昔、アニメでやっていたと思うのですが、記憶ではテレビの2時間ものとしてやっていたと
思うのですが、これは何部作だったのでしょうか?
(勝間田具治監督のものです)
またサブタイトルはわかりますでしょうか?
また、劇場公開されたようですが?
などなど詳細をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 ooieiさん、大変お待たせ致しました。


 ビデオソフトは結局見付けられなかったのですが(大泣)、幸いにも、1作目と2作目を観に行った時に購入したパンフレットを発掘出来ました。
 ので、3作目については残念ながら確認は取れないのですが、1作目と2作目については、紹介いただいたサイトのデータが正しいかどうかの確認が取れました。
 結論から言えば、一部間違い(?)ありです(笑)。
 以下に、パンフレットのデータとの違いを指摘しておきます。「→」で示されているのが、パンフのデータです。

≪1作目:http://www.jmdb.ne.jp/1992/dp000160.htm
  ・撮影 → 撮影監督
  ・美術 → 美術監督
  ・アニメ制作 → 製作協力 (←「製」の字の方です)
  ・柴田秀勝 屋良有作 堀秀行 山口崇 → (2作目に出演された方々です(笑))

≪2作目-1:http://www.jmdb.ne.jp/1993/dq000560.htm
  ・作画監督 → キャラクターデザイン/作画監督
  ・撮影 → 撮影監督
  ・美術 → 美術監督

≪2作目-2:http://www.jmdb.ne.jp/1994/dr002800.htm
  ・キャラクターデザイン → キャラクターデザイン/作画監督
  ・矢田康郎 → 矢田耕司
  ・佐藤正治 郷里大輔 キートン山田 → (1作目に出演された方々です(苦笑))

 御覧いただければおわかりのように、細かい用語の違い(……間違いとまでは言い切れないかもしれませんが、「撮影」や「美術」オンリーの肩書の方は別に大勢おいでなので……)と、声優さんの間違いが中心でした。
 なお、お気になされていた「監督と監修」の件については、データ通り「監督が勝間田氏・監修が舛田氏」で正しかったですよ。

 以上、少しでもお役に立てていれば嬉しいのですが……
 調べていて、とっても懐かしく楽しかったので、お気になさらないでくださいね♪

 なおなお、1作目と2作目についてはパンフという公式データ(?)が発見出来ましたので、更にスタッフ・キャスティングに関してお知りになりたいことがございましたら、遠慮なくお申し付けください(笑)。

 それにしても、ビデオソフト3本、何処に行ったんだろ~(T_T)
 また購入しようかしら(嘆)。

 それでは、失礼致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
Tosshie-Toshiko様には御労力をおかけして、感謝しております。

気になっていたデータが入手でき、助かりました。

重ねてお礼申し上げさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/22 14:25

 ooieiさん、度々のお礼を有難うございます。



 果たして、無事ビデオソフトは見付かるのかしら……
 もしかして、友人に貸しっ放しにして忘れているとかいうことはないよな……
 そ、それ以前に、引越の混乱に紛れて紛失したりしてないよな……

 等々、かなり不安ですが、取り敢えず押入れを掻き回してくるつもりです(笑)。

 > こちらが御好意にお甘えしている立場ですので、御都合のよろしい時いつでも結構です。あまりにご面倒でしたら、当然放棄していただいても結構です。労力をおかけしてしまい、本当にありがとうございます。

 > ただもちろんこれはTosshie-Toshiko様の御好意に甘えたリクエストですので、
 > あまりに労力がかかるようでしたら、気になさらず調べるのを断ってください。
 >
 > ぶしつけなお願いばかりして申し訳ありません。

 いえいえ、私も久し振りに観たくなっているので(特に、出来の良かった1作目)、どうぞお気になさらず(^_^)
 でも、万が一ビデオソフトが発見出来なかった場合は、ごめんなさい(T_T)

★★★★★

 さて、

 > 2 >もしかしたら、3作目は、劇場公開はされなかったのかもしれません。
 >   3作目は劇場公開されたのか?(あと2作目もされたのか?)

