[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

第二次世界大戦中の兵器の中で以下の兵器について答えてください。

戦闘機:戦闘機は夜、飛行できたのですか?飛行できたとすればどんなふうに真っ暗な空を飛んでいたのでしょうか?(GPSもレーダーもないのに)
加速力はどのぐらい?今の戦闘機みたいに9Gなんてのはないとしても、最大何Gぐらいかかっていたのでしょうか?
地上との連携はどうしたのでしょうか?(敵戦闘機、艦隊の警報や、陸上の兵隊との合同作戦のため)
目的地までは、経験や勘で飛んでいたのでしょうか?それとも地図を見ながら?

潜水艦:真っ暗な海で、どのようにして敵の船を発見したのですか?レーダーのようなものがあったのでしょうか?
ローレライ(架空の話ですが)のように、単独で行動するものもあったのですか?
潜水艦は、対なにようの兵器だったのでしょうか?
潜水艦の価値はそんなに重視されていない?
地図(水深の深さなどものっている)は持たせてもらったのでしょうか?

その他:敵国の情報はどのようにして手に入れたのでしょうか?無線を傍受してその暗号を解く?それともスパイがいて、その人がなんらかの手段を通じて自国に情報を知らせる?

零戦はアメリカの会社の特許を無断で使用し、敗戦後、1円はらって和解した。日本に落とされた原爆は八木アンテナを搭載していた。というような話をどこかで聞きましたが、他国の技術はライセンス料を払わないで、勝手に使用していたのですか?

第二次世界大戦と余り関係のない話になりますが、江戸時代から明治時代に変わった時、技術を他国から手に入れるのは、相当ぼったくられたのですか?

質問が広範囲に及んですいません。回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

大体皆さんの回答につきますが補足します。


第2次大戦の末期には航空機搭載用のレーダーは実用期になっていました。 但しアンテナは大型で単発機には積めず双発機にしか搭載出来ませんでした。
さらに操縦士以外の操作員が目標の位置を見つめて操縦士を誘導しなければならなかったからです。
操縦士が目標を視認できたらあとは昼間と同様です。
その他探照灯で敵機を照らし出し攻撃する方法もありました。

夜間飛行には地上の2点から電波を送りその交差点を爆撃目標としてその誘導電波に導かれて目標に向かう方法もありました。

プロペラ機は理論上800km以上の時速には達しません。
大戦末期のジェット機、ロケット機はかなりの時速がだせましたからG単位の加速度は経験した筈です。
特にドイツのロケット機は垂直に発進する方式でしたからそのGはかなりのものであったと思います。

航空機と地上との連絡は無線電話がありましたが、日本軍の通信機器は不良で無線通信しか利用出来なかったようです。

当時の潜水艦は当初目標を視認するしかありませんでした。
レーダーの装備はかなり末期からです。 しかしアメリカではかなり早かったのです。
当時の水上船舶はかなり黒煙を出したので見張り員が発見し易かったのですが夜間の攻撃の場合は浮上して攻撃するのが常でした。  これは潜水艦は小型で浮上しても発見し難かったからです。

潜水艦は浮上していれば20ノット位出せますが潜航すると5~6ノットになるのでおおくは待ち伏せ攻撃となります。
この為高速の軍艦を攻撃するにはかなり確率が低い宿命があります。
しかし低速の商船、輸送船には好適な武器です。
従って海上封鎖には非常に有効な兵器ですが、日本軍は軍艦以外の攻撃は禁止ないし避けるように命令していたようです。  これは軍艦以外を攻撃するとその位置が暴露してしまう事を避けるためでした。

アメリカ軍は敵は発見次第撃沈するよう命令していたので日本の海上輸送は壊滅しました。
日米の用兵の考え方の差でした。

ドイツの潜水艦戦術は敵を発見するとその規模、進路、速度を報告する定めで攻撃はしません。
司令部はその報告に基づき、敵船団の想定位置を付近に配置されている潜水艦に知らせて集結を命じます。
敵船団の周囲に集まった潜水艦群は夜間に浮上片端から攻撃を加えるのです。
従って無線通信は必須でした。 対抗するイギリスは暗号解読はお家芸でしたからドイツは暗号に工夫をこらし、ついに解読不能なシステム、エニグマを完成させたのは有名です。

