎて、その時の記憶がぷつんと抜けていることさえあります。
実際、たまにミスをした時にその時の行動を振り返っても...続きを読む

Aベストアンサー

じゃあ指さし確認からワンランク上げて
自分の作業のチェック表を作ろうよ。
ミスしたって殺されはしないよ。かといって何度も同じミスをしていたら頂けない。
もしもミスしたら何かやり方に問題が有ったんだから
チェック表の改善でもいいけど何か考えようよ。

PDCAサイクルってそういう事です。


人気Q&Aランキング