Kinematics or static viscosity is the ratio of dynamic viscosity to density at a specified temperature and pressure.
運動学または静的な粘度は、指定された温度とプレッシャーで密度に動的な粘度の比率である。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


  「和訳の意味は正しいですか?」というのが質問ですから、その点について回答します。

  1)全体的に、和訳として正しいといえます。おかしい点が二カ所あります。一つは、最初の「運動学または静的な粘度は」という訳です。これは、原文の英文が綴りミスですから、誤訳ではありませんが、日本語として文章を読んでみて、一体、「運動学または静的な粘度は」とは、何のことか、「おかしい」と感じなければなりません。意味が汲み取れない場合は、自分の英語読解力を疑うのが普通で、あれこれ調べて、前後の文脈から考えてみるのですが、時たま、印刷物の教科書などでも、誤植などがあることがあり、また、英文原文が出鱈目である場合があります。或る程度の英語読解力に自信がつくと、原文が誤植か、ミスがあるのではないかと疑うケースが時たまあります。
 
  2)もう一つ間違っているのは、最後の「密度に動的な粘度の比率である」という訳です。この間違いは、日本語のミスではなく、英語、特に技術・科学英語の基本的な構文知識が欠けているため起こったと思えます。
  
  つまり、A to B という構文は、実に色々な意味があるのですが、科学技術英文、特に、数学などが関係している場合、これは、「A対B」という意味になる構文規則があります。無論、この例でも分かる通り、「A対B」になる場合は、ある特徴のある構造が伴います。この文章では、the ratio of A to B という英語構文です。the ratio of A は、「Aの比・比率・割合」というような意味ですから、こういう場合は、A to B は、「A対Bの比・割合」という風な意味になります。正確には、「Bに対するAの比・割合」という意味です。

  A to B は、Aが何かの数・量で、Bも数・量である場合、「A対B」である可能性が高いです。
 
  この the ratio of A to B の誤訳は、英語の知識の欠如・英文構造の慣れの欠如によるものです。多数の英文を読み、慣れるしかないと思います。日本語の間違いではなく、英語構文の知識が足りないということです。
 
  アドヴァイスしますと、機械または機械工学の英文を読まれるのなら、英語索引が付いているか、見出しが英語である、「機械工学事典」の中型のものを購入されて、それを使われるのかよいと思います。機械の技術英文では、revolution といえば、「回転」のことで、bearing といえば、名詞の場合は「ベアリング・軸受け」のことに決まっています。clearance も、機械で使う場合は、「クリアランス・隙間」のことに決まっています。技術分野が違うと、また訳語が違って来ますが、機械工学の場合なら、或る一定数の「技術用語」というものがあり、それに対する訳語も大体決まっています。

  マグローヒルは4万円か5万円したと思いますし、技術用語大辞典となると、5万円程度以上必要になり、非常に高価ですが、機械分野に特定している場合は、大きな書店に行き、中型の4千円前後の「機械用語事典」を入手されて、これで英文の分からない名詞の用語などは引きまくることです。すると段々、技術用語の英語での単語と、その日本語訳語が頭に入って来ます。また、「事典」を使用して用語を引くと、簡単な説明がありますから、翻訳の時、または英文を読む時、それが文章理解の助けになります。
 
  英語索引または英語見出しのある「技術用語事典」を使わずに、通常の英和辞典で、技術文書を読もうとする(翻訳しようとする)のは無謀なことで、効率も非常に悪いです。いまは、4千円ではなく、6千円ぐらいするかも知れませんが、「技術用語事典」は必須です。また、JISの分冊になっている規格本の「機械」の分野の本を購入してもよいと思います。少し高いかも知れませんが、英語索引が付いているはずですし、用語説明もありますから、これも必須だとも言えます。こういう道具=用語事典を使って、技術文書・科学技術の教科書などを読むのが賢明です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にアドバイスをしていただき、本当に有難うございます。また、よろしくお願いします。では,失礼します。

お礼日時:2001/10/17 07:49

 


Kinematics or static viscosity is the ratio of dynamic viscosity to density at a specified temperature and pressure.
 
