クラシックの歌手などの声は
マイクを通さなくてもホールいっぱいに響きますよね。
大きい声はもちろんPでもはっきりと聞こえる小さな声で歌ってらっしゃいます。

音楽の時間などでは合唱するときなどに
「腹式呼吸をして、おなかで支えながら声を出す」
といいますが、
おなかで支えられた声は、どうして遠くまで聞こえるのですか?

腹式呼吸の方が
・肋骨がないぶん肺活量が大きくなる
・腹筋を使える分安定した音量・音程をキープしやすい。
などは想像できますが、
それと遠くまで響く声には関連性がないような気がして…

もし良かったら教えてください

A 回答 (2件)

>・肋骨がないぶん肺活量が大きくなる


あまり関係ないです。

腹式呼吸であろうと、胸式呼吸であろうと空気が肺に入るのは変わりません。
確かに、腹式呼吸のほうが沢山いれやすいと思いますけどね。

クラシックの歌手などの場合、体全体が楽器の役割をはたしていると
思ってください。そう考えると、響く声は楽器から出る音と同じで、
遠くまで聞こえてくるのが不思議ではないと思います。
    • good
    • 0

おなかで支えることが響くこと自体ではないと思います。


響くのはあくまで響きのある声を出していることですし
これが自由になるまでは結構かかります。
のでおなかで支えるのはそれのサポートという感じです。
またおなかで支えることによってそれが重しになり
「声があがってしまう」(うわずる?)現象を防ぎ
響きに深みを出します。

声楽の第一歩は腹式呼吸ですが、響く声を出すのは
口のあけかた、顔の筋肉、息の使い方など他の要素も盛りだくさんに関係してるのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報