 2作目が公開されたのは確実です。何故なら、友人と一緒に劇場へ見に行きましたから(笑)。
 問題は、3作目ですね。

 少し手が空いたので、ビデオの発売元である松竹さんのサイトへ行って、何かデータがないかと探してみました。
 そうすると、確実とは言い難いのですが──と申しますのも、今迄にooieiさん御自身の検索データやsesameさんの御回答で判明している1作目・2作目の公開日と、このサイトでビデオの紹介に付いている劇場公開日データとに、びみょ~なズレがあるもので──第3作については、「未公開」と書かれていました。
 思いっ切り通販のページなのでURL掲載は控えますが、実際にそのデータを御覧になりたい場合は、

    1 松竹のサイトへ行き、
    2 「ビデオ・DVD」のタブを選んで「松竹ホームビデオ」のページに入り、
    3 作品名を検索してみてください。
        あいうえお順検索なら3作品並んで見付かるので好都合でしょう。

 取り急ぎ、信憑性に不安は残るものの(苦笑)、新たな情報として投稿しておきます。

参考URL:http://www.shochiku.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび丁寧な御回答ありがとうございます。

無理なさらない範囲でお答えいただければありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/20 15:44

 ooieiさん、こんにちは。

Tosshie-Toshikoです。
 まずは、御免なさい。どうやらビデオが引越のどさくさで押入れに仕舞い込まれてしまっているようで、帰宅してからの限られた時間内には発見出来ませんでした(泣)。
 土日で発掘してスタッフロールを確認してまいりますので、もし宜しければ来週月曜(10/22)までお待ちいただけませんでしょうか。
 お待たせしてしまって大変申し訳ございません。

 ところで、確認するのは、昨日御紹介いただいたサイトのレベルでのスタッフ等で宜しいのでしょうか?
 もし、出演俳優(声優)さんが誰の役をされたかもお知りになりたいということであれば、金曜(10/19)夜までに補足いただければ幸いです。
 (渡哲也(3作目は渡瀬恒彦)が曹操、あおい輝彦が劉備、山口崇が諸葛亮、青野武が関羽、石田太郎が張飛……私がハッキリ覚えているのは此処まで(恥))

 しかし、これでは余りにあんまりだと思いましたので、サントラCDでわかる範囲では調べてまいりました。
 1作目のサントラには何故かスタッフリストが全く記載されておらず、明確に判読出来るのは、勝間田氏が監督・横山氏が音楽、ということのみです。
 2作目のサントラには、かろうじて簡単なリストがあります。それによると、

 > ある資料によると監修が舛田利雄で監督が勝間田具治なのですが

 これは間違っておりません。勿論、音楽は横山菁児氏です。
 なお、昨日帰宅間際の回答(No.5)で貼り付けたURLが一字間違っていましたので(ま、またかい(焦))、正しいURLを貼り直しておきますね(汗)。

★★★★★

 さて、昨日は、お礼の中にある、

 > そうしますとテレビスペシャル版と映画版は全くの別物、映画はオリジナルという認識でよろしいわけでしょうか?

 にお答えするのを失念しておりました。
 ……と、此処まで書いたところで、どうやら昨日帰宅前の回答にお礼が付いたようです。

 > ところで再度、確認なのですが、テレビ版と劇場版は違うもので、
 > 劇場版は劇場用に制作されたオリジナル作品なのですよね?

 ……す、済みません、今まさに書こうとしている件ですね。ちゃっちゃと回答致します(……実は、一度回答を書き込み終えて投稿しようとしたところでブラウザが落ちてしまい、不覚にもコピーしていなかった為、一から書き直しております。しくしく……)。

 はい、その通りです。全くの別物です(きっぱり)。絵柄も展開もキャスト(声優)も、全然違います。

 テレビスペシャル版(1985年、1986年)は、「原作:横山光輝」と銘打たれていました。……が、原作テイストは微塵もありませんでしたね~。
 「金曜ロードショー」のような枠で放映された記憶がありますが、映画として作られたわけではなく、テレビ用として制作されたものだったと思います。

 劇場版三部作は、羅貫中の『三国志演義』(或いは陳寿の正史『三国志』)を原作としていたようです(一応)。私見を述べさせていただけば、1作目は、出色の出来だったのですが……。
 ……もしかしたら、3作目は、劇場公開はされなかったのかもしれません。他のアニメ映画にも、そういう例がございますので……(例えば『ニルスの不思議な旅』は、劇場公開を前提として(テレビ放映終了後に)制作されたものの、公開には到らず、結局ビデオ発売になりました)。


 現時点で提供出来る情報は以上ですが、何か更に疑問点などございましたら、御遠慮なくお知らせくださいませ。

参考URL:http://www.jmdb.ne.jp/1992/dp000160.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に御丁寧な御回答、恐縮するばかりです。