戦争になると敵国の財産は没収ないし凍結しますから特許も無視されます。  戦争に勝てばなんとでも出来ますから。

明治維新の際諸外国の中古武器などを買わされた日本はかなりボラレタのも事実ですが、日本の支払いは金貨でしたから、当時金貨と銀貨の交換比率が清国では日本の数倍に高かったので清国に持っていくと数倍の銀貨を手に入れられました。
これを日本に持ち帰り金貨に交換すると数倍の金貨が手にはいったのです。
この金銀貨の交換比率のマジックで彼らは極めて短時日に巨万の富を築けたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドイツに人間が乗るロケットがあったんですか?ロケットに、爆弾積んでミサイルとして利用したみたいなのは聴いたことあるのですが。垂直に飛ぶんですか?垂直に飛んだら宇宙いっちゃいませんか?たしかにロケットの技術はドイツにあってソ連とアメリカが奪い合いをしたそうですが。

お礼日時:2005/07/21 10:54

再質問に対し補足です。


ドイツの有人ロケット戦闘機は垂直に発進しますが宇宙に飛び出すほど燃料がありません。
索敵高度に達したらエンジンを絞って水平飛行にうつります。それでも滞空時間は10分程度でその間に攻撃を済ませて、後はグライダーのように滑空して基地に戻るのです。

そのため装備も航空ロケット弾のような威力のある兵器で一撃必殺を狙うものでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それにしても、第二次世界大戦中にドイツでロケットが開発されていたとは驚きですね。


皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/22 17:25

あ、新たな質問ですね!?


特攻兵器は、様々な種類が考案、試作、一部実用化準備段階のものまであり、特に新兵器は本土決戦用に準備されていましたが、ここでは書ききれません。やはり、主に海軍で考案されています。
陸軍も飛行機での特攻隊はフィリピン、沖縄戦では多数編成されました。しかし、陸軍の航空部隊では、敵飛行場の滑走路に突っ込ませたり(一時的に使えなくする、といっても30分もあれば復旧できるほどの穴しか開かない)、長年掛けて教育した優秀な操縦員に強制的にB29に突っ込ませたりと、首をかしげる使い方もされていました。
本来の陸軍としてのターゲットである敵の戦車に突っ込むこともあったようですが、そもそも海軍のように「敵艦」という明確で大きなターゲットのある軍隊と違いますから、陸軍の場合は、特攻も実際の戦果より精神的な意味合いが多かったかもしれませんね。従って、海軍の特攻よりも、更に悲惨で、やりきれない感じがします。
ちなみに、クルマなどは特攻で使うのはもったいないので、当然使われることはなく、敵戦車に突っ込むのは、爆薬を担いだ人間そのものでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

精神的意味合いが多いのかー。戦争にかつきはなさそうですね。

お礼日時:2005/07/22 17:24

>戦闘機:戦闘機は夜、飛行できたのですか?飛行できたとすればどんなふうに真っ暗な空を飛んでいたのでしょうか?(GPSもレーダーもないのに)


