ワードで10の二乗、三乗を入力したいのですが、記号と特殊文字のどこにあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

数式や化学式を入力するには、「数式エディタ」を使うのが便利です。



べき数だけなら、上付きで出来ます。
べき数にする数値を選択して、「フォント」-「文字飾り」で、「上付き」にチェックを入れます。

10の二乗なら、102と入力後、2を選択して「フォント」-「文字飾り」

簡便で普通に行われている方法が紹介されていないので一言・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変役に立ちました。

お礼日時:2001/10/18 00:42

簡単な方法を紹介します。



「Shift」+「Alt」+「+」
で上付き小文字です。もう一度タイプすると元に戻る。

「Shift」+「Alt」+「-」
で下付き小文字です。もう一度タイプすると元に戻る。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変役に立ちました。

お礼日時:2001/10/18 00:42

前2者の回答と違う方法の回答


10の4乗の例
・104と入力
・4だけを反転
・書式・拡張書式・組み文字を順次クリック
・サイズ指定(例9)
・OKをクリック
4だけが小さく、かつ、上に表示される。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変役に立ちました。

お礼日時:2001/10/18 00:41

数式エディタを使うと数学で使う記号が何でも入力出来るようになります。


べき乗だけでなく、積分起動、微分記号...
数式エディタは、メニューの挿入→オブジェクト→microsoft数式を選べば入力できます。
もし、メニューに出てこなかった場合には、オフィスの再インストールを行いオプションで数式を選んでください。
この機能は、標準ではインストールされなかった思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変役に立ちました。

お礼日時:2001/10/18 00:40

特殊文字ではなく、べき数の所だけ、フォント数を小さくして、列の上辺に寄るように書くのが良いと思います。

(ワードでいうと、「書式」→「フォント」→「文字幅と間隔」→位置を「上げる」)
また、10の2乗であれば10^2のような表記もコンピュータ上では市民権を得つつあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワードに数学で使うXの二乗を記号で入力したい。

WindowsMeのワードですが、数学で使う記号などを入力したいのですが、どうしたら入力できますか?
記号で変換しても出て出てきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数式エディタをお忘れでは?

参考URL:http://www.mse.waseda.ac.jp/ITA/oishi/document/Word.htm

QWord2003で記号と特殊文字の記号が表示されない。

記号と特殊文字ダイアログで、→記号と特殊文字タブ→フォントの▼から「現在選択されているフォント」→種類「その他の記号」→コード体系「Unicode(16進)」で、「SNOWMAN」(2603)を表示したいのですが、ダイアログ上に表示されません。

考えられる原因はありますか?
ちなみに、種類を「半角系/全角系」にすると、表示されます。詳細設定等ありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「半角系/全角系」というのが、私のパソコン(Windows XP、WORD 2000環境)では、「種類」の項目に無く、Unicode「2603」のそれは「装飾記号」に分類されています。ちなみにMS-IMEの「文字一覧」では「その他の記号」に分類されています。

それはともかくとして、(私の実体験では)「現在選択されているフォント」の表示は、アテになりません。

「2603」は、欧字専用フォント(Arial、Century、Times New Romanなど)にはありません。また、ほとんどの和文フォントにもありません。あるのは、ごく限られた記号(と言うかイラスト)類だけです。これについては、MS-IMEの「文字一覧」で「フォント」を欧字専用のものにすることで確認できます。

これらが登録されているのは、一般的には、MS明朝などのMS系フォントのみ(Arial Unicode MSを含む)です。

したがって、これを入力するためには、「フォント」を(「現在選択されているフォント」で表示されない場合)「MS明朝」などに指定してください。

欧文での文書作成中、例えば「Abc ● def」(●は「2603」の代用)のように入力したいとき、「Abc」と「def」はCenturyなどの欧字専用フォントでもいいのですが、「●」だけは上述のMS系フォントに切り替えてください。