運動学または静的な粘度は、指定された温度とプレッシャーで密度に動的な粘度の比率である。

----------------- 
  動粘度または静的粘度とは、特定の温度と圧力における、動的粘度と密度の比である。
-----------------

----------------- 
  動粘度または静的粘度とは、特定の温度と圧力における、密度に対する動的粘度の比である。 [つまり、(動的粘度/密度)=動粘度]
-----------------
 
  なお、原文英文の Kinematics は、Kinematic の綴りミスです。余計な s が最後に付いているので、「運動学」というような意味になりますが、これでは文章の意味が通じません。
 
  因みに、或る機械工学系の小さな事典では、kinematic viscosity には次のような説明が与えられています。
 
>  kinematic viscosity [動粘度] 流体の粘度を、その流体の
>  質量密度で割ったもの。 動粘度=粘度/質量密度
 
  サンプルの英文では、上の引用で「粘度」と呼んでいるものが、「動的粘度」で、「質量密度」は、ただの「密度」ですが、英文の述べている内容は、この式の文章による説明に他ありません。また、英文では、「動粘度」の別名が「静的粘度」ということになります。(温度と圧力を指定・特定しているのは、これらの値が違うと、流体の「質量密度・密度」が変動するからです)。
 
    • good
    • 0

こんばんは。


先ほどは会社で使っている実用英語辞典をひきひき推測していたんですが、今もう家に帰ってきてしまったので専門用語がわかりません。わかるところだけ…

Kinematicsまたはstatic viscosityとは、ある一定の温度と圧力下においての…(??)割合を言う。

翻訳サイトで訳しているようですが、まず辞書をごらんになってKinematicsとstatic viscosity を引いてください。そこに出ている日本語を今度は国語辞典ないし科学技術用語辞典でひいてください。定義が書かれていると思います。
    • good
    • 0

意味は全然わかんないんですけど・・



書かれている文章の中では、a specified temperature and pressureの部分とthe ratioの部分が少し違うと思います。
前者は、一定の温度と圧力のもとで、ということでしょう。
後者は、動的な粘度の密度に対する割合、ということですね。
また、orというのは言い換えの場合もあります。
ということで自信のないまま訳してみると、

運動学、つまり静的な粘度というのは、一定の温度と圧力における動的な粘度の密度に対する割合のことである。

という具合になると意味わかりますか?
    • good
    • 0

正直に申しまして、少し意味のわからない訳になっているようです。


もっとも、どの分野に現れる文かによっても、訳の良し悪しは依存しますが。
個人的な感想としては、主語の訳、specified , to の所を少し改良する事を勧めます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流体の粘度、動粘度について初歩的質問です

流体の粘度、動粘度について教えてください。

質問1
動粘度(ν)が大きいほど、動きにくい流体ということで
よろしいでしょうか?

質問2
ν=μ/ρ
 動粘度:ν
 粘度:μ
 密度:ρ
であらわされます。
粘度μが大きいほど動きにくい流体。
密度ρが大きいほど慣性力が大きいため動きにくいとるすと、
同じ粘度ならば、密度ρが大きいほど動きやすい流体
ということになるのでしょうか?
(感覚的にはρが大きいほうが、動きにくい感じがするのですが)

Aベストアンサー

こんばんは

>>物質輸送における質量の流れに着目した指標
>粘度、動粘度は各々どのような状況で必要になるのでしょうか?

回答が遅くなって申し訳ありません。

追加のご質問への回答ですが、
粘度(絶対粘度あるいは静粘度とも言います)μは、簡単に言えば、流体の中での物体の動きにくさを表す指標です。
実用的には、例えば潤滑油を圧送するときの流動への抵抗力を見る時に使われます。

一方、動粘度νは、流体そのものの動きにくさを表す指標です。
例えば、潤滑油の適油選定において、潤滑油の油膜厚さが適正に保持できるか否か、固体表面からどの程度流れ落ちにくいかを見る時に用いられます。

ご質問の主旨に合ってますでしょうか?

