私は現在一人暮しをしています。契約時に私は既に両親が亡くなっており、兄弟もいないため保証人会社にお金を払って保証人になってもらいました。

最近引っ越しを考えていますが、また保証人会社に頼むとお金がかかってしまうので保証人を他人にお願いしたいです。
保証人が他人でもアパート、マンションを借りれるのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。
ちなみに私は派遣社員、26歳です。(ますます駄目でしょうか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

家主が保証人を求める理由は、家賃支払いに関する人的担保と明渡し時の荷物引取り先の確保にあります。

つまり、賃借人以上の支払能力さえあれば、基本的に拒否する理由はありません。特に、連帯保証人ともなると賃借人同様の支払い責任がありますので、家主は安心できる訳です。

逆に、保証人になって頂くということで、質問者は菓子折りのひとつも等と、それなりに気を使わねばならず、これはむしろ、(家主さえ承諾するなら)保証料を支払って、保証会社で処理した方が気楽でもあります。

なお、ご承知の通り、保証人の場合も印鑑証明の提出と契約書への実印の押印が求められると思いますので、予め不動産屋に確認しておく必要があるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
賃貸の部屋の保証人は絶対に親族じゃなくてはいけないと法律で決まっているのかと思っていましたので安心しました。
普通の人よりも部屋探しが困難になると思いますが頑張ります。

お礼日時:2001/10/17 13:37

会社の上司でなっていらっしゃる方がいますよ。


どこでもか分かりませんし、保証人になってくださる当てがあればよいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社の上司ですか。それも信用があっていいかもしれませんね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/16 20:33

No.1の方が言われるように、他人でもいいですが、現実にはなってくれる人は、いないでしょう。

母が賃貸マンションを持っています。
 ワンルームのためか、大半は親です。まれに知人というのがありましたが、途中で解約して出て行きました。親兄弟以外が保証人になる場合や、親が55才を超える場合は、しばらく返事を待ってもらいます。それ以外は、管理会社に任せています。
 現実は保証人会社に頼むしかないでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2001/10/16 20:30

保証人が他人でも、部屋は借りれますよ。


事実、保証人会社の人も他人のはずです。

保証人は賃貸人が何らかの理由で家賃や修理費などを払えなくなった時に、賃貸人に代わって支払う義務が出てきます。
ですので、保証人の所得証明や印鑑証明などが必要になる場合もあります。

それぞれの大家さんによって賃貸契約書が作成されますので、借りたい部屋があれば不動産会社の人に条件を聞いてみればいいと思います。

派遣社員でも保証人がしっかりしていれば、問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私の友人で6年前に他人の保証人でアパートを借りた人はいるんですけど、不動産屋さんと大家さんが人の良さそうなおばあちゃんって感じの方でこれは稀なケースだとあきらめていたんです。
なんとか頑張ってみます。

お礼日時:2001/10/16 20:11

大家の立場から一言。


保証人が他人であってもいいことはいいのですが。
問題点として、
(1)果たして、他人が保証人になってくれるか?
(2)その保証人はちゃんとした人なのか? 例えば、あなたの友人に保証人になってもらうとして、年齢がかなり若いと予想されます。年齢が若いと、継続勤務年数が短かったり、年収が少なかったりで、断わられる可能性があります。
(3)できれば、そういう怪しげな(言葉が悪くてすみません)人は遠慮したい。と考える大家も当然います。
保証人会社にどの程度支払うことになるのか、そちらの方面には詳しくないですが、諸々のことを考えると、保証人会社のほうが結果としていい、ということになりそうな気がします。

この回答への補足

説明が足りなくてすみませんでした。
保証人になってくれると言う人は既に決まっています。
男性で45歳の教師です。(ちなみに私の恩師です)
それから某ボランティア団体が紹介してくれた女性も(50歳、会社社長)保証人になってくれると言ってます。
(ちなみにこのボランティア団体の趣旨は困っている人を無償で助けるといった団体です。たとえば私のように保証人がいない人のために保証人になるとか、お金に困っている人に利子をとらずにお金を貸すとか、もちろん誰でもOKではありませんが)

私としては恩師に頼むつもりでいます。

補足日時:2001/10/16 20:23
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妻が他人の連帯保証人の場合・・・?

前提
・妻はパート勤務で収入が多くない。
・妻が他人のローンの連帯保証人になっている。

この場合、
(1)妻に支払義務が生じ支払不可能な場合、夫が代わりに支払う義務はありますか?
(2)この夫婦が離婚し財産を分ける場合、妻の連帯保証の義務が夫にも分けられてしまうのですか?