「半角系/全角系」というのが、私のパソコン(Windows XP、WORD 2000環境)では、「種類」の項目に無く、Unicode「2603」のそれは「装飾記号」に分類されています。ちなみにMS-IMEの「文字一覧」では「その他の記号」に分類されています。

それはともかくとして、(私の実体験では)「現在選択されているフォント」の表示は、アテになりません。

「2603」は、欧字専用フォント(Arial、Century、Times New Romanなど)にはありません。また、ほとんどの和文フォントにもありません。あるのは、ごく限られた記号(...続きを読む

Q記号と特殊文字に普通の文字があるのはなぜですか

Wordの「挿入」メニューから「記号と特殊文字」に普通のひらかなやカタカナがあるのはなぜですか

Aベストアンサー

標準的に、Symbol が出せるようになっているだけで、単に、IMEパッドをそのままWordに反映しただけではないでしょうか?

Qワード 一行おきに黒で入力されている文字の空白に、青い文字を入力した

ワードで1行おきに英語が書かれています。
それぞれの行の空白に訳を書いているのですが、分かりやすいように
色を変えて入力したいと考えています。

ところが、一行毎に黒に戻ってしまい、
毎回ボタンを押して色を変えるのが不便です。

行を変えても色が戻らないようにする方法は有りますでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
Word2002として書きます。
1.空の段落を2つ作ります。(要は空行を2つ作る)
2.最初の空行の行頭にカーソルを置く。
3.「書式」-「スタイルと書式」をクリックして、
  右側に「スタイルと書式」ダイアログを表示させる。
4.「新しい書式」ボタンをクリックして、「新しいスタイルの作成」ダイアログを表示させる。
5.「名前」ボックスにスタイル名を入力。(例「黒文字」など)
6.「種類」ボックスには「段落」を選択。
7.「基準にするスタイル」ボックスには「標準」を選択。
  (使っているスタイルが有るなら、そのスタイル名を選択)
8.「次の段落スタイル」ボックスは、とりあえずそのままにしておく。
  (次の段落スタイル」に指定するスタイル名がまだ無いので...)
9.左下の「書式」ボタンをクリックして表示される選択肢から
  「フォント」を選択し、「フォント」ダイアログを表示させる。
10.「全ての文字列」の「フォントの色」で「黒」色を選択し「OK」をクリック。
11.もう一度「OK」をクリック。
  (とりあえず「黒文字」用スタイルが出来る)
12.もう一つの空行の行頭にカーソルを置き、同様に行う。
  ・「スタイル名」=「青文字」
  ・「次の段落スタイル」=「黒文字」
  ・「フォントの色」=「青」色を選択
13.スタイル「黒文字」を設定した空行に再度カーソルを置き、
  多分、まだ右側に「スタイルと書式」ダイアログが表示されているはずだが、
  表示されていないなら、
  「書式」-「スタイルと書式」をクリックして、
  右側に「スタイルと書式」ダイアログを表示させる。
14.「適用する書式の選択」リストの「黒文字」上で右クリックし、「変更」を選択。
15.「次の段落スタイル」ボックスで「青文字」を選択して「OK」をクリック。
以上です。
  
  

#1です。
Word2002として書きます。
1.空の段落を2つ作ります。(要は空行を2つ作る)
2.最初の空行の行頭にカーソルを置く。
3.「書式」-「スタイルと書式」をクリックして、
  右側に「スタイルと書式」ダイアログを表示させる。
4.「新しい書式」ボタンをクリックして、「新しいスタイルの作成」ダイアログを表示させる。
5.「名前」ボックスにスタイル名を入力。(例「黒文字」など)
6.「種類」ボックスには「段落」を選択。
7.「基準にするスタイル」ボックスには「標準」を選...続きを読む

Qワードで10の二乗のような小さい2を表示させるには?

ワードで10の二乗のような小さい2を右上に表示させたいのですが、どうやればできるのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば,102と書いた後で,2を選択して,メニューの「書式」-「フォント」内のダイアログにある,「上付き文字」をチェックしてください.


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報