QBETWEEN A and B, and BETWEEN A and C

BETWEEN A and B, and BETWEEN A and C
このような英文を書きたいのですが何か簡潔に書く方法はないか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何についてかによりますが、例えば
A's relationship between B or C
とかね。

Q動粘度と粘度の違い

流体において、粘度の定義から動粘度への移行がわかりません。
なぜ
動粘度=粘度/密度の関係が導かれるのでしょうか

Aベストアンサー

粘度の意味を、
「速度勾配に対してどれだけのせん断応力を生じるかを表す指標」
と言い表すことができます。これに対して動粘度は、
「流体の動きにくさを表す指標」
というふうに言い表してもいいと思います。

このことを、次のようにイメージで捉えることができます(あまり厳密ではありませんが)。

まず、風船とパチンコ玉を用意して、両方の表面にグリセリンをべたべたに塗りたくってみます。このとき、これらの「粒子」の粘度は、表面のグリセリンのネバネバによって決定されると考えて良いので、「粘度」は同じです。
ところが、これらを転がしてみると、おそらくパチンコ玉はそこそこ転がりますが、風船は、地面にくっついてしまって動くことができません。つまり、「流体の動きにくさ」というものを表すのには、「粘度」だけでは不十分で、その粒子の「重さ」も考えなくてはならないわけです。
これを整理すると、
「粘度が大きくても、重ければ動く」
「粘度が小さくても、軽ければ動かない」
となります。そのため、粘度を密度で除した値が、「流体の運動しにくさ」を表す指標として便利なわけで、これが動粘度です。レイノルズ数の粘性項=動粘度、という事実と、上記の比喩を併せてイメージすれば、分かりやすいのではないでしょうか。

粘度の意味を、
「速度勾配に対してどれだけのせん断応力を生じるかを表す指標」
と言い表すことができます。これに対して動粘度は、
「流体の動きにくさを表す指標」
というふうに言い表してもいいと思います。

このことを、次のようにイメージで捉えることができます(あまり厳密ではありませんが)。

まず、風船とパチンコ玉を用意して、両方の表面にグリセリンをべたべたに塗りたくってみます。このとき、これらの「粒子」の粘度は、表面のグリセリンのネバネバによって決定されると考えて良いので、...続きを読む

Qtemperature abuse

食品等について書かれているものの中に「temperature abuse」という表現がありました。なんとなく温度による影響のような感じは受け取れるのですが、どう訳したらよいでしょうか?

因みにその文章はこれです。
「The box contained a full tray of badly infested, temperature abused, chocolates and was covered with webbing.」

Aベストアンサー

abuseという言葉の原義は「本来あるべきものとはちがった扱い」と
いうことです。何に関してそうであるのかがtemperatureという単語
で示されます。なので、意味は、
「温度に関する不適切な取り扱い」
です。物によりますが「高温注意」のようなものです。

Q動粘度について

水と空気の動粘度[m^2/s]の値を知りたいので教えて下さい!

Aベストアンサー

動粘度の定義は普通の粘度ηを流体の密度ρで割った η/ρです.
水で η=1.79×10^(-3) [kg m^(-1) s^(-1)]
空気で η=1.71×10^(-5) [kg m^(-1) s^(-1)]
いずれも0℃のときです.
あとは,ρで割ってください.

ここで質問するよりは,理科年表など見るべきだと思うんだけどな.

QJapan to-- Not specified を訳してください

Shipping costs:の欄にJapan to--- Not specified と書いてあるのですが。

Aベストアンサー

No.3です。補足を有り難うございました。

Shipping costs: To Japan -- Not specified

だったのですね。それでしたら、日本へ発送する場合は、恐らく落札者との話し合いで発送方法を決め、それに合わせた送料を請求すると言う事でしょう。not specified は、「特に明記しない」と言うような意味で、金額、日にち等、はっきり分からない場合、または決められていない場合、この様な記述がされる事が多いですね。

ちなみに、日本へ送ってくれる印象ではありますが、実際どうかは、やはり出品者に問い合わせてみた方がいいかもしれません。それから、日米間で物を送る(送ってもらう)時は、高価な物の場合、なるべく追跡が出来、保険のきく方法で送ってもらう方がいいです。アメリカの郵便事情は、日本と比べて悪く、物が無くなってしまう事もあります。私は、EMS、またはEMSの送料とあまり差がない場合は、DHLとかFedExを使います。

Qポリエチレングリコールの動粘度

ポリエチレングリコール♯600の動粘度が98.9°で10~12[mm^2/s]でした。
20°での動粘度が知りたいのですがどうやって求められますか?