何卒、ご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

(1)妻に支払義務が生じ支払不可能な場合、夫が代わりに支払う義務はありますか?

=連帯保証人の欄に署名・捺印されているのは、あくまでも妻であります。妻が支払い不可能になった場合は、妻が何らかの手段を取って支払いを続けるか、任意整理するか、自己破産するしか、逃れる道はありません。夫に支払う義務は生じません。ただ、夫が代わりに支払うとする分には構いません。ただし支払いの名義はあくまでも妻でなければなりません。


(2)この夫婦が離婚し財産を分ける場合、妻の連帯保証の義務が夫にも分けられてしまうのですか?

=離婚しても、夫の名前・捺印は借用書の何処にも無いのですから、連帯保証人の支払い義務も生じません。(1)と同様です。財産分与とは全く関係がありません。

Q死んだ父が他人の借金の保証人になっていた!

18年前に死んだ父が知合いの保証人になっており、その返済の事で相談です。
父が死んでから3年後にある信用金庫から借金催促の郵便が届きました。
その後年に1回位のペースで郵便が届いていましたが、母は返済できないので無視をしていました。
父が亡くなってから15年後に信用金庫の担当者が自宅まで来て返済を要求してきました。
その時の全体の金額は約350万円(内、元金100万)でした。
そんな金額を払えない母は、支払いが出来ないと言ったのですが、元金だけでもという担当者の要求に元金だけ払うことで同位しました。
(弁護士に相談に行ったのですが、時効が適用されるので支払いをする必要はないのでは?と言われたのですが、田舎者の母は取り立てに来られるのが嫌だからと言う事で支払をしてしましました)
なんと、母はその時の契約書を交わしておりません!!書類として何も残っていないのです。
先日、最後の支払いと思い信用金庫の窓口へ行くと、賠償金を請求されたそうです。(姉が当時の担当の方と電話で話をしているのですが、賠償金が10万円位発生するのではないか?と言われています。)

当時の担当者の方は定年になってしまい、現状を知る人は誰もいない状態です。契約書を交わしていない時点で、母の無知さに呆れてしまいますが、今更どうする事もできません。
今では、全体金額が利子を含めて450万円にまで到達しており、そんな金額を払えないと言った所、子供たちに請求が行くと言われたそうです。
また、賠償金の金額も10万ですみそうもありません。

母から、今どの位の借金(学生時代の奨学金の返済)があって、支払いができないという文章を書いて送るように言われましたが、これは必要なのでしょうか?
弁護士に相談に行く予定ですが、取り急ぎ母に書類を出すように急かされており、相談してみました。
詳しい方、どうぞ御力をお貸し頂けませんでしょうか?よろしくお願いします。

18年前に死んだ父が知合いの保証人になっており、その返済の事で相談です。
父が死んでから3年後にある信用金庫から借金催促の郵便が届きました。
その後年に1回位のペースで郵便が届いていましたが、母は返済できないので無視をしていました。
父が亡くなってから15年後に信用金庫の担当者が自宅まで来て返済を要求してきました。
その時の全体の金額は約350万円(内、元金100万)でした。
そんな金額を払えない母は、支払いが出来ないと言ったのですが、元金だけでもという担当者の要求に元金だけ払うことで...続きを読む

Aベストアンサー

事情がよくわからないので、断言はできません。参考程度に留めておいて下さい。

>そんな金額を払えないと言った所、子供たちに請求が行くと言われたそうです。

お父様の債務ですから、その債務は妻である母親と、あなた方子供に相続されていることになります。ですから、信用金庫としては母や質問者・質問者の姉に請求したいのでしょう。

どうやら、母親は時効利益の放棄(時効が完成しているから、支払う必要はないはずなのに、払ってしまった)をしてしまったようですので、今更債務を無かったことにすることはできないでしょう

お母様の立場は厳しいようですが、質問者や姉は、まだ時効利益の放棄をしていないように思います。

>今どの位の借金(学生時代の奨学金の返済)があって、支払いができないという文章を書いて送るように言われましたが、これは必要なのでしょうか?