>土日で発掘してスタッフロールを確認してまいりますので、もし宜しければ来週月曜(10/22)までお待ちいただけませんでしょうか。

こちらが御好意にお甘えしている立場ですので、御都合のよろしい時いつでも結構です。あまりにご面倒でしたら、当然放棄していただいても結構です。労力をおかけしてしまい、本当にありがとうございます。

ただできましたら、
1 一作目と三作目も舛田利雄が監修しているのか
2 >もしかしたら、3作目は、劇場公開はされなかったのかもしれません。
  3作目は劇場公開されたのか?(あと2作目もされたのか?)
の2点について、よろしければお教えいただけますとありがたく存じます。

ただもちろんこれはTosshie-Toshiko様の御好意に甘えたリクエストですので、
あまりに労力がかかるようでしたら、気になさらず調べるのを断ってください。

ぶしつけなお願いばかりして申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/18 16:02

 帰宅前に覗きに参りまして、お礼を拝見致しました(まだメール配信はされていないようです(^_^;;)。

有難うございます。
 早速、引用されていたページへ行って、プリントアウト致しました。これを持って帰ってチェックしてまいりますね。

 > (ってタイトルからして上のデータ間違ってますけど)

 そ、そうですね(爆笑)。ひとつ目のURLですね。『三国史』……よくある間違いです(笑)。
 第二作までは劇場で観たのですが、第三作は私の住んでいた地域では上映されず、やっとの思いでビデオを入手して鑑賞したものなので、御紹介いただいたサイトで同日に第二作と第三作とが公開されたとなっているデータが正しいのかどうかは、うーん、残念ながら私には判断が付きません。

 あと、蛇足ですが、第一作のデータのページが引用されてなかったので、もしかして見付けられていないのかな? と老婆心で検索したので、下に貼り付けておきますね。

★★★★★

 No.4の回答、今しげしげと見直してみましたら、あろうことか歌のタイトルが一字抜け落ちていました。

    【誤】 「夢一途」 → 【正】 「夢一途に」

 お詫びして訂正致します……。

参考URL:http://www.jmdb.ne.jp/1992/dr000160.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧な対応、恐れ入ります。よろしくお願いします。

ところで再度、確認なのですが、テレビ版と劇場版は違うもので、
劇場版は劇場用に制作されたオリジナル作品なのですよね?

お礼日時:2001/10/18 11:23

 再度お邪魔致します。


 No.1のfuru007さんが主題歌について触れられていたので、この件に関しての情報を念の為に追加しておきます。

≪テレビスペシャル版≫
   こちらは、作詞者・作曲者は下記サイトで調べました(曲名・歌手名は記憶通り)。
      『三国志』
        「夢一途」
          【作詞】大津あきら
          【作曲】和泉常寛
          【歌】中村雅俊
      『三国志II 天翔ける英雄たち』
        「miss. dreamer」
          【作詞】大津あきら
          【作曲】佐藤健
          【歌】杉山清貴

≪劇場公開版≫
   こちらは、下記サイトのデータに疑問を持ったので、自分の記憶で書いています。
      『三国志 第一部 英雄たちの夜明け』
        「風姿花伝」
          【作詞/作曲/歌】谷村新司
      『三国志 第二部 長江燃ゆ!』
        「風姿花伝」
          【作詞/作曲】谷村新司
          【歌】麗華

 第三部の『遙かなる大地』については、残念ながらサントラCDが発売されなかった為、帰宅してビデオをチェックしてみないと正確なところはわかりません(^_^;;
 なお、第一部の方も、私は谷村さん本人が歌われていたと記憶しているのですが(劇場公開時に映画館へ見に行きました)、下記サイトのデータが麗華さん歌唱となっておりましたので、一応確認してまいります。

 ……要確認情報混在ということで、「自信なし」にしておきます……

参考URL:http://anison.pobox.ne.jp/
    • good
    • 0

 ooieiさん、こんにちは。


 No.2のsesameさんが書かれているテレビスペシャル版(私は2本しか観た記憶がございませんが、恐らくsesameさんの挙げた3本の内の後ろ2本でしょう、年代的に(^_^;;)と、劇場公開された映画版3部作とは、全く別のものです。
 テレビスペシャル版は、趙雲さんが盗賊出身だったり于禁が女性だったりと(笑)、凄まじいアレンジ(?)が為されていました。当時、同級生の仲間内(皆『三国志』ファン)は、「趙雲さんを盗賊にするとは言語道断、劉備さんにも髯がないし、孔明様はアイシャドウじゃ~」と身悶えして嫌がった(?)ものです(苦笑)。
 映画3部作は、これはビデオ(3本)を購入しておりますので、監督の件については、お差し支えなければ、今日帰宅してから調べて、明日回答致しましょう(……お待たせして申し訳ないのですが、自宅のブラウザからはgooコミュニティーにログイン出来ないもので(T_T))。