→日本の場合はレーダーはありませんでしたので、飛ぶ先によって、違ってきます。単座の戦闘機だけで夜間飛行するのは、敵爆撃機の邀撃の時くらいですので、とにかく上がって戦って、終った時には全く自分の位置は分からないので、星やかすかに見える地形を頼りに帰投しました。こちらから攻撃に行く場合は、単座の戦闘機だけで動くことは無いので、航法のしっかりした複座以上の爆撃機、攻撃機、偵察機に付いて行き、帰りは集合地点まで何とか行って、やはり連れて帰ってもらうのですが、夜間はまず無理。薄暮での攻撃がせいぜいでした。
>加速力はどのぐらい?今の戦闘機みたいに9Gなんてのはないとしても、最大何Gぐらいかかっていたのでしょうか?
→ごめんなさい。資料は持っていません。が、単純な加速よりも、宙返りなどの特殊操縦時に非常なGが掛かったはずです。また、戦闘機ではありませんが、急降下爆撃機のGも、相当なものだと思います。
>地上との連携はどうしたのでしょうか?(敵戦闘機、艦隊の警報や、陸上の兵隊との合同作戦のため)
目的地までは、経験や勘で飛んでいたのでしょうか?それとも地図を見ながら?
→機内電話が使えるようになったのは終戦間際で、それまでは一旦飛んでしまうと、モールス信号の電信機くらいしか基地との連絡方法は無く、しかも電波を飛ばすと位置がばれるので、ほとんど使うことはありません。帰投するときの電波輻射も、自分のみならず母艦の位置までばれてしまうので、戦闘中はなかなか使えなかったようです。戦闘機同士は、手や指の信号とか黒板に字を書いて見せたりする程度ですので、戦闘時には使えませんでした。ちなみに米軍は、機内電話が当初から使えるものでした。
>潜水艦:真っ暗な海で、どのようにして敵の船を発見したのですか?レーダーのようなものがあったのでしょうか?
ローレライ(架空の話ですが)のように、単独で行動するものもあったのですか?
潜水艦は、対なにようの兵器だったのでしょうか?
潜水艦の価値はそんなに重視されていない?
地図(水深の深さなどものっている)は持たせてもらったのでしょうか?
→日本の潜水艦はレーダーがほとんど使えず、浮上して周囲を見る以外、方法はありませんでしたが、米軍の場合はレーダーを使っていました。日本の潜水艦が、逆にレーダーで捕捉され、夜間、いきなり航空機や潜水艦にやられるケースも多かったようで、当初は昼間は潜航、夜間は浮上していたのが、夜間はこちらから何も見えないので潜航、昼間はまだこちらからでも見えるので浮上する…という苦しい状況でした。ただ、大戦後半には、レーダーは無理でも、レーダー波を探知する機械は取り付けられたので、捕捉されたことが分かって潜航して逃げることは出来るようになったようです。
潜水艦は、通商破壊が主目的であるべきですが、日本の場合は、対米英の軍艦保有率が低かったため(ワシントン、ロンドン条約)、艦隊決戦前に少しでも敵艦隊に打撃を与えることを目的として作られたため、とても大きな艦で、偵察機まで積んでいました。
いずれにしても、複数の潜水艦が担当海域を決めて単独行動するのが主ですが、ドイツのユーボートやアメリカの群狼作戦のように、敵船団を発見すると、集団で先回りして一斉攻撃を掛けて撃滅する戦法は、非常に有効でした。特に米群狼作戦は夜間でしたので、日本の輸送船団は、護衛艦を含めて大打撃を受けました。潜水艦は、浮上時は20ノットくらいは出せるので、輸送船団なら簡単に先回りが出来ました。日本の場合、敵艦隊を目標としていましたが、艦隊は速度も速いので先回りは出来ず、味方に通報するくらいしか出来ません。ただ、運良くこちらに向かっている敵を待ち伏せすることは可能で、大戦初期にはかなりの戦果を上げています。
>その他:敵国の情報はどのようにして手に入れたのでしょうか?無線を傍受してその暗号を解く?それともスパイがいて、その人がなんらかの手段を通じて自国に情報を知らせる?
→おっしゃっているようなことは、全て行われていました。国内の大型アンテナで、敵の無線はほぼ傍受できましたが、残念ながら、暗号解読はあまり出来ていなかったようです。また、その大型アンテナは、国内複数箇所にあって同時に傍受しているので、敵の通信がどこから発信されているかは、ほぼ完璧に把握できました。例えばB29が、サイパンから何機、テニアンから何機が今飛び立って向かって来る…などは完璧に把握できたのですが、残念ながら日本のどこに向かっているかは分からなかったようです。

これ以降のご質問については、内容を了解していないので、お答えできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

複座の爆撃機ってやっぱり単座の零戦とかよりもおそいですよね?零戦よりも爆撃機のほうが撃墜されやすいのですか?もしもそうなら行きは爆撃機についてゆけばいいですけれども、帰りに爆撃機が全部やられたら大変どうするんだろう。