こんなものを送ってしまい、これが信用金庫の手に渡れば、支払いの意思がある証拠(「いずれ払うが、今は金がないから払えない」という弁済を猶予してもらうための文章)として使われる可能性があります。そんなことになれば、質問者も時効の援用ができなくなるおそれがあります。ですから、そんな文章を送ってはいけません。送るとすれば、「借金(奨学金の返済)があるから払えない」という文章ではなく、「時効を援用するから払わない」という文章でしょう。送り先は信用金庫です。詳しくは弁護士にお聞き下さい。

私見ですが、あなたも姉も時効を援用し、債務を免れるべきでしょう。その上でお母様には自己破産してもらいましょう。何にせよ、弁護士案件です。それにしても、相手の信用金庫、相当に悪辣ですね。素人の無知に付け込むやり方は許せません。

事情がよくわからないので、断言はできません。参考程度に留めておいて下さい。

>そんな金額を払えないと言った所、子供たちに請求が行くと言われたそうです。

お父様の債務ですから、その債務は妻である母親と、あなた方子供に相続されていることになります。ですから、信用金庫としては母や質問者・質問者の姉に請求したいのでしょう。

どうやら、母親は時効利益の放棄(時効が完成しているから、支払う必要はないはずなのに、払ってしまった)をしてしまったようですので、今更債務を無かったことに...続きを読む

Q未成年の子供が家出をし他人を勝手に保証人にして賃貸アパートを借りました

未成年の子供が家出をし他人を勝手に保証人にして賃貸アパートを借りましたが支払いができなくなりました。


未成年の男性と成人女性のカップルで同棲しています。

未成年の男性は家出しているので保証人がいません。

そこで女性がどんな手を使ったのか知り合い?の印鑑証明までも手に入れてその知り合いを勝手に未成年男性の親と嘘を付いて保証人にしてアパートを借りてしまいました。

アパートの契約者は未成年の男性ですが保証人はその未成年の男性から見てあかの他人で面識もありません。

つまり手引きをしたのは成人女性ですが契約をしているのは未成年の男性になっています。

そして賃料が払えなくなりました。

アパートの管理会社が保証人に連絡をして賃料のさいそくをしましたが「騙されたのだから滞納した賃料は払えない」と言っています。

保証人の男性は「女に騙された。」と言っていますがなぜか被害届けを出しません。

そこでアパートの管理会社と契約している賃料の保証会社が未成年男性の実際の親に電話をかけてアパートの鍵を渡しそのカップルをアパートから退去させようとしています。

つまり、色々ごねる相手よりも未成年の親の方が費用をかけないで安く賃料を安く回収できると思っているのでしょうか?

質問ですが?

そしてこのまま滞納した賃料は最後はいったい誰が払うのでしょうか?

万が一、未成年男性の親がこのアパートの契約を解除した場合滞納料金の支払い義務が発生するとか理不尽な事が起きるでしょうか?

男性は、社会的な制裁を受けそうですが。
この男性の後ろで未成年男性をを操っている女性を訴える事はできないのでしょうか?

情報が少なくて分かりづらかったら分かる範囲内もしくはこの文章から推測される状況でお答えを頂きたくと助かります。
どうぞよろしくお願いします。

未成年の子供が家出をし他人を勝手に保証人にして賃貸アパートを借りましたが支払いができなくなりました。


未成年の男性と成人女性のカップルで同棲しています。

未成年の男性は家出しているので保証人がいません。

そこで女性がどんな手を使ったのか知り合い?の印鑑証明までも手に入れてその知り合いを勝手に未成年男性の親と嘘を付いて保証人にしてアパートを借りてしまいました。

アパートの契約者は未成年の男性ですが保証人はその未成年の男性から見てあかの他人で面識もありません。

つまり手引きを...続きを読む

Aベストアンサー

未成年者がした法律行為(この場合は契約)は、その保護者が取消をし、その契約の効力自体を否定することができます。
ただ質問文で少々引っかかる部分があります。「実際の親」という書き方をしていますが、生理学上の実の親と、法律上の親(こちらが現在の保護者であり親権者)が別にいるのであれば、この問題で生理学上の実の親の出る幕はありません。また口を挟む権利もありません。

この件の中心にいる首謀者とでも言うべきは、その成人女性ですね。
保証人にされた人、未成年男性とその保護者が、家賃保証会社に対して理路整然とした説明をすれば、矛先は当然その成人女性に向くことになると思います。

ところで訴えるとのことですが、誰が何の被害を以ての話でしょうか。
気分を害された、というだけでは訴因になりませんよ。
訴えるなら、家賃保証会社なりがやるでしょう。

Q(他人の)保証人である父を扶養家族に入れて大丈夫?

(他人の)保証人である父を扶養家族に入れて大丈夫?