 もし映画版の方で他に何かお知りになりたいことがございましたら、補足くだされば、わかる範囲で調べてまいります(ちなみに、私の所持している資料は、ビデオの他にはサントラCD(2枚)です)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答おそれいります。
そうしますとテレビスペシャル版と映画版は全くの別物、映画はオリジナルという認識でよろしいわけでしょうか?

http://www.jmdb.ne.jp/1993/dq000560.htm
http://www.jmdb.ne.jp/1994/dr002800.htm
http://www.jmdb.ne.jp/1994/dr002810.htm

スタッフ情報はこの辺を参考にしています。
上記のデータと大きく違う所がありましたら、ご指摘いただければ幸いです
(ってタイトルからして上のデータ間違ってますけど)

ご好意に甘えさせていただいて恐縮です。

お礼日時:2001/10/17 21:47

TVスペシャル版としてはいくつかあって、


「三国志」1982年1月4日放送 1時間25分 ANB系
「三国志」1985年3月20日放送 1時間52分 NTV系
「三国志II 天翔ける英雄たち」1986年8月22日放送 放送時間不明 NTV系
となっています。
また映画は全3部です。
「三国志 第一部 英雄たちの夜明け」1992年1月25日公開
「三国志 第二部 長江燃ゆ!」1993年3月20日公開
「三国志 第三部 遥かなる大地」1994年3月公開
監督は勝間田具治と舛田利雄の共同監督になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございました。

>監督は勝間田具治と舛田利雄の共同監督になっています。

ある資料によると監修が舛田利雄で監督が勝間田具治なのですが、そちらの
資料がまちがっているのでしょうか?
またスペシャル版三作がそのまま劇場版三作として公開したと考えてもよろしいでしょうか?(基本的には同一のものなのですよね?)

お礼日時:2001/10/17 01:17

たしか、主題歌を中村雅俊が歌っていたものですね?


私はテレビの2時間ものを録画していましたが、前後のテロップから考えて
劇場公開はしていないのでは?、、、テレビの特別編のような気がします。
赤壁の戦いがクライマックスで終わっていたのを覚えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2001/10/17 01:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米ヒップホップ界の勢力図

アメリカのヒップホップ界の勢力図が分かる書籍やHPを教えてください。

Aベストアンサー

米ヒップホップ界の勢力図

ラップとヒップ・ホップの正確な違いを、各ジャンルのアーティストやファン、その他さまざまな関係者に説明してもらったとしても、てんでんばらばらな答えが返ってくるに違いない。しかしながら、ヒップ・ホップは音楽という以上に、アート/ブレイクダンス/ファッションなど文化的な現象を示すものであり、一方、ラップは音楽のひとつのタイプである――という定義には、ほとんどの人が賛成するだろう。また、ラッパー兼社会理論家であるKRS-Oneは「ラップは行動、ヒップ・ホップは信条」と語っているが、これもまた頷ける発言ではないだろうか。

勢力図はありません。

参考URL:http://www.listen.co.jp/xtpsub494.jsp

Q劇場用アニメ「AKIRA(アキラ)」の監督

1988年頃に上映された劇場用アニメ「AKIRA(アキラ)」のビデオを(知人にダビングしてもらったものなのですが)持っていました。
そこには今、思い出すに

「監督 押井守」

と書いてあった気がするのです。
その頃はまだ中学生位でそもそもそういう好きなアニメでもスタッフ等には興味が無かったので気にも止めなかったのですが、後にコンテ・特典付DVDが発売される事を知り、懐かしさもあって一万円近くしましたがそれを買うことにしました(2000年頃)。
家に帰ってさっそく鑑賞するとそこには

「監督 大友克洋」

の文字が。
それを見てなんとなく違和感を感じ自分で調べるようになりました。
が、もうその頃には特にそういうものが判りそうな情報誌が少なく
(そもそもその頃でもまだ押井監督も大友監督も外国では人気がありましたが国内ではマイナー扱いだったので)
最近でもグーグルやwikiで調べてみるもやはり同様で…。
最初は何か「大人の事情が働いたんじゃないのかな」とか考えたものですがここまで情報が無いと自らを疑うしか無い様に思えて来て…。
やはり私の記憶違いだったのでしょうか。
何か情報をお持ちの方、教えてください。
(因に問題のビデオは昔の引っ越しの時に無くしてしまいました…)