話は変わりますが、戦闘機、回天はよく敵艦隊に特攻したと聞きますが、それは海軍の発想なんですか?陸軍はたとえば車かなんかに爆弾積んで特攻するとかは考えなかったんですか?(例えは悪いが、自爆テロのように)

お礼日時:2005/07/21 11:08

戦闘機などの夜間飛行は、地図とコンパスによる天測航法が基本です。

コンピューターのない時代なので、パイロットの他に専門の航法士が搭乗するのが普通でした。
また、昼間飛行といえども、単座機は航法が不自由なので、特に海上を飛行する艦上機の場合、単座の戦闘機は複座(航法士搭乗)の攻撃機などに誘導してもらう必要がありました。

地上(母艦)との連絡は無線です。短波帯の無線電信・電話のほか、海軍機などは方位測定のための長波発信機を備えていました。

潜水艦は、港を出れば単独行動が基本です。海図とコンパスを用い、速度と潮流を勘案した推測航法です。当然、誤差を生ずるので、夜間、天測して誤差を補正しました。敵は、ソナーで概略の距離と方位を探知し、潜望鏡で確認して攻撃しました。

日本は、レーダーなどの無線兵器の分野では欧米に大きく遅れをとっております。確かに八木アンテナは優秀でしたが、レーダーとして用いるにはパラボラ・アンテナのほうが有利であり、欧米は優れたものを開発しています。その上、レーダーと火砲の照準器を連動させ、レーダー照準射撃を実用化していました。
これに対して日本は、レーダーは装備していたものの性能が悪く、接近する敵の距離と方向を概略探知するのが精一杯。もちろん、照準器と連動させることもできませんでした。
    • good
    • 0

補完です。



レーダーは、八木アンテナを応用して作られたそうです。原爆には4つのレーダーが搭載されてたそうです。

http://www.ne.jp/asahi/hayashi/love/silver3.htm

戦闘機一覧です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E9%97%98% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL参考にさせていただきました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/21 10:57

当時の戦闘機が夜間を飛行するのは危険なことでしたが、任務上飛ばざるを得ないときもあったようです。

天測航法ができる大型機が随伴したりして飛行しました。

地上との連携には、無線機を搭載できる場合は無線による場合あったようですが、単座機には搭載が難しかったようです。また軍偵察機などは連絡筒を投げ下ろしたり、棒の先にとりつけた連絡筒を主翼に引っ掛けて回収したようです。いずれにせよ地上との連携は大変難しく、有効な対地支援は困難だったようで、友軍相撃もしばしばだった見たいですね。基本的にはパイロットの判断で攻撃していたようです。ですからほとんどの攻撃はクローズドエアサポートではなく、インターディクションでした。

敵の船の発見はソナーと潜望鏡です。潜望鏡の場合、暗闇でも口径が大きければ集光率が良く、夜空に透かせばある程度は見えたようです。レーダーも持っていました。潜水艦は基本的には単独行動です。もちろんウルフパックというような、チームも組みますが、結局、個々の艦で活動します。

潜水艦は、多くは水上艦を相手にしました。ただ特殊なものもあり、機雷を敷設するようなものや、輸送専用のものなどもありました。
    • good
    • 0

補足です。


ドイツにとって潜水観戦は強力な戦争手段でしたが、当時の潜水艦は電池を充電する為、一定時間毎に浮上してディーゼル機関を動かし発電機を動かす必要があり、このため発見される恐れがありました。
この為潜航したままディーゼル機関を動かせるようにシュノーケルという吸排気装置を発明し装備しました。

潜水艦は潜航中は低速で殆ど停止しているような状態でソナーで発見されると繰り返し爆雷攻撃をうけると逃げることが困難でした。
この為ワルターエンジンを開発し危急の場合急速に大出力を発生し高速で爆雷攻撃海域から脱出できる手段がとれるようにしました。
このエンジンの原理はジェット機にも応用され我が国もこの技術を利用して秋水などのジェット機に採用しました。
    • good
    • 0