(ポリエチレングリコール♯600の平均分子量は570~630です)

誰かわかる方いらっしゃったらお願いします(>_<)

Aベストアンサー

医薬品製造用のマクロゴール600に20℃のデータがありました。

14 - 17 mm2/s (20 °C)

ただし分子量分布がご覧になったMSDSのものと同じかどうかは不明です。

参考URL:http://www.merck-chemicals.com/japan/polyethylene-glycol-600/MDA_CHEM-817004/japanese/p_CDSb.s1LnJwAAAEWgeEfVhTl

Q「rate-ratio」の例文を教えてください。

「rate-ratio」の例文を教えてください。

英語の論文を呼んでいると、「rate-ratio」(比率の比とでもいうのでしょうか、言葉の意味自体はわかります^^;)という言い方が出てきます。しかし、Aという事態の発生率とBという事態の発生率を比べるときの言い回しがどうあらわされているのかわからないことがあります(要するに分母がどちらかが読み取れない)。

どちらが分母でどちらが分子をあらわすのか、言い回し・例文を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初に出てくる一塊がたいてい分子であとに出てくるほうが分母です。

例えば、袋に飴玉5個(白)と10個(黒)があるとします。このときの比率を言うときは,
ratio of the white candy to the black is 1 to 2. 風な感じで最初の物が分子で後のものが分母です。黒に対しての白のアメは1対2。

Q動粘度の計算

物理初心者です。
ある液体(cP=15.88 密度=0.838g/mm^3) の動粘度を計算してみたのですが、絶対おかしいのでやり方を教えてくださると嬉しいです。

http://www.tech-jam.com/tech/nendo/
を参考にして自分なりに計算したら以下のようになりました。

15.88cP=0.01588Pa・s
この値を密度で除すと
0.01588÷0.838 (Pa・s・mm^3/g)

となります。
これでは動粘度の単位であるmm^2/sになりません。
どこか間違っているか、またこの液体の動粘度はいくらなのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

cPというのは単位で,μ=15.8cPでしょうか?

Pa(パスカル)は圧力の単位で1Pa=1N/m^2(単位面積に働く力)です.
N(ニュートン)は力の単位で1N=1kg*m/s^2です.

なのでざっと計算したところ単位の次元はあいました.

あとは1kg=1*10^3g等の計算に気をつければでるとおもいます.

QA and B, C and D なんだこの表現

The greater the spread of the terrace and the factory, the office and the suburb, the more the realities of the countryside receded, until a life governed by unceasing labour and the uncertainties of the weather was transformed into a dreamland of health and happiness. (東大和訳問題 1993年)

強烈に難しいこの英文について,和訳に関してはもう完璧なのでどうでもよく,文頭における英文の「The greater the spread of the terrace and the factory, the office and the suburb, 」について,ここに,A and B, C and Dという不可解なand並列があります。わたくしめが学校で習ったことは,A, B, C and Dであります。

A and B, C and D はいわゆる,A及びB並びにC及びD(AとBの塊とCとDの塊)ということでしょうか。
こんな表現は,はたして一般的であるかどうかについておしえてくださいまし。

The greater the spread of the terrace and the factory, the office and the suburb, the more the realities of the countryside receded, until a life governed by unceasing labour and the uncertainties of the weather was transformed into a dreamland of health and happiness. (東大和訳問題 1993年)

強烈に難しいこの英文について,和訳に関してはもう完璧なのでどうでもよく,文頭における英文の「The greater the spread of the terrace and the factory, the office and the suburb, 」につい...続きを読む

Aベストアンサー

英語超初心者ですが、何かのご参考になればと思い解答させていただきます。

次の(1)が入試の問題文ですが、これはただ単に(2)を省略して簡単にしただけの文だと思います。
(1) The greater the spread of the terrace and the factory, the office and the suburb,
(2) The greater the spread of the terrace and the factory, the greater the spread of the office and the suburb,

ですので、「A and B, C and D はいわゆる,A及びB並びにC及びD(AとBの塊とCとDの塊)ということでしょうか」については、そのとおりだと思います。また、「一般的であるかどうか」については、とても一般的だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報