1988年頃に上映された劇場用アニメ「AKIRA(アキラ)」のビデオを(知人にダビングしてもらったものなのですが)持っていました。
そこには今、思い出すに

「監督 押井守」

と書いてあった気がするのです。
その頃はまだ中学生位でそもそもそういう好きなアニメでもスタッフ等には興味が無かったので気にも止めなかったのですが、後にコンテ・特典付DVDが発売される事を知り、懐かしさもあって一万円近くしましたがそれを買うことにしました(2000年頃)。
家に帰ってさっそく鑑賞するとそこに...続きを読む

Aベストアンサー

劇場版を見に行きましたが「原作・監督ともに大友克洋」です。

明らかに記憶違いです。

Qポータルサイトの勢力図を示してください。

ポータルサイトの勢力図を示してください。

Aベストアンサー

先日、日本経済新聞に記事がありましたね。
NIFTY(富士通)とBIGLOBE(NEC)を順位に入れないずるい(賢い(^^))書き方でしたけど、ね。
1位は押しも押されもせぬYahoo!(ソフトバンク) もうぶっちぎりです。対抗はGOOGLEか。
3位以下は団子レースですが(順位も記憶があやふや)
INFOSEEK(楽天)MSN(マイクロソフト)GOO(NTT-X)LIVEDOOR(ライブドア)あたり。
NTT系が大枚払って面子で運営しているGOOがLIVEDOORに追い抜かれそうな勢いで他社買収計画だそうです(^^)
EXCITEあたりはGOOが買っちゃうのかな? 当面LIVEDOORに抜かれる心配なくなる! OKWEBという質問回答サイトはGOOと提携していましたがEXCITEとも提携。統合の布石かも(注 根拠はないです。信じたりしないように(^^))

Q劇場版うる星やつらの監督

以前、押井守監督が劇場版うる星やつら(パート1)の監督は最初は別の人がやってたけど途中で降りちゃって僕が引き受けた・・・・みたいなことをインタビューで聞いた記憶があります。
1.そのような事を言ったインタビューはあったのか?
2.ではその降りた監督は・・・?

   よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

去年の東京国際映画祭の中で押井監督と安濃高志氏が対談をしていますが、そのなかに話が出てきました。ただ、前任者は「えらい監督」というだけで、名前は不明です。

参考URL:http://www.sa.sakura.ne.jp/~straydog/oshii/comingsoon2003l.html

Q世界の自動車メーカ勢力図

世界の自動車メーカの勢力図みたいなのってありますか?
ネットで探したんですけど見つかりませんでした
たとえばダイムラーとメルセデスの関係とアウディーとVWの関係が図式化されているものです

Aベストアンサー

こんな感じですか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=732173

Q世界名作劇場ではないけれど世界名作劇場っぽいアニメってないですか?

世界名作劇場ではないけれど世界名作劇場っぽいアニメってないですか?

小説や文学が原作で作風も世界名作劇場のような感じでの作品です
あと、できれば90年代までに放送された作品が望ましいです

よろしくお願いします

Aベストアンサー

「おちゃめなふたご クレア学院物語」(1991)
「アニメ ひみつの花園」(1991)
「わたしとわたし ふたりのロッテ」(1991)
「風の中の少女 金髪のジェニー」(1992)
「風の少女エミリー」(2007)

Q【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】 ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関

【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】


ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関関係になってるのかニュースで説明してくれないですよね?

ドラマの相関図みたいな政治の派閥版を見たいんですけど女子アナの◯◯会の女子アナ派閥相関図とかは見つけれますが政治版の相関図はどこかありませんか?

Aベストアンサー

こんなの?政治家の離合集散は激しいからネ・・・
http://unotama.hatenablog.com/entry/2017/01/09/000000

Q艦これの劇場版ブルーレイはいつ頃? 艦これ劇場版ブルーレイはいつ頃買えますか?予想でいいので教えて下

艦これの劇場版ブルーレイはいつ頃?