飛行機の航海術は船と同じです。

詳細には時計と六分儀を使って、緯度と経度を算出していました。方位と移動距離を地図に書き込んで、現在地を常に把握していました。
特に海軍機は目印のない大洋を渡って作戦行動していましたので、必要なテクニックでした。

アメリカは暗号解読器をつかって日本の暗号を解読していました。
大戦後期に海軍の参謀長が不時着し、作戦書類一式をフィリピンの反日ゲリラに奪われ、その非常に詳細な情報がその後の日本海軍壊滅に非常におおきな影響を与えたと言われていますね。

原爆を落とした直後に、調査装置を落としましたが、それのことでしょうか?
日本はその調査装置を、原爆の不発弾と勘違いして、それをソ連に引き渡すことで、米ソの戦争を誘発しようとしました。

幕末の日本各藩は、グラバーなどユダヤ商人などからむちゃくちゃぼったくられていました。

ヨーロッパで旧式のためゴミとなった銃を、新式と言って売りつけられたりしていましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

暗号解読器で解読されるって日本の暗号技術ってそんなもんだったのですか。暗号解読器ってどんなものなんだろう?
現在のコンピュータの暗号はいろいろ発達しているみたいですね。昔とくらべればめちゃくちゃたくさんの計算ができるから可能な話みたいですけど。

お礼日時:2005/07/21 10:48

夜間戦闘機ですが、アメリカ、イギリス、ドイツの夜間戦闘機には、レーダー(八木・宇田アンテナ使用)が搭載されていました。


一方、日本では、レーダーの開発が遅れ、目の良い偵察要員を載せていました。

加速力に関しましては、知りませんが、飛行機によって異なったと思います。
ジェット戦闘機に、レーダーを取り付けて夜間戦闘機にしたものも実験では有ったような気がしますので、かなり高いGのものも有ったと思います。

地上との連携は、無線を使用しましたが、無線機の開発が遅れた日本では、機体を揺らしたり信号弾を使用したりしていました。

潜水艦に関してですが、アメリカやドイツの潜水艦は、通商破壊が目的のため、商船が通りやすい海域にあらかじめ配置されていました。
特に、アメリカからイギリスに向かう船は、護衛の船に守られた輸送船団を作っていましたから、パラパラと散発的に商船が来ることはありませんでした。
無線やスパイなどの情報を分析し、きそうな場所で潜水艦を待ち伏せさせました。

日本の場合、大型潜水艦には、偵察機を搭載していましたから、偵察機で、敵を探しました。

いずれにしても、当時の潜水艦は、ほとんど海上に浮上していて、敵をみつけてから潜水しました。
海中ではソナーを利用しました。

海図は、あらかじめ渡されていましたが、無い地域も多々あったようです。

敵国の情報は、無線の解読、スパイ、敵国の新聞・ラジオのニュースを聞く、中立国からの情報などを分析しました。
第2次大戦中のスイスは、両陣営のスパイだらけで、スパイどうしが、頻繁に情報交換をしていたそうです。

八木・宇田アンテナの特許は、戦争前に期限が切れていましたから、特許料は、必要ありませんでした。

江戸・明治初期の技術購入は、相当ぼられたようです。
しかも、あるところはイギリスから、別のところは、フランスからと、2重に支払ったものもかなりあるようです。
第2次大戦中も、日本海軍と陸軍が、同じ技術をそれぞれドイツから購入し、技術料を2回払っていたこともありました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次世界大戦時で最も優秀な戦車は?

ドイツのタイガー戦車が強力で有名ですが、
ソ連軍のT-34という戦車がそれを打ち負かしたということを知りました。
さらにタイガー戦車より最新のパンター戦車というのもあるらしいです。
総合的に見て最優秀の戦車(一対一で勝てる)は何だったのでしょうか?