という件で悩んでおります。
法律にはまったくのど素人ですのでまぬけな質問ですがよろしくお願いいたします。


自営業を営んでいた高齢の父がこのたび円満廃業することとなりました。
ほっと一息と思った矢先、父が商売で保証人になっていることが判明しました。
保証人となった相手の商売は順風満帆。今現在はこれといって心配することはないようです。
ただ今の世の中どう転がるかわからないので不安はあります。

自営業が終わった後、両親を私(会社員・独身・同居)の扶養家族に入れようかと思っております。

もし仮に、父が保証人としての負債を負うことになった場合、私にその負担は掛かるのでしょうか?
掛かるのであれば、扶養控除等は大変もったいないのですが扶養家族には入れることは出来ません。

同居であっても子と父親は別個の人間であり、負債は負わなくてよいと聞いた事はありますが、「扶養に入れる」とどうなるかを知りません。
(無知な私は 扶養=保護者=責任者 のようなイメージがあって扶養したなら全責任をかぶらないといけない感じがします)

お時間のあるときで結構ですので、ご教示いただけたら幸いです。

(他人の)保証人である父を扶養家族に入れて大丈夫?


という件で悩んでおります。
法律にはまったくのど素人ですのでまぬけな質問ですがよろしくお願いいたします。


自営業を営んでいた高齢の父がこのたび円満廃業することとなりました。
ほっと一息と思った矢先、父が商売で保証人になっていることが判明しました。
保証人となった相手の商売は順風満帆。今現在はこれといって心配することはないようです。
ただ今の世の中どう転がるかわからないので不安はあります。

自営業が終わった後、両親を私(会社...続きを読む

Aベストアンサー

扶養していても、保証人はお父様ですので、責任は負う必要はありません。

ただ、扶養まで考えているお父様を見捨てられますか?
どのくらいの保証人(連帯ですよね?)になっているのかわかりませんが、
老齢のお父様を自己破産に追い込みますか?
いまの家も売らなくてはならいかもしれません。

相手先の会社が順風満帆なのであれば、いつくらいに返済が終わるのか、
現在イクラくらいの残債で、保証人をどなたかと変われないのか(廃業したので)、
といったことを確認していった方がよい気がします。

また、保証人といっても、連帯保証人とタダの保証人は違いますので、
どちらなのかを理解してくださいね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E4%BA%BA

Q保証人、連帯保証人のメリット

保証人、連帯保証人になってくれと言われたら私なら無条件でNOと言います。
連帯だと特に大変ですね。

なってしまう人はなにかメリットは少しぐらいあるのでしょうか?
保証人になる人の気が知れません。

Aベストアンサー

日本で事業をすると大抵の場合、いくら嫌でも連帯保証人が必要になります。事業には借金がつきものですし、そのためには政府系の金融機関も一流銀行も当たり前のように保証人を要求しますから。いくら将来性のあるビジネスでも、業績が良くても、とにかく「保証人を立てろ」の一点張りなのが日本の金融機関です。住宅ローンでは保証人を立てろとは言われませんから、普通のサラリーマンの方はこの辺の事情がピンとこないのではないでしょうか。

私はバブルのころ、親友が起業するとき連帯保証人になりました。日本の保証人システムには疑問を感じるものの、この国で起業するには絶対に連帯保証人が必要だと納得しましたので、彼の起こした会社の役員になり連帯保証人になったわけです。当時は若くて失うものがありませんでしたから、最悪の場合は自己破産すればよいとも思いましたし。

起業後しばらくは、会社も軌道に乗らず私まで一喜一憂しましたが結果的に成功し、私は驚くほどの報酬をもらいました。また、役員になっているので自分まで事業家気分になれ、もうひとつ別の人生を歩んでいる気分です。後に私は難病を患いましたが、自分のコネで名医を探したり個室代を払ってくれたり、本当に良くしてくれました。

とはいえ、一般的には保証人になるメリットは特に無いでしょうね。ただ、質問者さんのようにリスクは無条件に回避する生き方もありますが、私は保証人になって金銭的にもプラスだったし面白い経験をさせてもらったと思っています。

日本で事業をすると大抵の場合、いくら嫌でも連帯保証人が必要になります。事業には借金がつきものですし、そのためには政府系の金融機関も一流銀行も当たり前のように保証人を要求しますから。いくら将来性のあるビジネスでも、業績が良くても、とにかく「保証人を立てろ」の一点張りなのが日本の金融機関です。住宅ローンでは保証人を立てろとは言われませんから、普通のサラリーマンの方はこの辺の事情がピンとこないのではないでしょうか。

私はバブルのころ、親友が起業するとき連帯保証人になりました。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報