艦これ劇場版ブルーレイはいつ頃買えますか?予想でいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

半年から1年位でしょう…

Q最近の周辺機器メーカー勢力図

ずいぶん昔、パソコン関係の仕事をしていました。Windows95が
出るか出ないかの頃の話です。
その頃のパソコン周辺機器メーカーというと、メルコ(現バッファロー)
とアイ・オー・データ機器が両雄。老舗のロジテックとサプライからの
新規参入エレコムが第二勢力。って感じだったと思います。

さて、最近の勢力図はどんな感じなんでしょうか? 量販店の売り場を
見ていると、バッファローが頭一つ抜け出して、アイ・オーがエレコム
に並ばれている。そんな感じがしているのですが・・・

Aベストアンサー

http://melco-hd.jp/ir/zaimu/kessan/200903setsumei.pdf
こちらの3ページ・4ページ・11ページ・12ページを参照ください。こんな感じです。

Q作画監督の『個性』と総作画監督の仕事について

こんにちは。
早速質問なのですが、
『作画崩壊』と『作画監督の個性』は
何が違うのでしょうか?
作画監督の絵柄の個性(品質としては上)が強すぎて
そのキャラクターがあんた誰?状態になっても
それは作画崩壊とは言わないんでしょうか?
品質が低い絵柄も『個性』となるのでしょうか?

また、そうなると総作画監督がいる場合、
一体どういう仕事をなさっているんでしょうか。
総作画監督は全体の絵柄を統一する仕事も
あると知りましたが、その場合
個性の強い作画監督の絵柄には
どう対処しているんでしょうか?

Aベストアンサー

なかなか回答がつかないみたいなので、ちょっとだけ。
そもそも「作画崩壊」なんて言葉は作る側は使いません。観る側が勝手に言っている言葉です。で、観る側も使う人によって基準が違うわけですから、定義について論じること自体無駄だと思います。
実際、「作画監督の個性」の範疇を「作画崩壊」と呼んでいる (主に) 若い人はやたらめったらいるでしょう。

もちろん、スタッフの作画水準がもともと低く、さらにスケジュールがガタガタになっている状況では「崩壊」と言われても仕方のない作画が行われることはあります。
何よりも「納品」第一ですので、最悪、品質が犠牲になることもあります。

作画監督の個性、というのは、文字通り、「その作画監督が担当した時、他の回とは違う個性的な部分が感じられる」、まさにそれを言うわけでしょう?
アニメは基本的にキャラクターデザインに沿って作画されることを目指しますが、デザイナー自体がキャラ表どおりに描けない (いい意味で、より良くなってしまう) ことはざらですし、他の作画監督も、そのポストを与えられるからには、多少の個性が出てしまう (=キャラ表とは違う) ことになっても、その人の技量、仕事が必要と判断されているわけです。ここでも「スケジュール通りにこなせる」人が重要なわけです。
当然、これら個々の「個性」に関しては、監督やプロデューサーは「織りこみ済み」ということでOKなわけです。

要は、決定権をもつ人が「よし」とすれば、仮にややレベルが低くても、それは個性のうちということでしょうね。でも、キャラ表と絵柄が違うことと、作画のレベルが低いことはまったく別だってことをわかって観てる人ってどれくらいいるのでしょう。

総作画監督の仕事については、全くケースバイケースです。「絵柄の統一」にシャカリキな監督やプロデューサーなら、「できるかぎり絵の水準を揃えてくれ」というでしょうし、「できるところだけポイントで押さえてよ」という演出もいるでしょう。
基本はあくまで、「その回の作画監督が、作画パートの責任を負う」という考えでいいと思います。

ちなみに作画の監督、修正作業というのは、別にキャラを似せるだけではありません。
決して達者な人ばかりではない原画マンの絵を、動きから構図からすべてチェックして、1話の中で一定のレベルに統一することが仕事です。船だって車だって、木だって爆発のエフェクトだって「作画」される絵には変わりありません。

》個性の強い作画監督の絵柄にはどう対処しているんでしょうか?

その「個性」で統一されていて、かつ水準に達しているのなら、よほどのことがなければ、わざわざ修正はしないんじゃないでしょうか。スケジュールに余裕があればまた話は別かもしれませんが。

ご参考までに。

なかなか回答がつかないみたいなので、ちょっとだけ。
そもそも「作画崩壊」なんて言葉は作る側は使いません。観る側が勝手に言っている言葉です。で、観る側も使う人によって基準が違うわけですから、定義について論じること自体無駄だと思います。
実際、「作画監督の個性」の範疇を「作画崩壊」と呼んでいる (主に) 若い人はやたらめったらいるでしょう。

もちろん、スタッフの作画水準がもともと低く、さらにスケジュールがガタガタになっている状況では「崩壊」と言われても仕方のない作画が行われるこ...続きを読む


人気Q&Aランキング