又日本は戦車の開発には関心が薄かったようですが、
それはどうしてでしょうか?
中国戦線では大活躍すると思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があれば戦争に勝つかというとそうでもないのです。例えば1940年のフランス電撃戦のとき、ドイツ軍の持つ戦車は3号戦車と4号戦車(前期型)が中心で、武器としては機関銃しか持っていない2号戦車の数もまだまだありました。
一方のフランス軍にはシャールB1という重戦車があり、イギリス軍にもマチルダ2という戦車がありました。カタログスペックだけ見たら、B1戦車もマチルダ2も3号戦車や4号戦車より優れているのです。しかも、その数はドイツ軍に比べると英仏連合軍のほうが多くの戦車を持っていたのです。
しかし、戦争にはドイツ軍が勝ちました。その勝因は、戦車を集中して運用したからです。

プロ野球でも、ものすごい4番バッターがいたら優勝するかというとそうではないですよね。チームとしての全体のバランスが重要です。サッカーもそう。軍隊(戦争)もそうなんです。
第二次大戦のときのアメリカ軍の主力戦車はM4シャーマンです。カタログスペックだけ見ると、ドイツ軍の4号戦車よりちょっと優れている程度です。だからドイツ軍のタイガーやらパンターやらには直接対決では勝てなかった。でも、アメリカ軍はそれでよかったのです。アメリカ軍にとってM4戦車は歩兵支援用です。だから、それ用のための性能を重視しました。そして、ドイツ軍の強力な戦車には、航空機などの戦車の苦手な手段で当たればいいと考えていたのです。これぞアメリカ人の超合理主義。「戦車の相手は戦車がしなきゃいけないと誰が決めたのだ」というわけです。

戦車というのはですね、基本的に消耗品なのです。いくら優れた戦車でも1両だけじゃどうしようもない。それなら平凡な性能の戦車が10両あったほうがいいのです。
これが基本的に理解できなかったのが日本軍。理解できなかったというか、受け入れられなかったというべきでしょうかね。基本的に貧乏な日本軍では、お金のかかる戦車を大量に用意して消費しながら戦うなんて贅沢な戦い方はやりたくてもできなかったのです。

日本軍悲劇の戦車チハタンこと九七式中戦車は、カタログスペックだけを見ると同時代の戦車、例えばドイツの3号戦車初期型とほぼ同等の性能を持っています。3号戦車初期型が37ミリ砲を搭載していたのに対して、チハタンは57ミリ砲を搭載していたので、カタログ上は上です。
しかしこの、「カタログ上は」ってのがネックで、実はチハタンの57ミリ砲、初速が遅くて徹甲弾の性能が低かったので対戦車砲としては使い物にならなかったのです。これは日本工業力の限界。
そしてなによりエンジンの性能が低かった。3号戦車が300馬力のエンジンを持っていたのに対してたった170馬力しかなかった。だから、改良を加えたくても性能に余裕がなかったのです。

日本軍は戦車の開発に関心がなかったわけではないです。ただ中国軍にはほとんど戦車はなかったし、アメリカ軍も第二次大戦前にはほとんど戦車を持っていませんでした。しかしソ連軍は戦車を大量に持っていたので、ソ連軍への対抗上戦車への関心は持っていました。
しかし、ソ連軍が戦車を「大量に動員する」という戦い方をしてきたノモンハン事変を目の当たりにして、「あんな戦い方は(貧乏で戦車を揃えられない日本には)とてもムリ」となったのです。
戦車は戦車単独で存在しているわけじゃなくて、修理をする整備兵や、補給をするトラックなども必要ですよね。ところが当時の日本人にはそもそも車の運転ができる人がいなかった。自動車運転は「特殊技能」扱いです。ましてやそれの整備ができる人となるともっといない。だから運用にも限界があるのです。国に車が行き渡っていて、当然自動車修理工がいっぱいいたアメリカとの違いです。

兵器の優秀さというのは、1対1で強いかとかカタログデータで決まるものではないのですね。別に兵器に限った話ではないのですけれど。
1対1で単純に強いといったらドイツのタイガー2(キングタイガー)だったと思いますが、じゃあキングタイガーは無敵で前線の兵士から歓迎されたかというと、前線の兵士の評判はあまりよろしくないのですね。なぜかというと、これはまあドイツ軍重戦車の宿命でもあるのですが故障しやすくて部品ひとつひとつがやたらと重い。つまり整備が大変だったからです。

1対1で強い戦車があ...続きを読む


人気Q&Aランキング